スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファティ・アキン監督にもっと前から注目しておくべきだった!ドイツ映画『Soul Kitchen』

本日二度目の記事です。三度目の記事も次にアップしますね。

ダニエル・ブリュールの新作DVDが今月末にドイツで発売されるので、そろそろクリックする動作に入っていたのです。私の指がクリックするという動作。

どうせ郵送料がかかるのなら、他に欲しいものがあったら買っちまえ(やけっぱち)と、いろいろチェックしていたら面白そうな映画がこれまた新作DVDで。日本でも一度ドイツ映画祭のようなイベントにて、その時だけ公開された映画『Soul Kitchen』が目に止まりました。ここ最近ドイツ映画を探索していたので題名だけは何となく見かけていたのですが、DVD発売にあわせて興味が更に膨れあがりましたよ。まずは予告トレイラーを…。





Soul Kitchen (2009)ドイツ映画

監督:ファティ・アキン(Fatih Akin)

主演:アダム・ブースドゥーコス(Adam Bousdoukos)
共演:モーリッツ・ブライプトロイ(Moritz Bleibtreu)
共演:ビロル・ユーネル(Birol Ünel)

監督はトルコ系ドイツ人。日本でも彼の作品は人気があるようです。

『太陽に恋して (Im Juli)』2000年 ドイツ映画
『愛より強く(Gegen die Wand)』2004年ドイツ・トルコ合作
『そして、私たちは愛に帰る(Auf der anderen Seite)』2007年ドイツ・トルコ・イタリア合作

邦題がついているということは当然、DVDも日本版があるのでした。

大変才能がある監督らしく『愛より強く』ではベルリン国際映画祭金熊賞やヨーロッパ映画賞作品賞を受賞。2005年には異例の若さでカンヌ映画祭に審査員として招かれる。『そして、私たちは愛に帰る』ではカンヌで脚本賞、他の映画祭でもノミネート多数。

そして今回の『Soul Kitchen』に出演している主要三人の役者さんは彼の作品に頻繁に出演。特にビロル・ユーネルという人は、ほぼ常連。予告トレイラーだとコックの役をやっている中年の色っぽい渋いオヤジです。大変に色っぽい。早速調べてしまったもの。ビロルもトルコ系らしい。フランス映画にも出演している。『トランシルヴァニア』。それとドイツ映画『眠れる美女』にも出演。どちらも日本語版があるようだ。監督はそれぞれ違います。


96_20100819175429.jpg

95_20100819175429.jpg

94_20100819175429.jpg

93_20100819175429.jpg

ビロル・ユーネル(Birol Ünel)

ほらこれだもの。色気系のオヤジ。1961年8月18日生まれ ってことは…49歳になったばかり。全然OKだもの。むしろ色っぽくて素晴らしいのだもの。昔の私だったら迷わずのめりこんでいたタイプだな。今はさすがに手一杯になってきたのでチェックするだけ…といいつつ、はまったら申し訳ない。


『Soul Kitchen』の主演アダム・ブースドゥーコスさんはギリシャ系ドイツ人。ウィキによるとファティ・アキンの親友で彼の作品に多数出演。『Soul Kitchen』はアダムさんと監督の二人で脚本を書いたとのこと。それにしても名前はともかく名字が覚えられないよ!難しい。ギリシャ系の名前なのかしらね。ファティ・アキン監督もトルキッシュな名前で、日本発音になおすのは難しいとウィキに書かれてました。


92_20100819181840.jpg

ベネチア映画祭でのアダム・ブースドゥーコスさん(左)とモーリッツ・ブライプトロイ

二人とも濃いぜ!


91_20100819181840.jpg

そして真ん中に監督を挟んではしゃぐ三人。仲良しそうですなあ。この時はビロルさんは出席してなかったのかしら?

ちなみに予告の最初に出てくる金髪の大柄な役者さんはヴォータン・ヴィルケ・メーリング(Wotan Wilke Möhring)
とおっしゃいまして、『アナトミー2』でバーナビー・メッチュラートと共演してます。他の映画でもバーナビーと共演しているよ。なかなか存在感のある役者さんです。また『アナトミー2』の感想で御紹介します♪

でね…私はファティ・アキン監督の作品は知らなかったのです。日本で公開されたのも気付かなかった。もしかして日本公開されずにDVDだけ日本発売な作品もあるかもしれませんが、それでもカンヌなどで話題になっているのも気付きませんでしたわい。

で、何故、今回「むっはあああああ?」となっているか。

日本で知られてない(つまり日本字幕DVDは出ていない)ファティ・アキン監督の作品で『Solino』(2002)という作品があるのですが…。これはバーナビー・メッチュラートがモーリッツと二人でダブル主演なんですよ!!!!

というわけで、今日は三回に記事をわけるはめになりました。続きでバーナビー・メッチュラート主演の『Solino』の話題を…。


その記事はこちら→
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2010.08.20 (22:16) by () | [編集]
ファティ注目です!
> 利根さん、こんばんは

またお会いできて嬉しいでーす。書き込みありがとう♪ ファティ・アキン監督作品は意識して観てみようと思いました。とりあえずツタヤディスカスで来月借りてみます。まずは日本版であるものから。『Soul Kitchen』は予告だけでも楽しそうなのと、いつ日本版が出るかわからないのでとりあえず輸入してみますわい。コック役のビロル・ユーネルがかなり気になるので楽しみです。『愛より強く』だと主演のようですね♪ もっふっふ。

『クロッシング・ザ・ブリッジ ~サウンド・オブ・イスタンブール~』気になります!監督の情報を調べていたら利根さんがおっしゃられているこちらのドキュメンタリー映画の情報も出てきました。そして内容を知って仰天。アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのメンバーの一人が出演してた!!私はノイバウテンは特にはまらなかったのですが、学生時代好きな人が多かったのですよ。ノイズってやつですね。前衛。音楽種類。ドイツの若者音楽も昔は結構とんがっていい感じのグループが多かったと思います。今もクラブシーンなんかだとドイツ音楽がんばってる感じですなあ。映画観ていても音楽いい映画が多いですよね。ハリウッドのような華々しさはないけれど、じんわりくる良い感じの曲や不思議な旋律に巡り会えるなあと感じております。

『Solino』もとても良い音楽構成でサントラの中の曲に有名なイタリアのテノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロさんが歌っている曲があるのですが、それもとても素晴らしく映画を盛り上げているようです。後日、この件に関しては映画ブログの記事にしたいと思ってます。ファティ監督は音楽に重きを置く監督なのでしょうね。どの映画も音楽は重要なファクターなのではないかと。もちろん他の監督作品であってもそうでしょうけれど、音楽がココロに残らない映画もありますからね(良い悪いは別にして)。音楽がよくても内容がそれほどって場合もありますものね♪もほほ。もほほ。

私もドイツ映画祭は楽しみにしてました。そういうのをやっているのも今年知ったのです。利根さんのおっしゃる通り、今年はないようですね。公式サイトでもあっさり「来年やります!」って感じですよね。

ドイツ映画祭公式サイト→ http://www.germanfilmfest.jp/index.html

仕組みはよくわかりませんが資金難みたいなのかしらね。映画的にはコンスタントに作られていると思うし…。ぬーん。残念です。雰囲気だけでも味わいたかったのになあ。確か新宿のバルト9でやるのですよね。今年、ポール・ベタニー主演映画『レギオン』をバルト9で観たのですが、初めてバルト9行ったのですよ。音響が素晴らしかったです。新宿滅多に行かない街なので躊躇してたのですが、そこでしかやってなかった!私が行ける範囲で<『レギオン』 でも結果オーライ。お気に入りの映画館になりました。といっても、家からだと渋谷が近いのでついつい渋谷優先ですけどね。

というわけで、いろいろと素敵な情報を教えてくださってありがとうございます!!また是非気楽にいらしてくださいませ♪ 
Posted at 2010.08.21 (20:19) by 管理人Jarvis (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。