スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・ベタニー主演映画 "Blood" のDVDがAmazonUK から到着しました!

545.jpg



先日、久しぶりに海外Amazonを覗いておりましたの。ユーロ高くなったよな……と目を虚ろにさせながら覗いていたのですが、同じDVDでもドイツで買うと高いがイギリスだと安い(逆もあります)などよくあること。なのでアメリカ、英国、フランス、ドイツは一巡りしていろいろ吟味するのですが、郵送料も何だか国格差が発動することありますよね。

というわけで、今回はAmazonイギリスで思ったより安く買えたのです。

ポール・ベタニー新作が! アウグストさん出演作品も!

到着したDVD


985_20130626205632.jpg


今回御紹介するポールの "Blood" 、アウグストさん主演の"Wer wenn nicht wir"の英語版"If Not Us, Who?"、アウグストさん出演の "Confession of a Child of the Century " の3本を購入しました。アウグストさん主演映画"Wer wenn nicht wir"は何度かブログでもお伝えしましたが(ドイツ版は既に入手済)、英語版が出てるのは珍しいなーと思って買ってみたの(お安かったし……)。ドイツ映画はドイツだけで完結してる場合も多いですからなあ。もちろん日本版が出ればそれが一番嬉しいのだけれども……。

で、今回はポール・ベタニーの"Blood"を御紹介。これ、もう既にDVDになってたなんて!!

Blood
イギリス映画 2012年
監督:Nick Murphy
出演者:ポール・ベタニー、マーク・ストロング、ブライアン・コックス、スティーヴン・グレアム

全員イギリス俳優さんですなあ。スティーヴン・グレアムさんは『インクハート』にも出ていたのか!


もちろん今回も完全に視聴はしてないです。海外から到着したDVD状態を確かめる為にざっとチェックしただけです。ミステリー仕立てっぽいので、最後までは鑑賞しておりませぬ。

トップの写真で御紹介したのは、DVDのトップメニューをキャプチャーしました。上の部分は映像が流れるようになってるので、キャプチャーする場所によって画面が変わる感じです。ほら、上で御紹介したのと↓で御紹介したのは上の部分が違うざましょ?

546.jpg


このトップメニューに行く場面のポールがすごくカッコ良いんですよ。最初、横方向に歩いているのだけれど、文字方向に向かって最後は歩いて行くのよね。多分、映画のシーンを上手に使っているのだと思うわ。入手した方は是非チェックしてね。


535_20130626205940.jpg

歩いているポールが……


534_20130626205957.jpg

沼(?)の地平線に向かっていき……


533_20130626210017.jpg

そしてBLOODの字が地面から浮き上がってくる……

ポールのいつもの歩き癖が観られて嬉しいです。少し傾いてるのよね。

英語版なのですが英語字幕はナッシングでした。。← 間違えました。英語字幕出ます。

すごく面白そうなのと、ポールが果てしなくカッコ良いです。確かに、昔の若い頃と比べたら加齢は感じるの。それは人間、生きている限り、歳は重ねていくのだから仕方ないのよ。老いは生きている限り誰にでも訪れる。クレオパトラにだって楊貴妃にだって訪れたのだから。

老けたなー(ネガティブな意味ではなく)と、思う表情や体型も垣間見られるのだけれど、それでもやっぱり、もんのすごーくカッコ良いのです。髪型もフェミニンクールで最高です。

イギリスの暗い感じがまた風景的にいい感じの映画ぽいですよー。日本版出て欲しい~。

少しだけキャプチャーしてみました。

『ギャングスター・ナンバー1』でポールは怪優マルコム・マクダウェルの若き頃を演じましたよね。皆さんご存じの通りです。マルコムとポールが似てると感じたことはあの作品を観ている時も、今でもそう思ったことはないのですけれど、今回、このキャプチャーをして「ああ、何となく確かにニュアンスは似てたのかも」と初めて感じましたよ。二人の共通はイギリス人ってだけですからね。イギリス人が全員同じ顔とは限らないけれど、やはりイギリス人気質というか根っこのところは何か繋がりがあるんでしょうなあ。


544.jpg

↑この顔をそう感じたの。もちろんクリソツじゃないですよ。ないのですが、何となくね。ポールが加齢してマルコムの歳に近づいてきたせいかもしれない。


543.jpg

こういうポールいいですよね。レギオンやらプリーストやらのヘンテコアクション映画はひとまずしばらくお休みして、こういう作品にいっぱいでて欲しいなあ。左は共演者のマーク・ストロングさん。ロバート・ダウニー・Jr主演映画『シャーロック・ホームズ』でシャーロックの敵役をやってた方よ。私、この映画でマークさんを拝見した時に、私が過去に好きだったアンディ・ガルシアと勘違いしてぬか喜びしてたのであった……。マークさんはかなり良い作品に沢山御出演してるよねー。『キック・アス』にも出てたものね。その時はアンディ・ガルシアには全然間違えなかったのだが……。


542.jpg

ポールの十八番。煙草シーン。私生活のポールは禁煙してるけれど、こういう映画では偽タバコじゃなくて本物を吸ってるのかしらね。相変わらず煙草が似合うのよー。


541.jpg

これは容疑者(?)の家で「言ってやる課」を発動させてるポール。『ギャングスター・ナンバー1』でも、裏切り者っぽい人をキッチンで追い詰めてるポールいたじゃないですか。それを彷彿とさせたわ!!


540.jpg

言ってやる課を発動させすぎた為、相棒(というか兄弟?)になじられて涙目になってるポール。『キラー・ネット』の涙目ポールを彷彿とさせて、脳味噌が沸騰しそうになりました!!ここのポール表情最高ですぅぅぅぅぅぅぅ。

と、さらっとキャプチャーです。

字幕があっても、ちんぷんかんぷんかもしれませんが、時間を作って最後まで鑑賞してみたいと思ってます。


それにしても、今回、購入したDVD。セルDVDなのに、レンタルビデヲのように、強制的に新作予告を観させられるので「うへえ」となりました。特にこの"Blood"の予告強制っぷりには参りましたよ。新作予告はタイトル画面で選んで観られるようにして欲しい。レンタルなら仕方ないとは思うけど、セルDVDでこれやられると「うおおおおおおおおおおお!?」となります。それがまた、気楽な予告トレイラーじゃなくって、かなり本編見せまくりの長い予告なんですよ。どれもこれも、都市を上からみた映像から始まる映画なのよ。どういうことなのよ全く。一応、予告は早回しはできるし、次の予告にスキップすることはできるのですが、タイトルボタン押してもスッとタイトルには行かない仕様なのであった。



先日、御紹介したのとまた違うトレイラーを貼っておきますね。このトレイラーは何となく全体像がわかる感じですよね。私が今回キャプチャーしたシーンも入ってますのう。





アウグストさんの"Wer wenn nicht wir"は何度か記事にしているので、今回は記事にしませんが、"Confession of a Child of the Century "は何枚かキャプチャーしたので近いうちに記事でアップしますねー。すごくダサイ映画っぽくって震えます……。何がダサイ感じを醸し出しているのか少し分析したくなるような雰囲気がぷんぷんです(ジョジョ風)。ヘンテコっぽいです。いい感じです。


ではでは、たまにしか最近は登場しませんが、ゆっくりと遊びにいらしてくださいませ♪
スポンサーサイト

近況とお返事です!

560_20130605105150.jpg


すーっかりお返事が遅れて本当にごめんなさい。拍手からメッセージをいただいた方にお返事&近況です。記事に直接コメントをつけて下さった方にはその記事のコメントにお返事してますのでチェックしてみてくださいねー。ちなみに記事に直接コメントを下さったほうが今のところ返事が若干早くできる感じでーす。あくまでも若干です(ぎらり)。のんびりすぎてすみません。


まずは近況。映画は全然見られてないのですが、『マイティ・ソー』(Thor)はDVD鑑賞しました。当然ながらロキ役のトム・ヒドルストンさんに目が釘付けになったのですが、画像チェックなどをした結果「トムさんに関してはロキ役にとりあえず惚れただけで、まだトムさん自身にゾッコンじゃないかも」といったキャラ萌え段階です。ロキ以外のトムさんにはそんなにピンときてないのでした。もちろん好きなタイプなんですけどね!(きらーん)

話も単純ですごく良かったでーす。<『マイティ・ソー』 ざっくりとした場面切り替えがグーでした。

海外ドラマ自分ブームもとりあえず今は休止中。『メンタリスト』のDVDセカンドシーズンを買う予定なんですが、手元にあるとどーしても観たくなっちゃいそうなので買い控えてます。もちろん買いますよ!かなり好きなドラマ~♪

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』もシーズン1の一話目から観てみたのですが、何だかまだ気分が乗り切れてないのか、視聴中に寝てしまうといった体たらく。設定は好きなはずなんですけどね。ホッチを演じているトーマス・ギブソンさんなどはコメディドラマ『ダーマ&グレッグ』してた時など、結構好みだったんだけど、今は脳の股間が反応しないんですよー。もちろんいい男なんですけどね♪ 私の現在の好みとズレたのかなー。

今気分だとDr.スペンサー・リードを演じているマシュー・グレイ・ギュブラー君に目が釘付けになりそうなんですが、そこまではまた至らず。でも彼が一番このドラマの中ではタイプかも~♪

映画で興味があるのは(映画館には多分行かないがDVDになったら観たい)、今回、写真アップした『アンチヴァイラル』(原題:Antiviral)ですかね。好きな監督の一人デビッド・クローネンバーグの息子であるブランドン・クローネンバーグ監督作品。

作品そのものは、トレイラーをチェックすると「ああ、お父さんっぽいな」といった感じなんですが、監督の手腕に興味があるというよりは、主演をやっているケイレブ・ランドリー・ジョーンズ君に一目惚れしそうで危険です。彼、『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』でミュータントをやった子ということに調べて気付いたのですが、これっぽっちも覚えてない……。私、この映画は感想書いたけれど、彼については二行ほどだけ紹介してました。写真なしで……。どういうことなのかしら。青田刈り失敗!!

まだチャンスは取り戻せます。



561.jpg

こういう雰囲気の人大好きだわ。アウグストさんにウィレム・ディフォーさんを足して誰かを割って引いてかけた……そして薄くした感じよね……。薄いの大事です(常に重要です)。


549.jpg

この目付き……ファービュラス☆冷たくて素敵。


548.jpg

日本公開にあわせて、監督と来日してたらしく、来日した時の写真が。この時点で彼の大ファンだった人はチャンスだったのでは? 成田襲撃などファンの方はできますものねー。ラスト青田買いの季節だったかもしれません。次に来日してくれる時はもっとビッグスター☆になっていて近づけないかもしれないもの……。

お父さんのクロネン監督はいい男で、監督そのもののビジュアルも好きなんですけど、息子のブランドン監督はどーかしらね。私の股間は動きません。


547.jpg

彼も煙草を吸うタイプねー。俳優さんは意外と喫煙者多いですよね。

というわけで、何となく気になるチェックはしている俳優さん筆頭は彼なのだけれど、まだ若い。ってことは、骨格なども変化しちゃうかもしれないから手出しは早いかもしれない。だが、今、注目しておいて若い青葉の状態をライブで楽しむというのはアリですよね。っていうかそうしないと、外人男優さんは三十歳越えると急に雰囲気変わる人多いですものね!変わらない人もいるけど!いいい方向に変わればいいけれど、「ん……?」といった疑問符付きの変化もありですものな。ケイレブ・ランドリー・ジョーンズさんはまだ23歳。30になるにもまだ時間あるもの!いまのうちだもの!(光陰矢のごとし)

アンチヴァイラルの予告トレイラー置いておきます。その後にお返事コーナー続きます。




拍手からメッセージをしてくださった方へ。お返事はこちら↓

Continue Reading

関連記事
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05 07
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。