スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードフィッシュ

ソードフィッシュ 原題:Swordfish  2001/アメリカ

67.jpg


ワイワイと大勢で観にいった記憶がありますなあ。ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン達が銀行強盗する映画だ。ヒュー・ジャックマンは元天才ハッカーという役どころだが全然ハッカーに見えないところがすごい。最新(?)のコンピューターを目の前にして久しぶりに血が騒ぎ「ヒャッホー!」というところのハッカー場面はかなり赤面ものだ。特にパソ中毒である我々にとってはそのハック場面はあからさまに「こりゃコンピューター(というのも既にもう恥ずかしい)をてんでわかってねーやつがコーディネイトしたなこの場面!」といった按配なのだ。ヒューがまったくパソコンわかってないことが手にとるようにわかる。いや、実生活でパソコンのエキスパートだったら申し訳ないが。あそこのヒャッホーが目に焼きついて他が思い出せないほどだ。でも概ね好意的に見ることができるぞこの映画。ヒューに罪はない。ハック場面はインチキくさいがアクション場面が得意だと思われる監督の手腕が発揮されるのはあの最初のほうのベーリング爆弾の場面であろう。なかなか見ごたえあった。しかしそれが最初で最後のピークとも言えた。後はハル・ヴェリーの最高にエッチくさいカラダが堪能できるのも目の保養。ヒュー・ジャックマンは全てにおいてぷっかり浮いていたような気がするがヒューのせいではない。何度も言うようだが。ヒューはガタイがいいのが災いしてるのだろう。だけど顔は妙にかわいい。そして田舎くさい。クリント・イーストウッドっぽいんだけど決してイーストウッドではない。ヒューに何かいい役を与えてやってくれでないか。メグ・ライアン相手に中世の貴族が現代に蘇るとかいう役はやめてですね。ウルヴァリン一筋でどうなの?ジョン・トラヴォルタは最初から最後までノリノリだ。トラボルタは悪役が最高にはまってるからなあ。フェイス・オフの時もトラボルタが悪役サイドの顔になった時、毒気のある悪役顔が爆発だったよな。この映画、テロ事件があったあとだからダイレクトすぎる内容ではある。しかしほら「ヒャッホー」ですから。今思い出してもかなり赤面だ。いい意味で。



↑以前やっていた映画サイトでの感想(2001年)↑


↓久しぶりに顧みて…2010↓


予想したより面白かったのです。最後まで飽きることなく観てられました。でも、ヒューが天才ハッカーって全然想像できないでしょ?そういうタイプじゃない。知的じゃないと言っているのではない。知的でもハッカータイプじゃないってわけ。コンピューターが三度の飯より好きな男には見えないんだよ。ギャップ萌という手もあるが、ギャップもなにも想像つかないぜ。

ハッカーで違和感ない人って誰だろうな。肉体系で。ほらオタク系だったらそりゃ確かにありきたりの描写ではあるからね…。誰だろうか肉体派ハッカーは…。ニコラス・ケイジも違うような気がするよね。少しは違和感ないかもしれないけど。あ、最近だとアイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr は理系天才型の社長でピッタリだったね。意外にピッタリだった。でもロバートはヒュー・ジャックマンほど肉体系じゃないからな。ヒューは肉体系だもの。美形の肉体系。

それと、ジョン・トラボルタの顎は常にお尻の形に見えませんか?お尻を顔につけて歩いているよこの人!と…。下半身的な顔。それがセクシーのもとなのかしら。でもジョン・トラボルタは上手だ。昔はあんなに細かったのになあ…<『グリース』 たまにヘンテコ映画に出て(例:『バトルフィールド・アース』)度肝をぬいてくれるし、期待を裏切らない。本人もあの映画じゃ相当ヘンテコ筆頭だったしね。それがジョン・トラボルタ。


スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。