スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳の肖像

『17歳の肖像』(An Education) 2009年 イギリス映画

日比谷シネシャンテにて鑑賞


昨日、こちらの記事で出演者それぞれのプロフィールと写真をたっぷり載せました(こちらはネタバレなし)。今日は感想をアップ。

まずは予告トレイラー




感想はネタバレありなので注意です!



時代設定は1961年のイギリス。この時代設定は会話の隅々や、お洋服、生活習慣などに表れてますが、頭の片隅に入れておかないと、基本的にお洒落な映像なので今風にも見えてしまった。当時の16歳と今の16歳はそれほど本質的には変わってないと思うので余計にね。16歳というのは途中まで主人公は16歳の設定だから。誕生日を迎えて17歳になります。って原題は『An Education』なのでそれほど年齢にこだわった演出はないのだが。まあ、年齢はポイントといえばポイントか。誕生日のイベントがね。でもそういうのもサラサラっとした描写なんですよ。基本、主人公の女の子(ジェニー)が、倍の年齢の男性と恋に落ちて、勉強がおろそかになり…若さゆえの過ちを経験し、どうやって回復するか(その回復術はあっという間でサラサラです)の物語なのであります。

ジェニーはもともと優等生。適当に遊びながらも(ティーンエイジャーがする範囲内での遊び)、学業は優秀なので先生の信頼も厚い生徒。家のお父さんは厳格といっても、偏った厳格父で、利益になる勉強や履歴書のハクがつくようなことしかさせてくれない。つまり管弦楽団(学園内のかな?みんな同じ制服着てたからそうだよね)に入るのは履歴書に有利だけど、真剣にチェロを弾くのはよくないと。趣味の範囲なんだから趣味に没頭してはいけない。家でチェロの練習をするくらいならラテン語の勉強をしろという父なわけです。娘が「じゃあ管弦楽の団員をやめる」と言うと、「途中で何かを投げ出すっていうのは履歴書に傷がついて印象がよくない。やめるのは駄目だ」と、そういう調子なの。

お母さんはどちらかというと娘の味方。だけど思いっきり夫とやりあうタイプの女性ではない。どちらも立てつつ…古き良き時代の、良妻賢母的な役割です。

ボーイフレンドを家に呼ぶけど、まだ16歳~17歳くらいの男の子なんて将来の展望はないじゃないですか。学校のボーイフレンドが「僕は大学入る前に、ふらふらっと一年くらい放浪の旅に出ようかなーと思って」などと両親の前で言ったもんだから、お父さんはプンスカプンプン!「うちの娘はオックスフォードを目指してるんだぞ?君は放浪?放浪?」って、駄目の烙印をボーイフレンドに押しちゃうの。

ジェニーもボーイフレンドの台詞を聞いて「アチャー」とした顔をするんだけど、それはお父さんの前でそんなこといったら…って感じなわけで、ボーイフレンドの考えを否定してるわけじゃないのね。でも物足りないとは感じてるわけ常に。放浪って言っているボーイフレンドが全然ビジュアル的にもワイルドじゃないんですよ。

少し、背伸びしたいという気持ちを抱えながらも学生生活を送っていたジェニー。管弦楽の練習のある日。下校していたら雨がどしゃぶりになります。道ばたでチェロを抱えつつ、雨宿りしていたら、運命の人、ディヴィッドが車で通りかかる。

education10.jpg

education11.jpg



で、この後、ジェニーは恋に落ちて年上のディヴィッドと付き合うのです。

お父さんが一つの関門なのですが、不思議とディヴィッドを前にするとお父さんはディヴィッドに上手に言いくるめられていくのが面白い。

お父さん独自の道徳観念があるので、そのクセのある道徳観念をファニーに思えると不自然には感じないシチュエーション。大学(絶対に名門じゃないと駄目!)に進学させたいくせに、玉の輿にのれるような相手が現れれば、高校中退して結婚しちゃってもOKみたいなノリなんですよお父さんが。

それで最後の方、娘と当然喧嘩になる。

映画を観ている時に感じたのは…ジェニーは若気の至りすぎ。浅はかな考えすぎ。生意気な口をききまくる。親にも先生にも達者な口を開く。「勉強なんか退屈。退屈なものを突き詰めても仕方がない。私は私…」と、世間に対して高飛車な態度を取り続けるのね。で、父親とぶつかった時に、あなたにも責任がある!と、激しくなじるんですが、「それは、どーよ?ジェニー、あなたが、ただただ、ひたすら浅はかだったのでは?」と感じちゃうのね。お父さんそんなに悪かったっけ?みたいに…。

でも確かにお父さんの教育方針は偏っているから、娘が混乱するのも無理はないのです。少し前までは、得する勉強をとにかくひたすらしろ、勉強できない娘に金を投資するのはどんなに大変か…というのを言いまくる父だったのであります。勉強できないっていっても、ラテン語が少し苦手なくらいなのですけどね。娘の誕生日にラテン語の辞書を贈るくらいですからお父さん…。辞書のエピソードは面白いシーンでしたよね。学校のボーイフレンドも同じものをジェニーに贈ってしまうの。可笑しいシーンです。

こう感想を書くと、親子の確執物語?と思うけれど、そういうのも割とさらっと描いているの。じめじめしてない。楽しい家族会話もたくさんあるんです。

肝心の恋とはいうと、例え、ジェニーがオマセさんじゃなくたって舞い上がるような恋愛なんですよ。相手は大人。与えてくれるデートや経験、それに洋服…何もかもが、普通に高校生が恋をしていたら体験できない魅力的なものばかり。

education12.jpg

education13.jpg


ナイトクラブで華やかな大人達と食事。


education14.jpg


オークションで名画を買い付け。


education09.jpg

そして、極めつけはパリで誕生日を迎えさせてくれる恋人。



こんなのされたら…別にティーンエイジャーじゃなくって、大人の女性でも舞い上がるのでは!!ましてや高校生が!1960年代の高校生だったら今よりもっと煌びやかに感じたでしょう。そういったデート攻撃は。

ジェニーも彼と付き合う前からフランスにはずっと憧れていて、家ではフランス歌手のアルバムを聴いているの。当然、父親に怒られる。ジェニーはフランス語も喋れるんです。学校の授業でフランス語を習得してる設定なのかな。とってもインテリな子なの。

イギリスはあんなにフランスに近いのに、フランスは憧れの町なんだなあ。ヨーロッパに住んでいたってフランスは憧れなんだ。じゃあ日本人がものすごおおおおおく、フランスに憧れたって仕方ないですよね!おほほほほほ!

映画では戦後の色合いがまだ残っている時代背景なんです。そういうのも会話で上手に表現されてます。お父さんは大陸嫌いとかね。校長先生はユダヤ人に対して…みたいなのはあるんです。そういうのもサラッと表現されていく。


面白いのはジェニーにはもともと、ちょっとだけ不良の要素(でも頭はいい!というのがポイント)があって、煙草をすぱすぱ吸うの。同級生ともよく吸ってるし。彼と付き合ったから吸い出すのではなく、スモーキングは既に根付いている彼女の習慣なのでした。煙草はよく出てくる描写でしたね。制服着ていても、食事をしていても、何をしてもちょっと一服なのでした。背伸びしている雰囲気を表すのにうってつけの小物。

education15.jpg

以前、フランス映画のティーンエイジャーものを観ていたら、案の定、煙草をすぱすぱ吸うのがデフォルトです。ヨーロッパは煙草似合うよね。特にイギリス、そしてフランスは煙草の国だもの。そう、フランスは煙草の国。大人の国だもの。ワインも飲むのだもの。大人なのだもの。憧れるのだもの…。

ヴァージン喪失の話もサラサラッとしています。女の子はそういうシーンでは強いですよね。男は結局スケベだな。処女喪失の前夜に一度挑もうとするんだけど、その時のディヴィッドが変なセックスをしようとするのね。でもジェニーは落ち着いていた。「気持ちが萎えたから、パリで楽しみましょう」って。もう既に大人の女の雰囲気。

だって…ディヴィッドってば、ジェニーが処女だからって、「バナナでまずはアソコを慣らさないと駄目じゃないかな」なんて言い出すの…バカ!しかも、わざわざキッチンからバナナを取ってくるんですよ!

そう、でもこの描写に騙されてはいけません。ディヴィッドは年齢を重ねている割に、ウブじゃないか…と思ってしまったのよね私。ちゃんと彼女が17歳になるまで無理にセックスしようとしないし。それは大人の余裕でガッついてない描写なのかとは思ったけれども。


こうして、どんどんジェニーは恋愛にはまっていくのですが、そうすると当然、学業がおろそかになるのでした。小論文の先生や校長先生に諭されるけど、先生達にくってかかります。このあたりのジェニーに対しては、頭をはたいてやりたくなりました正直。校長先生は多少クセものなのですが、小論文の先生(昨日の記事でもアップしたオリビア・ウィリアムズ演じるスタッブス先生)はジェニーの才能をとってもかってるのね。先生自身も優秀な学生だったみたいなの。先生はケンブリッジ大卒業の設定。いかにも真面目そうなビジュアル。生徒の小論文を読んで生徒に触れることが、精神の高揚につながって、とっても意義があって素晴らしいとジェニーに言うわけ。ジェニーがフランスからシャネルの香水をおみやげに買ってきてくれたのを拒否する時に言うセリフなんです。受け取らないの先生はそのお土産を。先生が生徒から受け取って一番嬉しいのは勉強の成果なわけ。ここ、すごくいいシーンなの。単純に厳しいだけじゃなく、スタッブス先生が、生徒を本当に愛しているのが、よくわかるいいシーンです。

でも大人の体験をし尽くしている(と、浅はかに感じ取っている)ジェニーにとっては、面白くないセリフなので、すんごい反論して、先生にひどい言葉を投げつけるわけだ。

このクソガキが!

と、正直に思いました。ただ可愛いだけじゃないですよねティーンエイジャーって。私も親に生意気な口きいてましたもの。浅い経験だけして、いっぱしぶってってやつですよ。不良じゃないんだけど、親や先生の言う説教が胡散臭く感じる時期ってありますものね。といっても、私は恋人とパリに行ったりしてませんけどな!ってか恋人いませんでしたけれどもな!高校生の時はひたすらオタク活動です。映画と音楽と漫画と本…もうそれだけで手一杯。我が家は私が余りにオタク活動をしているので「たまには友達と夜遊びにでも行ってくれば」と言うほどでした。友達はオタクじゃなくて彼氏がわんさかいるような友人ばかりだったのです。もちろん彼氏と毎日デートするような友達とも仲良しですよ。それはそれです。

映画の話に戻ります。ジェニーは勉強もしなくなり、大人との付き合いに没頭します。彼女が痛い目にあう瞬間がくるのです。

予想の範囲内ではあります。そして立ち直るのもお約束なのであります。

その辺は映画館かDVDになったら確かめてみてくださいね。


でも、恋人については言及します。巨大ネタバレなので注意。そのネタバレに行く前に、この映画で気に入ったところを。


まず、キッチン用品に注目してギラギラしちゃいました。紅茶を案の定よく飲むのです。それはイギリスですものね。ジェニーのお家ではスージー・クーパーを普段使いで使ってます。お父さんが仲直りの印に、クッキーとミルクティーを娘の部屋に持って行くのですが、ちゃんとスージー・クーパー。ある朝、ジェニーの家庭での朝食風景でも、ちゃんとそのスージー・クーパーのティーカップとソーサーが使われてます。今だとヴィンテージ。当時は普段使いだったのでしょうね。キッチン用品もヴィンテージっぽい魅惑の鍋などが!!そして朝食のティーポットにかぶせてあるティーコジーが味わいあって可愛いの…(ティーコジーってポットがさめないようにかぶせておく布製のカバーなのです)。

スタッブス先生の部屋も可愛い。キッチン用品に目が釘付け。あ、あれヴィンテージの鍋だ!と、興奮しちゃいました。

そして校長先生も校長室で紅茶を飲みながらジェニーと喋るシーンがあります。校長先生はアールデコ模様の素敵なティーセットでお茶タイム。ティーポットとティーカップがちゃんとおそろいです。高級感があるモダンなセットでした。そのあたりでも、家庭の格差を出しているのかもしれません。スタッブス先生の家では気楽なティーバッグだったから。ジェニーが訪れた時に、紅茶を淹れてくれるのですが、シンプルなマグカップにポンポンッとティーバッグを気楽に放り込んでいたもの。実際には英国だからといって正式なお茶マニュアルで飲む人は少ない、ティーバッグで気楽にガンガン飲んでいるというのを、以前、紅茶の本を何冊か読んだ時に知りました。もちろんいざという時にはちゃんと淹れるのでしょうが、普段は意外とティーバッグらしいですね。当然、イギリスは身分差が激しい国なので(きっと今でもそれはある)、産まれた家庭環境によって違うとは思いますが。

イギリスの古き良き、家のインテリアを観るたびに感じるポイントが今回も…。

「あっちって…絨毯、絨毯の上に敷くラグ、ソファー、壁紙…どれもこれも柄模様で、それぞれが、全然違う柄なのに、何故、インテリアとして調和しているのだろう…」

なのですよ。日本は色調を統一したり、柄もあわせたりしますよね。むこうは見事にバラバラ。でも調和してる。不思議だ…。

ジェニーの家は貧困してないけど、お金はそんなにない一般家庭。

スタッブス先生はシングルで1人暮らし。絵はがきのラファエル前派と廉価版のアンティーク本で囲まれている(本人が軽く自嘲気味にジョークでジェニーにそう告げるのです。つまり、本物のロセッティはもてないし、アンティークの文学書も高い)。

education20.jpg

遊び人で大金持ちなダニーの住まいは、白亜の豪邸マンション。ハリウッドスターが住んでいるような、白い壁で、シンプルだけどあきらかにゴージャスな内装。シノワズリーを感じさせる年代物の箪笥や、いろいろな国のアンティークが上手に飾られている素敵な住まいなのです。成金かもしれないけど、ゴージャスなのは間違いない。

そして恋人ディヴィッドの住まいは…(これはネタバレなので後で…)。

と、パキッと線引きされているステイタスの違いがわかって面白い。

ジェニーの両親を騙す時に、「オックスフォードにC・S・ルイスが知り合いでいるので、彼にサインをもらってきます。彼女と一緒にオックスフォードに泊まりがけで行ってもいいですか?」とディヴィッドが言うエピソードも面白い。C・S・ルイスは既にナルニアで有名な設定なのです。みんなで「クライブ!」などと叫んでいるから何事と思ったらC・S・ルイスってクライブ・ステープルス・ルイスの略なんですね。私はついついジャポネ爆発で「シー・エス・ルイス」とウン十年間そう覚えてしまってました。クライブって名前だったんだ。っていうかルイスで納得してましたよね!いいんですよねそれで!

それと、イギリスの進学システムを知っていればもっと面白いんだろうなーと感じました。それはどの国の映画を観ていてもそうだけど。フランスも全然違いますよね。フランスはバカロレア制度だったかな。オックスフォードが名門なのはわかるし、ケンブリッジもわかります。でもそこに入学するのがどれほど大変か…どれほどステイタスなのか…は…日本だと「東京大学?」と比較するしかない。

ジェニーは一回、大学進学を諦めますが、またトライするじゃないですか(このあたりはあっさりした描写)、で結果発表…となるんだけど、ああいう方式なの?ホグワーツっぽいですよね。内申書みたいなものも提出するのかしら…。オックスフォードとケンブリッジの雰囲気の違いなどもわかればより楽しいのだろうなあ。高校システムも日本とは違うでしょうしね。

それとジェニーと、遊び大人女性ヘレンの会話も、英語がわかればもっと楽しめるのだろうなあ。言葉遊びっぽい、かみ合わないジョークなんですよ。この女性二人のやり取りが。ヘレンはとってもキュートでいい役だった。全然、いじわるじゃないの。途中、ボーイフレンドのダニーがジェニーを気にしだしてちょっと…不安になるんだけど、だからといってジェニーにいじわるしたりしないんです。

ラファエル前派の絵を落札するシーンも楽しかったですね。ギニー単位だったね。ポンドの前の単位ですよね?イギリス通貨。ラファエル前派は好きな方多いのでは?特に女性は好きですよね。私も、一時期はまったもの。画集など買ったり、以前やっていたサイトで絵を紹介したりしてましたよ。私はロセッティよりジョン・エヴァレット・ミレーなど好みでしたかな。詳しくはないんですけどね。

お洋服も目に楽しかったです。でも、制服姿が一番キュートだったなあ♪

education18.jpg

education16.jpg

education17.jpg


education19.jpg


男性人も伊達ぶってます♪


これ男性は単純に「一回り年下の女の子とデート&セックス、そしてちょっと甘酸っぱいきゅんきゅん♪」と思う映画なのかしら。意外と年を重ねた女性が観る映画なんじゃないかしら。若い頃に思いを馳せながら…。実際、ティーンエイジャーの娘さんが観るのではなく。でも、女の人はこの主人公ガールにそれほど共感はしないかもしれないですね。どうなの?演技論とかそういう話じゃなく…単純に彼女の役柄に意外と共感しないのでは。「このクソガキが!」という邪悪な気持ちが私に宿りました。それは私がダークサイドだからかしらねパダワン。恋にクラクラになっちゃったり、勉強がおろそかになったり、生意気な考えをしちゃったりするのは、全然OK。でも、何だかんだいって、全て経験して、結果的には……なのだもの。ある意味、スーパーウーマンに近いですよね。違うかしらね…。学校でもすごーく目立ってお洒落で遊んでいて…自堕落っぽいのに結局、勉強も仕事もできて、恋人も最終的にはいい人見つけて…お金も何だかんだいってそれなりに手に入って…という人生を歩みそうなのです。女はたくましいという映画なのかしら…そういうの多いけど。実際にたくましいけれども。

もちろん、そこまで深読みせず、単純に楽しめばいいと思います。ジェニー、本当にキュートだから。

笑い方にクセがあるんですよジェニー役の子。「ぐふふっ」って笑うの。結構、低い声で「ぐふっ…ぐふふっ」それが可愛いのだけど、可愛いから許されるんだわね。ジャヴァ・ザ・ハットみたいな女性が「ぐふふっ」っていったら「大変だ、宇宙人が攻めてきたぞおおおおお!」ってなっちゃうんだもの…。本当なのだもの…。

ティンエイジャー生活習慣は国によって不良の表現なども違うし、お坊ちゃまなどの表現も違うし、すごく楽しいです。そういうのをチェックするだけでも楽しい映画でした。


そして恋人のディヴィッド…について巨大ネタバレです。知りたくない人は…いずれ観た後でお時間があったら覗いてみてください




巨大ネタバレ注意(クリックしてGO)










このディヴィッド…何と既婚者だったんですよ!子供もいる。そして今まで何度も何度も浮気を繰り返し、妊娠させた恋人までいたらしいです。かなり最低。

ただの、スケベ無節操男だったのでした。ガビーン。

そういう雰囲気にはそれほど見えないのです。だから騙されてしまったんだろうけれど。でも、昨日のキャラ紹介でも書きましたが、もし、ユアンがこの役をやっていたら「ええええええええええ?」と更に驚きが増したと思うのです。純粋に単純にジェニーを好きになった男性だと思ったら…浮気癖がある駄目男だった…というこの落差にね。ユアンが!?ええええ?嘘でしょぉぉぉぉぉ!って。それはそれで違う驚きとドラマが産まれたとは思うのですが、

デイヴィッド・ゴールドマンを演じたピーター・サースガードは、微妙に胡散臭いのです。そこがいいのです。「ただのスケベだったんだ。ジェニーのことは本当に好きだったのかもしれないけど。あいつ、肝心な場面で逃げてるし!!」と素直に納得はできる顔なのです。奥さんとも別れてない…。駄目っぷり。その場限りの甘い恋に憧れ続ける駄目男だったんですね…。だからジェニーに「両親にあなたから説明してっ。私から説明させないで」と言われても逃げちゃうの…。ブーンと逃げちゃう。

という描写は、ピーター・サースガードだと納得がいく。ピーターには悪いけど。

ユアンだと目がきゅむきゅむしすぎて、「ええっ何か、理由があるに違いないっ。ただの浮気であるはずがないっ」ってなっちゃうもの…我々(特に私)が…。

後日、ジェニーは彼の家をチェックしにいくのね。既婚者ってわかった後で、自分の家の近所だったの。ってことは、それほど大金持ちが住む地域じゃないってこと。そして、ジェニーの家よりも荒れてるの。家の前が何だかやさぐれた雰囲気でしたよね。奥さんは綺麗なドレスを着ていたけど、子供もわざと目つきが悪いというか…そんなに幸せそうじゃない雰囲気の奥さんと子供なの。だって旦那があれじゃ!幸せじゃないよね!だから家も手入れされてないのです。ジェニーの家は慎ましいながらも、お母さんが家事を一生懸命やって、やりくりして、家は綺麗なんです。家の前の玄関まわりも綺麗になってるの。そういう違いも面白かったね。


というわけで、いい年こいた大人が分別なく、ティンエイジャーに結婚してくれなんて…基本的には胡散臭いと思って正解だろう。ジェニーは舞い上がっていたけれど、仕方ないんだけどね。絶世の美男子じゃないから逆にすんなり恋に落ちたのかなあ。胡散臭いといっても絶世の美男子が怪しい場合はオーラで出ちゃうからね。庶民的な雰囲気なのに、大人の世界を魅せてくれるディヴィッドに惹かれるというのが上手な設定だったのですね。


もちろん美男子に一目惚れ映画も大好きです。はふはふ。


関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。