スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・ベタニー出演映画 "Margin Call" の新しいポスター そして三年前に撮影された作品 "Broken Lines" が今月イギリスで公開


405.jpg


まずはポール・ベタニー出演作品 "Margin Call" から新しいポスターのお知らせです♪ ネクタイをアレンジしたポスターってことかな?エクゼクティブ金融ビジネスマンのお話だものね。そりゃネクタイ必須だもの。素敵だもの。

日本で公開されるといいですよねえ。出演者の豪華なメンツパワーで公開してほしいなあ。


404.jpg

そしてポールが出演している2008年 イギリス作品"Broken Lines" が、何故か今月末にイギリスでいよいよ公開だそうです。お蔵入りになっていたのかしら。作品としては存在しているのは知っていましたが、DVDも出ていないしヒットしなかったのかなあ…。日本公開は無理だったとしても海外では既に公開されていた作品だと思ったのですが。もしかして一度は公開されたけれど、反応がいまいちだったから…お蔵入り状態だったのか?一度公開してお蔵入りって矛盾してますけれども!単純に未公開だったのかしらね。

既にできている作品が三年越しで公開なんてこともあるんですなあ。特に何かがとらぶってたわけじゃなさそうなんですけどね。スポンサーがつかなかったのかな。

ポールは落ちぶれたボクサーの役……っぽいですよのう。そしてポールが一番共演している女優さんオリヴィア・ウィリアムズも出演しています♪

403.jpg

ポールの右に写っている女優さんはオリヴィアではなく、Doraly Rosa という女優さん。IMdbで調べてもそれほどデーターが載ってないんですよ。そして何故かキアヌ・リーブスとよくパパラッチされてた方みたい。ご存じでした?キアヌと共演した作品があるのかしら…。でもIMdbにはその気配はないの。


402.jpg

ほらキアヌと…。他にも違う種類のパパラッチ写真がありました。


"Broken Lines" の予告トレイラー





ということで三年越しに公開されるってことはDVD化もされる…と期待しています。日本語版は無理だろうけれど…。すーん。いいもの。また海外Amazonで買うから…。すーん(涙)。

バーナビー・メッチュラートの作品がドイツでしか手に入れられない……というのはもう仕方ないと諦めていますが(それでもAmazonのおかげで手に入れやすくなった)、ポール・ベタニーくらいネームバリューがでてきてる人の作品は日本で気楽に手に入れたいよね!

と思うのであった。

昨日も久しぶりにドイツAmazonでクリックしましたわ。8月に既にバーナビーの新作が出ていたんですが、少し保留してたのね。ほら…郵送料がもったいないからどうせならまとめて買いたいじゃないですか。私も多少海外買い物のコツをつかんできたともいえよう(余裕)。アウグストさんの新作は10月に発売なんでそれまでスタンバってようかとも思ったんですが、既に何ヶ月か待っていた我慢な私に我慢がきかなくなって昨日クリック。それでも一ヶ月ずらしたおかげで、バーナビーのオーディオCDを発掘できたの。嬉しい。久しぶりのオーディオCDです。バーナビーはアウグストさんほどじゃないけれど、朗読CDにお声がかかるよ!しかも褒められていたよ。嬉しいなあ。その原作本は日本でも中古でなら手に入る本っぽいので本も手に入れられます。わーいわーい♪

さて、近況ですが、少し前にも書いたしお返事でもお誘いしたりしたんですが、最近流行のザ・インタビューズに軽くはまってます。質問受け止めますから質問ください。映画関係でもいいし、食事関係でもいいし、宇宙人の存在を信じますか?などのアカデミック&スノッブ質問お待ちしてます。ドイツ関係でもいいですよ!もちろん私も質問を飛ばします。アカウントをゲットだぜ!

インタビューズ公式

私のインタビューズページ

まだ始まったばかりのサービス。だもんで、サーバーが不安定だったり、ユーザーをどうやって検索すりゃいいんじゃ?リストに人を増やすにはどうしたらええんか?と戸惑うかとは思いますが、少しづつ成長していくことを…信じて。その前に飽きてしまうかもしれないという懸念も含みつつ…お気楽にアカウントをゲットしてみてください。つまらないシステムは廃れていくはず。とりあえず流行にのってみませう。このシステムを育てたいと思うかどうかは、やはり運営側の気概にかかっているのではないかと。ヘルプページが全然充実してないのもちょいと不親切なんですけどね。「お洒落な俺たちを使いこなせるかい?」みたいなノリも感じられるのは「ん?」と思ったりするんですが…。まあ今は雑多にいろいろな方が参加し始めているから当初のお洒落モード全開よりは敷居が低くなってるんじゃないかな。システム不完全だけれども。

と、いいながらも今週は病院通い三昧で眼科や産婦人科、歯科…とバラエティーに富んでます。どれも深刻な状態ではないんですが「検査しないとな……」といった状態のものがたまってしまい、重なっていった…ミルフィーユ。

病院といえば待ち時間。待ち時間をやり過ごすのに一番の方法は読書。

京極夏彦先生の「覘きの小平次」と小川洋子さんの「薬指の標本」を読了しました。どちらも好みの面白小説でありました。「薬指の標本」はフランス映画になっているというのは以前、女優さんを調べていて知った作品。チャンスがあったら映画をチェックしますね。原作にアレンジをくわえず再現してるのかしら。題材的に舞台が日本じゃなくても再現できそうな良い作品です。

薬指の標本(仏題:L' Annulaire)のトレイラー





標本技術士を演じる男性のイメージは私がイメージしていた雰囲気と違うんですけど、エピソードとして小説にあるものは忠実に表現しているっぽいですな。

映画を最近観てなかったのですが、サム・ロックウェル主演の『月に囚われた男』をDVD鑑賞。映画館に行かねば!と思っていた作品です。突っ込みどころはある物語なんですけど、大変に綺麗にまとまっていたんじゃないかな。音楽がすごく良かったですなあ。そしてサム・ロックウェルは演技が上手だ。殆ど彼の一人芝居ですからね。

今月はとにかくまだまだ病院祭り…。映画に時間を割く暇がないかもしれません(暇人だけれども!)。でもインタビューには答えていると思いますからたまに覗いてみてください。といっても二日か三日に一度くらいかしら。とりあえずブームに流されている状態ということです。

ではでは。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。