スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヨコっぷりが可愛すぎるバーナビー・メッチュラート

日々煩悩。ぼよーん。

『クラバート』の感想をほぼ書き終えて『グッバイ、レーニン』の感想も書いてしまおうと思いを巡らせた瞬間、何故か『アナトミー2』という映画をDVDで観てしまったのです。アウグスト・ディールがスペシャルゲスト的に出演するというので、楽しみにしていた映画でもあります。こういったB級サスペンスヘナチョコ映画は大好きだ。その前に一作目の『アナトミー』も鑑賞済み。映画的な評価は一作目の『アナトミー』に軍配があがるようですが(でも『アナトミー』も完全B級映画なのである)、私は『アナトミー2』気に入りましたよ。妙な躍動感というかヘンテコなノリがたまらなかった。もちろんアウグストが出ているので評価が甘くなるのかもしれませんが…実は主役の男の子にあっという間に一目惚れ。すごく可愛かった…。何このきゅむりーんとした可愛さ…。

思わず二度続けて観てしまったという…。映画の感想は後日、一作目の『アナトミー』とともに…。

では御紹介でございます。

バーナビー・メッチュラート(Barnaby Metschurat)

1974年 9月22日生まれ ドイツ 西ベルリン出身



100.jpg

可愛い……。ヒヨコみたい…。髪型にまずやられた。私の普段の好みよりも、クセが強すぎる人なのですが(クセ毛という意味で。顔の造形はソフトですからね。顔の造形はとっても好み)、『アナトミー2』での彼はヒヨコだった…。先日、お伝えしたアウグスト・ディールの後ろ斜めからのボサボサヘアーに続く萌髪型であります。

それにおでこなのだもの…。最近、おでこちゃんが好きなのかなあ。基本的にはおでこ系はそれほどでもないと思ってたのに。アウグストもおでこ…。ポールもおでこ系ですよね。ダニエル君は違うかな。ダニエルはおでこじゃない。私がはまってる二次元キャラもおでこ気味…。

そういえばデビヒューもおでこだったな…。ビル・マーレーもおでこ…。しかし、基本パーツとしてはそれほどおでこフェチではない。むしろ、おでこじゃないのが好きなはずなのに!!

バーナビーは目が優しいの。目が蕩けてるの。優しいキュートボーイなのね。

でも御本人は意外とヤンチャさんなのか、18歳の時に既に子持ち!女の子のお子さん。

「僕、コンドームなんてしないよ…。すればよかったのかもしれないけどさ…。気持ちよくて…つい…。だってとめるなんて無理だよ!」

なんつって言い訳してそうなのが萌える!外人だって男の子は成長が遅いのだもの。18歳なんてまだ分別ないもの。性欲に負けたのだもの。きゅーん。

結婚はしなかったっぽいですが、子供を産んだ女性とは今でもいい関係とのトリビアが。

っていうかIMDbに載ってるトリビアがそれだけ。久しぶりにきた情報極小系。バーナビーに比べればアウグスト、ダニエルは話題が豊富なのであったよ。ポールはもっと豊富。きっとブラピやジョニー・デップは更に豊富なのだろうなあ。情報極細系は試練の道。

ちなみに1月1日、正月生まれと目にした途端に「あ、流川と同じじゃん?」と思ったそこのあなた!OKスラムダンク大ファンですよね。私もそうなので心配なく!!ノープロブレム!1月1日生まれと見たり聞いたりすると「流川と同じだ…」という反応しかできなくなる症候群。それがスラムダンクファン症候群です。問題ありません。正常な範囲内です。

*訂正です↑ 誕生日が間違っていたようです。正式な誕生日は9月22日のようです。この記事をアップした次の日に発覚したのでした。

→こちらの記事で更にプロフィールを強化済

バーナビーは基本、テレビ出演が多いみたいで、テレビにはたくさん出てる。メインの役で出ているからそれなりに売れている人のようです。プライベート写真が殆どないのには、くじけそうになる。テレビドラマ→DVD化は、よっぽどじゃないとないので、茨の道のりを感じる。それでもDVD化されている映画はチェックしました。まだ観てませんけど、注文中です。

ドイツ関係をウロウロしてた時、まだバーナビー君を知らない時点で眺めていた、気になる写真があったのです。実は、その写真にとある人物が載っていて「あれ?この人…もしかして先日観た☆☆☆☆…で◎◎◎の相手役やってた人?」と気になってたのね。で、調べたらその人は案の定そうだったの。クセがある顔した人なのでね。で、その映画のもう一人の主役がバーナビー君だった!

☆彡 ディスティニー(運命)☆彡

ちなみに私はディスティニーガンダムOKですよ。キラ・ヤマト最強!ダブルオーの方が好きだけど。ガンダムユニコーンは最高だよね。早く二巻目のブルーレイを出して欲しいざます。私、一話目で泣いてたもん(実話)<『ガンダム・ユニコーン』

話がズレました。ズレたついでに語る。ファーストガンダム実写版(何て恐ろしいの…)が実現する場合はドイツ俳優をたくさん出してください。軍人だからジオン軍系で。ジオン軍はどう考えてもドイツ系だろう!シャアはイギリス人がやってもいい。アムロはスペイン人で。アムロって南米かスペインだよね。そう思ってた。そういう配役だったら、見に行くよ、あたい!あたい、見に行くよ!

バーナビー君、他の映画に出ているスチールを見ると、髪型がM字おでこなんですよ。ぐいっと剃りがあるタイプ。私、M字剃りは苦手なはず。バーナビー君は自然にそういう生え際みたいなのですが、下手すると、リーゼント系のチンピラ髪型ですよね。実際、バーナビー君は若い役だと、シド・ヴィシャスっぽいの。パンクの権化。ゲイリー・オールドマンで映画化もされた、伝説のパンク人物。シド・ヴィシャス。21歳で亡くなった人ね。パンクらしく薬物中毒で死亡したんじゃなかったか?私はセックス・ピストルズだとジョニー・ロットンが好きなのだけど、シドは確かに格好Eよね。ゲイリーが出演してシドを演じた映画は『シド&ナンシー』

あの系列の髪型なんですよ。クセ毛と生え際のせいだと思うのだけど、シド・ヴィシャスっぽい。サラサラヘアーとは違う。私は自分がクセ毛のせいか、違う遺伝子を求め、サラサラヘアーの直毛系男性が好きなのですが、たまにクセ毛もありかなと思う。たまにですよ(ぎらつく)。ダニエル君ぐらい緩いクセ毛は普通にたくさんいると思うのだけど、バーナビー君は、そう…更に極小情報の俳優、クリスチャン・カマルゴ的な髪型です。

ちょーっとだけ、バーナビーはカマルゴに似てるの…。映画によってだけど。バーナビー君は目が柔らかい。カマルゴは変な目つき!(でも好き…) バーナビーはとろとろと柔らかい…。たまらん!!

さて、今回は『アナトミー2』からのキャプチャーですが、バーナビー君も、<外人は加齢を重ねるとスキンヘッズ気味の髪型をデフォルトにする>のセオリー通り…、最近のバーナビーは、完璧スキンヘッドじゃないが、剃ってる髪型。ポール・ベタニーでいうと、映画『レギオン』の髪型です。

何故、海外俳優は加齢を重ねると頭を剃るのだろうか…。

バーナビーはアウグスト以上に細身だから、髪を剃ると、本当に細くなってしまう。十年間で撮った映画のスチールをそれぞれ見ていると、体重の増減はちっとも感じさせないから、完璧やせ形の人だ。それは安心なのだけれど。

すんすん……。くるくるしててもいいから髪をもうちょっと伸ばしてほしいなー。くるくる。ひよひよ。くるくる。ひよひよ。

ひよこ!

『アナトミー2』のバーナビー君はとにかく、若鶏なの。ヒヨコが「僕、がんばっていいお医者さんになるよ♪」って健気に道を踏み外しそうになる素敵なストーリー★彡

99_20100716104146.jpg

ポヤーヤヤヤーンとした表情のバーナビー。すごいポヤポヤしすぎ!!変態教授につけこまれるはず。ぽやぽやしてるのだもの…。みんなにいい子いい子されてしまうのだもの…。後頭部のもしゃもしゃ髪がたまりません。おでこも絶妙…。鼻血ブーブーブーブー。


96_20100716104146.jpg

おでこっぷり。でもアウグスト君のおでことは違うおでこ…。唇も可愛い。顔が小さいのですバーナビー君。伏せ気味の目も素敵だ。


95_20100716104440.jpg

↑この写真はクリックすると大

ほら、この表情…蕩けてるよ!微笑みが超絶素晴らしいのですバーナビー。優しさで満ちあふれている。思わず好きになっちゃうもの!!髪型のもしゃもしゃもヒヨヒヨっヒヨヒヨっ。

それに彼は睫毛美人なのです。ものすごく睫毛が長い。かっきりした二重だけど、少し奥二重(ともいえないか、完全に二重なのはわかるから…)のせいか、目を開けてると分かりづらいのですが、目を伏せた彼を見ると、睫毛の長さに驚愕する。一つ前の写真での彼も大きい写真で見ると睫毛スススススッと長いのであった。外人さんは、睫毛長い人は男性でもたくさんいますものね。ポールも長い。ただ、ポールは金髪のために、睫毛や、眉毛がじっくり近くで見ないと、わからないんですよね。ポールの睫毛も長いですよ!(ふんふんふんっ)

バーナビー君はダークブラウン系なので、くっきり見えやすいのでありました。

それでもこの系列のタイプにはそんなにはまった経験ないので、新鮮な驚きなのですが、楽しくはまっていきたいと所信表明。

『アナトミー2』では短い時間とはいえ、アウグスト・ディールも出演してるのね。彼が画面に出ると心臓が高鳴るのです。アウグストはやはり気品があって知的なイメージ。ヤンチャっぽさはない。瞬間的な出演にも関わらず異彩を放っていた!さすがの素敵っぷり☆。バーナビー君は庶民的なヤンチャだもの。これまた魅力☆(水曜どうでしょう…大泉洋風)

あと、一つ、バーナビー君はポール、アウグスト、ダニエルと違う系統だというのがわかりました。実は、ポール、アウグスト、ダニエルについてある共通項で記事を一つ書こうとしてたのですね。実は私にとってその共通項は、今までは私がそれほどは響かなかった共通項なのです。「あら、この三人…私がそれほど××しなかった作品に出ている傾向が…」といった共通項。バーナビー君は全ての作品をチェックはしてないので、わかりませんが、基本的にその共通項に当てはまらなかった!

でも好き☆☆☆

また一人好きな人が増えて嬉しいなあ。

『アナトミー2』を観た人は少ないかもしれないけれど、この映画を観た人は、もしかしたらいるかもしれない。

それが『スパニッシュ・アパートメント』。この映画にバーナビー君はドイツ代表として出ていたのであった。様々な人種が集まるアパートの話で、それなりにヒットした記憶があります。しかも、私は『グッバイ、レーニン』の時と同じで、誰かに誘われて観に行った記憶があるのね。でもこれも、誘われたけど、時間があわなくて、結局私は観なかったんじゃないかな。でも映画全体の雰囲気や話は覚えているのであった。話といってもあらすじ程度にしか覚えてないので、観てないのでしょうなあ。バーナビーのビジュアルは覚えてないもの!これっぽっちも。観てないんだな…。

スパニッシュ・アパートメント』(L'Auberge Espagnole)は2002年の作品。フランスとスペイン製作。七カ国から集まった住人が同じアパートに…という話です。この映画、アメリで主役をやったオドレイ・トトゥも中心人物で出演してた。アメリはこれより前の作品です。オドレイ・トトゥってアメリの写真は印象的だけど(私はアメリ未見)、基本的には地味な知的美人だよね。ポールがシラス役をやった『ダ・ヴィンチ・コード』でヒロイン役をやってたけど、観終わっても気付かなかったもの。アメリの人だと気付かなかった…。もちろん顔はキュートで、すごく可愛いけど、ゴージャス系ではないよね。そうかオドレイ・トトゥが出ていたのか…。

というわけで、もちろんこれから観る予定です。『スパニッシュ・アパートメント』は続編もあって『ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2』にも全員出演。でも、主軸になる人はたっぷり出てるけど、バーナビーはどうも顔見せ程度にしか出てないようです。前作の七人全員は出るけれど、顔見せ程度の人もいるっぽいね。すんすん…。

あ、でもこの監督って『猫が行方不明』の監督なんだね。セドリック・クラピッシュ監督。『猫が~』も観た記憶はあるけど全然忘れてます。

どちらにしろ、『スパニッシュ・アパートメント』は評判よかったし、ガーリー的な雰囲気もあって観た人は『アナトミー2』より多いであろう…。『スパニッシュ~』のバーナビー君も可愛いよ!スチール写真しかまだチェックしてないけど。動いたバーナビーを観るのは巨大に楽しみです♪


ドイツまっしぐら。猫夢中。

というわけで、また一人応援する人が増えましたが、どうかよろしく♪


あ、表記は迷ったのですが メッチュラート なのか メッチェラートなのか…。チュ♪ なのか チェ♪なのか…。一応、アマゾンなどで記されている表記にしましたが、発音的にはどっちが的確なのでしょうね。ネットでも両方の表記を見かけるので迷う。

一応、バーナビー・メッチェラート(エ)にしますが、人気が出て(いつ出るの?すんすん…)表記が安定したら、バーナビー・メッチュラート(ユ)にするかもしれません。

検索するとここで採用したメッチェラート(エ)の方がより多くヒットするので、基本的にはメッチェラート(エ)でいいのかなとは思ってます。でも本人が

「僕はメッチュ…だよ!チュ!チュ!」

と言い放ったら素直に従います。チュ♪

*訂正追記 '11 01/08 いつも素敵な知識と情報を与えて下さっている鱗さんがバーナビーの正しい発音を導き出してくださいました。
今後は バーナビー・メッチュラートで統一していきたいと思います。記事全てをその表記に変換するのは多少時間がかかりますけれど、チュ♪ これからはよろしくです。 
― 追記ここまで
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。