スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェリーナ・ジョリー主演映画『Salt』ベルリンプレミアにアウグスト・ディール!!プレス記者会見の動画も♪

*本日九時過ぎに動画を1本追加しました。アウグスト単独気楽インタビュー♪

二日前ほどのベルリンで(8/18)アンジェリーナ・ジョリー主演映画『ソルト(Salt)』のプレミアが行われたようです。

アンジェリーナはワールドプレミア巡回中で遂にベルリンに到着♪

ドイツでは8/26(or 8/28)から劇場封切りになる模様。日本と一ヶ月ほど封切り時期が違いますね。

今日はとにかくアンジェリーナとアウグスト・ディールのPhoto Call をお届け!

殆どの写真がクリックすると巨大になります。一番上の写真だけそのままの大きさでーす♪


95_20100820192848.jpg


98_20100820191145.jpg

アンジェリーナ姐御の方が男勝りっぽい顔つき…。アウグスト・ディールはこのくらいの髪の長さいいですね。柔らかいイメージ。それと『Salt』出演した時より少し痩せたっぽい♪ 彼自身の最新ドイツ映画『Wer wenn nicht wir』のスチール写真では浮腫んでいる雰囲気だったけれど、それも脱却してるようだ!安心!やはり役柄によって体重の増減を多少しているのだと…思いたいでありますな。それでも20代の頃にくらべたらふっくらしてるのかもです。でもまだまだ痩せてますね。


96_20100820192624.jpg

光の加減だとは思うのですが少し日に焼けてるかな?ファミリーで夏休みを過ごしたのかもしれません。それで日焼けしたのかもねー♪


94_20100820193037.jpg

笑い顔がキュート♪ それにしてもいつもながらスーツのフィット感がないのは何故なのだ。ゆるめが好きなんだろうなあ…。光沢があって綺麗な生地のスーツですよね。


93_20100820193133.jpg


92_20100820193303.jpg


91_20100820193336.jpg


89_20100820193427.jpg


靴もピカピカっていうよりは、よく見るとそうでもないのがアウグスト君のいいところ。ポール・ベタニーはこういう時、ビシビシッとしてますよね。二人とも個性があっていいのでR。


90_20100820193541.jpg


姐御は相変わらず大変に美しい。しかし顔は本当に男前なのでこのまま年齢を重ねると妖気系の女優さんになるのではないかと。それにしても楽しそう♪ 


それではベルリンのプレス向け記者会見の動画を!




↑こちらは会場に登場するシーンが見えます。


↓ 同じ記者会見ですが、カメラ位置が違います。こちらのバージョンはより顔がよく見えてます。パート1とパート2に別れてます。上がパート1で下がパート2。








*本日九時過ぎに追加した動画↓ 1:58 くらいからアウグスト君が単独でインタビューされてます♪




私もまだ先ほどチェックしたばかりでじっくり見てません。感想は付け足すかもです。でもアウグスト君はかなりファニーに受け答えしてますね。アンジーの方がちょっと緊張気味かな?何たってアウグストにとっては地元ベルリンでしょうからリラックスして挑んだのかも♪ それにアウグストはメインのキャストではなかったので、ラフに参加してる感じがいいですね。アンジーはやはり主役ですから。映画を成功させないといけませんもの。プレッシャーはあることでしょう。

でも動いている映像を見ると、多少、アウグスト君はふっくらしたのかもなあ。お子さんが生まれるとお父さんも何故かふっくらする人多いですよね。ポールも結婚してベイビーとの生活に安定したのか一時期ふっくらしていたような気がするよ!特に『ファイアー・ウォール』の頃!

追加記事: 単独インタビューを見ると、全然太ってない。よかった…安心!すごく素敵だ!良い雰囲気だああ。とっても素敵♪ 単独お気楽インタビューお勧めです。

それにしてもベルリンプレミアには期待しておりますた。アウグスト・ディールの扱いは映画営業的には薄かったので危惧したけれど。さすがにアウグスト君の地元ドイツ、しかもベルリンに現れないはずはないと。ふう、よかった。

ブラピさんはいらっしゃらなかったのかなー。また写真は追加されるかもしれないので期待大ですな。

とりあえず今日は写真が多いので文字はここまで。二日前のリアルなアウグスト・ディールをご堪能ください!

今日、この記事を発見するまではアウグスト・ディールの男前写真をアップ…と用意をしていたのですが明日以降にずれこまさせます。おほほほ。おほほほ。


*『ソルト』映画感想の記事はこちら


ではよいフライデーナイトを!
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

イケメン!!
先日、見たい見たいと思いつつ埋もれさせていた「ヒトラーの贋札」の録画を発掘し、念願かなって再視聴したんですが、ほんとアウグストくんてカメレオンですよねえ。「青い棘」で見せた、あやうい美しさ、「イングロリアス・バスターズ」の抜け目のないナチ将校、でもって痛々しいユダヤ人印刷工。全部印象が違う!!

わたくし、カメレオン系の俳優さんが大好きなんですが、アウグストくんもまさにそんなかんじ。ヘルシュトロームさんとブルガーくんを両方とも演じちゃうなんて、俳優ってそういうものかもしれないけどやっぱり凄いですよね。

でもって素のご本人はというと。シャープでスラっとしたイメージがあるのに、案外だぼだぼしたスーツ着ているところとか、靴がピカピカじゃないところとか、親しみが持てて可愛いです。イケメンなのに(笑)一部の隙もないポールとはまた違って、そこが可愛いですよね~~ ポールの着こなしは完璧すぎて、まぶしくて見てられません。
Posted at 2010.08.20 (23:26) by (URL) | [編集]
夏はイケメンの季節です(年中無休)
>鱗さん、こんばんは!

私も『ヒトラーの贋札』を鑑賞せねばー。といいつつ、夏は気楽なCSIでお茶を濁している私です。CSIは濁ってないのです。私の頭が濁っているのでありました。湿気で濁る。この猛暑で頭が朦朧としませんか。午後になると特に頭が朦朧として映画や本、パソコンもぎりぎりです。しゃきっとしないんですよねー。猛暑すぎますわ。

俳優さんによってどの映画でも同じパワーで押し切っているのが個性の人もいるし、映画によってカメレオン系の俳優さんもいるし、楽しいですよね。同じパワー系の人でも爆発してればそれはそれで個性ですものね。アウグストさんは確かにカメレオン系かもしれません。私は何も知らない状態ではまってしまったので、最初っからぎらぎらした目つきになってしまい、アウグストが出演している映画であると認識して鑑賞してしまっている為に、カメレオン見つけた状態です。母なども気付かなかったようなので、意識して観てないと同じ俳優さんだとは思えないようですね。(母がイングロリアスを観た後に、「あれにも出てた人なんだよ」と言っても気付かなかった)

そして私服というかスーツのだぼだぼが常に気になります。ポールは崩した格好でもビシッと崩してる感じなのですが(スニーカーにジーンズで、スニーカーが汚れていてもポールはビシッとした感じ…)、アウグスト君はタキシードを着ていてもゆるゆるなんです。何故なのだぜ…。ワンサイズ上を常に注文しているとしか思えない。どんだけゆる好きなの…。いいのだけれども…。そのゆるいのが好きっていうアウグスト君も好きなのだけれども…。

映画となると裏方が用意した衣裳を着こなすのでわかりませんが、私服系になると俳優さんも完全に個性が出ますよね。ドクター・ハウスは私服どうなんでしょうか!!!どういう系列なのでしょうか!タキシードなど似合いそうですよね。イギリス人だものビシッと似合うことでありましょう。おほほおほほ。

ファスベンダーさんの私服はどうなのだろうか…。でもカンヌでアウグストやダニエル君と出席してた時、ファスベンダーさんはただひたすら格好いいとしか見えませんでした。スーツや軍服似合う体型ですものなあ。

アウグスト君もスーツは似合うのです。でもゆるゆる。

だが、ゆるゆるじゃないカレもいる。そんなアウグストを近日中に御紹介予定です。ふっふっふ。
Posted at 2010.08.21 (20:30) by 管理人Jarvis (URL) | [編集]
ドクター・ハウスと呼ばれて
最初わけもわからずに「ヒトラーの贋札」を見たときは、「この若い印刷工のお兄ちゃん、正義感は分るけど、サボタージュしたらみんな殺されちゃうんだし空気読めよ~~」とか思っていたのに、アウグストくんが分るようになると、彼にも感情移入してしまって、初見の2倍3倍楽しめました。でも、夏の濁った頭で見るのには向いてないかも。

確かにアウグストくんは1サイズ上を着ているとしか思えませんよね。ジャケットもズボンもだぼだぼ。ぜひ、アウグスト初心者のあたくしに、ゆるゆるじゃない彼を教えてください。きゅんv-238

ファスベンダーさんは、わたしがちょこっと見たかんじでは、カジュアルな着こなしが粋な人というかんじです。ストローハットをイヤミなくかぶっていたり。スーツをちょっと崩して着るのとかもお上手だと思います。

で、ドクター・ハウスことヒュー・ローリーですが、スーツのセンスは……可もなく不可もなくかな。たまに不思議なタイをしてます。189cmも身長があって、50歳にして細身なので、フォーマルなものを着れば着るほど似合います。燕尾服が制服というイートン校出身なので、燕尾服やタキシードを着たら無敵です。いい男は着崩したりしなくてもいいと思う今日この頃。きゅんv-238
Posted at 2010.08.21 (22:10) by (URL) | [編集]
暑すぎの日々
> 鱗さん、こんにちぱ!

返事遅れてすみません。ドクター・ヒューは背が高いのですね。ポールとそれほど変わらないじゃないですか。でも外人でも190センチの壁みたいなのはあるのかしら。それにしても燕尾服が制服だなんて、さすがスーツ文化のお膝元イギリス。たまに不思議なタイをしていてもそれはお茶目気分なのかもしれません。ネクタイっつーのも変なアイテムですよね。日本の夏には適してない恐ろしいアイテムです。剣をイメージしてるんですよね。企業戦士。こう暑いと東南アジアっぽい制服(警察官もラフ)を着せてあげたくなりますなあ。日本は湿気も多いし、無理して西洋文化を練り込まなくてもとは思いますよね。岡っ引き時代(?)のように下半身から風がスースー入ってくるような、胸元からもスースー入ってくるような、お気楽着物が本当はジャポン戦士にはあっているのかもしれません。西洋とは気候が違いますものね。あとガタイも違う…。胸板が違うもの…。すーん。でも普通ジャポンサラリーマン背広も好みなのでありました。ヨレッとしているのもまたオツ。男子はおしゃれといってもアイテム的に限界があるのでやはり素で勝負ですかねえ。太るのだけはいただけません(自分を棚上げ)。
Posted at 2010.08.25 (13:40) by 管理人Jarvis (URL) | [編集]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。