スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランキーはハリウッドへ

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)

たまに猛烈に聴きたくなる曲、Relax

今日は映画と関わりのある音楽。

ブライアン・デ・パルマ監督好きならば、かかさず見ているはずの映画『ボディ・ダブル Body Double (1984)』。当然、ヒッチコックの名作『裏窓』に捧げるデ・パルマならではのファン愛爆発映画です。メラニー・グリフィスが若いったらない。可愛い。主役の男性はすごくクセがある顔ですよね。最初はメラニーじゃない女性の後をつけまわすのですが(もちろん訳あってです)、その女性の穿いている下着がエレガンスで素晴らしかった。「ああ、あんな素敵な下着があるんだなあ…」と子供ながらに感嘆した記憶が。下品じゃなくてすごくエレガンスなエロティック下着だった。高級ランジェリーショップで着替えるシーンもエロティック。ヒッチコック映画と違って、そこはデ・パルマ、良い感じで下世話さをアピールしていきます。

映画はデ・パルマがお好きならいずれ…ご覧になっていただくとして、当時、ミュージシャンとタイアップ(というのかしらね…)して、主題曲というかなんつーか、ミュージシャンのビデヲクリップとミックスされてたバージョンなんですよ。今でもありますよね。例えばマドンナが007の主題曲歌ったりするじゃないですか。ああいうノリですよ。

フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドというイギリス(!)のバンドがリラックスという曲を発表したのですが、何故かこの『ボディダブル』とくっついたー。そしてビデヲクリップが何種類も作られたのでした。私がテレビでよく観たのは、今日ご紹介する二本目だったと思う。一本目と二本目がボディダブル出演者もカメオ出演しているビデオクリップで、三本目と四本目はフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド独自のオリジナルビデオクリップですな。

ボーカルと何人かがゲイな人達というのが当時もウリで、ビデオもそんな感じだよね。ハードゲイ。歌詞もラフな歌詞なんだけど、際どい歌詞で当時はBBCや日本だとNHKでは放送禁止だったらしいです。放尿の音とか入っているからじゃない?あとサックとか…イキたければ自由にイケばいい…。というセックス満載を彷彿とさせる歌詞だからだろう。英語の歌詞だけ見るとすごくシンプルなんですけどね。

私はフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドのボーカル、ホリー・ジョンソンの顔は結構好きなの。特に三本目に灰色のサラリーマンスーツ着て歌っているホリーはいいね。こういう顔にも意外と弱いです。範囲を広げていく…。

映画バージョンのビデオクリップも上手に映画のシーンを組み込んであってエロティックですね。特に一本目ではメラニーが主役男優のズボン(パンツも?)をおろして、立ちファックをしちょるよ!うおー。これは映画でやったシーンを上手にビデヲに練り込んだのかな。もう相当前に見た映画なので細かいシーンは忘れてしまったよ。

18禁にするほど過激ではないですが、当時はそれなりに派手なイメージで売り出したのだと思います。フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの曲だとこの曲もいいけど、Welcome To The Pleasuredome  も良い曲だよね。フリークスっぽいビデオだったよこれは。

映画と音楽は切っても切れない仲ですからね。実際に映画の中で使われてなくても、こうやってタイアップする手法はファンとしては嬉しいかな。ビデオクリップが華やかになるしね。というわけで、全部を見るほどファンな方はいないと思いますが、映画バージョンだけでもチェケナ!今、聴いても耳障りがいいキャッチーな曲だと思います。




映画バージョンその1↑



映画バージョンその2↑



バンドオリジナル↑



ハードゲイわんさかバージョン↑



では。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。