スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏期休業


438.jpg


しばらく(十日間くらい?)、映画ブログは夏休みをいただこうかなと思います。現状において既にもう毎日アップできてないわけで、言うまでもなく夏休み状態ではありますが。

もちろん巨大素敵ニュースなどを拾いましたらアップしにやってきます。

439.gif

今回アップした写真やgif動画はポール・ベタニー主演の『仮面の真実』ですね~♪ 海外gif職人さんの心意気☆ ふんふんふん♪

すがるような眼差しと表情はポールの十八番演技ですもの。背が高いのに何故か人を見下ろすのではなく、子犬のように人の顔を伺う表情をしますよね。下からきゅーんと相手を見上げるの。自分の方が背が高くて目線が高いはずなのに!上から見下ろす演技は滅多にしない。背が高い人だからこそ相手を威圧しちゃいけない…といった普段の所作がついつい出ちゃうのかしら素で。もちろん役柄的にバーンと威圧的な態度をとる場合も当然あるのですが、ポールはいつもきゅーんと下から相手を心配そうに見上げているパターンが多いような気がする。

目がいつも泣いているよね!(ハートぶち抜き)

先日やっと『仮面の真実』を鑑賞したのであります。偶然なのですがお友達がこの作品を御覧になっていたその日に、私の母も鑑賞したようなのですよ。ちょいとその時は忙しくてツイッターでお友達にその偶然な出来事をお伝えできなかったのですが、ポール祭りが同時に行われていたフェスティバル。

それでは私も鑑賞せねば!と後追いで鑑賞したのでございます。

そしたら「あっこの役者さん!」 「あああああっこの役者もぉぉぉぉ?」と新鮮な驚きもありましたのだ。またそれは記事にしますね。もちろんウィレム・デフォーやヴァンサン・カッセルはすぐにわかるビッグネームな俳優さんでした。そうじゃなくて脇役系で「あああああっ」みたいな驚き。

作品的には舞台劇を観ている感じでしたわ。セットがまずそんな感じでしたよね。とある人が悪い人なのですが(それはすぐ誰なのかわかる)、その人をもっと悪人っぷりにしてもよかったんじゃないかな~。悪人が「イヒヒヒヒヒヒ!」みたいになっているシーンを観たかったのですよ。題材的に鼻血ブーだもの。「そのシーンはいつ出てくるのかしら!」と鼻の穴をぷんぷくに膨らませて待っていたのですが、イヒヒヒヒヒってなってるのは私の醜い煩悩にまみれた心だけだったようです。おかしい。みんな待ち望んでいたはずなのに!

ポールのエッチシーンじゃないですよ。それは冒頭で割と堪能できますよね。ちょっとだけれど。それはその程度でいいのです。ヘンテコ髪型状態だしあの程度のエッチでいいのです。キノコ!

キノコについてはまたゆっくりいずれ…。ちんぷる的な話じゃないですよ!髪型のお話です。しかしここは18禁なのだから本当のキノコ(リアルキノコ)について語っても問題はないのです。のこのこ。のこのこ。

ちなみに『仮面の真実』プロモ時に共演のウィレム・デフォーさんとの仲良しっぷりが目につきました。インタビューなどでも二人はすごく楽しそうなの。ポールはいつも共演俳優さん、特に男優さんと和気藹々ですよね。ものすごく和気藹々っぷりを我々に見せつけてくれるような気がします。フレンドリー全開。誰もポールの笑顔には抗えないもの。共演した男優さんはみんなポールを気に入るに違いないもの。当然だもの。ふんふんふんっ(鼻息)。

437.jpg

これだもの。楽しくて仕方ないって感じだもの。ウィレムさんもポールと写っている写真はどれもこれも笑顔全開なのだもの!! ☆☆☆☆☆ 左の人は多分監督のポール・マクギガンさんではないかしらね。そういえば『ホワイト・ライズ』ってポール・マクギガン監督の作品なのですな。未見なのだけれどジョシュ・ハートネットが主演なのでチェックしたいなとは思っていた作品。しかもヒロインは『イングロリアス・バスターズ』で女優を演じたダイアン・クルーガー様じゃありませんか。しかしストライプ柄って外人さんはよく着こなしてますよねー。誰でも似合うわけじゃない難しい柄だわよね。監督のスーツ柄はポールも以前はよく着ていた柄。ポールは当然似合う。この写真でもポールのシャツはストライプ柄。もちろん似合う。ふう~。保養保養。目の保養所。

バーナビーもきっと似合うと思うの。もちろんポールにはスタイリッシュという意味では負けてしまうかもしれませんが。

「勝ち負けじゃないよ!」

そうだよね。バーナビー。可愛いものねバーナビはとにかく!鼻血!

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ


さて、「この俳優さんっ!?」シリーズで仰天したのが最近鑑賞した『アナとオットー』にもありました。割と心の底から驚いたわ。ああ…この人そうだったの…といった感動。映画を見終わるまで「どこかで観たわよねこの人……」と気になっていたのですが、後でチェックしたら「ああっ!あの人か!」と納得。『アナとオットー』についても語りたいです。基本的にとってもお気に入りの作品になりました。少し突っ込みどころがある展開ではあるのですがギリギリ許容範囲…。前半が特に素晴らしい作品でした。そして『アナとオットー』に出てくる俳優さんが、とある俳優さんにクリソツで(もちろん別人)、「なるほど!これで納得した!」と一人納得。それも記事にしたい。それは簡単にアップできそうなので夏休み入る前にサクッとアップしようかな…。言うだけは無料。言うだけ詐欺。

ポールといえば『ツーリスト』も確かレンタル開始しましたよね。DVDも発売されたのかな。作品としてはそんなに我先にと鑑賞はしたい気持ちがわき起こらないのですが、ポールはスタイリッシュで素敵なスーツ男を演じていたようですからそれはチェックしたいですなあ。

バーナビーの新作もそろそろドイツでDVD発売されるし、アウグストさんの全裸シーンが入っているはずの新作も秋口に発売される予定。アウグストさんの作品は長編ならば必ずDVD化されるので安心なのですが、バーナビーは滅多にならないので嬉しい。今回のバーナビー出演作品はブルーノ・ガンツが主役の映画ですから絶対にDVDになると信じておりましたけれども。今年はバーナビーDVDが豊作な年だったのでものすごく嬉しいです。貴重なのだもの。すんすかすんすん。

バーナビーというと最近ではタイガー&バニー旋風が巻き起こっているのでバーナビーの検索でここにたどり着く方がいらして申し訳ない気持ち。でも産まれた年はバーナビー・メッチュラートの方が先だもの!仕方ないのだもの!三次元と二次元の熱い闘い。もちろん私もタイバニ好きですよ!特に折紙ちゃんが好き☆ 

それではしばし夏休みをいただきます。もぐもぐ。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。