スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウグスト・ディールさんが出演しているビデオクリップがあったのでござった…の巻

まずはそのビデオクリップから↓





アウグストさんのミュージック活動のビデオクリップではなく、ドイツのウェイルヘイムにて結成された4人組バンド、The Notwist(ノートヴィスト)のビデオクリップです。曲名は "Where in This World"

"The Devil, You + Me" というアルバムからの二曲目のようですぞ。

ジャンル的にはオルタナティブ・ロック。ああ、アウグストさんが好きそうな曲だ。何となく。ドイツバンドですが英語で歌ってる模様。

2008年に発売されたアルバムでビデヲもその時にプロモーションとして作られたのでありましょう。所謂、ビデオクリップですね。こういうのに出てくれると嬉しいですよ。もちろん俳優さんは映画に出てくれるのが一番なのですが、ミュージシャンとのコラボは楽しいよね。例えばクリストファー・ウォーケンなどはミュージックビデオによく出演しているじゃないですか。さすが俳優といった雰囲気が出るもの。ミュージシャンの演技とは全然違いますもの。もちろんミュージシャンも俳優も…と両立しているスターも中にはいらっしゃいますが、基本的にミュージシャンの俳優進出はそれほど成功してない場合が多いですよね。海外だとね。少数派。

実は、アウグストさんのIMDbをいつも眺めている時に、"Where in This World" は目にしていたのですよ。しかしショートフィルムの分類がなされていたので、「こりゃよっぽどじゃないとお目にかかれないだろうなあ。短編映画は観るの難しいものなあ…」と検索もせずにあきらめてたの。

で、このスチール写真は以前から気になってたんですよ↓

826.jpg

セーターが今風の北欧っぽくって可愛いなあ…ってね。

そして探ってみたらビデオクリップだったと。ユーなチューブに既に三年前からアップされていたと。

うおおおおおおおおおおおお。

気づくのは遅くなりましたが、気づかないよりいいでしょう。

共演している女優さんはSandra Hüller というドイツの女優さんでベルリン映画祭で女優賞なども獲得している演技派な方。『ベルリン陥落1945』というアウグストさんも出演している映画にも参加してたようですわよ。私まだこの映画観てないので(手元にあるパターンです)、観る時にチェックしてみますね。あ、調べてみましたら "Requiem"(2006年ドイツ)というハンス・クリスティアン・シュミット監督作品で女優賞(銀熊)をとったようです。アンネリーゼ・ミシェルの悪魔祓い事件を映画化したドイツ映画。ドイツで実際にあった話ですよね?これがアメリカでリメイク(?)されて『エミリー・ローズ』になったのかしらね。同じアンネリーゼ・ミシェルを題材にしているってだけで偶然かしら。同じ題材とはいえ違う視点から捉えているので全く異なった印象をそれぞれの作品から感じ取れそうです。『エミリー・ローズ』も未見なのだけれど、この主演をやった人はアメリカ海外ドラマ『デクスター』でデクスターの妹役をやってた人。この方の演技もすごく褒められてたはず!<エミリー・ローズ  制作年数みるとどちらも同じくらいの時期なのでたまたま同時多発だったのかしら。

そのあたりの事情はまた調べてみます。しかし、ここで発見が!ドイツ版の "Requiem" を撮影した監督はアウグストさん主演映画『23』の監督でもあります!ハンス=クリスティアン・シュミット監督です。"Lichter"という作品もハンス監督の映画なのですが、これにもアウグストさんは出ています。この映画のアウグストさんいいですよ!< "Lichter" また後日ゆっくり御紹介しますね。

一応、"Requiem" の予告トレイラーを…(アウグストさんは出ていません。今回、御紹介したミュージッククリップで共演している女優さんが主演の映画です)




↓ついでにエミリー・ローズも



どちらもそれぞれ面白そう!ドイツの作品は日本で字幕版出てるのかしらね…後でチェックしてみます。

今回御紹介したアウグストさんのビデオクリップ話に戻りますが…。

ニット帽をかぶっているけれど似合うよね。映画『タトゥー』でかぶっていたニット帽と似てる。鉄くず芸術家設定なんでしょうかね。しかしアウグストさんのような素敵男子と一緒だったらこういった寂しい雰囲気の家に住んでも構わないね。ベッドまわりが歪んでいて蚤がぴんぴこしていても構わないね…多分…。蚤は駆除させてもらうが、若い時ならこういう生活もきっと耐えられるよ!私はエイジングを重ねているのでほわほわした羽布団で寝させていただきます。ぐーすか。

それと二度目で気づいたけど冒頭でアウグストさん殴られてるね。バイオリンで頭をずっばーん…と殴られてるね!やはり鉄くず芸術じゃ食べていけねーズラ!どうするズラ!という奥さん(恋人)の鬱屈が夢に最初あらわれたのであろうか…。

ブリキの缶に入ったチリビーンズをがっつり食べるというのは夢の一つです。しかもアウグストさんと食べられたら幸せに違いない。ワイルドでいい。

実際のアウグストさんは御家庭で工具を振り回して何か作ったりするのかしらね。ドイツな方々は基本的にDIY精神に満ちあふれているっぽい。日本でいうと日曜大工みたいな?家のちょっとした修繕などは自分たちでやっちゃうんでしょ?(イメージ)

それにしてもアウグストさんはビデヲの中で繰り広げられている質素な雰囲気が似合うなあ。もちろんお金持ちの役も似合うけれど。どことなく暗い雰囲気がいつもマッチングしてますよね。

ポール・ベタニーやバーナビ・メッチュラートもビデオクリップ出演してくれるといいのに。

バーナビーに関しては一月に入ってからずーっとお祭り状態なので困惑してるのですよ。どっと押し寄せてきているインタビュー画像やプレミア画像が幸せすぎて恐怖。もっと満遍なく一年を通して平均的に情報が押し寄せてほしいという願いもありつつ、お祭り状態なのは滅多にないので気絶するほど喜ばしいといった贅沢な悩みなのでありました。

そしてアウグストさんの知らなかったビデオクリップ画像を堪能できて本当に幸せです。

曲も素敵だよね!こういうロックは意外と好きですよ。今度、アルバムを購入してみよう。

一月はちょいとバタバタしてたので更新が滞ってすみません。二月も書類関係で若干バタバタ(期末決算期みたいな?)しそうな感じだわ。確定申告ではござらぬよ。

メッセージのお返事はもう少々お待ち下さいね!本当にありがとう。そして拍手の方々にも心から感謝しています!さんきゅうううううううう!



Devil You & MeDevil You & Me
(2009/02/17)
Notwist

商品詳細を見る


関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。