スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・器

a1_20101117205909.jpg

久しぶりに青山のスパイラルマーケットに出かけたのです。ゆったりした店内でいいですよね。以前はよく訪れたものですが、青山そのものがご無沙汰でございましたよ。よろよろ。よろよろ。

たまたま、マーケットの一角で:::日下華子 毎日のうつわ展:::というのが開催されていました。日下華子さんの素敵な和食器の数々が売ってました。手頃な値段でいい感じ。丁度、自分用のご飯茶碗を探していたので購入。ちなみに買ったものはご飯茶碗用ではなく、小鉢だと思います。ご飯茶碗はご飯茶碗のかたちで売ってたよ♪ しかし、大きさ的にこちらを私はご飯用として購入したのであります。

小ぶりなものが欲しかったのですよ。小さい茶碗がね。今、使っているご飯茶碗はちょいと大きめなのでご飯を少なめに盛ると寂しい気持ちに。子供が使うような小さい茶碗が欲しかったのであります。

これは九谷焼ですかな。モダンな柄で一目惚れ。不思議なのですが、自分で使うご飯茶碗は九谷焼が多いなあ。他の家族にはチョイスしない柄や焼きなのでした。前のも割れたわけではないので、気分で使い分けます。前の茶碗は鎌倉の品の良い現代作家な方を取り扱う店で買いました。

そう、食器は鬼門…。異常に好きなので最近は近づかないようにしてますよ。和食器、洋食器どっちも好き。ムッハー。

和食は食器がどうしても多くなりますよね。マイ茶碗、味噌汁椀、お茶椀…それにお箸と自分専用のものが多くなるけれど、ヨーロッパは自分専用のスープ皿なんてあるのかしら?洋食器って同じ柄の皿が六枚セットだったりそんな感じよね。映画を見ていても皿を自分専用って決めてる洋画シーンに出くわさないもの。せいぜいマグカップくらいじゃないか?後はキッズ用の食器。自分専用フォークはこれじゃなきゃ!みたいなのないよね。

和食器は細かくいろいろあるものね…。洋食器だとスープ皿とディナー皿、パン皿、ケーキ皿…とサラサラサラ揃えていけばいいし、スタッキングもしやすいが、和食器は素材からしていろいろあるので収納が大変ズラ。

だがそれが楽しいのではありますが最近は買い控え。

お客さん用のご飯茶碗は5客か6客揃えが二種類あります。どちらも骨董だよ♪ お高い骨董じゃなく普段使いの骨董食器です。

ヨーロッパの食器もいいですよねえ。私が好きなのはロイヤルコペンハーゲンかな。これはスープ皿とディナー皿を持ってるよ!お祝いで買ってもらった。ジノリもいいよね。ふんふんっ。ドイツといえばマイセンですよね。高くて買えないけれども!1客も持ってないけれども!帝国ホテルのマイセンサロンでお茶することはできるよ!ヘレンドもいいよね。はふはふはふ。

イギリスは紅茶のティーセットで有名なメーカー沢山ありますよね。アンティークで以前、素敵な景色が描かれているカップを1客買ったよ。気に入っているのですがそういうカップで飲まないもの。ついつい家にいるとマグカップだもの。北欧ブランドのアラビアのマグカップ♪ 気に入ってるよ!グリューワインもそれで飲むよ。ふんふんっ(鼻息)♪

北欧も食器いいのあるよね。一時期これもはまって買いましたよ。わなわなわな…。

食器は危険なのです。消費を刺激する!

映画シーンで食器が目に付いたのは最近だとダニエル・ブリュール出演のイギリス映画『ラベンダーの咲く庭で』かなあ。イギリスだもの。目に付くもの。

ポール・ベタニー主演映画『ウィンブルドン』も食器は目に飛び込んできたよ。よだれがでる。それと今年、映画館で観た映画ですと『17歳の肖像』がこれまたイギリス爆発でよかったです。感想でも書いたけれどスージー・クーパーの食器を庶民設定の主人公の家で普通に使ってたよね。

ドイツ映画でも食器には注目するようにしてますが、とにかく彼らはご飯シーンを滅多に撮らないのであった。ファティ・アキン監督作品は食事シーンがたっぷり出てくるので胃の保養です。ドイツでのインタビューをチェックしてたらファティは御自身が食べることが好きなようですよ。やっぱりね。そうじゃないと食事シーンは美味しく映せないもの。もぐもぐ。


さて、お知らせです。今日、設置してみたのですがWEB拍手システムからいただいたメッセージにお返事するコーナーを作りました。これからは記事としてじゃなく、そちらのお返事コーナーをチェックしてみてください♪ →右のプラグインに埋め込んでおきました。

icon3.gif

この女の子が目印です。右にこの女の子がいますので、彼女をクリックすると別窓がオープンです。お返事ルームになってます(無料日記システムをお返事専用にしただけともいいます。ふははっ♪)

記事のコメント欄でメッセージをいただいた場合は、その記事のコメント欄にてお返事します。そちらはコメントコーナーをチェックしてみてください。

どちらのシステムからのメッセージも大歓迎です。もちろんシンプルに拍手オンリーも最高に嬉しいです。もともとは気楽にぱちぱちするシステムですのでね。拍手、本当にありがたいです。ありがとう!

映画の記事が二日続けてアップできませんでしたけれど、気楽にやっていきまーす。今週は歯医者で神経を抜くかもしれない…のでふるふるしてます。神経は抜いた経験ないから!痛いのかしらね。もちろん麻酔はするようなのですが。

歯医者は苦手ではないのだけれど、いつ治療が終わるのかがわからないのが困りますなあ。

俳優さんはみんな歯が綺麗で美しいですよね。特に西欧は歯並びの良さは必須条件なのでありましょう。みんな綺麗だもの。ちゅっちゅ♪



関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。