スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー作業のお知らせや最近の買い物などなど~よろずメモ~

51_20101107221517.jpg

ベンチに横たわるフローティングっぽいビロル・ユーネルさん(49歳)

昨晩、夢にビロル・ユーネルが出たんですよ。しかも二人も。やさぐれおやじタイプと、クールハンサム状態のビロルが。素晴らしい夢物語。でも同一人物が二人も出てくるなんて…どういうことなのかしら…。夢分析していただきたいわん。好きな俳優さんが夢に出てくるのは憧れる夢の一つではありますけれど、不意を突いてビロルだった。もちろんすごく嬉しいが、何故二人も?私は学生時代の友人と学生の状態で(でも出てくる我々は今の生活を営んでいる設定)、修学旅行っぽい行動をしてるんですよ。その旅先の公民館(?)のような場所にビロルがいた。黒シャツで色っぽかったよ。それがクール系だったかしら。でもやさぐれバージョン(まるで映画『愛より強く』に出てくるビロルであった)のビロルも格好Eの。だが、基本的にビロルはストーリーに関係なく、私は旅先にペットのカメレオンを連れていってたり(実際に飼ってません)、友人は犬を連れて行ってたり(彼女も飼ってません)、その犬に小便をひっかけられたり…と変な夢であった。和風旅館に泊まっていたはずなのに、何故かバイオハザードっぽい洋館になってそこは私の家族が所有している設定に最後はなってるのであった。

荒唐無稽。

さて今日の本題。

mi_construction_30.gif  mi_construction_29.gif


↑こういうマーク、以前流行ったホームページでよく見かけましたよね。サイトの目次をクリックしてコンテンツが繰り広げられるかと思ったら工事中のアイコン…。うおおおおおおおおお。まだ出来上がってないならクリックできないようにしておけよおおおおおおお!といった叫び声。

今回はブログ形式で更新し続けているけどたまに「サイト方式が結局はいいのかなー」と思ったりもします。でも更新しやすいんだよねブログ。

いろいろなレンタルブログを使ってみましたが自由度(いりじやすい度)が高いのはFC2だとは感じてます。レンタルサーバーにCGI設置して自分ブログもやった経験はあるんですが、レンタルブログは付録(?)がいろいろついていてやはり便利ですよね。それでももうちょっとこうなればいいのに!という欲望はある。

FC2は一つの記事に対してカテゴリーが一つだけしかつけられないのが残念。基本はそれでいいのですが、例えば『イングロリアス・バスターズ』。私はこの作品についての記述、全てアウグスト・ディールの作品カテゴリーにいれてしまってます。しかし、単品としての作品感想としてもカテゴリーしたいわけですよ。ア行~ワ行系のカテゴリーもしたい。しかもダニエル・ブリュールの作品検索からも飛んでいきたいのであります。これは管理人側のアレであって、いらしてくださる方はどこにカテゴライズされてようがそれほど気にならないのでありましょう。管理する側にいると「うごおおおおお」といったシステム上の不都合が出てくるのであった。

タグつければいいって話だとは思うのですが、タグはタグでまた使いづらい感じ。タグリストプラグイン作成者さま達は素晴らしいのですが、これも「ああっ…あいうえお順で並べばなあ」といった欲望はあるのです。あいうえお順で並ぶタイプもあるのですが、それはまた違う部分で私の欲望と一致しなかったり。

特に、最近、アウグストさんとダニエルさんが作品一緒の場合が多いので困るのであった。

そしてそろそろセバスチャン・ブロムベルグのカテゴリーも作りたいのでね。彼はダニエル、アウグスト、バーナビー全員と共演してるんですよ。なので私が困るのであります。

ビロル・ユーネルのカテゴリーは悩み中。彼の出演している作品だと『愛より強く』と『ソウル・キッチン』は既に鑑賞はした。そしてドイツから彼の映画も二本くらい取り寄せ済み。日本未公開の作品ね…。日本公開or日本でDVD発売されてるものはそちらで鑑賞しようと思ってます。まだコンプリートするほどはのめりこんでないかもな…という感じなので。どうなるかわからないけれど。しかし、ビロルさんはドイツだけじゃなくトルコ、そしてフランス映画にも結構出ているようだからコンプリートを目指すと大変そうでありますよ。ファティ・アキン監督と同じくトルコ系のドイツ監督な人でトーマス・アルスラン監督という方がいらっしゃるようなのですが、その監督作品にも出演しているようだからチェックせねば。しかしトーマス・アルスラン監督作品は日本公開を大々的にされているような雰囲気じゃないのでドイツから輸入になっちゃうかもなー。本国では有名な監督さんのようですぞ。

セバスチャン・ブロムベルグの作品もしっかりと購入してますよ!余りにも脇役度が強い昔の作品までは手を出してないけれど、それなりに確実に買ってます。ただオーディオブック(CD)はコンプリートしてません。セバスチャンはアウグストに負けず劣らずオーディオブックに録音してる人なのでありました。舞台系の役者さんは割と録音する機会が多いのかもしれないですねオーディオブック。何となくですが。

そして、また気になるドイツ俳優さんがいてね…。その人の作品は一本も観てないのに気になる。とある作品で主演の一人をやってるんですよ。で、何となく気になっていたのでその作品も含めて輸入買い物中です…。あるスペイン系の俳優さんに似ているの。そのスペイン系の俳優さんも私は好きなのですがコアファンになるほどではない。好きだけどコアではない。ただ顔の系列は好き。そして今回チェックしたドイツ俳優さんはアウグストさんやダニエルとは違った毛色の作品に出演しているのであった。少しボーイズ愛っぽい作品に出演する傾向。でも完全なボーイズ愛作品ではなく、そういった香りがする作品に出ているって感じ。わからないけどね。作品としては万人向けの青春映画なのですが、ボーイズの要素を含んでるものってあるじゃないですか。特にドイツは多いような気がするよ。女性もきっちりその恋愛に絡んでくるドラマ。でも同性愛の要素もある。

ファティ・アキン監督の『そして、私たちは愛に帰る』も同性愛の要素が普通に盛り込まれてましたよね。女子系でしたけれど。

バーナビーもセバスチャンもアウグストさんも映画で気楽に同性愛な役柄をやってましたからね。そのあたりお国柄なのでありましょう。

あ、そういえばクリスチャン・カマルゴ出演作品も一本購入中。むふぉふぉ。

サントラを求める旅も続けてます。在庫を求めて百万里みたいになってるアルバムもあるよ!むっふぉー。

フランス映画のとあるサントラが品薄で中古でもとんでもない値段になってたのですよ。もちろん新しくは製造されておらず。イギリスアマゾンで割とお手頃で売っていたので買ったのね。でも「すみません、物品を今探し中です」と買い物かごに入れた後で言われたのだ。キャンセルしてもらってもOKと。でも探しているっていうのだからずーっと待ってたのです。だが、きっとないんだろうな…という予感がしたので久しぶりに他の国で検索。アメリカで高かったけれど何とかあったので購入してみてます。やってくるかどうかは謎だ。でもアメリカからやってくるそれは日本盤のサントラなのよ。しかし日本で購入すると異常な値段なの。不思議な流通構造。国によっても価値が違うようなので、満遍なくチェックしないと損をしますよね。郵送料も馬鹿にならないので、CDやDVD本体が安いからとばらばらに海外購入していると高くついたりするですよ。なるべくならひとつの国から買いたいですよのう。そういった兼ね合いをぎりぎりと吟味しつつ、海外ショッピングの旅は続く……。

話は戻りますが、ダミー記事をこれからちまちまカテゴリーのために載せていきます。

ナビゲートをするためのダミー記事です。

というか自分の為に作るといっても過言ではありませぬ華厳の滝。

自分で自分の書き込みを検索する場合が結構あるんですよ。ほら、記事の中で「以前、書きました…」といいながらそこに記事のリンクを私はよく張ってるのでね。その時に、自分記事を検索するんですが、シンプルに記事にたどり着けない場合があるのであった。

ちなみに一つの映画に対する関連記事が増えた場合、ア行~ワ行関連のカテゴリーに入れるのは、なるべく作品感想オンリーにしますね。

というわけで、記事数は一時的に増えるかもしれませんが、ダミー記事なので惑わされず。あくまでもカテゴリーのためであります。それもいっぺんに全てをやり遂げるのは無理そうなのでゆっくりやっていきます。

ご了承願いマース♪
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。