スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作主演映画『プリースト』をひっさげて2011 WonderCon に参加したポール・ベタニーと共演者&監督など そしてベタニー一家の日常風景

ポール・ベタニーにとってはおなじみのコミコン関係のイベント。何度か今までお伝えしていたカリフォルニア、サンディエゴでのコミコンではなく、同じカリフォルニア州ではありますがサンフランシスコでのWonderConというイベントに出席した模様。


640.jpg

いつも通り素敵なのだもの。

639.jpg

さりげなくポケットに手をつっこむ仕草もかっこよすぎるのだもの。ポールはカッコイイのがデフォルトなのだもの。素晴らしいのだもの。


638.jpg

共演者&監督とのフォトショット。左から――キャム・ギガンデット ヒョン・ミンウ(韓国の漫画家 "Priest"の原作者) リリー・コリンズ スコット・スチュワート監督 そしてポール・ベタニー

637.jpg

こちらも同じ仲間ショット

リリー・コリンズさんは多分吸血鬼軍団にさらわれるヒロイン役ですね。ポール演じる僧侶の姪設定。

それにしてもスコット監督はユダヤな人だったのかしら?何となくのテイストがユダヤな方っぽい。

ここでは金髪なキャム・ギガンデットさんです。こちらは役柄としては姪と恋人同士(未満?)で、ポールと一緒に救出劇に加わる青年だったはず。映画じゃ確かここまで金髪じゃなかったわよね。

予告トレイラーでチェック





1:10あたりでキャムさんがアップになるけれどブラウンヘアーだよね。キャムさんの出演作品は今まで観た経験がないし、この映画で初めて知ったの。そして私の男子萌え好みとは違うのか私の股間は反応しなかったわけですよ。もちろん、いつも申し上げているように男子好みとして反応しないだけで、ネガティブな感情は一切ないですよ!役者としてもしかしたら好きなるかもしれないし…と"Priest"を鑑賞するまでの楽しみにしていたのですが、先日『パンドラム』をDVDで鑑賞したらキャムさんが出演していた!メインキャストではなかったけれど、印象的な役柄で出演。主役の子と顔がちょっと似ていたので最初混乱してしまったが。でもまあ私の男子好みとは別方向。もちろん素敵な役者さんなのできっとファンも多いことでありましょう。アメリカーって感じの役者さんですよね。

そして『パンドラム』は良い意味でいろいろ突っ込みどころ満載な映画であった。ハリウッド映画だけれどドイツ監督。そしてこの監督のドイツ時代の作品を我々は(?)既に鑑賞していたという事実。どうりで役者がかぶってると思ったよ!という話は後日…。

636.jpg

ポールってば本当に眼鏡っ子になったのね。眼鏡紳士というべきであろう。しかも本当に今年に入ってファッションの傾向をがらっと変更した。今まではモードっぽいスタイリッシュなスーツが多かったけれど、今年からはアイビー路線。プレッピーともいうのかしらね。簡単にいうとトラッドっぽいのか。似合うけれど大胆な変更。ファニーな雰囲気。特に眼鏡のフレームがトラッド系でありましょう。モードじゃないわよのう?モードっぽいトラッドなのかもしれないが。

このファッションセンスはプライベートでも発揮しております。ファミリーショット。

635.jpg

相変わらず学校の子供送迎をワンワン散歩と両立させているベタニー家。ステラン君、かなり大きくなったよね。でもまだ小学校一年生か二年生くらいだよ。背が高い家系なのだもの。顔は幼いのだもの。ポールにも似ているが、美しい奥様ジェニファーに顔立ちは似ているかも!親子親子!お兄ちゃんもかなり大人っぽい顔つきになってきたね。ジェニファーの以前付き合っていた恋人とのお子さんですが、きっとそのお父さんもハンサムさんだったのでありましょう。小さいときよりハンサム度がアップしてきたように感じるよ。お母さんがジェニファーだものね。半分の血が混ざっていても普通の一般市民より美男子になる確率がアップ。遺伝子だもの!


634.jpg

格好は完全ジーンズアメカジですけれど、眼鏡のせいかファニーな印象です。ポールは英国人ですし、英国を愛しているのでしょうけれど(イギリスラブな発言はよくしてますからね♪)、やはりニューヨーク在住が長くなってきてアメリカンな格好をするようになった気がします。

633.jpg

こちらはまた違う日。本当に家族仲良し仲良し。

632.jpg

ニューヨークの街をワンワン連れてぷらぷら散歩するだけで楽しいのだろうなあ。パパラッチは正直困った存在なのだと思いますが、臆することなく自由時間を満喫してますよね。神経質な雰囲気がないのがいい。もちろん子供に対してはいろいろと気にかけていざとなったら闘うのでしょう。ドスコイ。

631.jpg

これまた違う日。今回はアップしませんでしたが、同じ日のジェニファー単独のショットがあって、それはジェニファーの大きくなったお腹に焦点をあててたものでした。かなり育ってきてますよ♪ 夏くらいには生まれるのかなあ。今度は女の子がいいのだろうなあ。もちろん生まれてくればどちらでも構わないのでしょうけれどね。女の子を育てるポールも堪能してみたい~。

630.jpg

よくみると、お友達(多分、年齢からいってお兄ちゃんのお友達)が一緒にいますね。そしてステランとふざけあってます。ああ、ポール家族と家族づきあいができる友人の立場もいいなあああ。お家などに遊びに行ってるのだろうなあ。いいなあ。

それにしてもジェニファーは女性ですし、何と言っても女優さんなので日常のファッションが色とりどりなのはさすがなの。でもパーティーや華やかな場所での格好と違って、日常では徹底的にカジュアルを楽しんでいます。どちらかというと安定路線かな。そんなに華美じゃないし。ニューヨーク気質なのかもしれん。彼女は生まれも育ちも確かニューヨークで生粋のニューヨーカーのはず。それでもお洒落なのは当然。靴も散歩シーンで毎回違うものね。散歩でもファッションを変更して楽しむ心意気。さすが。しかしポールはより変更して楽しんでます。革靴、スニーカー、ブーツと気分でチェンジ。今回はスウェードの革靴。近所に散歩でも手を抜かないもの。コーデするのだもの。本当のお洒落さんだという認識を何度でもしちゃいます。アウグスト・ディールさんの砂仕様ポリシーとは全く別のベクトル。バーナビーは二人の中間。お洒落なのか…どうでもいいのかわからないの。バーナビーは可愛いから仕方ないの。どちらでも構わないの。お洒落なんだけど可愛いから不思議テイストに見える時がある。それがバーナビー仕様なんですよー。

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ


629.jpg

白いパンツだもの。似合うもの。嫌みなく着こなしてるもの。そしてポールは実用的な意味合いをこめて眼鏡をかけ始めたのじゃないかしら。ほら、この写真ではサングラスしてますけれど、胸元に最近かけている眼鏡をひっかけてるでしょ?ってことはモノを見ないといけないシーンでは掛け替えているのよ。お洒落目的ならばこの場合、サングラスオンリーでいいわけじゃないですか。もちろんサングラスにだって度付きレンズは入れられるけれど、わざわざもう一つ持ち歩く必要はないですものなあ?

元々の視力がどうなのかわかりませんが、今まではコンタクトだったのを眼鏡にしたのか、加齢による視力低下で眼鏡にしたのか…そういうお年頃ですものね。


さて、四月は私の日常もそれなりにわさわさしているので更新が滞りがち。野望としては『ベンゴ』の感想(大変に気に入りました!トニー・ガトリフ監督作品とは相性がいいみたい。かなり好きな監督になりましたよ!)。そしてヘンテコB級ハリウッドSF映画(しかし監督はドイツ人)『パンドラム』の感想もさくっとしたいです。ヘンテコなほど感想は書きやすいの持論がありますのよ。全体的に漂っているヘンテコムードがたまりませんでした。またもやノーマン・リーダスさんが恐ろしく変な役柄でドバーン。でもハンサムなの。ハンサムは隠せないの。ノーマン・リーダスは本当にハンサムだと思うの。かなり好きな顔上位です。顔だけでいったらノーマン・リーダスは私の中では一番に近いハンサムっぷり。キアヌ・リーブスと座を争うほど。今は仰天ハンサムデブになってしまったエドワード・ファーロングの顔もハンサム決定戦での次点です。デブになってもハンサムって相当にハンサム。その特集をするために資料も集めてたのですけれどね。いつかやります。でもエドワードは精神状態が不安定になりやすいタイプなのか目のあたりの雰囲気の暗さが気になる時が多いのね。そこがまた魅力の一つなのでしょうけれど。ノーマン・リーダスの凄いところは彼には暗さがない。ヤンチャ中年であるのは一緒なのに何だか脳天気を感じさせるノーマンの底力。

リバー・フェニックスもハンサム度は高かったが、彼も精神的には不安定でしたのよう…。

と、次回はハンサム記事にしようかと思いましたが、寝転がって何げなくつけたドラマに目が釘付け――いう話題にしようかと目論んでます。ぎらぎら。

ではでは。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは


初めまして!
先日Augustの画像検索などをポチポチしていたら偶然コチラのサイトに辿り着きました。
見てビックリ!
好きな俳優さんが被りまくっている!!

実は自分は多重人格者で、自分が知らないうちに当サイトを運営してるんじゃないかって思うくらいですwww
いやいや、でもこの情報量の多さ・高さは私ではムリだと我に帰り、尊敬&巡り合えた事に喜びです^^

これからも頻繁に遊びに来させて頂きますね♪♪
更新頑張ってください^^


Posted at 2011.04.19 (23:59) by norton (URL) | [編集]
わーい♪ わーい♪
> norton さんへ

こんにちは!nortonさん、初めまして。

コメントとっても嬉しいでーす。アウグストさんでいらしてくださったのですね~。アウグストさんに感謝します。
素敵なレディーがいらしてくださったのですもの!おほほほ!

そしてもしかしてポールやダニエル君…まさかまさかバーナビーも好きなのかしら!

うほほほほほほほほほ(雄叫び)。うほほほほほほほほほほ(感涙)。

ポールやダニエル君はファンがたっぷりいると思うのですよー。こちらにも素敵なファンの方々が訪れて下さってとっても嬉しい日々なのですが、まだバーナビーのファンの方と直接出会ったことがないのでもしバーナビーのファンの方でしたら感激です。

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ

もちろんそうじゃなくても感激です。セバスチャン・ブロムベルグやビロル・ユーネル、もちろん他の素敵なスターのファンの方だとしたらそれまた最高です!

チュッ(*  ̄)( ̄ *)チュッ

ファンサイトは何千個何億個あってもいいので、是非お作りになってみてくださいませ~。私は遠浅な記事しか書いてないのでござる。もっと深みのある深淵なる知性に満ちあふれたファンサイトさんがあると思うのであります。私はちんぷるに特化しすぎなので反省です。ぷるぷるω ぷるぷるω

反省といいつつぷるぷるさせます。むほほ。私も精進せねばと気が引き締まります。身も引き締めたいです。ダイエットォォォ(無間地獄)。

また是非いらしてくださいね~♪ コメント本当にありがとぉ!

キスキス
Posted at 2011.04.20 (20:24) by ヨー (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。