スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶんぶんぶん蜂が飛ぶ……拍手&メッセージありがとう。お返事です。

66_20101105145848.jpg

65_20101105145848.jpg

昨晩はツイッターやすぴばるで大げさに騒いだために気遣わせてしまって申し訳ない!猛省猛省!

今日アップした絵は、中世時代の絵によく出てくる蜂の絵なんですよ。こういった壺を蜂の巣にして養蜂してたっぽいですなあ。ミツバチミツバチぶんぶんぶん。


しかし蜂にはお気をつけあれ…。靴下の中に蜂。

「私はバレリーナーじゃないので足を怪我させても無駄よ!」と、家の中で一人叫ぶ。

小さい頃にも靴下蜂攻撃は一度あるんですよ。でもその時はミツバチだった。痛かったけれど、起き上がれないほどではなかったのです。

家族で一人、巨大スズメバチ靴下攻撃された人もいるのですよ。なので靴下の干し方も気をつけていたし、取り込む時も必ずはたいて入れてたつもりなんですけどね。

靴下って組み合わせてくるっとお互いをかませるじゃないですか。洗濯物を畳む場合。我が家ではその手法なんですけれど、その時点で既に蜂が潜んでいたっていうのが恐ろしい。手を刺されたかもしれない。三日後か四日後くらいのローテションで靴下が巡回したと想定すると…三日か四日はそのまま閉じ込められていた蜂…。そして妙な肉塊が我が身を押しつぶそうと急に圧迫される。

そりゃ蜂だって刺すわな!

少し、蜂の気持ちになりました。でも、蜂って固いのよ。ものすごく固い。昨晩、私を刺したハチは…クロスズメかチャイロスズメ…それか足長かなあ?でも足は長くなかった。地味だけど大きい蜂でした。ミツバチとは完全に違いましたね。そして固い。

私は痛みで失神しそうになりながらも、床をずりずりと這い回っている蜂を殺さないといけない使命に囚われてしまい、それが大変でした。下手に飛ばれて再度刺されたらたまらないし、部屋のどこかに逃げられても困る。動けないので追いかけられないもの。そしてまた刺されるかもしれないという恐怖。脱衣所で靴下を履いていたの。武器は脱衣かごしかない。かごの角で蜂をつぶすのだけれど、つぶれないの。全然、つぶれない。跳ね返されるほどの勢いです。何日も靴下に密閉されていたのと、私の足に押されたせいで、飛べる力は残っていなかったのかもしれませんが、蜂は靴下から這い出て動いているのよ。ティッシュでぐいぐい押しても無駄。ぷちっとした感触が全然伝わらないの。

焦った。しかも激痛でうおおおおおとなってるので軽いパニック状態に。アナフィキラシーになるかもしれんという恐怖感で電話にとりあえず飛びつきたかった。医者か家族に連絡……でも動けないのよおおおおお。痛くて全然無理。足の裏のせいもあったかもしれない。床に転がったまま、蜂を殺す殺気を出しつつ痛みで朦朧…。

どういうプレイなのかこれ!マゾとサドの両方のパワーを同時に放出しないといけないの。チャクラコントロールが難しい!ナルトに教わらなくちゃ!

風呂場にあったバスクリンには手が届いたのでそれをかけました。ほら、ゴキな虫は洗剤かけると一発って言うじゃない?

蜂は一発じゃなかったですよ。バスクリンとチャーミーグリーンは成分が違うかもしれないけれど、全身に浴びて「全然平気」っていう物質でもないですよね。もちろん恐ろしいほどの殺傷力があったらやばい製品になっちゃうので、殺傷力は当然ないのは当たり前かもしれないけれど…。

あれって洗剤の毒というより、全身を息できなくさせる成分が(ゴキに対して)有効なんだよね。早い話が窒息させてるんでしょ?よくわかってないのだけれど。

蜂には効かないのですかなー。カビキラーがよかったのかしら…。でも床の材質によっちゃ下手な洗剤を撒けませんがな…。

とにかく洗剤まみれにしてティッシュでまたぐいぐい押した。だがプチッとはいかなかったな…。

そして私は痛いぃぃぃぃぃうぎぎぎぎぎぎとなりながら脱衣所に佇んでいました。アナフィキラシーは刺されてすぐやってくるもののようだ。30分以内に症状ががーっと出る場合が殆どらしいのですが、30分経過しても、患部が痛いだけなのでアレルギーショックの心配はないと安心したのでした。でも、ネットで文献読むと、しばらくしてぶっ倒れた人もいるというので、夜やっているかかりつけの医者に行って診てもらいましたぞい。

結果はほぼ完治。まだ刺された部分は赤いし痛いけれど、歩いても何しても平気です。

しかし蜂の針ってそんなに太くないだろうに…。あの痛みは毒によって引き起こされてるんですよね?そうじゃないと痛みの説明が付かないもの。異常な感じなんですよ。注射で痛いのされても、針が抜かれたら基本的に激痛はすぐに去っていくじゃないですか。そうじゃなくてずーっと激痛なの…。どこを刺されたかわからないくらい痛みががああああああっと広がるのでした。筋肉注射の一番痛いバージョンが近いかもね。あと麻酔注射のドーーーーンとした嫌な感じのダブルパンチ。それの恐怖バージョン。

お年寄りや心臓が弱い人はアナフィキラシー関係なく心臓やられると思う。私も刺されて「あ…れ…」って心臓が波打ったもの!最後にどっくんみたいな!ショック死みたいなやつ。パニックになって何がなんだかわからないうちに死ぬ……。うわああああああああああああああ。

洗濯物にはお気をつけあれ…。よくあるパターンみたいなので。靴下だけじゃなくシャツやタオル、パンツ…などについてきますよ!畳んでタンスに入れても奴らは生きてますからね。

そんな大げさな私に素敵なメッセージを下さったみなさまありがとう。そして拍手もいつもありがとうございます。一言メッセージも嬉しいです!ポールもこもこ!などの一言をいただけるのはかなり嬉しいですよ。感謝感謝です。

(ちなみに拍手システムからメッセージを下さった場合はこのようなお返事のかたちで。記事のコメント欄にコメント下さった方にはそのコメント記事に対してコメントをつけてますので、そちらをご確認くださいませ♪)


それでは素敵なメッセージを下さったかたへのお返事はこちら↓
> 11/03  画像どれもとっても...さん

わお、拍手たっぷりありがとうございます。画像、楽しんでいただけたようでホッと一息!ありがとう!

トゥーレ・リントハートさんは『青い棘』でハンス役の方ですよね。彼も個性的で魅惑的な人でしたなあ。わたしゃ、『天使と悪魔』に彼が出ていたのを知らずに画面の中の彼を見過ごしてしまいました。映画を思い出してもトゥーレさんがどこに出演してたのか全然思い出せないんですよー。ユアンにばかり気を取られていたせいかしら…。おほほ。トゥーレさん出演の映画ですと『誰がため』という映画が渋くていい雰囲気ですね。未見なのですが…。トゥーレさんはデンマークな方なのですなあ。でもヨーロッパの俳優さんってお互いの国を乗り越えて気楽に作品に出演してますよね。陸続きの醍醐味でありましょうかのう。日本は島国ですので難しいですのう。

目のご心配までありがとうございます。急に視力って悪くなりますよね。そのせいできっとピントがあわず疲れやすくなったと思われますのだよ。今度、眼科に行ってみますわい。わいわい。

キスキス♪


> 11/03&04  利根さん

蜂刺されへのお気遣いありがとうございます。お恥ずかしいったらありゃしませんですわい。御陰様で病院に行きすんなりと治りました。二回目が危ないと医者にも釘を刺されたので(また刺された!)気をつけます。しかし思わぬ攻撃ですからなあ。気をつけるつっても難しいですよね。靴下への攻撃は家族が前にもやられてるので、干し方も気をつけていたし、家に入れる際にはどの洗濯物もはたいて入れてたんですけどね。しかもロングソックスじゃなく丈の短い靴下だったのに…。蜂は洗濯物に混入するのが好きなようですね。もこふわっとしてるので気になるのかしらね…。

サッカー、ヨギ監督の情報ありがとうございます。今はなんでも動画サイトにありますなー。印象的な青いシャツと背広の組み合わせなのでパロディもしやすかったのでしょう。私、写真見ただけで笑ってしまいましたもの。わははははは。ヨギさんは一応(?)結婚なさってるのですよね。お子さんはいらっしゃらないようですが…。でもドイツはゲイに寛容なお国柄。確か、現役ベルリン市長もカミングアウト済みの同性愛な男子ですものね。

ポールの写真はクールダンディ系が多いので常に目の保養です。ドイツ俳優さんは華美じゃないですので(もちろんそこが個性で素晴らしい)、ポールのダンディ写真&華やかプレミアなどに目を移すとそれはそれで眼福な気持ちになります。でもどっちも眼福~♪ 地味なのもいい。派手なのもいい。そういうわがままを満たすのに最適な人々でありますよ。むっふっふ。

キスキス☆


> 11/04  ダニエル君SF、何... さん


拍手&書き込みありがとうございます。蜂刺されへのお気遣いまで本当に嬉しく思います。騒いでしまって申し訳ない!猛省しますわ。御陰様でラフに治りました。ずきずき♪ ずきずき♪

ダニエルの新作、おっしゃる通り、ピノキオっぽいですよねー!こういうロボット愛ものはハリウッドの独壇場だとは思うのですが、スペインならではの個性をチェックしたいですよね。どうしてもハリウッドっぽさが垣間見えてしまってますが、きっと仕上がりはヨーロピアンなのではないかという期待☆

日本で公開されるように!という☆に願いを~♪

キスキス♪


関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。