スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ファスベンダーさんのダンディー煙草特集

328.jpg


ツデーはこれから仕事なんですが、さくっと記事をアップしていきます。

マイケル・ファスベンダーさんはLOVE俳優のカテゴリーで、一度ラフな紹介記事をアップしました(こちらの記事)。もちろん大好き映画『イングロリアス・バスターズ』にはまっていた時にアップした記事ですね。

実はそれからファスベンダーさんの他の作品を一本も観ないで時を過ごしてきましたわい。今年の夏、日本でも公開された『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』も未見です。しかしX-MENシリーズは好きな映画作品ですから、これはDVDで観る予定。ジェームズ・マカヴォイ君とファスベンダーさんが主役候補になった…という過去記事は以前小さくアップした記憶があります。

この映画でかなりのファスベンダーさんファンが増えたのでは? イングロリアスの時にもっと増加すると思っていましたが、タランティーノ作品は娯楽作品とはいえ万人が観るタイプにはまだなってないのかもなあ。そりゃX-MENシリーズは老若男女観るものね。爆発的だものね。

既にファンサイトさんも多数あるでしょうから私がアップするまでもないんですが、彼の画像を眺めていると煙草をかなり吸われる方の模様。それに気づき、煙草に特化した写真をアップします。ほら、大好き俳優ポール・ベタニーは私生活では禁煙してしまいまいたから。健康的には当然そちらがグーなんですが、ビジュアル的に煙草スターナンバーワンはポールだったんですよ。今でもそう思っているんですけど、海外にはまだ禁煙に踏み切っていないスターは沢山いる模様です。あれだけ禁煙の嵐の海外で吸っているスターに注目。日本よりも過激に禁煙活動な海外って感じよね。特にアメリカがそうなんでしょうなあ。ヨーロッパはまだ緩い気がするね。多少ですけど。ファスベンダーさんはイギリス(アイルランド)なお人ですから、そういう風土気質もあって煙草スパスパ系なのかも。

それではどどどっと御紹介


327.jpg

これだもの。私のファスベンダーさんのスクリーンでのイメージはこの雰囲気。昔の古き良き時代のハンサムスターのイメージなの。素敵だもの。


326.jpg

そして、アイルランドだからなのか(根拠なし)、結構、巨大髭を付けている場合のファスベンダーさんもよく見かけます。髭に火が点火しちゃわないのかしらね。


325.jpg

髭だもの。私は髭なしのファスベンダーさんが好みではありますが、似合うもの。髭もキメるのがダンディーハンサムの証なのだもの。


324.jpg

こちらは多分、クローネンバーグ監督作品中のファスベンダーさんですね。日本公開するといいですね。


323.jpg

ポールもそうだけど、白人さんは肌のシミがどうしても増えてしまいますが、それも男の勲章だもの。ワイルドでいいんだもの。


322.jpg

多分、記者会見な場所ですよね? それでもスパスパだもの。愛煙家だもの。キャップが可愛いもの。可愛くてハンサムなんてずるいもの。


321.jpg

そしてワイルドだもの。そりゃX-MENにも抜擢されるもの。マグニートだもの。アメリカ横断とか平気でしちゃいそうだもの。


313.jpg

遙か昔のハリウッド白黒時代にいらしても、絶対に活躍したに違いないもの。当然だもの。


320.jpg

やんちゃギャングみたいでいいですね。何かのプレミアかな。私は今のところイングロリアスにおけるファスベンダーさんのファンだから、他の映画風景やプレミア風景を見ても何の作品かわからないの。不勉強でごめんなさいね。


319.jpg

ポール・ベタニーもスーツの王様だけど、ファスベンダーさんもさすがの紳士。王様に迫るもの。違う国の王様だもの。アイルランド代表だもの。しかもドイツの血が混じっているもの。無敵に近いもの。


318.jpg

やんちゃな雰囲気がいいですなあ。こういう車が全然嫌味じゃないよね。御自身所有の車じゃないかもしれませんが、所有してたって全然浮かないもの。むしろ当然のように乗り回していそうだもの。スターだもの。


317.jpg

爽やかな芝生の上でもダンディーでやんちゃ。そして煙草はかかせないダンディーさん。


316.jpg

これまたお茶目。舌が長いよ! お二人とも煙草。そう、意外と女優さんも吸う人多いんですよね。 って右の人が女優さんかどうかはちょっとわからなかったんですが、素人ではないであろう。女優さんかモデルさんだわよね。素敵だもの。ポールの奥様のジェニファーも私生活で吸ってたし(今は禁煙しているであろう)、アウグストさんの奥様も吸ってる人なのよねー。そのあたりは、日本よりある意味緩いのかもしれないね。女性が煙草を吸うなんて! っていうのは禁煙とは別の方向でマナー的にそうよくないイメージがあるじゃないですかジャポンだと。海外では男女差の意識は薄い国もあるんだろうな。海外映画は映画設定で女性もよく煙草を吸ってるシーン、昔はあったものね。


315.jpg

そして以前も載せましたが、『イングロリアス・バスターズ』でのファスベンダーさん演じるアーチー・ヒコックス中尉の煙草似合うっぷりといったら!! 


314.gif


gif動画職人さんが素晴らしい動画を作成されてました。これ、アウグストさん演じるヘルシュトローム親衛隊少佐に、最後言ってやる直前のシーンですよね。素晴らしい。

イングロリアス・バスターズ』では煙草吸う男性が多発してましたけど、ファスベンダーさんの煙草っぷりは美しかったですなあ。

煙草は健康には悪いですが、映画のアイテムとしては素敵アイテムなので、普段、禁煙のスターさんにも煙草シーンを増やしてほしいでありますよ。多分、禁煙家向けの害のない小道具煙草なんてあるんでしょうからね。そりゃあるに違いないもの。


というわけで簡単な記事でしたが、楽しんでいただければ幸いです。

では支度して出かけてきマウス。湿気があって変な天気でございますよ。体調に気をつけて過ごしましょう。

スポンサーサイト

正統派ハンサム、マイケル・ファスベンダーはとてつもなく目の保養

昨夜はペニスが見えない!ペニスはどこ!?などと狂ったように書き散らしていた私ですが、今朝は冷静です。

'11 10/15 に ファスベンダーさんの煙草写真特集をアップしました → こちら

土曜日の朝に相応しく、雅やかにいい男を紹介。

マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender、1977年4月2日) ドイツ/アイルランドの俳優。

映画『イングロリアス・バスターズ』ではイギリスの軍人、アーチー・ヒコックス中尉を華麗に演じてました。ブラッド・ピット率いるバスターズとチームを組み、地下酒場でアウグスト君と対峙する様は本当にウットリいたします。このシーン、何度見ても萌える!!!ぶはああああああ(吐血)。


88_20100703111253.jpg

ほら…こんなに男前だもの。本当に往年のハリウッドスターの貫禄がありますよね。ケリー・グラント、エロール・フリン、クラーク・ゲーブル、グレゴリー・ペック、ジェームズ・スチュワート…名だたる俳優の雰囲気を携えているマイケル・ファスベンダー


品が良く、女性に甘く優しく…そして格好よく決まる台詞…。まさにスターの風格。

私がクセ役者好みじゃなければ、迷わずマイケル・ファスベンダーは筆頭株主になっていたであろう。それほど美形。しかし私はクセ好み。ファスベンダーは筆頭にはならないかもしれない。だが、目の保養としては絶品でしょう。この方は、年を重ねても美麗をふりまくと思う。それも正統に!正統派貫禄スターは意外といないですから。貴重な人材ですぞ!

彼も『イングロリアス~』で流暢なドイツ語を話してました。ドイツ語の中でもクセのある訛り…という設定なのですが、それはイギリス人がドイツ人に変装しているから仕方ないのです。

でも、これも御本人の設定に即してました。

IMDb のプロフィールによると。

ファスベンダーは、ドイツのハイデルベルク生まれ。 父親はドイツ人、母親はアイルランド人。二歳の時に、ドイツから南西アイルランドの、ケリー州、キラーニーに移り、そこで育つ。 その後、ロンドンに移り住み、現時点では、彼はロサンゼルスをベースに活躍しています。


というわけで、ドイツ生まれのアイルランド育ち、ロンドン在住!なんて素敵な設定なの…。素晴らしすぎる。イギリス紳士の風格と、アイルランドのマグマのような熱い魂、ドイツの骨太な堂々とした態度が彼の歴史に表れているのですな。

設定だけで鼻血どばどば。どばどば。

しかも、この風格でまだ33歳ですよ…。アウグスト君より年下なのだもの…。ダニエル君より一個上だけど…。彼らは同じ歳に見えないよ!かといって、ファスベンダーさんが老けてるわけじゃない。風格が!

その時は自覚がなかったのですが、映画『300』に出演してたのですね。


89_20100703111253.jpg

ほら…。覚えてます?私は覚えてない。『300』は全員上半身裸祭だったので、主役の人と、最後に…伝令のために帰る人、それと敵のボス以外は…私、ある意味、全員同じいい男に見えてしまってました。どの男も眼福に相応しい益荒男だったから。それと、私、それほどマッチョ気質はないので、カラダは素晴らしいと思っても、「きゅんっ☆」とはならないんですよ。

「わほおおおおお。目の保養ぉおおおお。ほよよよよよよよよよよ(アラレ風)」などと本気で叫んだりは、するかもしれないけれど、実際の自分の好みは別なんですよね。いつもぶっこいてますが、私は痩せてふにょーんとした体型が意外と好きだから。筋肉をそれほどは必要としてないからね。

でも、今が原始時代だったらそりゃ筋肉祭でしょう。死活問題だもの。筋肉ないとマンモス狩れないからね。私もそういう原始本能には従いますよ!

ファスベンダーさんは副長の息子…と一緒にいた人かなあ?また見る機会があったらチェックしたいです。

基本的に、映画にはそれほど今までは出演してなくて、テレビドラマ(映画)で多く活躍してきたようですね。映画としては『300』がデビューっぽい。日本のウィキだとそれほど情報載ってませんが、IMDbだとそれなりに彼の履歴が載ってます。でもまだトリビアも少ないから、これから注目される役者さんなのだとは思う。

先日もチョロッと雑記でお知らせしたのと重複するけれど、X-メンシリーズの新作映画、スピンオフもの『X-Men: First Class』で主役のプロフェッサーXにジェームズ・マカヴォイは決まっていました。もう一人の主役、若き日のマグニートにマイケル・ファスベンダーが決定したのです。

素晴らしい出世っぷり。二人とも主役ですからね。ジェームズ・マカヴォイ君は童顔系の人だけど、歳はそれほど変わらない…。ジェームズは31歳だもの。二歳しか違わないのだもの。何てことなの…。ファスベンダーの貫禄っぷり!!

『300』と『イングロリアス~』以外ですと

エンジェル Angel (2007)
ハンガー Hunger (2008)


に出演。『エンジェル』はフランソワ・オゾン監督。フランス映画かと思ったら、喋ってる言語は英語のようだ。イギリス・フランス、ベルギーの合作ですと。フランソワ・オゾンといえば、最近はシャーロット・ランプリング必須ですけれど、この『エンジェル』にもしっかりシャーロットは出演しているようだ。オゾン監督はゲイなんですよね。カミングアウトしてます。

『エンジェル』は作品の評価が高いようなので、今度チェックしてみます。彼の作品、『スイミング・プール』は「ああっフランスぅぅぅぅぅぅ」の雰囲気ぷんぷんの不思議映画でしたが、良い感じでした。でも彼の作品で一番有名なのは『8人の女たち』でしょうなあ。

『ハンガー』はファスベンダーが極限まで痩せて挑んだ作品のようです。アイリッシュ映画。内容もアイルランド紛争系みたいですね。こちらも相当、評価が高い映画みたいだ。ファスベンダーは主役。興味がありましたらとりあえず ウィキで…

しかし、いい男は活力を与えてくれますなあ。ここでいろいろな写真を…

86_20100703111253.jpg

ヒゲも素敵なのだもの。


90_20100703111253.jpg

昔の素敵なハリウッドスターみたいなのだもの。


87_20100703111252.jpg

こういう格好もすんごいセクシー。品のいいセクシーなんですよね彼は。ああ、抱かれたい…そう思わせる男優さんですよ。何て素敵なんだろう!!日本で百億人くらい騒いでいても、ちっとも不思議じゃないのに、それほど騒がれてないようなんだけど、何故なのだぜ。おかしい。私の頭がおかしいのは理解しているけれども。目をハートにするべき。例えば、アウグスト君が多少(ええ、多少…)マイナーの香りを漂わせているのは、いいんですよ。しかしファスベンダーのような正統派は、もっと騒がれるべき。ベッキー!ベッキー!こういう正統派は意外とウケないのかしら。これからなのかしら…。まだそれほど作品に出てないせいかも、しれませんね。これからですね(ぎらつく)。

なのでファンサイトをやるなら今が旬ですよ。タケノコのように乱立するまえに初代ファンサイトを経営するならナウでしょう。ファスベンダーなう。ツイッターで立ち上げてもいいかもよ!ってもう既に素敵なコアファンサイトがあったら申し訳ない。コアファンサイトはあるべきですよね。ベッキー♪私はコアファンサイトを常に応援します。だってファンの底力ってすごいもの。愛を感じるもの♪影から応援。シャドウ応援。私はもうそういう底力は残ってないので、ひっそり垂れ流すのみです。

私も彼の作品は知らずとはいえ『300』、それと『イングロリアス・バスターズ』しか観てないのですが、是非、何かの機会がありましたら『イングロリアス~』を御覧になってみてください。本当に優雅な軍人を演じてます。ある章にしか出てこないのだけれど、アウグスト君との丁々発止なやり取りは、本当に見応えがあるの。そこに加わる、もう一人の益荒男ドイツ男優がこれまた、たまらないんですよ!!!この益荒男ドイツ俳優は「え?もしかして彼かしら…」と思ってエンドクレジットをチェックしたら「わあああああ、やっぱり彼だった…」という驚き素敵俳優さんなの。

素敵俳優が同じ酒場で、同じテーブルで演技を繰り広げるゴージャスさ!!そこにドイツ代表美麗女優、ダイアン・クルーガーが絡んでいるんだから…たまらないんです。

私、この酒場シーンだけでも布教したいもの。一日に二度は毎日続けてこのシーンは観てますよ。全然、飽きません。全然、飽きません。今日も観るもの。昨日はドイツ字幕バージョンで観たけど、今日は何バージョンで観ようかしら。基本、ブルーレイの画質に目が慣れてしまうと、ブルーレイの美麗っぷりに鼻血がドバドバなんですけどね。機会があったら是非、ブルーレイで。

あ!大変だ。何と、ナウ、デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作映画をウィーンで撮影中!!”A Dangerous Method” という映画で主役の一人のようですよ。キーラ・ナイトレイ、マイケル・ファスベンダー、ヴィゴ・モーテンセン、ヴァンサン・カッセル、などなど、素晴らしい俳優陣じゃありませんか。

おお、これはクロネン監督作品としても楽しみですね。ヴィゴもヴァンサンもいい男ですので、いい男祭のヨカーン!

撮影写真も公開中


81_20100703111518.jpg

ヒゲ!

80_20100703111518.jpg

わ、クロネン監督。相変わらずな雰囲気。彼がコスチュウム時代劇(?)を撮るなんて。ひどく楽しみじゃないか。

79_20100703111518.jpg

一緒に映っている女優さんはキーラとは違いますな。


というわけで、これからもファスベンダーさんに注目していきたいと鼻息。イングロリアス酒場でのやり取りはまた別途御紹介!本当にあのシーン萌えるから!


ではよい週末を♪
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。