FC2ブログ

サンダンス映画祭の"Margin Call"プレミアにポール・ベタニー登場。ジェレミー・アイアンズも参上です♪そしてポールは『英国王のスピーチ』で実際にオファーを受けていた…らしいという話

現在、ユタ州で行われているサンダンス映画祭にポール・ベタニー出演作品"Margin Call"が出品中。プレミア&インタビューなどが行われていたようです。

プレスでの公開インタビュー↓



ケヴィン・スペイシーとポールのじゃれ合いが可愛いです!そしてカメラを首からさげているポール。よく首からカメラをかけてるよね。写真が趣味なのかしら☆

和気藹々インタビュー!↓ デミ・ムーア姐御若い!素敵!48歳には見えないよ。ポールはみんなを見守ってる感じ。でも指かじかじしてて可愛いよ!可愛いよ!




こちらはPhotocall と通路インタビュー↓ ケヴィン・スペイシーのことをカイザー・ソゼと紹介しているように聞こえるよ!おほほほ!



メインの出演者は殆ど出席したようですよね。大人っぽい俳優さんたちばっかりだけれど、だからこそ無邪気なじゃれ合いが更なるキュートを巻き起こしてます。

815.jpg

大人チーム!でもみんないたずらっ子気質っぽくて最高。いい感じです~。ジェレミー・アイアンズ楽しそうだもの!!ケヴィンも楽しそう。もちろんポールも楽しそう。全員が楽しそう!!良い感じで映画が撮影できたのでしょうなあ。この作品、かなり短期間でがっと撮影されてましたよね。良い意味でダレなくてカキッとした撮影になったんじゃないかしら。俳優さんたちのストレスが少なそうな作品の予感♪

814.jpg

こうやって並ぶとポールは背が高いなあ。そして全員楽しそう。OK問題ありません!素敵です!

821.jpg

少し前にブログでもアップした街中パパラッチでもこの格好だったけれど、今年のポールのマイブームなんでしょうかしらね。眼鏡ポール!今までの路線とは全く違う。ファニーな雰囲気が今の気分なのかしら。お子さんが新しくできるからかもしれません♪ それにしても眼鏡は伊達じゃなくて度が入った眼鏡なのかしらね。

820.jpg

共演者 左からザカリー・クイント、ポール・ベタニー、サイモン・ベイカー ビデオでも楽しそうでした。

819.jpg

ジーンズが似合うんだもの。今年のポールはファニーなのだもの。


818.jpg

通路インタビューで斜めから撮影されていた写真。演技派&男前集団で迫力あります。しかしこう横顔を見ると外人ってつくづく彫りが深いよなあと感じます。骨格が違うもの……。すーん。迫力だもの。すーん。ジェレミーはさすが加齢しても素敵だなあ。いい男だよなあジェレミー・アイアンズ。ハンサム筆頭の一人だもの。

817.jpg

ポール真剣&ファニーにインタビューお答え中。

816.jpg

後ろ斜め上から撮影された面白いショットがありました。ポールの右側はジェレミー。自然とお互いの肩がくっついてるよ。ふんふんふんっ(興奮)♪

サンダンスにおけるインタビュー記事などは→こちらのサイトなどに…

各自訳して楽しんで下さい(他力本願)。私に英語の質問はしないように。いつものことですけれども(ぎらぎら)。私に英語の質問をすると加齢が訪れますよ。首のしわが増えますよ!"Margin Call"は各自のノルマにしましょう。

で、それとは別に先日もお知らせしましたが、コリン・ファース主演映画『英国王のスピーチ』でコリンが演じた王様の役に脚本家は最初ポール・ベタニーを想定してた…とありましたよね。かなりの話題になってるようで、ポールがついにインタビューされた模様。その件についてね。多分、サンダンス映画祭で質問されたんじゃないかしら…。このインタビューは抜粋してきました。


Bettany skipped 'Speech'

British actor Paul Bettany regrets not taking Colin Firth's Oscar-nominated role in "The King's Speech."

Screenwriter David Seidler has said he wrote the screenplay -- also nominated -- with Bettany in mind for the role of King George VI, with Oscar-nominated Geoffrey Rush as his speech therapist.

In an interview at the Sundance Film Festival on Tuesday, shortly after it was announced that the film had received 12 Oscar nominations, Bettany explained what he regrets most about not accepting the role:

"Number one, of course, it is a regret not to be working with such great, and really great people, Geoffrey Rush and (director) Tom Hooper.

"I think it is a little inelegant for me to discuss it," continued Bettany. "I had been working for five months steadily and my son missed me and I missed my son. Both of my sons and my wife," explained the actor, referring to his work on "The Tourist" as Inspector John Acheson. Bettany is married to actress Jennifer Connelly and they have two sons together.

"Do I regret it?" said Bettany. "I regret not working with such amazing, amazing actors and directors and writers. But no, I have to do the right thing by my family every time."



↓違うソースですがほぼ同じ内容の抜粋です


Paul Bettany's 'regret' at turning down 'King's Speech

Actor Paul Bettany has revealed he was offered the role of King George VI in The King’s Speech but turned it down due to family commitments.

Speaking to the BBC at the Sundance Film Festival on Tuesday, the 39-year-old expressed his regret in declining the role.

He said: "I had been working for five months steadily and my son missed me. I missed my son – both my sons – and my wife."

He added: "But do I regret it? I regret not working with such amazing, amazing actors, directors and writers, though I have to do the right thing by my family everytime."



へぼへぼな私の感覚(第六感)和訳ですと、どうやらポールは実際にオファーを受けていたようですね。特に二番目の記事ではオファーされた…って書いてあるような気がします。しかし、断ったと。家族との時間のために断ったのですね。ポールとジェニファーはお互いが俳優さんですし、時間のコントロールをかなり大切にしているのは数々のインタビューからも常に伺えてました。ポールが働く時はジェニファーが家庭を守り、ジェニファーが映画に出演している時はポールがしっかりお父さんを家でやる…というのはずーっと守ってきた約束なのですよ。交代もそうですが、家族全員で過ごす時間というのも必ずとっていたのでしょう。その時期に丁度オファーが舞い込んできた模様。

その断った作品が評判がよく、コリン・ファースも大きい賞レースにバンバンノミネート&受賞されていますので、ポールに質問が飛んだのでありましょう。そしてポールはインタビューの最後に「僕は後悔してるかって?」と自問自答してます。「素晴らしき俳優、素晴らしき監督、素晴らしき脚本家と仕事をできなかったのは残念だけど、僕は常に家族に対して正しいことをしてるつもりだよ♪」

何て前向きなの♪ 素敵♪ 王様の吃音をトレーニングした役のジェフリー・ラッシュとも仕事をしたかったようですね。

でもまだポールは若いもの。これだけの素敵な作品に最初にオファーされたという記事そのものがステイタスになっているもの。いつかきっとアカデミーに絡めるのだもの!!

前の記事でも書きましたけど、ポールの王様も見たかったですが、コリン・ファースは本当に素晴らしい役者なのでドンピシャな演技だったのでありましょう。予告編を見ただけでも感じ取れるものね。

ポールは全然焦ってないので、良い作品に巡り会えるタイミングは訪れるはずです☆ それに今は何と言っても愛するジェニファー・コネリーのお腹にポールのベイビーが宿ってるのですもの!素晴らしい宝だもの。家族大事なのだもの。家族あっての映画出演なのだもの♪

るんるん♪


さて日常は少し落ち着いたかなー……といった案配。書類関係がまだ落ち着かないのですけどねー。感想を書く時間がなかなかとれませぬよ。今日もダニエル君の記事でも…と思っていたらポールの記事を見つけてしまったので速報的にこちらを先にアップしました。あと家でぼーっと先日見つけて御紹介したアウグストさんが出演していたビデオクリップを延々と眺めてたりしています。いいよねあのビデヲクリップ。かなり気に入った。

では夕飯の支度にしゅたたのたんたん。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR