スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華街、鍋、そしてコーヒー

実生活で悶々と思案中なので、ツデーは中華街の記事

ドイツ街もあればいいのに。イギリス街も。ドイツ・ガイ。イギリス・ガイ。

中国料理は美味しいですよのう。久しぶりに中華街にいってランチしてきましたよ。平日なのでサラリーマンも多く。私も一人で行ったので(すんすん…)気楽に相席ランチを。結構、女性の一人客も多いよ♪

街を練り歩くと、各お店から中国的な音楽が流れてきてそれがまた楽しい。私も中国楽曲は一時聴くのにはまって二胡系のCDを買い漁った過去があります。

ドイツ映画もいいけれど、香港映画も楽しいよね。最近の香港映画界事情は全くわからなくなってしまったが、私の好きな香港映画といえば『酔拳2』『霊幻道士』『チャイニーズ・ゴーストストーリー』『スウォーズマンシリーズ』『食神』『少林サッカー』『カンフー・ハッスル』『インファナル・アフェア』などなど…ですかなあ。中国映画も混ざってる?他にもたくさんありますが、基本的にワイヤーアクションかコミカルなものが好きだったようだ。『Mr.Boo!ミスター・ブー』のシリーズも大好きでありました。大爆笑したもの。面白いもの。

香港ノワール系も結構観たのですが、やっぱり『男たちの挽歌』が好きかも。チョウ・ユンファの作品もバラエティ豊かで見応えあったよね。彼はコメディもできたし。カンフーはできないのだけれども、ノワール系が流行ってからカンフーをそれほど重要としなくなったんじゃない?もちろんカンフーはカンフーでちゃんと流行っていたけれども。

いい男だなああああああと観る都度思うのはトニー・レオン。チャウ・シンチーはツンツンっぽくってすごく好きです。チャウの作品は女優に容赦ないのがいい。恥ずかし屋さんなのだもの。恋愛描写が苦手なのだもの。それがたまらない。

前も何度か話しましたが香港スターにはまると交流が楽しいのですよね。私は残念ながら、濃厚にはまらなかったのでお茶会とは無縁だったのですが、知り合いが香港スター大好きになってその交流を伺うたびに「おおっ…私が好きになるヨーロッパ、ハリウッド系俳優じゃ絶対にありえないファンとスターの親密度」とうらやましく思ったものです。


さて、唐突ですが中華街でどっさりお土産を購入してきました。重かった。中華菓子って一つ一つは小さいけれど、ずっしりしてるんですよね。みっちり餡がつまってる。肉まんしかり、あんまんしかり。肉まんもミニサイズを買ったのに六個入りで一パックだから重いったらないの。チャーシューまんも買ったよ。明日の朝ご飯にするのです。


99_20101022223925.jpg

白あん系を多く買いました。私はごま風味の中華な黒あんも好きなのですが、家族が中華黒あんそれほど得意じゃない人がいるのでね。ピンクの色が強烈だけれども人工着色料は使ってないと書いてあったよ。


101.jpg

フォーチュンクッキー。50個入り。おみくじクッキーです。これが意外と美味しいのですよ。おみくじ主役だから味はそれほどでもないんじゃない?と考えがちですが、美味しいのです。我が家のファミリーはこのおみくじクッキーの味が大好きなので、中華街に行くと買ってしまうのでした。他でも売ってるのな。


100_20101022223925.jpg

もちろんおみくじも楽しみますよ。


102.jpg

点心セット。これは重慶飯店で買いました。いろいろな種類のシュウマイが入っていて美味しかったです。むっちりぷりぷりでした。中華街で以前、購入しておいた蒸籠で一人ずつ蒸して食べました。蒸籠ごと食卓に出せるのでいい感じです。飲茶定食にしたのであります。蒸籠は中華街で有名なお店、照宝 にていつも買ってます。18センチの三段。ひのきの18センチ一段。それと28センチか30センチの蒸籠が二段あるよ!蒸すよ!蒸すよ!蒸すあるよ! 昔はステンレスの蒸し器を使ってたのですが、蓋に水滴がつきますでしょ?なので布巾をかませないといけないでありましょ?だが、中華蒸籠だとその心配が不思議とないのですよ。それと木の香りがとても良いです。気楽で秀逸であります。


98_20101022223925.jpg

気に入っているお茶屋さんで買ったお茶。一見、お茶屋さんというより雑貨屋さんに見える不思議なお店なのですが、とにかくお店の人がとっても対応がよくて素晴らしいのです。以前、中国茶インストラクターの先生に教わったの。中華街ならこのお店がお薦めと。本当にお薦めでありました。もちろんその中国茶インストラクターの先生は先生だけあって(日本の方です)いろいろなお店で購入してらっしゃいますけれど、中華街なら…と教えてくださったのでした。私も中国茶習う予定だったのですが、引越をしてしまったりして、ちょいと横浜方面に通うのが億劫になり断念。

と、中華街に行きつつも、頭の中はドイツ製品で悩んでます。圧力鍋をどうしようかと…。買うならこのメーカーと…決めてはいるのです。圧力鍋の主力メーカーが全てドイツでありましたよ。フィスラー、WMF、シリット社シラルガン シコマチック…などなど、全てドイツ。日本だとフィスラーダントツ知名度で次がWMFですよね。でもドイツで一番シェアがあるのはシコマチックなんですってよ。日本ではそれほど普及してないせいかまだ単価が高いですねシコマチック。でも圧力鍋としてのデザインは一番素敵。だが、一番鍋が重いらしい。

しかし、ドイツブログやドイツ料理などをネットで拝見してますが、こんだけ圧力鍋主力国なのに、圧力鍋をどんだけ使ってるのかがわからないの…。もちろんドイツ在住日本人の方は使ってらっしゃいますよ。でもドイツでどのくらい圧力鍋がホットなのかはわからないのよね。でも現地で買うと安いみたいだ。

まあ、問題は値段じゃなく(太っ腹な発言。買う可能性が少ないから太っ腹な発言をしているだけです)、私の料理生活に圧縮鍋は必要かどうなのかという問題なのです。圧縮じゃなくて圧力。

ぐつぐつ長時間煮込むのをそんなに苦としてないから必要じゃないのかもしれない。そして、私のまわりで圧力鍋を使っている人がいないのも実感がわかない理由の一つ。まず母、祖母は使ってない。親戚にもいない。友人でも使ってる人いないんじゃないかしら…。一応、友人関係にはリサーチ中なんですけどね。でも誰からも勧められた経験がないの。それと「これ圧力鍋で作ったの!」とごちそうになった経験がないのよ。特に何も言われず、料理を出してくれる人が多いからかしらね。私も別にわざわざ使った調理器具の名前を羅列して料理は出さないけれどさ…。

でも、圧力鍋の魅力について語る人がいないのよリアル世界に。

というわけで、実感がないまま、いつも悶々としていたのです。煮豚にだけ効力を発揮するのかしら。でもそんなに煮豚ばっかり作らないしな…といった迷い小道くねくね。

それといよいよコーヒー生活に突入です。明日あたりコーヒーメーカーが届くよ。マニアックコーヒー通には邪道なマシーンなのかもしれないけれど!ちなみに紅茶、緑茶のたぐいはちゃんとセオリー通りに淹れてますよ。中国茶もですよ。コーヒーだけ未知の世界。エスプレッソ通の人にとって邪道なネスプレッソマシーンも持ってますよ。でもそれはコーヒーとはまた別。

コーヒーもアレルギーがあるらしいね。コーヒー飲んで具合が悪くなったり発疹が出たりする場合もあるみたい。私もたくさんアレルギーを持っているので(食物アレルギーはそれほどでもないが、果物アレルギーは確実にあります)、コーヒーが苦手なのはもしかして身体が拒否してるのかも…と危惧したりもしたが、普通にファミリーレストラン(そういうところでしか飲まないもの…。本当にコーヒー飲まないのよ)で飲むコーヒーは一応飲めるし、エスプレッソも飲めるから幸いなことにアレルギーではないと思う。

ヨーロッパいった時もカフェが中心だった。だって緑茶なかったもん。紅茶はまずかったもの…。イギリスに行けば美味しかったのかもしれないけど、イギリスは行ってないからね。今は緑茶もあるかもしれないが、ヨーロッパでアルコール以外の飲み物といえば、コーヒーかミネラルウォーターかジュース類だろう。昔はそうでした。今はもっと豊富かもしれないね。

しかし、私の友達はコーヒー好きな人が多い。紅茶好きな人も多いけれど、それは少数派。基本、コーヒー王道です。憧れるよコーヒー中毒に。大人っぽいもの…。コーヒーしか飲まない友人いるよ。すごい。

で、どんな豆を買ったらいいか、わからないので、個人豆店(?)に出向き「本当のド素人で初心者でコーヒーメーカー(メーカーの名前も言った)で淹れるというコーヒー愛好家とは別のベクトルで生きてるのですが、どの豆を最初に飲めばいいのですか!?」と叫ぶように問いかけたら秋のブレンドをお薦めされました。

これまたお店の人がいい感じで話していたら、次々とお客さんが。老婦人な人たちが個人で買いにいらしてたわ。本当にコーヒー好きな女性多いのだね。愕然とした。

紅茶は少数派なんだ…。緑茶は少数派なんだ…。

コーヒーって売れてるんだ!

さて、どうしてそんなにもコーヒーに縁のない生活を送ってきた私がコーヒーを飲む気になったかというと、何となくなのです。

何となく…。

理由がしょぼいよ。理由になってないよ。

でも無理はしませんよ。嗜好品で無理はしないよ!

ちなみにチーズケーキや美味しい一粒ゴージャスチョコなどを食べる時は「ああ、コーヒーがあればなあ」とは常に思っていましたよ。ネスプレッソ淹れればいいんだけど、コーヒー系の味が生活習慣にないせいか、つい紅茶か緑茶、中国茶を淹れてしまうのでした。「あっ…ネスプレッソ淹れればよかったんじゃん」と後で気づく。

エスプレッソも美味しいけれど、コーヒーをアメリカ人みたいにがさつにドーナツと食べるなども憧れるじゃないですかー。がさつにワイルドに。カウボーイが飲んでいるようなイメージっつーの?

それとイギリス以外のヨーロッパはコーヒー系が主流だろうなという雰囲気も感じてます。

だから

何となくなの。

やだ、雰囲気。

ではよい週末を。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

こんばんは.
私は圧力鍋はもっぱらご飯を炊くのに使っています.ネットだと賛否両論あるようなのですが,モチモチ炊けて,冷やご飯もおいしいので私は好きです.あとは,シチュー類を作るときとか,サツマイモを蒸すときに使う感じでしょうか.かかる時間は普通の鍋で煮込んだり蒸し器を使ったりするよりも少ないかもしれませんね,昨年はひたすらこれでプリンを作っていた時期もありました,
デメリットは,1. 重くて,かつ場所をとる,2. 中に入れる量は多すぎても少なすぎてもダメ,というのが思い浮かびます.

コーヒーメーカでのコーヒーいかがでした?
個人豆店で,ローストしたてのものを手に入れて,挽きたてのものを飲むのが一番美味しいと思います.
豆の善し悪しもあるけれど,なによりローストの仕方で味がすごく変わってくる,そしてローストしたて,挽きたてが美味しいと,コーヒーにうるさい知人が言ってましたので.私はあまりそこら辺を知らないまま飲んでいますが,エスプレッソ・マシンが欲しいなあとこの2年ほど思っています.
Posted at 2010.10.23 (21:12) by 利根 (URL) | [編集]
コーヒー美味しかったです♪
> 利根さん、こんばんは

コーヒーは美味しかったです。でもきっと他のお茶と違って(緑茶や中国茶)、飲むタイミングを間違えると胃にきそうではあります。がぶがぶ飲むものじゃないのかもしれないけれど。でも、癖のない美味しい豆だったらしく大変満足でありますよ。体調にあわせて嗜んでいく予定。エスプレッソマシーンも悩みますよねー。私も、以前、悩みに悩んでネスプレッソマシーンにした記憶が。もこもこカプチーノみたいなのを作りたかったのと、来客用にちょいと簡単にお出しできればと導入したのでした。本格的エスプレッソが好きな方には邪道マシーンなんでしょうが、私のようなちょこざいエスプレッソ飲みには丁度よいマシンでごじゃりました。でもやはりコーヒー味は馴染まないせいか、まさに来客用になってます。しかも最近はそれほどお客さんを呼んでないしもったいない状態に。しかしちょいとした来客がいらしたときにコーヒーマシンがあると便利なんですよねー。基本はお茶関係を淹れるのですが、コーヒーがお好きな客人もいらっしゃいまるからね。

圧力鍋でプリン!蒸し器のように使えるのですかね。ご飯は玄米炊くのによさそうですよね。私も玄米は鍋で炊いていたりしたのですが、今の炊飯器はすごく良くできていて玄米も上手に炊けちまうのでありました。日本のそういった技術力は本当にすんばらしー。先日、圧力鍋を売っている売り場で持ち上げてみたのですが、蓋が重いのですね。クルーゼ鍋を使ってるので重さには抵抗ないのですが、鍋一個増えると置き場所が単純に困りますよね。鍋専用棚が東京ドームくらいありゃいくらでも置けるけど!

問題はドイツでそれほど増産されている圧力鍋を実際に本国のドイツ人がどれくらい使っているのかという疑問が渦巻いているのでした。自分の問題じゃなくなってきてます(国際問題)。それを知ったからといって私が買うか買わないかは別問題というのも当たりです。今日も料理をする人たちに会ってきたのですがコーヒーの話ばかりしたせいで圧力鍋の質問をするのを忘れてしまいましたよ。コーヒーに関しては意外とインスタントでも忙しい時はOKという人がいました。もちろんインスタントは好きじゃないという人もいらっしゃいました。私などもインスタントコーヒーで十二分な舌の持ち主なのだと思いますが、どうせたまにしか飲まないのなら豆を挽いたものが飲みたいかもなあという格好つけなのでございました。あと、やはり来客用に…という実用もかねて…ですかのう。

Posted at 2010.10.24 (23:11) by Jarvis (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2010.10.28 (01:10) by () | [編集]
セバスチャン♪
> 利根さん、こんばんは

素敵なブログサイト様を教えてくださってありがとうございます! 私のR18ちんぷる日記とは大違いなのでまぶしいです。ぷるぷる。ぷるぷる。

"Das letzte Schweigen" という新作ですね。もう予告トレイラーできてたんですなー。一応、セバスチャンのもチェックしているつもりでも…アウグストさんやバーナビーよりちょいと検索力が弱まる私なのでした。今度ここでも御紹介しようと思います。何故なら、『アナトミー2』でバーナビーと一緒に共演している男優さんも重要な役を演じていたので…。ふふふふふふ。確かに面白そう。公開されるといいなあ…。そうじゃないとまたドイツ語版を買うしかないといったはめに。セバスチャンのも一応手にいられるものはちゃんと購入しているのでした。意外と良い映画に出演なさってるのですよー。

セバスチャンは、今日先ほど日記にアップしたアウグスト&ダニエルの新作と次のアウグストさんの新作にも出演してるのですごく楽しみであります。脇役なのだろうけれど、存在が濃いのでインパクト巨大系です。でも演技はソフトタッチなんですけどね。割とソフト。アウグストさんはチャキシャキしてますよね。ソフトっぽいけれどチャキシャキ。
Posted at 2010.10.28 (21:37) by Jarvis (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。