スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウグスト・ディールさん詰め合わせ

399.jpg

こちらのキュートな写真は今回、初めて私は目にしました。腹チラだもの。そしてやればできる人…のはずなのに。基本的には滅多にないお洒落写真です。

実はこの写真、以前、アウグストさんのお洒落班長シリーズ第一弾(こちらの記事)で御紹介したお洒落写真関連なのですよ。あの時にこの写真も撮影されていた。というのも雑誌が発掘された模様。

↓この写真はクリックすると巨大化します。

400.jpg

ね? 唯一といってもいいシリーズ。これっきりなお洒落シリーズの一環だった模様。本当に素材はいいのに、お洒落っ気が本人に毛頭ないタイプ。こういった企画もきっと山ほどあっても断っているんじゃないかと常に邪推。すごく歯ぎしりしちゃいます。嫁さんもそれを望んでいないのか。お嫁さんアドバイスでもっと洒落っ気に満ちあふれていっても構わないのになあ。

でもまあ、お洒落に興味がないというところがアウグストさんの魅力。というのはいつも自分に言い聞かせてますが、お洒落企画でのアウグストさんは本当に素敵ですから、本人が面倒くさがって嫌がっても、たまにこういう企画を編集者はしつこく持っていってください。ドイツのお洒落雑誌(?)がんばって。

気を取り直して最近見つけた画像を今日はばばばばっとアップしていきます。


394.jpg

これは以前からファンの方は目にしている写真だとは思うのですが、帽子なんてかぶってましたっけ?と一瞬目を疑うキュート写真。ファンの人が帽子を加工して楽しんだようですね♪ 妙に似合っていてグー。こういう加工は楽しいですなあ。

↓これが元写真

393.png

アウグストさんは青系のイメージですよね。基本的には少し翳りがある青っぽいですが、こういった爽やかな水色な雰囲気も似合いますなあ。


391.jpg

お次は渋いアウグストさん。アウグストさんもこれから四十代(まだ先だが…)五十代と味わいのある俳優さんになっていくんだろうな。加齢を本人が楽しみにしているような気がしますよね。ある程度年齢を重ねないとできない役柄などもあるでしょうし。


398.jpg

多分これは、これからの新作のスナップなんじゃないかと思います。既に撮影に入っているんでしょうか。最近、よく共演しているアレクサンダー・フェーリングさんも一緒に写ってますよね。ドイツ作品 "Niemandsland" ではなかろうかとにらんでます。アウグストさんのIMdbをチェックすると撮影予定のものが沢山増えましたね♪ そのうちの一本だと思います。Niemandsland を英訳すると No Man's Land っていう意味になるようですが、実際にある島なのか、何かを比喩しているのか…。船乗りの物語なのかしら?密入国系の話なのかしら?楽しみですね。って日本公開されるような感じではなさそうですけれどな…。すーん(いつものこと…)。すすすーん(ドイツDVDを買うしかない…)。

さて、ここからは以前アウグストさんの記事(こちら)でアップしたドイツ映画賞でノミネートされた三人男優シリーズになります。女優さんやらスタッフっぽい人もいますけれどね。アウグストさんが着用しているシャツが同じですよね。同じ日に撮影されたんじゃないかってことで。アウグストさんだもの。ラフだもの。全部、違う日だとしても同じシャツで挑む場合もある人だもの。

395.jpg

397.jpg

396.jpg

安定の靴ぼろぼろ。汚れてます。いつものことですね!


390.jpg

右の女性可愛いですね。もしかしたら "Wer wenn nicht wir" で共演した女優さんLena Lauzemisさんかもですね。Lena Lauzemisさんも女優さんなのに私服やパーティー服が微妙…というのはやはり以前アウグストさんの記事で御紹介しました(こちらの記事)。今回ももしこの写真の女性が彼女ならば…やっぱりヘンテコですね。これじゃただのファンかスタッフさんだもの。美人のファンさんだもの。お洒落にまったくこだわってないもの。適当なTシャツにジャケット羽織っただけだもの。ってもし彼女じゃなく普通のファンさんだったらごめんなさい。一般の方だったら別にお洒落度が高くなくてもいいものだもの。どちらにしろ美しい素敵な女性でありますわ♪


389.jpg

もきゅもきゅしたぬいぐるみ(?)が金魚鉢に入っているオブジェの前でインタビューに答えているアウグストさん。可愛いですね。手前のオブジェセンスにはびっくりですが、可愛いです。何故、ぬいぐるみを金魚鉢に?水浸しにしてるの?ぬいぐるみじゃなくて、水中花なのかしらね。そちらに気を取られてしまいがちです。


392.jpg

こちらはまた別写真ですね。隣にいる男性がファンなのか通りすがりの人なのか、俳優さんなのか、ご友人か、音楽関係の仲間か…誰であっても、彼も地味です。もちろんお二人とも御本人それぞれに華がある人ですし、ましてやアウグストさんは有名人でありますから、間近で拝見したら「わああああっ。まぶしいぃぃぃぃ」というくらいきらめいていると思うのですよ。でも服装は地味。それがデフォルト。この日はドイツで「紺色デー」みたいな祝日だったんですかね。二人とも紺色すぎます。インナーもアウターも全てが紺だもの。お洒落とは違うベクトルでキメています。

実は他にも「ゾンビ役でもオファーされたの?」というような仰天別人写真のアウグストさんなども発掘したんですが、ファンだから全てを知りたいタイプの方と…ファンだからこそ男前だけを見つめていたいタイプがあると思うんです。私はどっちかな…どちらかというとスターという輝ける存在を崇めていたいタイプのファンですから、男前だけを眺めていたいかな…。もちろんヘンテコ写真も愛しますけど、若いときと違って心臓負担にかかる行為を控えるようにしております。特に心臓疾患はありませんが、じわじわと負担をかけていく行為はやめていきます。若い人たちは自分で発掘してたまにある現実を受け止めて心臓を強くしておきましょう。

アウグストさんは役柄というより素で「誰?」と七変化を勝手にしているタイプですからね。ポールなどはそんなにぎょっとする写真に出会わないんですが、アウグストさんはたまーに「えええ?……えっ?」となる場合があります。しかしそのヘンテコが魅力だったりもしますからなあ。


先日サム・ロックウェル主演映画『月に囚われた男』を大変良い気分で鑑賞できました。突っ込みどころは多少ストーリー的にあるかもな…とも思いましたが一人芝居舞台を見ている気分でかなり楽しめましたよ。音楽がとにかく良かったですね。そしてサム・ロックウェルは演技上手。ぴったりの役だった。何度か申してますが、以前、サム・ロックウェルのファンサイトを作ろうと思ったのは間違ってなかった!と感じております。結局、作らなかったけれども。だとしても。ひな形まではサイトのカタチ作ったんですよー。うおー。

で、見終わって「このサムがやった役、きっとアウグストさんが演じてもとてもいい映画になっただろうなあ」と妄想しましたぜ。もちろん、サム・ロックウェルで最高なんですが、前も言いましたけれど、映画を見終わって「もしこの役を他の人がやっていたら……」という妄想は楽しいものですよね。ネガティブな意味じゃなくてですよ。もちろん現在演じている役者さんで満足至極ですが、他のお気に入りな役者さんが演じていたら…と想像するのも身もだえるというお話でございます。

クラシックなどですとオペラは同じ演目でも違うオペラ歌手の人が演じるじゃないですか。そしてそれを楽しみますよね?そういう風に楽しんでみたい時もあります。だからといってリメイクせよ!という話じゃないんですけどね。

アウグストさんが月で一人作業…そしてあの展開。きっと上手に演じただろうなあ。イメージ的にあっているような気がしました。

ではまだまだ暑いですが、猛暑に負けずエンジョイしませう。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。