スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏だるみ

480.gif


映画『ウィンブルドン』からのポール・ベタニー♪


中だるみ的な夏だるみでございますぞい。記事がアップできなくてついついポールにソーリーと言わせてしまいました。もひもひ。もひもひ。

アウグストさんとピートのレコード屋襲撃裁判騒動(それほど騒動ぽくないようだが…)や、バーナビー・メッチュラートの朗読ライブの話題を書きたいのですが、この暑さで無理難題。

ドイツといえば湖畔…湖畔映画の集大成これだ!…というドイツ映画もあるのね。それも前から特集したい映画。若者がわんさかでてきます。

湖畔で涼みたいですよね。暑すぎるもの。夏、乗り切れないもの。

ビロル・ユーネル様も湖畔に出没している映画があるんですよ。それはキャプチャーすんでいるのでアップしようと思えばできます。しかし不思議と涼しさを感じない湖畔シーン。脱いでいるのに!ある事実に目が釘付け。

裸だからって涼しいとは限らないですよね視覚的にも。

二本続けて吸血鬼映画を鑑賞したのですが『30デイズ・ナイト』には仰天しました。監督は出来上がった作品を自分でチェックして――「俺ってば何てアバウトな監督なんだ!」と編集室で叫ばなかったのかしらね。もう穴だらけの凄まじい映画でした。ワープ映画だったのだ。監督はゲームのやりすぎなんじゃないの!?ゲームの唐突さを感じたよ。

ああああああああああああああああああああああああ(ドラクエの名前決定場面)

でもジョシュ・ハートネットがやたらと男らしく美麗だった。それで満足です。ヒロインは皮膚の状態が老女のようになっていたのだが何故だ。

『レギオン』とどっちがヘンテコか…に迫る勢いのヘンテコっぷり。いい勝負っぷり。

こういうヘンテコ映画こそ感想を濃厚に書きたくなります。設定は面白いのだが穴だらけという。でもまあお気楽娯楽ホラー映画ならその穴は気にならないはずなんですが、あまりにも巨大な穴がぽっかりそこかしこにあいているせいで、こちらの口もあんぐりでしたよ。

私はそれなりに気に入ってますよ。その穴にいろいろ突っ込めるますから。ずももももも。

どうも最近の吸血鬼映画は私の求めているタイプの吸血鬼とは違うのであります。すんすん。すんすん。

次にアップする記事は頭にぼやーんと浮かんで写真も整理し始めましたが、この暑さで作業能率があがりませんぜ。しばしお待ちくださいね。


関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。