FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーレ・リントハートさんのミニ特集 第一弾♪

トゥーレさんのミニ特集第二弾はこちら→



376.jpg


トゥーレ・リントハート(Thure Lindhardt)
1974年12月24日(現在:37歳)
デンマークのコペンハーゲン生まれ
身長182センチ


日本のウィキペディアにもプロフィールは載っています。 → こちら

話せる原語 当然、母国のデンマーク語。英語、ドイツ語、スウェーデン語、フランス語も少々。

ヨーロッパな俳優さんの多国籍会話能力っぷりにいつもながら感嘆。私もヨーロッパ生まれになりたいよ!

前も書いたかもしれませんが、北欧な方々は特に英語に堪能な人が多いようですね。言語教育に力を入れているのでしょうなあ。いいなあ。その教育方法を受けてみたかったよ。

それと公式には公言しているかどうかは詳しく調べていないけれど、トゥーレさんは同性愛者もしくはバイセクな方のようですね。

外人俳優さんやミュージシャンには沢山いらっしゃいますからのう。

女子的には「きゃっ♪」という感想は多少出てしまいますけれどもな。それは仕方ない……。

きゃっ☆

さて、トゥーレさんもアウグストさん以上にファンが多いのではないかしら。日本公開作品は残念ながらそれほど多くはないようですが、コアファンが沢山いらっしゃるんじゃないのか?ファンサイト様は検索してないんですが、きっとたっぷりあるんだろうな。

トゥーレさんといえばまずはこれですかね。私はこの作品で知りました。そう、ダニエル・ブリュール、アウグスト・ディール出演の『青い棘』。感想はまだ書いてませんけど、特集は何度か。 → 青い棘カテゴリー


369.jpg

ワイン倉庫でのキッス騒動


368.jpg

ドイツ名物、湖畔でのキッス。この時はアウグストさんの妹役をやったアンナ・マリア・ミューエさんと三人で湖畔に行ったシーンですよね。で、妹とトゥーレさん演じるハンスは付き合っている設定で、それを当然アウグストさんは知りつつ、以前付き合っていたトゥーレさんにたまらずキスするシーンです。でも妹には特にいぶかしがられないんだよね。

『青い棘』はアウグストさんと映画の舞台設定(お洋服や建物、インテリア、酒)などに心奪われて、トゥーレさんにはそれほど焦点をあてなかった私。やんちゃでちょっぴり不良テイストな男子を上手に演じているとは感じましたが、男子的にそれほど注目しませんでしたのよ。


367.jpg

昔、ベルリン映画祭で『青い棘』がかかったんですよね。その時のフォトセッション。ほら、この時はアウグストさんがスマートでひときわ美しいんだもの。トゥーレさんは映画の時より、素朴なヤンチャ田舎の腕白さん状態。可愛いね♪ 監督の顔が大きくてそれも目に焼き付いた。


366.jpg

映画祭のバックステージかしらね。パーティ会場かもしれませんね。この時もトゥーレさんは素朴な田舎の子みたいになってるのだもの。三人とも可愛い。

365.jpg

大きい写真がなかったんでごめんなさいね。ほらワインは飲めるお年頃でもトゥーレさんは素朴な田舎キッズ全開表情。アウグストさんは大人っぽい顔つきだもの。ダニエル君は常に安定してるもの。そう、ダニエルはずーっと丸顔で安定。ものすごく痩せもしないが太りもしない。ある意味安定カブです。カブリバ。

彼が出演した映画でドバーンとしたのはこれでしょうかしら。『天使と悪魔』。

364.jpg

プレミアでの彼。素朴な田舎っ子ではないわ!素敵な成人男性(北欧)だわね。私の目が曇っていたのであろう……。『青い棘』の時に見抜けなくて申し訳ない。

363.jpg

イタリアでのプレミアかしら。右にはユアン・マクレガーが♪ やっぱりユアンカッコイイわー。むっきゅりしているのにスタイリッシュよね。イギリス紳士だもの。そりゃお洒落だもの。一番左はポールとも共演多数のステラン・スカルスガルドさん。ステランさんは193センチもあるのでさすがに巨大。そのステランさんの右隣にトゥーレさん♪ むにっとして可愛いです。ステランさんが長身ですから目の錯覚をおこしそうになりますがトゥーレさんも182センチですからなあ。ジャポンにいたら結構大きい人ですぞ。

『天使と悪魔』はトム・ハンクス主演の映画で一作目はポールが悲しき僧侶シラスを演じた『ダ・ヴィンチ・コード』でしたよね。ポールが出ているからというわけでなく、単純にストーリーを含めた作品として、私は『ダ・ヴィンチ~』の方が好きなんですが、皆さんはどう? 俳優さんうんぬん関係なくね。『天使と悪魔』は展開がもっさりしてましたよのう?

そしてステランさんは印象的な役で出演していたから覚えているんだけど、トゥーレさんの印象は皆無だった……。ユアンに心を奪われていたせいであろう。地上波のテレビ公開を録画しておいたんですが、それを先日チェックしたら確かにトゥーレさんが出ている! 全く覚えてませんでしたよ。「あ、そういえば出てたよね」という感想も出なかった。「出てたんだ……」。

このままでは私もトゥーレさんの特集は一生組まなかったかもしれない。『青い棘』の特集の時に何となく小さく紹介するだけで終わっていたような気がする。

しかし、先日『誰がため』を鑑賞して目に焼き付いた。好きになった……というより「ああ、この人、すごく上手でいいじゃないの!」と仰天したんです。今のところ激ラブという感じではないですが、これからは気をつけて注目しながら鑑賞する俳優さんになったってこと。『誰がため』のトゥーレさんは素晴らしかったですなあ。

363b.jpg

共演者のマッツ・ミケルセンさんとのプレミアでのショット。マッツさんの特集もしますからね。

と、私が知っている日本公開されているのはこの三本だけですわ。他にもあったらお知らせください。ファンの方々は海外版に手を染めているのでしょうなあ。私がバーナビーの海外版に手を染めているように……。北欧系だとドイツAmazonで買えばいいのか?北欧Amazonもあるのかしらね。

そして興味を持って画像をいろいろと見ていたら男前のようなやんちゃのような不思議な人。

とある人物三人ほどにも似ているし。

362.jpg

いい男だもの。


361.jpg

ハリウッドで活躍中。CSIの新しいメンバー。と言われてもわからないほどの、アメリカ風。基本、日本人以外の外人全ての区別はつきません。北欧だってパッと見て「あんたはフィンランドだろ?そしてこっちはノルウェーそのものだ」と区別は付きますかね?現地の人は区別つくのかもしれないけれど、北欧にこれっぽっちも縁もない一般市民の私なぞにはアメリカ人との区別でさえつかないよ!


360.jpg

ニュージーランド出身で現在ニューヨークで活躍中。休暇を利用して故郷のニュージーランドの海辺に……という嘘キャプションをつけられたら、まんまとダマされます。サーフィンが趣味なんだと言われても「そうなんだ」と納得しちゃうもの。背景だけで何人かわからなくなるよ!それはトゥーレさんだけじゃなく他の外人さんでもそう。喋りでも聞けば「あんたはオージーだろ?グッダイ!」と納得できるかもしれませんが、英語のヒアリングも出来ない私には見た目で判断するしかない。グッダイと言われてもとっさに「オージー訛り」と判別できない確率100%片思い。

トゥーレさんは性格良さそうな気がします。素朴という印象は当たっているんじゃないかしら。フレンドリータイプっぽいですよ。気楽なショットを見ていると。

359.jpg

ほら、緑のシャツも可愛いもの。トゥーレさんは、アウグストさんよりはお洒落だけど、もんのすごいお洒落という感じではないのは、わかりました。プライベートの私服はラフっぽいです。この緑のシャツはそれでもお洒落モードの方だと思うのね。

359b.jpg

これはお洒落とは違う方向かしら。この胸にレース。そしてこの色。私はある記号を見つけた。

ポール・ベタニー主演映画『デッドベイビーズ』でポールも似たような色のシャツととレースのブラウスを着ていたわよね。堅気な一般市民が着るのとは違う女性らしいシャツだった。


359d.jpg

色的に女性らしいシャツを着たポール演じるクエンティン。あら素敵。

359c.jpg

そしてレースなブラウスポール。ほら。グラムロックっぽい格好。でもこれらの少し女性的な格好は『デッド・ベイビーズ』でのポールの、とある立ち位置を示していたんじゃないかと、なう気付きました。気付いたなう。ときめく設定が最後にあったじゃないですかー!あのベースは洋服にも隠されていたのかもねー。

それでね。トゥーレさんも着ている薄紫の胸元レースブラウスはマッツさん主演映画『シェイク・ユア・ハート』でマッツさんが装着してるのと似ています。この映画ではマッツさんはどうもゲイな役柄っぽいですぞ。

何となくそういうイメージがあるブラウスなんじゃないのかなー。映画での記号みたいな感じ。ファッションで記号ってやつですよ。

ここで一つ。上のブラウスポールの右にいる人。この人がトゥーレさんに少し似ていると思ったの。以前、『デッドベイビーズ』でブリーフ特集した時にも紹介した役者さんなんだけど(→こちら)。イギリス俳優でクリス・マーシャルさん。クリソツとは言いません。何となくの雰囲気が似ている。『デッドベイビーズ』でもクリスさんんというよりは、普段時のクリスさんに感じがね。

さて、他の写真も。

357.jpg

これまた印象が違いますね。


356.jpg

にこやかに笑うトゥーレさん。映画かテレビの撮影合間かな?テレビにも結構出演なさっているようですし。


356b.jpg

デンマークのドラマ "Blekingegade" からの公式スチール

面白そうですよねー。刑事物っぽいのかなー。犯罪ものは安定して観られますよね。犯罪勃発。犯人逮捕。明瞭会計。2009~2010にかけてやっていたドラマのようだ。コアファンな方はDVDなど手に入れたのかしら?シリーズですから回ごとに犯人やゲストが違うタイプなんでしょうね。というのも、エピソードの一つにドイツ俳優セバスチャン・ブロムベルグが出演してたようなので。観てみたいなあ。ドイツと北欧の俳優さんも行き来が頻繁にありますよねー。

* '11 11/09 追加 ↓

rururuさんが、教えて下さったのですが、もう一人の主役刑事さんはニコライ・コスター=ワルドーさん(Nikolaj Coster-Waldau)だったのでした! 全然、気付きませんでした。ポール・ベタニーの記事でニコライさんを軽く御紹介したのですが(こちらの記事)、そこで「ニコライさんも北欧な方だからトゥーレさんとも共演なさってるかもねー」などと書いております。共演どころか二人主演でしたわ。ニコライさん、以前より(ポールと共演した時より)、顔付きがガッシリしてるような気がしてます。体型は変わってないようですが、何だか頭蓋骨のイメージが違う!私の目の錯覚であろうか……。とにかく情報ありがとうございました♪ >rururuさん

↑追加ここまで

Blekingegadeの公式トレイラー発見





渋くて面白そう。こういうのをバンバン日本でも流してくれるといいですよねー。ヨーロッパのドラマをもっと流してほしいなあ。

355.jpg

ノーマン・リーダスの元パートナー、スーパーモデルのヘレナ・クリステンセンさんとのツーショット。付き合っているというわけではないでしょう。何かのイベントで一緒だったんでしょうかね。ああ、ヘレナさんは、デンマークコペンハーゲン出身ですって。故郷繋がりか。ヘレナさんは顔立ち北欧っぽくないような気がしましたが、お父さんがデンマークな人でお母さんはペルーですって。なるほど。少しエキゾチックなのに納得。

少しお洒落モードなトゥーレさんを御紹介。

358.jpg

チェックのネルシャツは危険アイテムだし、お洒落に見えない場合もありますが、数年前のヨーロッパで流行ったのか、お洒落会場(ハイブランドのファッションショー会場など)で、ゲストとして呼ばれた男優さんや有名人が、この手のシャツをよく着ていたの。どうも、カントリーなイメージがあるのよね。モンティ・パイソンの最高スケッチで木こりの歌というのがあるんだけど、それでマイケル・ペイリンが着込んでいたシャツがこれ系なんですよ。木こりの歌のウィキ→ どういうスケッチか概要はこちら

これがそのスケッチ 大爆笑。これは英語版ですが、日本語版も最高でした。途中からですが歌は満喫できます。






354.jpg

黒髪のトゥーレさんも神秘的で素敵ですね。


353.jpg

燃えるトゥーレさん。


352.jpg

部屋の一部ですが、こういうお部屋が普通にあるのだろうなあ。前にオーストリアで以前、モーツァルトが住んでいた家などを見学しましたが、これとは違うけれど、「ああっ……ヨーロッパ!」と悶絶したもの。


351.jpg

このトゥーレさんはそれこそアメリカ海外ドラマCSI:NY でダニー役なんぞできそうだわね。もちろんダニーはカーマイン・ジョヴィナッツォでベストマッチですけどね♪

トゥーレさんは舞台にもご活躍しているらしく、舞台写真も何枚か見つけました。

345.jpg

これは若い時かしらね。


350.jpg

シェークスピアのリア王(多分……)。もしくはハムレットか。

349.jpg

長い髪似合うよね。神々しいまでの金髪でロングヘアー。ブハー(鼻血)。


348.jpg

347.jpg

現代な服装でモダンなシェイクスピアですかな。

346.jpg

舞台稽古中……って雰囲気ですね。右の人も素敵。

舞台に出てくれると現地のファンは嬉しいでしょうなー。アウグストさんもそうだけど、映画だけでなく舞台でも活躍してくれてるとライブで鑑賞できるもの。素直に羨ましいでございます。

トゥーレさんに限らず私服モードとスタイリストさんが用意してくれたモードでは、そりゃ全然雰囲気が変わる人はスターでさえも沢山います。ポール・ベタニーはプライベートもスタイリスト付きも殆ど雰囲気が変わらない希なスター。どっちもお洒落。お洒落スターは意外といないんですよね。女優さんだってプライベートになると「ん?」みたいな方はいらっしゃいます。

しかし男子の場合はプライベートが素朴というのはまた可愛く見えるんですよね。どっちのタイプも好きですよ!


341.jpg

トゥーレさんも私服はものすごく普通人。多分、それぞれはブランドな洋服なんでしょうが、基本地味。落ち着く地味っぷりです。


340.jpg

だが、撮影用になると、同じ立ち姿でもう別人だもの。光効果だってバッチリだもの。我々、一般市民がいくらこうしたって華やかにはならないもの。スターだからこそスタイリスト効果が花開く。オーラがあるんでしょうなあ。

344.jpg

そして気が抜けると、素朴ヤング。

この写真を観て、「トゥーレさんはハリポタに出てくる俳優さん二人に似ているな……」と思ったの。まず、先ほどのシェイクスピア劇でのトゥーレさんは金髪がまばゆいせいもあり、ドラゴ・マルフォイ系だなと思ったわ。正確にいうとドラゴのお父さんにも雰囲気似てるかもね。顔は似てない。醸し出す雰囲気が何となく。そして素朴なバージョンはロンに似ている……。もちろんこちらも顔じゃなく雰囲気。


343.jpg

そんなドラゴ(トム・フェルトン)とロン(ルパート・グリント)。ルパートはアイラブ・トム・フェルトンなんていうお茶目なTシャツを着ている。トム・フェルトンさんは鯉釣りが趣味だそうですよ。渋い。ドラゴ役のイメージが強いですが新作『猿の惑星: 創世記』に出演しているのを予告トレイラーで知ったよ!


342.png

ハリー・ポッター役、ダニエル・ラドクリフ君とのそれぞれのショット。ロンとドラゴはこう見るとそんなにイメージ変わってないが、ハリーのダニエル君はかなり雰囲気変わったなあ。一作目から見てってことですよ。ドラゴ役の人も変化はあったが、私としてはダニエル君の変貌っぷりに右往左往しそうになります。映画で見ていると成長に違和感は全くないんだけれど、映画以外の写真で「おおお?」ってなる時あるよね。

と、何故か最後はハリポタになってしまいましたが、ハリポタも色々と特集したいものがある。私ならではの「これだ!」といった特集がしたいです。何度も言うけど私が十代の頃にハリポタに出会っていたらポッタリアンになってたと思うもの。

トゥーレさんに関してはもっと日本で作品が紹介されればいいのになーと思いますよね。コアファンの人は当然待ち望んでいるでありましょう。IMdbチェックするだけでもかなりの数作品あるものねえ……。


では今回は写真が多くなりましたが、ここまで御覧になってくださってありがとう☆

日常的には料理保存食魂に火がついてる最中で日常がわさわさクッキング的に忙しいです。それとドイツドラマ『GSG-9 対テロ特殊部隊』を見はじめた。ドイツっぷりな地味さ爆発だが地味に面白いです。アンドレーアス・ピーチュマンさんの美麗男子っぷりに腰が抜けるほどですよ。他のメンツも味わいがあっていい。本部にいる上司はアンチボディのあの人だったよ。女子も鉄の女って感じで素敵。

『パフューム ある人殺しの物語』をやっと鑑賞し終えました。トム・ティクヴァ作品ではどうしても『プリンセス・アンド・ウォリアー』がまだまだ一番好きですが、贅沢な配役を使えるようになってもトム・ティクヴァの美麗映像センスは健在だった。音楽も美麗。突っ込みどころは多少あるんですが、またその感想はいずれ……。『ヘヴン』よりは納得できたかなー。

それでは急に真冬到来みたいになってますが体調を崩しませんように!

関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2017.06.01 (00:17) by () | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。