スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり出てきた湖畔。期待を裏切らず湖畔。バーナビー・メッチュラート出演作品『チャーリーはスーパーカー』から湖畔シリーズ

昨日、家でDVD鑑賞しました。以前も一度記事に書いたバーナビー・メッチュラート出演作品『チャーリーはスーパーカー』  以前の記事はこちら


868_20110722213430.jpg


原題: Das total verrückte Wunderauto (英題:Charlie 2) 
2006年 ドイツテレビ映画



今日も感想ではなく特集記事です。ミニ感想としては完璧にキッズ向け映画ではありましたが、ドイツの美しい風景と味のある役者さんたちの演技。そしてドタバタでも品が良いテイスト。

主役の男の子も可愛かったよ。西欧キッズの子たちは全員といっていいほど唇がポテポテして色っぽいのは何故だ。やはりキスの文化があるからであろうか。唇がやたらと色っぽいの子役。先日家で鑑賞した『ぼくのエリ』に出てくる少年達(少女も)がこれまた唇美少年ばかり。もちろん唇だけじゃなく全身が美少年。しかも北欧なだけに発狂するほど(え?そこまで?)、肌が白かった。本当に白くて仰天します。白い肌ってこのことだ!と叫びました。髪の色も蠱惑的に美しく、人工的に感じるほどでした。そう、ビスクドール系だったのよね。『ぼくのエリ』主役男子。脇役の男子も美麗。全員が球体関節人形だったよ。やっぱり北欧には妖精が住んでいる! といった話はまた『ぼくのエリ』特集の時にでも是非。

バーナビーも唇がぽよぽよしています。そしてまつげが美しい。うっとりしてしまったわ今回も。

さてさて湖畔です。ドイツ映画といえば湖畔。今までもこのブログで何度も取り上げてきた湖畔シーン。今回も出てきました。油断していたらあっという間に湖畔シーンでしたよ。大きい湖というよりは小型の池…。小型の池率が異常に高いドイツ。いずれドイツに旅行できる時期がきましたら、湖畔ぷりをチェックする旅をしたいです。「こんなに湖畔があるんじゃ、映画シーンで頻繁に出てくるの当たり前だわ。ちょっとカメラが右にズレただけで湖畔が入ってくるほど湖畔が多いのだもの。それならもう湖畔を映すしかないもの。その角を右に曲がれば湖畔だもの」といった感想を将来ブログにて実況中継したいものです。

チャーリーはスーパーカー』の季節設定は秋~冬っぽいので、さすがに湖に飛び込んではいませんでした。


463.jpg

まず桟橋を映すカメラ。そう、必ず桟橋が設置されている。必ずだ!


462.jpg

これだけ切り取るとバーナビーが殺人を犯し、黄色い派手なミニカーで死体を運びにやってきて……湖に投げ込む前に煙草を一服しているところ。朝靄のシーン。テイク2―― と説明しても違和感はない。だが、全然違います。

劇中、バーナビーが煙草を吸うシーンはないのですが、ここだけ何故か吸っていますのよ。バーナビーなりの拘りかもしれない。そう思い込んでファンとしては浸りたいです。

監督に交渉するバーナビー

バーナビー「僕、ここは煙草を吸っていた方がいいと思うんだよね。ほら○○を決意した状態なわけでしょ?その前に一服…ってね。そりゃこのシーンはアップにならないよ?でも遠くからでも何となくわかる男の決意っていうの?そういうのがさ…」

監督「よし、それでいってみよう。」

そういう妄想をして楽しむのがファンの醍醐味です。

前の記事でも書きましたが日本版DVDは後から手に入れてそれを鑑賞したのですよ。そしてセル版を買ったにも関わらずメイキングがついてないというケチくさい日本仕様。日本に入ってくると殆どのメイキングが削られているという仕様。日独条約で改善して欲しいです。

しかし私は抜け目のない人間なので、日本版以前にドイツ版をとっくに仕入れておきました。メイキングばっちりです。車が主役のテレビムービーだもんで、車に使った技術を披露するのがメインのメイキングではありましたが、バーナビーのインタビューもちょこちょこ入ってたりして目の保養。


461.jpg

湖畔のメイキングもついてました。


460.jpg

こちらは本編からの湖畔。薪を集めてます。また感想の時に御紹介する予定ですがヒロイン役の女優さんがキュートだった。ファニー系ですごく可愛かったです。基本的にはテレビ活躍メインの方みたいだけれど、是非、映画にもバンバン出て欲しいですわん。お名前はHenny Reents(ヘニー・リーンツ)さん♪


459.jpg

そしてメイキングで語るバーナビー。バーナビーはヒヨコのように一生懸命喋りますが、ソフトなしゃべり方で基本的には落ち着いてます。性格的にも静かそう。

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ

ドイツ語だから何を言っているかわからんのは寂しい。でも可愛いからそれだけで幸せ。ほら、またぴたぴたTシャツでしょ。そして割と太いネックレスをしているのです私服。 細くて華奢だからこそ、ごついネックレスしてるのかなー。

ドイツ人としてはやっぱり小柄な方なのでしょうな。だって今回も女優さんの方がガッシリしてたもの。

僕……小柄だよ…

でも可愛いからいいんだよ!

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ

しかしこれだけ映画やテレビに湖畔が頻繁に出てくるとなると、スター達もプライベートで湖畔したりしているんでしょうかね。ぎらつきます。

関東地方は二日ほど涼しい日が続きましたがまた明日から猛暑が戻ってくる模様。体調管理に気をつけて湖畔に思いを馳せましょうぞ。股間じゃなくて湖畔ですからね。という注意書きも書き記しておきます。用心用心。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。