スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺し屋1

殺し屋1 監督:三池崇史 2001/日本
原作:山本英夫/小学館「週刊ヤングサンデー」

69.jpg


この映画は二度みて、二度感想を過去に書きました。両方アップしておきます。そして現在どう思っているかも続けてアップします。

1回目

渋谷イメージ・フォーラムにて。原作の漫画についてはそれほど知らずに劇場に行きました。浅野だからというわけでもなく。なんとなくおもしろそうだなあと思ってね。友達も丁度、観る予定だったと話していたので一緒に見に行ったのだが…。これ一回目に見た時、ブバーーーンと精神が暴発しましたよ。こういうイキかたをしたのは遥か彼方…銀河の…昔に大井武蔵野館にて『時計仕掛けのオレンジ』をみてイッちゃったのと同じ、いやさそれ以上にいっちゃいました。あ、クローネンバーグ監督の『クラッシュ』でも若干イキましたが…。

この作品に対して何のガードもなく全身で受け止めてしまったのと、音楽や、台詞…がピンポイントでその時の私の気分にヒットしてしまったようです。暴力シーンはショックではない…といったら少しばかり嘘になりますが、基本的に普段は平気なので、暴力以外の部分でもノックアウトされたのでしょう。この映画、違う日にまた二度目鑑賞をしたのですが、二回目は笑いながら見てましたからね暴力描写に対して。慣れというやつですかな。音楽がとてもいいんです。すごくすごくいいんですよ。マー坊(浅野)の携帯着信音がちゃんとあの音なんですよ!いいんですよいいんですよ。サントラ当然買いましたよ。DVDも出たようですね。今週購入しにいかねば!爆笑するシーンもあって全体的にはバイオレンスとファニーに彩られているんです。そのバランスがよかったと感じます。俳優もみんな役柄ドンピシャ。イチ役の子もピッタリなんです。脇役の人たちも隅々まで楽しめるんです。確か、私はこの映画で三池監督初体験ななわけですが、彼のイチ日誌を映画の後読んで「あ、この文章の感じ…この言い方…私のお気に入りのドライブ感じゃん!?」と納得したわけです。彼の感性を文章からも感じ取った。なぜ、『殺し屋イチ』の映像が私をイカせたのか。テンポがよかったんですよとってもね。

俳優さんたちの衣裳も格好よくて、目を楽しませてくれる。キャラも原作のビジュアルとは全然違う人もいるわけだけど、映画は映画のイチでガッシリ世界観作っていると思いますたよ。垣原マー坊(浅野)なんぞは、原作のビジュアルと全然違うのにハマってましたねえ。浅野さんはもちろん好きな役者でしたが、この浅野は今までで一番好きかもしれないな。ってそんなに浅野さんの演技を歴代見ているわけではないけど。塚本晋也、Alien Sun、寺島進、SABU、松尾スズキ さんみんな素晴らしいのでござんすよ。塚本さんは大好きなんです。やっぱり声がいいっすよねええええ。あの声で指令下されたら「ハイハイハイハイ」とすぐ言うこときいちゃいますね。ボイスセックスしたくなりますよ塚本さんとなら。もうメロメロですね。後、ヤクザ役の船鬼やった国村(国はもっと違う字だが)準さんがいいんすよ。この人と浅野のやりとりのところは大変に爆笑でした。有薗さんもよかったしなあ。女子もみんな可愛かったし。音楽だけでイケますよ本当に。好きな映画というより、イッた映画。

79.jpg


二回目

二度目もイメージフォーラムにて鑑賞。イメージフォーラムは綺麗で洒落た映画館だから好きなのですが、地下で少々空調悪いんじゃないかな。狭いから仕方ないのだが。んで、二度目はまた違う男子友達と観にいったのね。これ男女比率は二度とも、平均的な割合だった。女性が意外と多かったです。もちろん男性もたくさんいらっしゃいましたけど。男子は漫画で知っていてチェックしにきてたのかもしれないね。それと、ちょいと、とんがった雑誌で取り上げられてお洒落な人々が集ったって感じかしら。

何故、そんな観客の感想を持ったかというとですね。数々の映画を観てきたけど、観客に顔がいい人がこれほど多かったのはこの映画が初めてかも…。隣の子も前の子も後ろの子もみんなおしゃれでキュートなのでしよ。きゅんきゅん。並んでいる時点で、既に可愛いの…みんなみんな美女美男子だった…。幸せ幸せ。あ、でもこの映画新宿でもやってたから新宿のほうは客層違ったのかしら…。イメージフォーラムはもぎりのお姉さん、お兄さんもナウ風だもんな。今風。

二度目はゆっくりとした気持ちで観ることが出来たよ。ありがとう友人よ。これの仮装結局やってなくてすまない。いづれ機会があったら是非やろう。すまぬのう…。(2010年のつっこみ…仮装って何?私、コスプレなんてしたことないよ!なんで仮装するなんて約束してるのかしら…記憶は飛んでます…ここ、記憶が飛んでます。酒の勢いか!)

主役やったイチ役の大森南朋はピッタリだった。原作のイメージとは違うかもしれないが。ダメっぽさと狂いっぷりのミックス度が絶妙だった。浅野忠信は本当にうまい。この映画の浅野は本当に好きだ。SABUさんがまたいいんだよこれまた。ヒットマンの哀愁と人情っぷりがじわじわと醸し出せていたのではないか。スタイリッシュなボケみたいなところがたまらんですたい。原作の双子とはこれまたちょいとイメージ違う松尾スズキ演じる二役双子も奇天烈。確かに原作はもっともっと強烈だけどね。双子。でも松尾さんのあの飄々としたところと危ない目線がよかった。松尾さんも声ハンサムなんだよなあ。素晴らしい声。

んで塚本晋也…ジジイ役。すごい!塚本さん!あなたのこの映画での演技が一番今のところ好きだーーーーっ。


手塚とおるも目がきゅるきゅるしてカワイイ。寺島進徹底的に痛みを与えられる。本当に辛そうな役柄だがここんとこやはり見せ場だと思う。煮え油。真性のサドマゾだったよねマー坊(浅野)は。目がね目がね…目がすごいんよ浅野も。國村隼演じるヤクザもよかったなあ。彼の突っ込みはすごく笑えるんだよ。ボソッとしたツッコミ。女の人とか容赦なく殴る場面もバンバンとあっていい感じだよ。殴る殴る殴る性交性交。イチ興奮興奮興奮。興奮興奮興奮。まっぷたつーーーー!これだから全てが。

どの場面も好きなんだけど、最期の屋上の場面好きかなあ…。後はジジイがイチを諭したりするところもぞくぞくした。よく映画化したよな。三池監督すごいよ。三池のこのライブスピードっぷりはもうセンスを乗りこえた何かだね。ハリウッドにばんばんと進出してもいいんじゃないの。


浅野が最後、マンションでイチを探すじゃん。期待に満ち溢れてさ。あのシーンも淡々と探しているのが逆に狂っていてよかったなあ。監督の解釈なのか浅野の解釈かもちろんいろんな人の解釈で原作のマー坊を映画ではああしたんだろうけど映画のマー坊は成功したと思うよ。いかしてるし、ハマっている。見事だ。カメラの撮り方もリズミカルで最高だった。そして音楽がね…。もちろんこの感想はイチのサントラ聴きながら書いているさー。18禁指定だったみたいだけどビデヲもそうなるのかな?まあ18歳すぎたらとりあえず観ることだね。垣原マー坊(浅野)が屋上での決闘でイチに色々しゃべりかける場面。しゃべりかけの言葉のおもしろさに酔いしれるよ。また浅野忠信の話し方があの緊張感のある場面で逆に浮いていてそこがまた余計に緊張させるよ。ラフなのにねすごく。ラフすぎる喋り方なのに。


マー坊「オマエ無茶苦茶だなほんとに。最高の変態だよおまえ」

だってマー坊は最高の変態を捜していたのだもの。自分を越える、自分を満足させる変態を。もう嬉しくって仕方ないわけ。

「イチ!お前さ、何やってんだよ。おまえさ、これじゃ俺とできないじゃねえかよ」

と、イチに希望を託しすぎているマー坊がふざくんな!ってなっている台詞もぎゅんぎゅんする!

それでね、垣原マー坊以外の登場人物はそれぞれと闘ったりして終末っぽいわけよ。

マー坊は自分がこんなに近くにいるのに、それらの闘いに絡めないの…。

「お前ら、自分勝手すぎるだろ。何やってんだよ」

ってキレて言い放つの。自分がオイテケボリになった気持ちでね。その間の絶妙なことといったら。もう書いていても達しちゃいそうだよ!私が!最高だあんたたち本当に。ああああ、演じていても撮っていても楽しかっただろうなあああああああ。最高だあああああ。


↑以前やっていた映画サイトでの感想(2001年)↑


↓久しぶりに顧みて…2010↓

興奮して書いていたらしく、意味不明の感想も勃発してますね。映画のラストは意味ありげで少し不思議ラストなのであります。え…どういうことかしら?って終わり方ではあるんですよ。原作の終わり方と違ったと思う。原作はこの映画より後の話も続いていたはずです。

三池監督はたまにテンポが少しズレるときも実はこの後あったのですが(他の映画で)、基本的にはいいエンジン音がぶんぶんうなっている躍動感溢れる映像を排出できる素敵な日本が誇る監督だと思ってます。監督とは相性ですよね…本当に。エクスタシーのもっていきかたがこっちの上り詰める速度と一緒だと本当に「ああ…相性最高!」ってなるのですがクライマックスの処理の仕方や、同じ到達点に達するのでも、リズムが違うとのってけない場合はあるんですよね。話がいくら面白くてもずれる場合はあります。

殺し屋イチはそれなりに激しい描写(漫画もすんごいですもんね)が多いので、誰もが見ている映画ではないと思うのですが、もし残酷暴力描写が平気だったらいつか見てもらえると嬉しいなーと思ってます。





↓ こっちのトレイラーは完全にレッドバンド予告なのでグロが苦手な人は観ないのが吉でありますぞ。




スポンサーサイト
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04 06
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。