スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クエンティン・タランティーノ監督作品を全て編集なさっていた名物編集人サリー・メンケさんがお亡くなりに…(涙)『ハイ、サリー!』

タランティーノ作品をお好きな方ならご存じの方も多くいらっしゃるでしょう。タラ作品全てに携わっていた編集人サリー・メンケさんがお亡くなりになりました。まだ56歳。これからも彼の作品を手掛けるはずだったでしょうに。とっても残念でなりません。

ニュースサイトによると、愛犬わんわんとハイキング中に急死なさったようですね。

イングロリアス・バスターズ』DVD(日本だとブルーレイ版)の特典映像で『ハイ、サリー!』というスペシャル映像がついているのですが、出演者が演技しつつ編集作業室にいるであろうサリーを想定して呼びかけるのですよ。いずれ御紹介しようと思ってたらサリーさんがお亡くなりになってしまいました。以前、御紹介したカチンコ娘のかけ声映像…のような感じで編集されている特典です。

先日、久しぶりに『レザボア・ドックス』のDVDをブルーレイでレンタルしてチェックしたのです。特典で映画に関わった人たちのインタビューも入ってたのですが、そこにサリーさんも登場してましたなあ。レンタルだったので慌ただしく返却してしまったけれど、もっとじっくり特典映像を見ればよかったでありますよ。

ユーなチューブに『ハイ、サリー!』がアップされてたので…貼っておきますね。





アウグスト・ディール君は「ハイ、サリー!」と呼びかけてはいませんが、「ハイ、サリー」とタラ監督が言うシーンに出ていますので要チェック。それとティル・シュヴァイガーさんがとってもお茶目で可愛いです。「サリー、僕は死んでないんだ。これからナチス野郎のケツをぶっ飛ばしてやるつもりだ」なんて楽しそうに言ってるの。英語で言ってるので何とか聞き取れます。ティルさんはみなさんご存じの通り、ドイツを代表する有名俳優さんですが『イングロリアス・バスターズ』作品中ではそれほど台詞は言わなかったですよね。ナチスをいたぶる元ナチス兵の役でした。

最初の章で出てくるユダヤ人を匿っていたフランス人な人もお茶目です。可愛い。それと本編中はそれほど出演シーンが多くなかったけれどザ・インパクトなマイク・マイヤーズさんが、『ハイ、サリー!』にはたっぷり出演なのも面白い♪

サリーさん、亡くなって本当に残念ですなあ。

ご冥福をお祈りいたします。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
03 05
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。