スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸の内ラプソディー(萌)

61_20100807092545.jpg


ドイツ映画(テレビドラマ)『Dicke Liebe (2008) 』から

昨日の行動メモ。

バーナビー・メッチュラートのカテゴリーにしたのは、お会いした方がバーナビーに興味を示して下さったからであります。ふんふんっ(興奮)♪ ふふふふふーんっ(大興奮)♪


ひよひよ。ひよひよ。

昨日は違うジャンルで仲良くして下さっている方と、半年ぶりにお会いできるスケジュールだったので朝から浮かれていたのであります。丸の内で遊んできました。

午前中は夕飯の支度を済ませたり、ブログに遊びにきてくださっている素敵な方がはまってらっしゃる海外ドラマ『ドクター・ハウス』を鑑賞したりしてました。私の友人も『ドクター・ハウス』最高ぉぉぉぉぉ!といつも叫んでいたので興味はあったのです。昨日DVD鑑賞した映画『ウォンテッド』に特典映像で一話だけ入ってたんですよ。吹き替え版だったぞ?原語も選べたのかな…。ドラマによって吹き替えバージョンか原語か迷いますよね。一番最初に観た印象をその後も引きずるものね。私は吹き替えOKな人なので、どちらでも構わないのです。海外ドラマに関しては。『プリズン・ブレイク』は完全に吹き替え版のファン。『デクスター』は原語。『CSIシリーズ』は吹き替え版。といった具合。映画はどちらも楽しみますよ。基本的には原語(字幕)で観るけど、吹き替え版も素晴らしいバージョンありますからね。どっちもOK楽しみます。

午前中はドイツからバーナビー関係のDVDとAudio Book が届いたので、Audio Book をチェックしながら作業をしてました。バーナビーの声きゅんきゅん。きゅんきゅん。かわいいボイスきゅんきゅん。

声に特徴があるのはアウグスト・ディール。同じドイツ人でも雰囲気全然違う。声だけだとより一層、俳優さんそれぞれの個性が際立ちます。声だけの演技で勝負なのですから。バーナビーはひたすら可愛い♪ アウグスト君はちゃきちゃきしてるの。ちゃきちゃきっていうか…何だろう。分析したらお知らせします。今、楽しみにしているのは、セバスチャン・ブロムベルグのAudio Book。いろいろあったのですが、評判が良くて日本語の本が出ているやつをチョイスしました。まだ届いてないからチェックしたら感想を。といっても、セバスチャン・ブロムベルグを気に懸けてるのは日本でも私一人だけのような気がしています。本当に誰もセバスチャンについて言及してないのだもの…。ドイツでは人気あるからいいのだもの…。すーんすんすん。ダニエル君も当然Audio Book は出しているので今度購入。もうじき新作DVDが出るのですよダニエル君。ってもちろんドイツだけの話…。すーん。それと一緒に注文する予定。

で、ツデーは個人店で購入した物品だったので、それぞれ特徴がありましたよ。普通の海外郵便はシールに私の住所と名前が印刷されてエアメールされるのだが、今日、到着した一つは手書きの住所だった。味わいがあります。殴り書き的な味わいが。そして数字の書き方にクセがあった。日本人とは違う。こういう数字の書き方は外人独自の数字だよな!という数字だった。クセ爆発。

もう一つの品物は切手がキュートだったよ。切手で荷物が到着したのも初めて。普通、郵便局でスタンプ料金(?)が普通で、切手郵便は滅多に見かけないもの。海外通販で切手もらったの初めてかも。味わいがありました。個人商店とのやり取りだとこういう味わいがあるのだなあ。ドイツの店にあった品物が我が家に届く不思議。

一つは先に述べたようにAudio Book だったのですが、もう一つはドイツホラー映画。バーナビー君が出ているのね。ドイツの学園ホラーもの。ネタの予感がぷんぷんします。しかもスペシャルボックス(?)で「1」と「2」のセット販売!!バーナビー君は「2」にしか出てないのだけれども。「1」もついてきたよ。ある意味、『アナトミー』的な状態です。でも、『アナトミー』よりホラー臭がぷんぷんします。これもテレビ映画。劇場公開じゃなくてテレビ用。若い頃はホラー映画でる役者さん多いよね。ギャラも安くて使いやすいのであろう。

でも評価は割と高い。期待大。ドイツオリジナル題名は『Das Mädcheninternat - Deine Schreie wird niemand hören 』です。英語題名だと『Dead Island: Schools Out 2』になっておる。

ひよひよ。

まだ出かけるまでに時間があったので、ツイッターのアイコンを変更したりしてました。バーナビー(おでこちゅっ♪)と迷ったけれど今はアウグストアイコンです。アウグストもおでこチュッ♪むほほほ。むほほほほ。私はバナー作りがとても好きなのですが、ブログだとバナーは関係ないので、それは少し寂しい。サイトだとバナーを作るけれどブログは作っても仕方ありませんからのう。ちゅっ。

お会いできた方とは映画や俳優さん、二次元、2.5次元の話も沢山できたので充実時間を過ごせました。『アナトミー』関連に意欲を示して下さって嬉しいであります。はふはふっはふはふっ。英語を理解し喋れる方なので『キラー・ネット』の発音話も勉強になりました。米語発音のペーパータオルも華麗に披露してくださって「わ、それ本当にアメリカ英語ですね!」と、全く英語が駄目な私にもわかりましたよ。感動。既に私より深くポール・ベタニーを愛していらっしゃる方なのでポールきゅんきゅん素敵話もできました。ポルトガル語やイタリア語、ラテン語系のお話もためになりました。ああ、私もイタリア語を操ってみたいものだ。

アウグストのお話もできたし、私はバーナビーバーナビーと念仏のように唱えていたので思いが伝わったのかバーナビーに興味を持って下さったようだ。ふふふふふ。ふふふふふふ。ちゅっ。ちゅぱぱっ。ちゅぱぱっ。

何たってバーナビーは『アナトミー2』でブリーフ祭の主催者ですからね。という殺し文句。本当にそうなのだもの…。

ポールやアウグストは私が啓蒙活動をしなくても(するけれども)、ガール達はフリーダムに好きになってくれそうなタイプですが、バーナビーやセバスチャンは難しいものがありそうなのでありました。特にセバスチャンは…。でもセバスチャンはハニカミ笑いが可愛いタイプであるのです。気付いてしまったのです。笑顔が蕩けそうな人に私は弱い傾向が!

笑顔美人はとにかくバーナビー。笑い顔最高。脳味噌を濾し器で濾される勢いの蕩け笑顔…。

演技が安定して落ち着いているのはダニエル・ブリュールなんですけどね。アウグストは観ていてハラハラする。常に緊張感を刺激として与えてくれる感じ。ハラハラするって演技が不安定なのではなく、基本的に精神的とんがったナイフっぽい演技。けれど、ソフトな雰囲気で尖ったナイフをくるんでるの。ふわふわつんつんふわつんつんしている不思議な役者さんだ。それが魅力でありましょう。

ポール・ベタニーはスタイルから演技から全て格好良い。可愛くて格好良い。クールで格好良い。格好いいっていうワードはポールにぴったり当てはまる。本当に格好良いのだもの。断トツの格好良さ。お洒落っていうのも素晴らしいね。

でもダサイのも好きな私。どっちも好きだ。仕方ない。男子友達でもダサクて素敵な人もいるし、女子よりおしゃれだけど素敵な人もいるからね。

しかしポール・ベタニーは格好良いなあ…。何億回でも絶賛するよ。何兆回でも絶賛する。うっとりちゅっちゅ。

さて、今日は何日か前にお伝えしておいたアウグスト・ディールダニエル・ブリュールが共演している新作映画のPhoto Call 風景を御紹介できればいいなと。

ではとりあえずチュース!
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

面白いタイトルですねぇ
ハウス見ていただけたようでとっても嬉しいです。チェイス(金髪サラサラヘアの子)もウィルソン(ハウスの親友)もなかなかよかったでしょ?e-51

Jarvisさんが興味を示していらっしゃる学園ホラーもののタイトル、面白いですね。
『Das Mädcheninternat - Deine Schreie wird niemand hören 』
って、多分、
『女子学生寮-お前の悲鳴は誰にも届かない』
って意味だと思います(直訳すると「お前の悲鳴は誰にも聞かれない」)ベタっちゃベタですけどね。

シャワー浴びてるポールの画像素敵ですね。わたしはAmazon.co.ukからポール@禿げ上がったダーウィンのDVDを購入したのですが未見です。色々みたい映画&ドラマが多くて大変! ファスベンダーさん作品も見たままで、ブログで紹介記事を書く暇がなかったり。

好きな俳優さんが多いと、楽しいですけど時間が足りませんよねえ。
Posted at 2010.08.07 (12:02) by (URL) | [編集]
13日の金曜日&サスペリア風味の予感…
>鱗さん、こんばんは。

ドイツ語訳ありがとうございます!!感謝感激!DVDを鑑賞して感想記事をアップする時に、その日本語を使用させてくださいませ♪

修道女みたいな人も出てくるようなのですよ。若者ホラー。楽しみです。『クリエーション』良さそうですよね。私も購入したはいいがまだ未見。チェックのために見ただけです。ポールが赤ちゃんをあやしていて、異常なキュートっぷりでした。鼻血ぶばぶば。奥さんとの共演は楽しかったようなのでまたいつか一緒に仕事するかもですね。

そうそう、どんどん未読未見のものがたまっていく日々であります…。贅沢な悩みでありますよのう。

『ドクターハウス』も機会を狙って続きを見てみようと思います。人間関係が一話だけだと把握できませんでした。おほほ。
Posted at 2010.08.07 (22:49) by 管理人Jarvis (URL) | [編集]
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。