FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・ベタニー新作 " Blood" 撮影風景 in London !!

取り急ぎ記事です!管理人、現在ネットをプレ春休み中なのですが、ポールの素敵な撮影ショットを見てしまい、すわ!これはお知らせせねばと、サクッと紹介。

807_20120306221659.jpg

ポール・ベタニー出演作 "Blood" はイギリス作品です。カテゴリーはスリラー。撮影場所はイギリスのリヴァプール! ビートルズ誕生の地ですよ! ポールはジョン・レノン好きですよね☆

それにしても、この撮影風景。鼻血が日本から英国まで飛ぶほど素敵です。ぶばあああああああ。髪型も素晴らしいし、こういうジャケットを着こなすポールは初めて見るかも。警察っぽい人が着るジャケットだよね。でも手にはトレンチコートらしき英国洋服も!!きゃおおおおおおおおおお。


806_20120306221659.jpg

イギリスにいるせいか、いつもよりまたハンサム度が増している気がしませんか? イギリスの風土がポールにさらなるオーラを与えているのよ! イギリス大好きっ子だものポール。ポールにとってのパワースポットじゃないかしらね。今風に言うとね。わたしゃパワースポット巡りなどしてませんよ!(してみたいけれども)


805_20120306221658.jpg

お茶目だもの。パトカーがまた格好いいもの。イギリスだもの。英国紳士の国だもの。ああ、たまりません。


804.jpg

本当に素敵ですよね。髪型のふわっさらさら感がたまらない。マージン・コールやプリーストでの、ベリーショートも似合うけれど、柔らかい雰囲気が増幅されるのは、このくらいの髪の長さよね。ベルベットでシルキーなイメージ。背が高いのにしなやかなの。だけどチーターっぽいアフリカワイルドじゃないのよ。そこがまたいいのよね。もちろんアフリカっぽいワイルドも素敵だけど☆


このイギリスの作品、確か、テレビ映画じゃなかったかなあ。映画館系じゃなくて。前に一度記事にした記憶があります。(こちらの記事

前の記事でも推測なあらすじはアップしましたが、IMdb によるあらすじ…

Thriller charting the moral collapse of a police family. Two cop brothers, smothered by the shadow of their former police chief father, must investigate a crime they themselves have committed.

警官一家のモラルが崩壊するお話の模様。二人の警官の兄弟…一人がポールなのでしょうな。IMdbをチェックすると苗字的にブライアン・コックス、スティーヴン・グレアム、この二人の俳優さんとポールは家族ってことのようだ。年齢的にブライアン・コックスさんがお父さんなのでしょうか。

日本公開は無理でもスリラー、サスペンスの類は大好きですから、是非、日本版DVDにはなってほしいでありますよー。海外版DVDでサスペンスなどを見るとよっぽどじゃなきゃ「犯人はこいつだ」というのはわかるんですが、細かい動機なんかはわからなかったりしますからのう……。

さて、またしばらくブログは更新が滞りますけれど、今年に入ってからの素敵なポールは発掘済み♪ 今回はこちらを先にアップしてしまいましたが、また時間ができた時に御紹介しますね。今週末、少し時間ができるかもなあ。といいながらアップしない可能性は大なので、気楽にお待ちくださいませ。

ではまさに三寒四温の日々が続いておりますが、体調に気をつけてお過ごしください。ちなみに、わたしゃ体調的には全然OKです。単純に日常が忙しいのでした(脳味噌は暇なんだけれども!)。あ、でも忙しいといいつつ、海外ドラマはガッと鑑賞しましたよ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』の最終話まで鑑賞しました。その話もしたいでーす。私は勘違いして、最終話を最終話と思わず観てしまっていた。あと一話あるかと思い込んでしまっていたー。その話はまたいづれ……。

デンマークドラマ『キリング』も四話目まで視聴したよ。ネタバレ厳禁です。四話目までの話はOKでーす。マッツ・ミケルセン様のお兄様が異常に素敵でデンマークまで鼻血が飛んだ。ポールのニュアンスもあって、本当に目が飛び出しました。仰天です。しかし、このドラマ、録画してもらっておいたのが日本語吹き替え版だったのよね。だからラース様御本人のお声がわからないのだ。でも日本語吹き替え版もよくできてるよ。特に、主演の女優さんと、同僚の刑事はCSI系の声優さんだもの!ステラ!ウォリック! 仰天した。あってたよ。私はOKです。

という話もしたいです。もうしてるけれども。もっと掘り下げたいです。いつもながら、映画の中におけるその国の生活をじろじろほじくりたいですよね。食生活とかお洋服とかキッチンとか!!

ではよい三月を。

ポール・ベタニー、海外ドラマ出演を取りやめたとのこと。


970_20120115135107.jpg


今回の記事と写真は関係ありません。写真は『キラー・ネット』からです。超絶美形。これぞ美形。本当に美形。薄くて儚いネオン色のオーラをこの時は所持してましたよね。若さからくる、儚い青いネオン色。発光してたもの! 

本題に入ります。

二ヶ月ほど前、一度お知らせしたニュースなんですが(こちらの記事)、ポール・ベタニー主演で『Masters of Sex(原題)』という海外ドラマがスタートするかもしれないってありましたよね。ポールがテレビドラマに!? と少しびっくりしたニュースではありましたが、どうやら、ポールは主演を降りたようです。

何故、主演を断ったのか――理由はポールからも、ポールの事務所サイドからも今のところ明らかにされてない模様。

慎重に作品を吟味したのかしら。もちろんポールだけの意思じゃなく、それこそ事務所と相談して決めたんでしょうけどね。これが吉と出るか――どうなのか。ドラマそのものは計画続行なのかなー。他の俳優さんを主演に据えて、結果的に大ヒットとなった場合、「ああっ。ポールが本当なら!」ってなるけれど、「どういうドラマなのよこれは……」とつまらないドラマだった時は「出演しなくて正解だったわねー」となりますよね。こればっかりは、まさにバクチ稼業でございましょう。ショウビズはバクチの世界でございます。

ポールが出てない映画を観ていて、その作品が面白かった場合「この映画にポールが出ていればなー」と思うことはありますよ。特にハリウッド作品でね。ポールは既にハリウッドスターになってますから。

例えば先日鑑賞し、すぐに感想を書いた『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』などは、相当に面白かった為、「どの役とは思いつかないけれど、ポールもこういうどっかんどっかん系の王道活劇に出ればいいのにぃぃぃ。すごく面白いのにぃぃぃぃぃ」と歯ぎしりしてしまいました。声だけの出演だけど『アイアンマン』はここのところのポール出演作品では、痛快活劇で最高でしたものね。別にアメコミ王道映画に出ろとはいいませんが、たまにはそういうのに出演しちゃってもいいんじゃないのかなあ。ヒーロー側じゃなくて悪役側でも構いません。『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』でケヴィン・ベーコンが演じたような悪役はポールでもこなせると思うもの。

B級テイストお馬鹿アクションである『レギオン』や『プリースト』もいいんですよ。そういうのも構わないんだけど、B級にしたとしても、どうしたこといったい――といった監督スキルな作品に出続けてるのは、何か魔が差したとしか思えないのでありますわ。ポールや他の俳優さんはすごく素敵なんですけどねー。監督が痛快B級を理解してなさすぎ。

といいつつ、私もまだ発売されたばかりの『プリースト』を入手してないのであった。来週あたりAmazonに依存して買おうかしらね。

もちろん文芸ドラマ系でもいいし、ポールにぴったんこの役柄はそこかしこに転がってるはずなんですよー。

969.gif

先日、ブログのヘッダーに『ロック・ユー!』を使おうと思って、DVDをチェックしてたんですが、やっぱりチョーサー最高なんです。ポールの魅力がとってもよく出ている作品。ポールものびのび演じてるもの。結局『インクハート』のポールにしたんですが、これも映画としては巨大ヒットに繋がらず残念でしたよね。しかしポールのほこり指は絶品だったわけです。この魅力をガーンといかせる作品に出会えるといいなあ。

しかし、ここは焦らずじっくり、いつかこれぞ巨大ハリウッド最高ヒット作品――で活躍するポールを夢見ることにいたしませう。

それこそ、007の悪役などに抜擢されてもいいと思うんだけどなあ。『ファイヤーウォール』のぷよぷよキューピー悪役は、キューピーだった為に、妙に優しい悪役でした。子供にクッキー渡すところは悪者だったけれど!あそこはときめいたシーンです。

きゅんきゅん。

ハリウッド作品じゃなければ、ヨーロッパ(イギリスで構いません)の味のある小作品なんかに出演してくれてもいいんですけどね。あれだけハリウッドっぽくなってると難しいのかなー。ポールのインタビューは家族の話が多いですよね。先日もまた家族についてわあああっとインタビューされてる記事を見かけました。それと、今まで組んだ監督の話では、ラース・フォン・トリアー監督の話をよくしてますね。インタビュアーもわかって聞いているんだとは思いますが、『ドックヴィル』の撮影は本当に大変で、監督のクセにかなり苦労したってよくポールは嘆いてますもんね(笑)。そういう個性派監督は意外とポール苦手なんだなーと感じましたわ。割とわかりやすいスコーンとした監督が好きなのかもね。前衛的な作品は鑑賞するのはアレかもしれないけれど、出演するとなると、それほど興味を惹かれないのかもしれません。デヴィッド・リンチなんかも苦手なのかもなあ。私はそういう監督好きだから、ポールにもそういう作品に出演してもらいたいって思っちゃうんですけどね。

ポールはイギリス人だから、ハリポタに出演する可能性もあったはずだよなー という夢もついつい見ちゃいますね。もうシリーズは終了しちゃったから、叶わぬ夢ですけれど。

でもまだまだこれからですね。男優さんは40歳越えてから華々しくなっていく俳優さんいっぱいいらっしゃいますから。既にポールは華やかなダンディースターですもの。期待巨大☆

ポール・ベタニー日本発売予定DVD♪

mg99.gif
mg98.gifmg97.gif
mg96.gifmg95.gif
mg94.gifmg93.gif
mg92.gifmg91.gif


先月、uさんがメッセージで教えてくださいました。情報ありがとうございます!

ポール・ベタニー出演映画『マージンコール』がDVDになって日本発売されます。

発売予定日は2012年2月3日です。

日本発売ってことは日本語字幕つき。しかし、この作品、結果的に日本公開はされなかったということになりますなあ。ブログでも何度も記事にした作品だけに残念でしたのう。スターがこんなに出演していても公開されないのかーと不思議な気持ちになりますよね。

でも日本語版でDVDが出るだけで嬉しいです。最近は日本版DVDをチェックするという行為を既に行わないようになってましたよ。のっけから何も期待しないで過ごしているせいでしょう。つい海外版を海外で探るのが当たり前になってきてるYO。反省して日本Amazonを覗いたらアウグストさんの旧作も新作としてDVD化される喜び。つまり日本版初販売の作品がありましたわ。次の記事で御紹介しますね。


mg89.gif

ポールのDVD新作はもう一本ありますよね。こちらは作品そのものも、日本できっちり公開された。私は観に行かなかったけれども!DVDは鑑賞しますよ。

プリースト

発売予定日は2012年1月11日です。

一応、今回記事の最後にAmazon商品への紹介を貼りますが(アフィリエイトはやってないのでご安心ください。単純に紹介で貼ってるだけです)、『プリースト』に関してはブルーレイじゃなく普通版DVDを買う予定です。ブルーレイだけの特典っていうのもあるんだけど、所謂、オーディオコメンタリー(音声解説)は普通版にもついてそうだからそれでいいかなと。基本的にまたポールがダマされて出演しちゃったんだろうなー作品なんでしょうからね。監督にダマされた。でもポールが楽しかったならそれでいい……。しゅーん。『レギオン』よりは面白い仕上がりになってるのかしら。しかし、ヘンテコならヘンテコで感想は書きやすいです。そう、ヘンテコ作品の方が感想は書きやすかったりしますよね。

マージンコール』は普通版しかどうも発売されない雰囲気ですぞ。今のところそんな状態です。



マージン・コール [DVD]マージン・コール [DVD]
(2012/02/03)
ケヴィン・スペイシー、ポール・ベタニー

商品詳細を見る




プリースト [Blu-ray]プリースト [Blu-ray]
(2012/01/11)
ポールベタニー、カールアーバン 他

商品詳細を見る


ポール・ベタニー、アメリカ2012年公開予定映画『ジ・アベンジャーズ』(The Avengers)で J.A.R.V.I.S.として声出演決定か♪

128_20111128110621.jpg


今回の写真は記事とは関係ありません。昔の写真です♪
(それにしても、日本人はあまり着ないシャツだと思うんですが、さりげないフリルがついたシャツを外人さんはよく装着してるよね。もちろんこれは撮影用でスタイリストが用意したシャツなんでしょうけど。それがまた似合うから素晴らしい。パッと見、普通のシャツなのに少しついたフリルで雰囲気変化しますものねー。私など、女子であってもフリルがついたブラウスって滅多に所持しないものなあ)

ここ何年か、アメリカ映画でアメコミ作品が増えていましたが、来年公開予定の『ジ・アヴェンジャーズ』に伏線で繋がっていた作品も多かったですよね。ロバート・ダウニー・Jr主演の『アイアンマン』シリーズでもジ・アヴェンジャーズの伏線になっているシーンは随所に盛り込まれていました。

で、いよいよ集大成となる『ジ・アヴェンジャーズ』が来年公開。そして『アイアンマン』でロバートの相棒といっても差し支えない立場だった人工知能J.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)もどうやら出演するようです。出演といっても人工知能ですから、声だけの出演なんでしょうけれど、その声をあてているのはポール・ベタニー! 以前も何度か記事にしました。(こちら

海外でも何カ所かで記事になってました。

私はここの海外記事でチェックしました → こちら

英文は各自翻訳しませう。

よく読むと興味深い一文もあったりして楽しめます。ジャーヴィスがハッキングされる……かもしれないなんていう展開も見え隠れしてますね。言うこときかない執事ジャーヴィス!!

期待巨大。

ジ・アヴェンジャーズに繋がる、最近のアメコミ作品全てを私は鑑賞してないんですが、観てなくても多分楽しめるように作られているであろう。

ポールは素敵な美声の持ち主だから、もっと声をいかした仕事をしてもいいわよね。前から唱えてますが、朗読CDなど出せばいいのになあ。オファーがないのか、本人に興味がないのか……。子供にはよく本を読んであげてるみたいだし、嫌いな仕事じゃないと思うんですけどね~。いつか朗読に興味を持ってくれるといいなーと思ってまーす。

今回のポール記事は短かった為、久しぶりにポールのお尻が拝めるgif動画を。

作品そのものはブログでまだそれほど紹介した記憶がないんですが、


126.jpg

"The Heart of Me" (2002年 イギリス作品)

ポールと一番共演している女優さんオリヴィア・ウィリアムズとこの映画でポールと初共演したヘレナ・ボナム=カーターが主演でポールは男ヒロイン(?)役です。オリヴィアとヘレナは姉妹で、ポールはオリヴィアと夫婦なんですが、ヘレナと道ならぬ恋に落ちてしまう……といった作品。舞台になっている時代も少し前のイギリスで雰囲気やお洋服など英国らしさを満喫できるんです。

が、しかし、日本版DVDがない。とっても残念なのでありました。私は海外版を入手済ではあります。この時期はまだポールがそれほど爆発的に人気は出ていなく、オリヴィアやヘレナの方が名前は売れていたようです。オリヴィアのインタビューなどはよくネットでも載ってますよ。それを読むと、最初監督はこの男子主役に違う人を考えていたようなんですが、オリヴィアがポールを強く推薦してポール男子主役が実現したとインタビューに答えてました。

それとポールはインタビューでヘレナをすごく褒めてますよね。ヘレナは共演していて楽しいんだろうなあ。個性的で自由奔放なイメージよね。『眺めのいい部屋』の時はこんな個性的な女優さんになるとは思わなかったわ。もちろん最初から個性的な顔立ちではあったけれど。今じゃ個性の権化みたいな女優さんだものね。でも上手に成功していてさすがです。実力があるからこそでありましょう。

この時のプレミア試写っぽい写真を見るとポールは何故か黒髪にしてるのよね。映画では金髪だけど。


125_20111128110620.jpg

ほら。珍しいですよね黒髪ポール♪

で、浮気中にヘレナとベッドで戯れるポール。ベッドから巫山戯て転がり落ちる時にお尻が見えますのだ。


127.gif

ほほほ。

予告トレイラー




次の記事で書く予定ですが、最近、海外ドラマ一話目制覇モードになっていて、そこで観たドラマに「あれ、オリヴィアに似ている人が出ているなー」と鑑賞していたら、オリヴィアでした。びっくり。アメリカの連続ドラマだったよ。シーズン2でどうやら打ち切りになったらしいが、設定は面白かったよ!

オリヴィアとヘレナは当時は面識なかったそうですが、同じ高校(だったかな……)の出身者で先輩後輩だったようです。生年月日をチェックするとヘレナの方が二歳年上のようだわね。学年でいうと何歳違いかわかりませんけど。二人とも当然イギリス出身ですからイギリスの学校生活だわねー。またアメリカーンな感じとは全然違うんだろうな。ステイタスによって通う学校も違うだろうし。そういうニュアンスは日本に住んでいるとおぼろげにしかわかりませんよのう。

ポール・ベタニーがアメリカのテレビドラマシリーズに出演決定か? & いつものポール詰め合わせ

129_20111119154359.jpg


上の写真は今回のテレビドラマシリーズとは関係ありません☆


今週はネットから遠ざかっておりましたが、遠ざかりつつも海外ニュースなどをチェックしていましたら、ポールがどうやらテレビドラマに進出する――との記事を英文で目にしました。英文だから「後でチェックしよう……」と弱気にほっぽっていたの。そして昨日久しぶりに検索すると、日本語のニュースにもなっていましたよ。果報は寝て待て!!日本語化は寝て待て!!

こちら日本語ニュース

ここの日本語ニュースでも取り上げられていました。

ありがたやありがたや。

それを読みますと『デクスター ~警察官は殺人鬼』などを放映している局が、作るってことなのかしら。期待大。ということは子供は見られない系の大人ドラマなのかしらね。

それにしても、ものすごくびっくりしませんでしたか。ポールがテレビに!! 今、アメリカの海外ドラマは下手な映画よりも流行ったりしてますが、少し前までは、映画とテレビドラマには見えない溝があって、スターの行き来は滅多にないことでした。映画スターがテレビドラマに出演というのは、ある意味、都落ち――のイメージがあったものです。特にアメリカはね。逆にテレビスターが映画に進出すると「本当のスターに格上げ!」っていう図式が以前はあったと思うのであります。例えばブルース・ウィリスは今や大スターですが、テレビドラマ『こちらブルームーン探偵社』での人気が出て、そして映画界に進出した代表でありましょう。

そういう垣根はかなり取り払われたんでしょうね。

それでもポールがテレビはびっくり。若い頃はイギリスのテレビ映画には出演してたけど、連続ドラマっぽいのは珍しい。

ポールが連続ドラマかー。急にやりたくなったのかしら。割とポールの仕事選びは不思議な感じしますよね。やりたいことやってるって状態なのかもなー。女の子のベイビーが産まれて、本人も違うステージにまた登って行くきっかけになったりもしてるんでしょう。絶対にプライベートの生活は仕事にも影響与えているでしょうからなー。本人はそういう意識はなくても。特に俳優さんは表現するお仕事ですから、自分の人生も経験としてダイレクトに演技に出てくるでしょうし。もちろんプライベートをおくびにも出さず演技をするのも、スターの証ですけどね☆

これはCSなどに入っていると、日本でも素早く鑑賞できる系のドラマなのかなあ。我が家はそういうの現在加入してないのでありますよ。人気が出ればアメリカ海外ドラマは必ずDVDになるんで、そこはそんなに不安じゃないんですけど、シリーズ化して、長寿番組になるのかしら!それはそれで不思議な気持ち。

そしてミステリーではなく性医学(?)のお話。でも、ドラマティックにするために、殺人なんかも勃発するんでしょうか!

ポールが海外ドラマ主演というのはものすごーく不思議な感じで楽しみです。まだイメージ湧かないもの。どんな雰囲気になるのかしらー。確かに奥さん役のパートナーは重要ですねー。ジェニファーはさすがにベイビーが産まれたばかりだし、オファーは引き受けないんじゃないかなあ。どうなんだろうか。その話題はまたきっと出てきますから、随時、お伝えしていけたらと思ってます。

さて、いつものようにポールの近況をお気楽に♪


145_20111119154502.jpg

ニューヨークでThe 24 Hour Plays On Broadwayというイベントが行われ、アフターパーティーに出席中のポール。


144_20111119154502.jpg

眼鏡越しでも、ブルーアイズが際立ちますなー。美しい瞳。


143_20111119154502.jpg

このイベントを企画した万年筆で有名なモンブラン、CEO Montblanc North America, Jan-Patrick Schmitz との2ショット。ポールの手にはモンブランらしき万年筆がありますよね。


142_20111119154501.jpg

イベントに出席したスター達  左から Patricia McGregor、ポール・ベタニー、ジャック・マクブレイヤー、ミーガン・フォックス、サラ・シルバーマン、トレイシー・モーガン


141_20111119154501.jpg

ポールがミーガンに何か喋りかけてますね♪ アメリカはハグのお国ですから、俳優同士のフォトショットでも肩を組んだり、腰に手を回すのはお約束。当たり前の所作でございます。それでも羨ましぃいぃぃぃ。万が一、ポールに腰に手を回してもらえる券(母の日の肩たたき券)を手に入れたら凄まじくダイエットして腰を締め上げる努力をします。

ミーガン・フォックスさんといえば、セクシーなイメージをつい思い浮かべてしまうけど、こういったカジュアルな雰囲気もキュートでいいですよね。結構、ワイルドな思想をお持ちのミーガン・フォックス様。男気溢れる女性。私は好きですよ!二年前のアンケートで女性が羨むボディーナンバーワンにも選ばれた女性ですもの。私もこんなボディーを所有してみたいものだ。夢でもいいからナイスバディーになっている夢を見たいよ。

どうやらこのイベントはミーガンさんにスポットが当たっていたイベントのようです。日本語ニュースにもなっておりました。こちらのニュース。 こちらも日本語のニュース♪

上に御紹介した日本語ニュースではポールの名前はあがってないんですが、イベントに参加したってことは、ポールもその一日だけの舞台劇に参加するってことなのかなー♪ ポールの舞台は興味ありますよね。例え、寸劇とはいえ観劇してみたいでありますよ。


140_20111119154638.jpg

美しい奥方、ジェニファー・コネリーと久しぶりに夜のデートをしたようですよ♪ 英文によると

"Jennifer Connelly and Paul Bettany take a late-night romantic stroll in the Meatpacking District, New York "

ジェニファーとポールはニューヨークで話題のエリア、ミートパッキングディストリクトで、夜遅くロマンティックな散歩を楽しんだ。

となってました☆☆☆。 話題のエリアというのは私が勝手につけてしまった訳なんですが、"the Meatpacking District" をチェックすると、ニューヨークで賑わっている遊びエリアっぽいんです。日本でいうと六本木や青山っぽいのかなーと思って。夜遅くまで賑わっているエリアとなってました。大人の遊びエリアなのでございましょう。


139.jpg

この、ちょっとうつむき加減のポールがまた素敵なんですよねー。うっとり。奥様とナイトクラビングがこれまた似合うわ-。大人だわー。


138_20111119154637.jpg

映画『マージンコール』のニューヨークプレミアで同時に行われた"Elephant Project" というチャリティーイベントに、賛同したスターの方々。ポールもマスコットの象さんを持ってポーズを決めました。


137_20111119154637.jpg

ポールと同じく『マージンコール』に出演したサイモン・ベイカーさんもポーズ♪ 先日、サイモン・ベイカーさん主演アメリカ人気ドラマ『THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル』、最初の1話を鑑賞しました。私の好きなテイストだった。サイモンさんも個性があってとってもグー。女性の上司捜査官を演じるテレサ・リズボンさんは、『プリズン・ブレイク』にも出演していましたよね。彼女、好きな顔の女優さんだから嬉しいです。といっても、続けて観るかは謎だ……。プレステ3に導入したhulu なんですが、1話だけ無料でガーッと47作品くらい鑑賞できるんですよ。で、気に入ったら加入してねーといった按配なんです。そこにサイモンさんの『メンタリスト』もあったからチェックしたのでした。人気が出るドラマは確かに1話目から面白いですものねー。そりゃ続きは気になるが、まだシステムが安定してないのか、字幕がものすごくズレるの。もんのすごおおおおおく字幕のタイミングがズレまくって、落ち着かないんですよ。ちょっとズレすぎ。あれじゃあ、加入は考えちゃうよなあ。それと台詞がワンシーン全部字幕ないというのもありました。字幕のフォントも何だかマッチングしてない為、違和感もあるし、字幕問題が解決したら加入を検討してもいいなーと思うんですけどね。それとクレジット方式じゃなくてプリペイド方式ならいいのになあ。もちろんクレジットも選べるけど、プリペイドみたいになって欲しいです。システムが安定してないところにクレジット番号や暗証番号を打ち込むのは抵抗ありますのよ。

と、テレビの話をしつつ、サイモンさんはマージンコールのプレミアでは、いっつも満面の笑顔。この満面の笑みは見ていて気持ちがいいほどです。ニッコニコだもの♪


136_20111119154637.jpg

この"Elephant Project"のサポートを務めた一人が『マージンコール』にも出演したペン・バッジリーさんの模様。この方ですね。ペンさんとチェイス・クロフォードという俳優さん(ドラマ『ゴシップガール』で人気がある俳優さんのようですぞ。私は存じ上げませんでしたわ)のお二人がこのチャリティーのサポートをしたそうです。アルツハイマー病協会の為にチャリティー活動をしてたようですね。海外、特にアメリカではスターとチャリティー活動は切り離せないですもの。何かしらのチャリティーやボランティアに関わっているスターが殆どでしょう。ポールもジェニファーと主催でチャリティーやったり、個人で他のチャリティーに参加してたりしますから。


ここからは、いつものニューヨークでの風景。ベタニー一家のお散歩(お子さんをスクールに送迎を含む)ですね。


135_20111119154856.jpg

ポール一家のワンワンはいつもながら一緒にお散歩ですが、ステラン君の後ろにもワンワンが♪ ニューヨークでは赤いリードが流行ってるのかしら。


134_20111119154855.jpg

これは学校が終わって迎えに行ったところかしらね。ポールパパはワンワン用のエチケット袋とお買い物をしたのか、ショッピングビニール袋を持っています。二人ともカメラに気付いて、しかめっ面かな。四六時中、パパラッチされてちゃそうそう常にニコニコもしてられませんよね。でもめげずに毎日送迎です。


133_20111119154855.jpg

信号待ちしてるのかな。さりげなく親子でペアーなコート♪ ステラン君がパパを引っ張っていて可愛い仕草。ワンワンも冬毛になっているのか、胸のあたりがもっふりもっふり♪ もふもふしたいですなあ。


132_20111119154855.jpg

足がくねーんとしているステラン君に「ちゃんと立ったら?」と注意してるのか、何か違うお話をしてるのか、ポールが話しかけてますね♪ ワンワンはちゃんと座ってます。殆ど、ポールが綱を引っ張ってるから、ポールが一番のご主人様なのかなー。それとも家では餌をやるのがジェニファーで、そうなるとジェニファーが一番のご主人様かしら。


131_20111119154854.jpg

このまま映画に出演しても、ちーっともおかしくない素敵親子。いつもちゃんと手を繋いでいるし偉いなあ。可愛いなあ。素敵だなあ。自慢できる親であり、子ですよね。ビジュアルだけでも絶品だもの……。目の保養親子です。


130_20111119154854.jpg

こちらは、以前御紹介した散歩風景ですが、ステラン君バージョンがあったのでアップします。ステラン君が妹ベイビーをあやしている。そしてそれをパパとママが嬉しそうに見ている図。たまりません。まさにファミリータイズ。家族の絆ですなあ。ドラマ『ファミリータイズ』はマイケル・J・フォックスの出世作。ものすごおおおおおく好きなドラマで毎週毎週楽しみに鑑賞していました。録画したビデヲもすり切れるほど見まくりましたよ。もちろん吹き替え版を堪能。絶品の吹き替えでしたよ♪

年末に向けてわさわさしてきましたが、年内に映画観られる時間ができるといいなー。テレビ東京でCSI:NYの4シーズンが始まりました。それを鑑賞するのも楽しみの一つ。やはりダニーは可愛いなあ。キャラとしてのダニーが好きですよ!

ポールもこのようにテレビドラマな人になるのかー。そしたら吹き替え版もチェックしてみたいですね。ポールの吹き替えは誰がぴったんこなんだろうなあ。ついポールの映画はポールそのものの声で鑑賞してしまいますからな。『ファイヤーウォール』の時のポール声はそういえば良かったような気がしますね。テレビで放映された時。決まった声優さんがまだいないようですから、その海外ドラマがヒットして日本でも吹き替え版が定着すれば、その方がポールの声優さんと認知されるようになるかもなー☆ 

ではでは

ポール・ベタニー出演作品 "Margin Call" のニューヨークプレミア風景とポール詰め合わせミニ

10/17、ニューヨークにある the Landmark Sunshine Cinemaにて、ポール・ベタニー出演作品 "Margin Call" のプレミアが行われたようです♪


238.jpg

左から ケヴィン・スペイシー、ペン・バッジリー、ザカリー・クイント、サイモン・ベイカー、ポール・ベタニー、スタンリー・トゥッチ

癖のある男前勢揃いといったところでしょうか。"Margin Call" は既にベルリン映画祭にかかったり、プロモーション上映なども行われていましたが、今回はいよいよ全米公開に向けてのプレミアなのかしらね♪ ケヴィンの水色のシャツがまぶしい。左から三番目のザカリーさんは確か先日、ゲイであることをカミングアウトしたばっかりですよね。タイミング的にこのプレミアの前後だったと記憶してます。既にもうジャポンのウィキペディアでも記事が追加されてたよ。

先日、借りたDVDに他作品紹介されていて面白そうだなと思った『ザ・メンタリスト』という人気ドラマに主演をしている人は、サイモン・ベイカーさんだった(上の写真だと、ポールの左にいる黒縁眼鏡の人)。女優さんも他のドラマで何度も見かけている人が出ていたし、興味あるわー。ドラマは続けて観る癖がついてないから滅多に手を出さないようにしてるんですが(プリズン・ブレイクも途中で鑑賞が止まってしまっている……)、刑事ドラマで心理捜査っぽいから楽しそうなのよね。前にちらっと書いた霊媒探偵ものよりお洒落な雰囲気で現代風だった。でも霊媒探偵も観たいけど。とにかく映画も消化できてないのにドラマに手を出すのは難しかったりします。


237.jpg

そうそう、この人がサイモン・ベイカーさん。写真では殆どニコニコ顔でいい感じです。これも満面の笑みだもの。


236.jpg

ポールの格好が面白いことになっている。表情もコミカルでいい写真♪ 気のせいかもしれないけど、カミングアウトしたことでザカリーさんは少し神妙な顔つきのような気がするのよね。前のプレミアを御紹介した時は、結構陽気な感じで写真に収まっていたから。


240.jpg

それにしても怖いのはデミ・ムーア姐御なのよ。どうしたのいったい。この作品を撮影してた時は(去年の夏頃よね)、こんなに痩せてなかったよ! ちょっと痩せすぎ。現在、撮影中の映画か何かの為に緊急ダイエットなのかしら……。姐御は少しムチッとしているのがセクシーでよいのに。でもまあ、役者さんですから体重管理は大変なんでしょうね。特に女性は男性よりシビアな目で観察されちゃうからなー。


239.jpg

ほら、顔つきまで変化しちゃってるよね。デミ・ムーア姐御に目が吸い寄せられてしまい、この写真ではポールやスペイシーに目がいかないもの……。御病気じゃないといいのだけど……。メイクも若干、エキゾチック仕様になっているようで、そのせいもあるかもしれないわね。


235.jpg

これは一人のポール。首に巻いているスカーフは最近のお気に入りですよね。落ち着いたダンディファッションに今年はとにかく目覚めたポールだわよね。いつでもお洒落を追求しているもの。お洒落上手だもの。


234.jpg

こちらの写真はプレミアとは関係なく、九月の末にポールの別作品 "Broken Lines" でロンドンプロモーションをしていたポール。ロンドンにあるスタジオ(多分、インタビューを受けるための)を訪れたところをパパラッチ。


233.jpg

ロンドンだもの。ジャケットの裏地だってタータンチェックにするんだもの。黄色のタータンチェックだもの。お洒落上級者だから当然だもの。ポールのお洒落っぷりをこうやっていつもチェックしてるけれど、女性としても身が引き締まる思いだわよね。もちろん彼はスターだから当然なんだけど、普段着でもポールはお洒落だもの。普段着くらい一般市民だって真似できるお洒落があるはずだわ。パーティーには行く習慣は我々にはなくても、スーパーに買い物に行く習慣はスターも一緒のはず。普段着で出かけてるのだもの。もちろん使用人さんに任せるスターさんもいらっしゃるとは思いますが、ポールはよく買い物してるよね。当然、仕事で忙しい時などは、ホームサービスに頼むことだってたっぷりあることでありましょう。その普段着でさえも、ポールはお洒落さんだもの。他の人が着るとダサイシャツなんかも、美しく着こなせてしまうからなあ。ちょっとした洒落っ気を出すだけで、きらりと輝けるのはスターだからこそだわよねえ。うっとり。

また"Margin Call" に戻りますが、今回のプレミアではなく、ここ半年ほどのプレミア活動をしてた "Margin Call" の愉快な仲間達です。


232.jpg

大人になってもヤンチャっぽい男子はいいですよね。


231.jpg

熟年男性組のひょうきん演技はさすがですなあ。楽しそう! スペイシーは当然のお茶目っぷりですけど、ジェレミーも可愛い!


230.png

これも最高でしょ? 上の写真はよく見ると空気椅子状態なんですよ!! さすが役者さん、足腰鍛えてるー(多分!)。 しかもポールは空気椅子をしてるスペイシーとバッジリーさんにちゃっかり乗っかってます。楽しそうだなあ。スペイシーさんに至っては小学生や中学生がやるようなピース遊びまでしてるよ。"Margin Call" 軍団はいつもフレンドリーさが漂ってきて楽しそうですよねえ。いい撮影現場だったんでしょうなあ。大人の人たちだもの。大人だもの。違うもの。

この時の姐御も痩せているけど、そんなにげっそりするほどではないですよね。何があったんだ姐御!


231b.jpg

こちらは"Margin Call" 撮影中の一コマです。こういうシーンが実際にあるのか、撮影合間にじゃれてるのかは不明。映画が日本で公開されればわかるのになー。公開するといいなあ。最近公開されるポール出演映画じゃ一番面白そうなんだけどなー。

ここからは"Margin Call" 関係なく、適当にポールの素敵写真をアップします♪


229b.jpg

これも何かのプレミアでしょうね。プリーストのプレミアかしら。素敵な表情。スーツがとにかく似合う。何度でも言っちゃいますよね。本当にスーツが似合う……。


229.jpg

ポールは縦長の写真に美しく収まるのがこれまた目の保養。最近の格好ですね。スタンダードアイビー風なお洒落にはまっているポール。そんなにとんがった格好はしなくなりました。ガールが産まれたからより丸くなってくかしらねファッション的に。体型は丸くなっちゃ困るけど、ベタニー家は奥様であるジェニファーがポールの体型にビシバシとアドバイスをする家庭ですから、そのへんは安心してるんです♪ もちろん役柄的に太らないといけない場合もあるとは思うんですが、基本的には痩せているポールをずっと見続けられるんじゃないかなと思ってます。ジェニファーのファミリー管理に拍手喝采ですなあ。


228.jpg

昔のポールですね。このスーツの写真は見たことあるんですが、このショットは初めてなのでアップしてみました。鏡に名前が入っているのは多分、ファンの方が後から合成で入れたんじゃないのかしら。愛を感じます☆ ほらもう表情からしてとんがってるものね昔のポール。既にジェニファーとは結婚している状態だったかもしれないけど、若さからくるトンガリがまだ漂っているなー。若い時って男子はツンツンっぽくわざとしてたりするものねー。


227.jpg

これは日常をパパラッチされたところ。少し前かもですね。ジーンズも脚の長さをまた強調してるもの。きっと裾直しなんてしなくてすむもの。むしろもっと裾を出してくれ!というほどの脚の長さだもの。ジーンズにYシャツ、そしてネクタイは、間違えると危険なファッション。それに眺めのテーラードジャケットなんて危険すぎる。それがまた長身&ハンサムが全てを調和しているわけ。もう一般人にはたどり着けないガンダーラって感じだわよね。スーパーのかしゃかしゃビニール袋下げてたって見劣らないもの。それでブランド店入ったって「ちょっとお客様困ります……」なんて言われないもの。袋にたくわんが入っていたって言われないもの。たくわん美味しいですよね。ぼりぼりぼりぼり。


226.jpg

最近のポールは珍しく髪を長めにしてますが、このくらいのパンキッシュ雰囲気もやっぱり似合いますなあ……。後ろの座席をよく見ると、いつもお散歩に連れているワンワンがいるよ!


225.jpg

何かのキャンペーンに賛同したスター達ですね。"Margin Call" 組な俳優さんもいらっしゃいます。「本当の紳士は女の子を買わない」ってキャンペーンかしら? つまり年端もいかない売春女子を買ったりするなんて――とんでもねーズラ! という活動ですよね。違っていたらごめんなさい。


224.gif

映画『ウィンブルドン』でのプロテニスプレイヤーが似合っていたポールのgif動画

そういえば『ウィンブルドン』でポールのコーチ&親友役をやっていた人は北欧の人だったんですね。私、何かを検索していて「あ、この人どこかで……」ってなったもの。『ファイヤーウォール』でも一緒だったよねポールと。イギリス人かと思っていたわ。ニコライ・コスター=ワルドーさん。


223.jpg

右の方がそうですな。ニコライさん。軽く調べたらデンマークな方。トゥーレ君やマッツさんと同じ国。もしかして共演などなさってるかもですな。

* '11 11/09 修正 ↓

もしかして共演などなさってるかもですな。

rururuさんがメッセージで教えて下さいました。ニコライさんはトゥーレさんとダブル主演でドラマで共演なさっているそうです。しかも私はそのドラマを既に紹介していたという――(こちらの記事)。デンマークのドラマ"Blekingegade"で二人主演でした。全然、気付きませんでした。そちらの記事でも訂正しておきましたわ♪ そしてニコライさんはマッツ・ミケルセンさんともダブル主演で映画共演なさっていた! 1998年 デンマーク作品 "Vildspor" という作品です。

トレイラー




やんちゃな弟としっかり者のお兄さんの構図かと思ったが、どうやら赤の他人同士。昔のワル仲間っていう設定のようですぞ。マッツさんも昔はワルだった……ニコライさんは現在でもワルなのさ……といった話なのかしら。ゆすられるのかしら。「お前が昔ワルだったのをばらしてやる!」というような映画なのか。日本語版があればいいのにねー。

というわけでニコライさんはトゥーレさんともマッツさんとも共演なさっていたという結末でした。ポールとも共演しているし。華々しい共演歴! 情報ありがとうです!感謝であります。>rururuさん

↑追加ここまで

222.jpg

ウィンブルドン』の時も『ファイヤーウォール』の時も素敵な俳優さんとはちらっと思ったんですが、ポールにどうしても目がいっちゃってそれほど記憶になかったのでありました。ごめんなさい。ハンサムさんですよね。お好きな方も多いのではないかしら。そしてIMdbをさらっとチェックして今、顎を外していたところです。彼、『モルグ/屍体消失』の主演をやっていた役者さんだったああああああああ。私、遙か昔に感想を書きましたわよ……(こちらの記事)。確かに1994年デンマーク作品ってなっている。リメイクされた『ナイトウォッチ』(ユアン主演)のオリジナル映画が『モルグ/屍体消失』なんですよ。デンマークの原題は "Nattevagten" ですって。

あ、オリジナル作品のトレイラー発見





確かにニコライさんだ……。しかし、主役の人の顔を覚えてなかったよ。時を経て『ウィンブルドン』を鑑賞し「あ、このコーチ役の人はあのデンマーク映画の!」という思考にはいきませんでした。全然、わからなかったです。

しかし、昔の自分感想を見る都度感じるんですが、十年以上前の私はまだ口が悪かったですね。割と粗暴がウリの文章をその頃は書いていましたから。若さゆえの粗暴。でも過去の自分は否定しませんよ! 過去があるから今がある。現在過去未来~♪ 曲がり道くねくね~♪

デンマーク映画地味!と暴言を吐いていたよ。今でもドイツ俳優さんやドイツ食事風景(映画)に対して同じような感想を言いまくってますね。でも好きなんですよ!愛ある地味発言なのであります。ハリウッド映画に慣れちゃってると、ハリウッド基準で他の映画もチェックしちゃうのよね。特に若い頃はもっとそうだったもの。若かったもの(加齢的言い訳)。

というわけで、過去におぼろげに観ていた映画でも、このように未来で蘇る場合もありますから油断なりませんよ。若い頃にいっぱい映画を観ておくといいですよ。資産になりますから脳味噌の。おぼろげになったとしても!

十年前で既に私は加齢だったからな……。うおおおおおおおおおお(加齢)。


さて、拍手&メッセージで素敵な情報をいろいろといただいて感極まってます。マッツさんのデンマーク出演ドラマ題名発音を教えてくださってありがとうございます。後で記事に練り込んでおきますね。ありがとう。そして昨日、アウグストさんの記事でMatthias Schweighoeferさんについてちらっと書いたんですが、その方についても素敵情報を下さった素敵レディーがいらっしゃるの。感謝感激。日本公開されている映画に出演なさっていたんですね。その記事も昨日の記事に練り込ませていただきますわ。後日練り込みます。そしてその教えて下さった映画……日本公開しているのは知らなかったんですが、違うドイツ俳優さんを調べていた時にその作品にぶち当たっていたの。スチール写真なども保存しておいたんです。その作品の主役がMatthias Schweighoeferさんだった!マティアス君♪ 日本公開されてたんですねー。しかもDVD発売も決定してるという情報までいただきました。是非、拝見したいと思ってます。

各自へのお返事は後日またお返事コーナーにて。本当にメッセージ&情報嬉しいです。拍手も嬉しくて嬉しくてたまりません。ものすごく励みになるんですよー。うおおおおおお(歓喜)。

そして、これまたいつの間にか知らないうちにセバスチャン・ブロムベルグが出演しているドイツ映画がひっそりDVDになっていたわ……。前に記事でも紹介した作品なんですけどね。日本の方のレビューを拝読するとそれほどよく仕上がってない作品らしいんですが、セバスチャン・ブロムベルグも滅多に日本では拝めない役者さんだからチェックしたいです。

ドイツ映画に関しては「日本では公開されないだろう」という前提で身構えてしまっているから、日本公開の情報を意外と見落としておりますわい……。


ではよい天ぷら&チキンカツを……(我が家のツナイトの献立でござるよ)

ポールとファミリー


いつものポール・ベタニージェニファー・コネリーの家族散歩風景です。

334.jpg

10月のニューヨークも日本と同じで、まだ暑い日もあるんですね。ポールはジャケット着てますが、ステラン君は半袖。左はお友達。キャップをかぶったおじさんは、たまたま写ってしまった人ではなくポール達の関係者の模様。この写真では見えませんが、おじさんはベタニー一家がいつも散歩に連れているワンワンをちゃんとお散歩させてますのよ。お散歩要因で雇ってる人なのか、ステラン君のお友達のお祖父様なのか……。


331.jpg

冷たいレモネードっぽいドリンクですかしらね☆ ポールが持っている箱は何なのかしら。マフィンやカップケーキのテイクアウトでもしたのかもしれません。


332.jpg

ジーンズにスタンダードなシャツにジャケットを羽織っただけなのに、何故にこんなにカッコイイのかしら……。グラサンも似合うもの。当然だもの。


330.jpg

こちらは多分、同じ日。ポールもカメラに気付いているんでしょうけど、機嫌良さそうですね♪ アグネスちゃんも順調に成長してる感じ。

写真と一緒に文章もついてたんですが(インタビューではありません)、私でもぎりぎり訳せる感じでしたから、載せてみます。間違っていたらごめんなさい。


マンハッタンの街角。有名なカップルは太陽の下でずっと笑っていた。チャットをするようにずっと笑いあっていた。

ジェニファーはピンクの毛布に包まれたアグネスを抱っこしていた。アグネスは散歩の途中、お眠りをきめこんでいたようだ。

英国人であるジェニファーの夫はジーンズにブレザーを着込んでいた。オスカー受賞歴のある女優、ジェニファーはカジュアルに色あせたジーンズ、トレーナー、カーディガンの出で立ちだった。二人は輝くように幸せなカップルだ。



と、とっても好意的な文章が綴られておりました。


329.jpg

こちらは一人でお出かけ中だったジェニファーのショット。さすがにお一人の時は荷物もたっぷり持たないといけませんから、抱っこグッズを使ってますね♪ ママバッグも軽くて大きそうな機能的バッグを使ってる感じ。フレンチカジュアルっぽくきめていて若々しい☆。 どんな顔立ちの娘さんになるか本当に楽しみですよね。ポール似になるのか、ママに似るのか。どちらに似てもハンサム美女になりそうです。


マッツさんの記事をぱっぱと作りたいんですが、トゥーレさんの写真をまたもやいろいろと発掘したからそれも御紹介したいなあ。また良い感じですよ!<トゥーレさん

などと言いながらも全然違う記事をアップするかもしれません。どちらにしろ、明日から週末まで毎日用事が入っているから今週にニュー記事アップは無理かもです。突発的に素敵ニュースが飛び込んでくればアップ努力はしまーす♪

では☆

ポール・ベタニーがイギリスで "Broken Lines"のプロモーション活動をしてた模様。その他のニュースも♪


先日、お伝えした(こちらの記事)、数年前に既に撮影済みの作品 "Broken Lines" のプロモーションをポールは母国イギリスにておこなった模様です。


375.jpg

373.jpg

374.jpg


BBCニュースからキャプチャーしました。

BBCのポール動画も載っているサイトはこちら

去年の冬くらいからトラッドファッションに転向したポール・ベタニーですが、まだ引き続きトラッドスタイルですね。こういう薄いベージュ色が似合うのはさすがだもの。難しい色だもの。肌着色に見えないもの。ひたすら似合うもの。髪型も昔の金髪ポールを彷彿とさせて素敵です。動画をよく見るとわかるんですが、眼鏡は結構な度が入ってそうですよね? コンタクトをやめてめがねにしたんでしょうかねー。

それと今回イギリスを訪れたことによって、他で記事も見かけたんですが、イギリスを恋しく思うよ…といったインタビューもしてた模様。これはいつもよく言ってますよね。本当にイギリスを愛しているだろうなー。パブについて語ってました。これもよく言ってますね(笑)。それでもイギリスでのプロモ活動を終えたらすぐにとんぼ返りで住まいのニューヨークに戻ったそうですよ。もちろん産まれたばかりのベイビーのために♪との回答付きでした。

それと!新しい撮影情報が。先日、メッセージで残念ながら『レ・ミゼラブル』には出演しないことになったの知りました(uさん、情報ありがとうございます!)。その代わりじゃないんでしょうけれどこんな記事を発見。


Paul Bettany, Brian Cox, and Stephen Graham (Boardwalk Empire) are signed on to star in Nick Murphy‘s Blood, a movie adaptation of Bill Gallagher‘s BAFTA-nominated BBC series Conviction. The story revolves around “two policemen who kill a murder suspect and are then plunged into chaos when they are forced to investigate their own crime.” According to producer Pippa Harris, the film will be a “fast-moving, gripping thriller.” The project is scheduled to begin shooting in January.


いつも通り、各自英訳は自己責任で処理しませう……。

ポール・ベタニー、ブライアン・コックス、スティーヴン・グレアムはニック・マーフィーの "Blood" の出演契約にサインした。脚本はビル・ギャラガー。

ってことかしらね。BBCのミニシリーズで一度テレビドラマ化されているのを、フィルムにリメイクってお話?それかBBCのテレビ映画用に作るのか? という理解はできていない私ですが、とにかくスリラーミステリー作品にポールは出るようだ……との情報です。来年の一月から撮影予定。他の記事をチェックすると12歳の少女が殺害され、二人の警官がどーのこーのみたいなストーリーのようですぞ? いつものことですが適当訳で自分納得です。間違っていたらごめんなさい。平謝り。

ポールがスリラーやミステリーって意外と珍しいですよね。もし実現したらとっても楽しみだわ。上記されているスティーヴン・グレアムさんの経歴を調べるとイギリス作品『スナッチ』に出演してたみたい。色々な素敵作品に出演している役者さん。そして『インクハート』ではポールと共演してた人でした。どの役をやった方かしらね。

さて、これまた先日お伝えしたニューヨーク家族散歩の違う日です。


372.jpg

すっかりニューヨークも秋なのかもしれませんね。みんなコート着てるもの。薄手のコート。ジェニファーもお子様を産んですぐにスッキリ体型。素晴らしい。ジェニファーの今回のコーディネートすごく素敵だわー。ジェニファーが手を繋いでいるのは大きくなったアグネスちゃんではなく、お友達とお友達の娘さん――と説明がされてました。ジェニファーの左にお友達の男性が写っていましたよ。その方の娘さん。ステラン君が無邪気に話しかけてますね。可愛いなあ。

371.jpg

ステラン君もすっかり紳士なよそ行き格好が似合ってますねー。さすがイギリス紳士の血を引いた子供。笑い顔はポールにもジェニファーにも似ているなー。そして最近ポールはパパラッチされると、殆どが下を向いています。割と気にせずカメラを見るタイプだったけれど、ここのところは下向きが多いですなあ。スターは大変です。でも気にせずファミリーで散歩しているのはあっぱれです。

370.jpg

ポールだもの。ミニベイビーなどひょひょいのひょいだもの。安定してるもの。軽々しく抱っこしてるもの。ベビーピンクのおくるみが可愛い♪ やはり女の子カラーの品物が多くなってきてるのかもしれませんね。しかしこんなダンディパパ……。見かけないもの!見かけたいもの。ベイビー抱えて様になる男子……。ブハー(鼻血)。

というわけで、ポールの記事をアップしにきました。トゥーレ君の記事を用意し始めているんですが、御紹介したい写真がエベレスト山脈のごとくドバドバ山盛りでありますのよ。二回にわけてお送りするかもしれません。

ではとりいそぎの記事ですので……ここらでシュタタタ。

ポール・ベタニー一家勢揃いのお散歩♪ アグネスちゃん初お目見えです☆

ポール・ベタニージェニファー・コネリーの美しい夫婦と愛らしいキッズ達が久しぶりにニューヨークの街でキャッチされました。上の二人のキュートな息子達をスクールに連れていきつつ、ワンワンのお散歩。よくパパラッチされている光景ですが、今回は遂に末っ子ベイビーガール、アグネスちゃんも一緒にお散歩でーす。わーい。

↓ こちらの写真はクリックすると巨大化します。

387.jpg

お兄ちゃんはギターを抱えてますね。ポールは以前インタビューで、息子とギターを一緒に弾けるようになったのは本当に嬉しいと答えてましたよね。

ポールは少し腰回りがぷよんとしたかしら。やはり育児休暇(?)で撮影がないからかしらね。でも素敵だもの。会ったらものすごくスッキリしてるはずだもの。スターだもの☆

ここからは見たままのサイズで写真をアップ

384.jpg

カッコイイファミリーだもの!まるで映画のようだわ。お洒落一家だもの。くどくないもの。ポールは英国紳士ですが、ニューヨーク生活が長くなってきたのか、洋服のセンスはニューヨーカーっぽい雰囲気に染まってきてますよね。特に今年はそういうイメージでせめてる感じ♪


383.jpg

サングラスは当たり前の海外生活。みんな似合ってるからいいわよね。ワンワンも元気そうですねー。きっとみんなに可愛がられているんだろうなー。殆ど、ポールが綱を握ってるよね。ポールがご主人様なのかしらね♪

388.jpg

そしてアグネスちゃん。完全に白人ベイビーですなあ。このむっちり感。頭蓋骨のカタチからして違うのよね。ものすごく立体的なベイビー。色白。やっぱり女の子だからポールに似ているかしら。今のところ髪の色はポールっぽいかしら。金髪ベイビーなのかなあ?


386_20110917214346.jpg

むにむにしてますな♪ だっこグッズっぽいものは使ってないようだが、ジェニファーが疲れたらポールと抱っこ交代なんだろうな。そしてジェニファーはワンワンを♪ ポールだもの。頼りになるもの。赤ちゃんってずっと抱っこしてると重いですよ!それにぐにぐに動くし、素でずっと抱いているのは意外と難しいものです。


385_20110917214346.jpg

ステラン君は相変わらず可愛いですねー。足が細くて長い!ポールに似ても、ジェニファーに似てもスレンダーで背が高くなるものね。ポールが高いからよくわからないかもしれませんが、ジェニファーも170センチくらいあるんですよ。小さい人じゃありません。スレンダーだから巨大な女性には見えませんけどね☆美しいし☆ ステラン君は最初ポールに似ているかと思ってたけど、何となく雰囲気はジェニファーかもしれませんなあ。でもまた歳をとると男子も顔が変わるからねー。

アグネスちゃんもポールに似るとヤンチャっぽいイメージのフェイスになりそうね。家族全員から愛されてるんだろうなー。キスの嵐エブリデーに違いありませんな!

とにかく、ポールファミリーの写真は常にファミリー愛を感じて、目の保養です。スターのオーラもありつつ、普通の生活もとっても大切にしているというのがよくわかりますよね。写真からも伝わってくるもの。気取ってないもの。でもお洒落。ポールが常に普段着も一番お洒落。お洒落っぽさはステラン君に引き継がれている感じ。ジェニファーはまだ育児真っ最中だから本当にラフな格好です。でもスターだもの。スター女優だもの。ラフなカジュアル服装でも私など一般市民がリアルに出会ったらまぶしさでこちらの目がつぶれるはず。スターはどうしてもオーラが出てますからのう!ほっほっほ!ほっほっほ!

と、今回は取り急ぎ記事ですが、アグネスちゃんの育児が一段落したらまたポールも映画仕事に戻るでしょうから、今度はどんな映画に出るのか楽しみにしていましょうね。日本でも来週いよいよ『プリースト』が公開される!!私は渋谷あたりで鑑賞しようかと目論んでます……。イギリスAmazonでDVDレビューをついちらっと見てしまいましたが、『レギオン』の時よりは多少褒めている人はいるような。でもね……基本的には罵倒の嵐でした。監督にセンスがないんでしょうなあ。役者さんはまた褒められていたりするから。

また監督を叱咤激励せねばならないかもしれない。叱咤だけに終わりそうな気もします。だってほら『レギオン』の時は次に『プリースト』の撮影があるとわかっていたから、激励もしたが。次はもうないような気がするよ!ポールもこの監督の腕前がキッチリあがってからまたタッグを組めばいいんじゃないかしら。っていうかもうこの監督と組まずにもっとアクションやSFが得意な監督はいるはずだ!そういうのに出たいのならば。そっちをお勧めしたくなるよね。ふふふふふ。

ではよい連休を!

ポール・ベタニー出演映画 "Margin Call" の新しいポスター そして三年前に撮影された作品 "Broken Lines" が今月イギリスで公開


405.jpg


まずはポール・ベタニー出演作品 "Margin Call" から新しいポスターのお知らせです♪ ネクタイをアレンジしたポスターってことかな?エクゼクティブ金融ビジネスマンのお話だものね。そりゃネクタイ必須だもの。素敵だもの。

日本で公開されるといいですよねえ。出演者の豪華なメンツパワーで公開してほしいなあ。


404.jpg

そしてポールが出演している2008年 イギリス作品"Broken Lines" が、何故か今月末にイギリスでいよいよ公開だそうです。お蔵入りになっていたのかしら。作品としては存在しているのは知っていましたが、DVDも出ていないしヒットしなかったのかなあ…。日本公開は無理だったとしても海外では既に公開されていた作品だと思ったのですが。もしかして一度は公開されたけれど、反応がいまいちだったから…お蔵入り状態だったのか?一度公開してお蔵入りって矛盾してますけれども!単純に未公開だったのかしらね。

既にできている作品が三年越しで公開なんてこともあるんですなあ。特に何かがとらぶってたわけじゃなさそうなんですけどね。スポンサーがつかなかったのかな。

ポールは落ちぶれたボクサーの役……っぽいですよのう。そしてポールが一番共演している女優さんオリヴィア・ウィリアムズも出演しています♪

403.jpg

ポールの右に写っている女優さんはオリヴィアではなく、Doraly Rosa という女優さん。IMdbで調べてもそれほどデーターが載ってないんですよ。そして何故かキアヌ・リーブスとよくパパラッチされてた方みたい。ご存じでした?キアヌと共演した作品があるのかしら…。でもIMdbにはその気配はないの。


402.jpg

ほらキアヌと…。他にも違う種類のパパラッチ写真がありました。


"Broken Lines" の予告トレイラー





ということで三年越しに公開されるってことはDVD化もされる…と期待しています。日本語版は無理だろうけれど…。すーん。いいもの。また海外Amazonで買うから…。すーん(涙)。

バーナビー・メッチュラートの作品がドイツでしか手に入れられない……というのはもう仕方ないと諦めていますが(それでもAmazonのおかげで手に入れやすくなった)、ポール・ベタニーくらいネームバリューがでてきてる人の作品は日本で気楽に手に入れたいよね!

と思うのであった。

昨日も久しぶりにドイツAmazonでクリックしましたわ。8月に既にバーナビーの新作が出ていたんですが、少し保留してたのね。ほら…郵送料がもったいないからどうせならまとめて買いたいじゃないですか。私も多少海外買い物のコツをつかんできたともいえよう(余裕)。アウグストさんの新作は10月に発売なんでそれまでスタンバってようかとも思ったんですが、既に何ヶ月か待っていた我慢な私に我慢がきかなくなって昨日クリック。それでも一ヶ月ずらしたおかげで、バーナビーのオーディオCDを発掘できたの。嬉しい。久しぶりのオーディオCDです。バーナビーはアウグストさんほどじゃないけれど、朗読CDにお声がかかるよ!しかも褒められていたよ。嬉しいなあ。その原作本は日本でも中古でなら手に入る本っぽいので本も手に入れられます。わーいわーい♪

さて、近況ですが、少し前にも書いたしお返事でもお誘いしたりしたんですが、最近流行のザ・インタビューズに軽くはまってます。質問受け止めますから質問ください。映画関係でもいいし、食事関係でもいいし、宇宙人の存在を信じますか?などのアカデミック&スノッブ質問お待ちしてます。ドイツ関係でもいいですよ!もちろん私も質問を飛ばします。アカウントをゲットだぜ!

インタビューズ公式

私のインタビューズページ

まだ始まったばかりのサービス。だもんで、サーバーが不安定だったり、ユーザーをどうやって検索すりゃいいんじゃ?リストに人を増やすにはどうしたらええんか?と戸惑うかとは思いますが、少しづつ成長していくことを…信じて。その前に飽きてしまうかもしれないという懸念も含みつつ…お気楽にアカウントをゲットしてみてください。つまらないシステムは廃れていくはず。とりあえず流行にのってみませう。このシステムを育てたいと思うかどうかは、やはり運営側の気概にかかっているのではないかと。ヘルプページが全然充実してないのもちょいと不親切なんですけどね。「お洒落な俺たちを使いこなせるかい?」みたいなノリも感じられるのは「ん?」と思ったりするんですが…。まあ今は雑多にいろいろな方が参加し始めているから当初のお洒落モード全開よりは敷居が低くなってるんじゃないかな。システム不完全だけれども。

と、いいながらも今週は病院通い三昧で眼科や産婦人科、歯科…とバラエティーに富んでます。どれも深刻な状態ではないんですが「検査しないとな……」といった状態のものがたまってしまい、重なっていった…ミルフィーユ。

病院といえば待ち時間。待ち時間をやり過ごすのに一番の方法は読書。

京極夏彦先生の「覘きの小平次」と小川洋子さんの「薬指の標本」を読了しました。どちらも好みの面白小説でありました。「薬指の標本」はフランス映画になっているというのは以前、女優さんを調べていて知った作品。チャンスがあったら映画をチェックしますね。原作にアレンジをくわえず再現してるのかしら。題材的に舞台が日本じゃなくても再現できそうな良い作品です。

薬指の標本(仏題:L' Annulaire)のトレイラー





標本技術士を演じる男性のイメージは私がイメージしていた雰囲気と違うんですけど、エピソードとして小説にあるものは忠実に表現しているっぽいですな。

映画を最近観てなかったのですが、サム・ロックウェル主演の『月に囚われた男』をDVD鑑賞。映画館に行かねば!と思っていた作品です。突っ込みどころはある物語なんですけど、大変に綺麗にまとまっていたんじゃないかな。音楽がすごく良かったですなあ。そしてサム・ロックウェルは演技が上手だ。殆ど彼の一人芝居ですからね。

今月はとにかくまだまだ病院祭り…。映画に時間を割く暇がないかもしれません(暇人だけれども!)。でもインタビューには答えていると思いますからたまに覗いてみてください。といっても二日か三日に一度くらいかしら。とりあえずブームに流されている状態ということです。

ではでは。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。