スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユメノ銀河

ユメノ銀河 1997 / 日本





石井聰亙(いしいそうご)監督作品。原作は夢野久作だ。「少女地獄/殺人リレー」が原作。この原作は夢野作品の中でも読みやすく私も好きな短編だ。結末は映画と違うが映画は思ったより原作の雰囲気をまさに夢で描くかのように表していたと思う。行ってみたい懐古趣味の大正ロマン派の世界を描いていた。それもこれも主演のオナゴをやった小嶺麗奈のモケとした美少女顔がこの昔時代のバスガイドに似合っていたのであるよ。バスなんかの描き方もよかったなあ。私は石井監督の映画はそんなに肌合いがよくないのだがこのユメノ銀河はすごくよかった。小説を読んで粗筋を知っていたにもかかわらず「どうなるんだろう!?」とドキドキしながら見ることができた。浅野君はすごく若い。そして印象としては偏平足だ全体的にボディが。しかし妙な魅力。確かに魅力的な役者なのであろう。目が怖いんだよな。当然いい意味で。<浅野忠信 京野ことみもいい味出していたしオナゴが全部よかった。そして題名も思い切っていい題名だと思う。わかっているのに殺人者だってわかっているのに惹かれていくまるで夢を見ているかのように。でも浅野なら夢みさせてくれるよ。それが大事なんだよ。夢みさせてもらってありがとう命あげますって感じだよ。殺人者なのかどうかなんかはもうどうでもいいのよ。夢野作品の中ではファニーな狂気が出てない作品なのでこの淡々なところをうまく映画化してくれてありがとう石井監督。でも好きな小説とかヘタレメディア変換とかされっとただムカっぱらがたつだけだもんね。知らなきゃよかった…みたいになるからね。この作品は私にとってはOK変換でした。


↑以前やっていた映画サイトでの感想(2002年当時)↑


↓久しぶりに顧みて…2010


いい映画だったな。いまだに、いい印象しかない。この映画の後にまた何度か原作は読み返していますが、どちらも私にとっては印象のいい作品です。淡々としているんだけどね。地味な作品といえるが鮮やかな映像が私の記憶にまだまだ蘇ってきます。原作も映画もどちらも素敵だった場合は本当に嬉しい。

石井監督は最近何を撮ってるんじゃ?

ウィキでチェックしたがここ数年は撮影してないっぽいですのう?『五条霊戦記 GOJOE』はまだ未見なのでいずれチェックせねば。

スポンサーサイト
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。