スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・ベタニー主演『ウィンブルドン』から洒落たタイトルシークエンスを御紹介

『ウィンブルドン(Wimbledon)』 2004年 イギリス映画

wb887.jpg

クリックすると大きくなります↑

キルスティン・ダンストとポール・ベタニー主演のラブコメスポーツ映画『ウィンブルドン』をDVDで鑑賞しました。感想はまた後日するとして(鼻血ドバドバァッ)、今日はオープニングシークエンスの話題です。

このDVDは手に入れてから、しばらく最初のメニュー画面は何度か見ていたのですよ。特典映像や、本編へ…などを選択するメニュー画面をボーッと、つけっぱなしにしていたりはしたのでした。何故ならそこに流れている曲がよかったから。こういう曲、好きなんです。むっはー。

で、いよいよ本編を再生してみたのですが、最初のタイトルクレジット、映画の導入部分に、その気に入っている曲が使われてました。タイトルシークエンスがとっても洒落ていてよかったのです。センスあるな…と。

テニスボールの打つ音にあわせて、出演者の名前がぴこぴこっと出てきたり、ウィンブルドンの観客達が、これまた打つ音にあわせて首を左右に振ったりね。

wb891.jpg

ポール・ベタニー

wb889.jpg

サム・ニール!

wb890.jpg

ジェームズ・マカヴォイ!

で、観終わった後に、特典でコメンタリーがついてたので、最初の方だけ、チェックしていたら(後日、全部チェックします)、嬉しいことに、監督(リチャード・ロンクレイン)とポール・ベタニー、二人のコメンタリーだったのです!イヤッホーィ!

その喜びはまた後日お伝えするとして、そのコメンタリーで早速、タイトルシークエンスについて語ってました。


監督「最初はタイトルシークエンスは入れない予定だった」

「でも映画を最終的に固定する五日前に、やっぱりシークエンスを入れようと提案したんだ」

「最終的に、天才カイル・クーパー(Kyle Cooper)が…そう、映画『セブン』の超有名なタイトルシークエンスを手がけた彼が、このシンプルな案を出してくれてタイトルを発展させたんだ」



出ましたカイル・クーパー。ソウル・バスの再来と言われてる人ですね。私も最初、映画『セブン』を目にした時は、「ああ、ソウル・バスっぽい人が若手で出てきたのだな」と感じましたから。カイル・クーパー自身はウィキによると、スティーブン・フランクフルトによる『アラバマ物語』(1962)を見てからこの道を目指したようですけどね。

ソウル・バスについては以前、ソウル・バス風にもしスタ-・ウォーズのタイトルシークエンスを作ったら…という記事で御紹介させていただきました。興味がありましたらどうぞ→ ソール・バス(Saul Bass)

というわけで、何げないタイトルクレジットでも「あれ?何だかいいな…」と感じたらカイル・クーパーでしたのだなあ…という喜びです。タイトルデザイナーが作り出す映画の世界がセンスあると本編の映画を更に際だたせますからね。重要な導入部分です。

違うデザイナーさんですが、印象に残るクレジットだと『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のエンドクレジットが秀逸だったと思います。タイトル・デザイナーでスタッフの名前を探したらPru Bryant-Fennさんの名前があったのですが、エンドタイトルもこの人なのかは、わかりませんでした。あのエンドクレジットよかったなあ。あそこだけ何度も見なおしたりしてますもの。ほら、地図のエンディングです。誰がどこを歩いているかわかる地図。足跡が地図の上に示し出されるやつですよ♪

さて、『ウィンブルドン』のタイトルシークエンスをユーなチューブで見つけたので、是非、ご堪能ください。この音楽いいなー。サントラ欲しいもの。





この映画も『キラー・ネット』的にいろいろと興味深いイギリス生活を垣間見られました。早速、キャプチャー作業に入って「ふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉ」となってます。映画そのものも面白かった。監督は『ファイアーウォール』と同じ監督なのですが、ラブコメの方が監督の手腕が発揮されているような気がしますね。まあ、そのあたりもゆっくり♪これからどんどんどんどん深く突入していくぞぉ?(どうでしょう風)

ではでは。
関連記事

Leave a comment

Private :

Comments

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。