スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマルゴが好きなのかデクスター兄が好きなのか…。

それほど、はしゃいではいませんでしたが、クリスチャン・カマルゴは私にとってどーなのか、日々悶々としていました。彼のプロフィールをいろいろと調べ、アメリカアマゾンで彼の出ている作品を買おうかしらと迷っていたのです。

とりあえず彼が『CSI 科学捜査班』で一話分だけ犯人をやってたり、『ゴースト ~天国からのささやき』という海外ドラマにこれまたワンエピソードだけ出ていたり、というのがわかったので、ツタヤディスカスでその部分だけ借りてみました。

って、『ゴースト ~天国からのささやき』ってジェニファー・ラブ・ヒューイットが主演なのね。知らなかったよ。ラブヒューは顔が変わった?『ラストサマー』の印象が濃厚でそれしか観てない私の思い込みかしら。胸がぷるんぷるんして可愛いのですよねー。こういう感じになってたのか。ドラマも最初から観ないからな。カマルゴ出演のエピソードだけしか借りなかったから。死者と話ができるという設定のようだ。ラブヒューの設定がね。トゥルー・コーリング系なのかしら。打ち切りが決まったようだけど、『ゴースト ~天国からの…』は5シーズンも続いているのなら、人気は相当にあったシリーズなのであろう。

CSI はベガスのシーズン4。それの一つにカマルゴが犯人役で出演。シーズン4は観ていたのだけれど気付かなかったよ。って、先ほどそのエピソードを観たのだが、カマルゴは犯人といっても出番は少なくこれじゃ気付かないよ!デクスターより前の出演だったみたいだしね。

でもベガスのカマルゴを観ていて気付いたのだけど、もちろん大好きな系列の顔なんですが、ドキドキ感がそれほど私にわき起こらなかったの。ほら好きな俳優さんが出ていると、どんなにちょっとのシーンでも「きゃっ☆」ってなるものじゃない?ベガスのカマルゴを観ても「なるほどね」としか思わなかったのだ。

で、たまたまカマルゴを好きになったきっかけの海外ドラマ『デクスター』のシーズン2を借り始めていたのです。カマルゴが好きすぎてシーズン1で観るのをやめてたの。ほら…カマルゴはシーズン1で出てこなくなるから。

そしたら思わず出てきて仰天。もちろん、すぐにいなくなるのですが、シーズン2の第二話にゲスト的に出てきてた!それはときめいた!やっぱりデクスター兄のカマルゴは最高だ。

ということは、キャラが好きっていうタイプの俳優さんであったのかと、ポポポポポンと膝を叩きました。デクスター兄というキャラが好きなんだ…。デクスター兄の彼は本当に素敵なの。役名はルディ・クーパー♪

↓クリックすると大

92_20100813193741.jpg


98_20100813193913.jpg


ほらほら素敵だもの。これはシーズン1のカマルゴです。本当に良かったなあ。話的にもシーズン1は面白い。シーズン2はまだ二話しか観てないが、少しギスギスしてるよね…。女の人達が特にギスギスしてて寂しい。これからまた面白くなるのであろうか。


俳優を好きになる境目。スネイプ先生演じるアラン・リックマンには目がハートになるけれど、他のアラン・リックマンは役者としては好きだけど目はハートにならないのでした。もちろん好きなんですよ?スネイプ先生の時はとにかく燃える。バーニングハート!でも他の映画の時は「アランやっぱりいつも仏頂面…きゅん」くらいなの。きゅんとはしてるけど、ゾッコンではない。しかしスネイプにはゾッコン。

カマルゴはどっちなのか判断ができなかった。だって他の作品を確かめる可能性が低かったから…。私としては『デクスター』で一目惚れのつもりだったのだけどなあ。実は『ナショナル・トレジャー2』の冒頭シーンにも出演しているのがわかって、家にあるDVDをチェックしたのですよ。そしたら出ていた!!でもドキドキはしなかったの。「わあ、カマルゴだ…」って確認してちょっときゅん…としただけなの。

だが、『デクスター』に出てくるカマルゴには萌える。燃える。バーニング!

キャラとして好きだったんだ…というのが確認できて良かったです。もちろん逆転もありますよ?キャラが好きだったはずなのに俳優さんとしてもラブラブモードになるパターンも幾らでもあるけれど、今のところカマルゴはデクスターの兄を演じるカマルゴが好きだったみたい。

このパターンは『CSI:マイアミ』のホレイショ・ケインを好きなのと似ている。ホレイショは相当に好きになって、演じている役者デヴィッド・カルーソにも入れ込んだつもり。彼が出演している映画もいろいろとチェックしたのだけど、どうもホレイショ・ケインが好きだったようだ。しかも吹き替え版のホレイショ・ケインが…。これはどう考えてもホレイショ・ケインが好きなのであろう。

だって、普通、俳優さんを好きになると吹き替え版が素晴らしくても字幕バージョン…つまり本人の声で何度も確かめたくなるではないですか。それがホレイショを何度も繰り返し観る時は、吹き替え版でしかチェックしてなかったと思う。もちろん他の映画に出ていたホレイショ……じゃなくってデヴィッド・カルーソも相当に好きだったのですが、ホレイショが断トツ一番好きだったもの。

例えばポール・ベタニーや今このブログでとりあげてる好きなドイツ俳優さんは写真を見ただけで「ちゅっちゅ♪ちゅちゅちゅちゅちゅぅぅぅぅぅぅっ♪」と思うのだけど、カマルゴの写真を眺めても「ああ、好きなタイプの顔だ」と冷静に判断しちゃうもの。デクスターで動いているカマルゴを観れば、燃え上がるのですけどね。

クリスチャン・カマルゴさんはシェークスピア劇にも力を入れていてかなりの舞台俳優さんなのですよ。二年前にとっても素敵な女性と結婚したのですが、彼女はまさにシェークスピア劇の女優さんなのでした。舞台系の人達。もちろんカマルゴは舞台だけじゃなく単発でテレビや映画に出演してます。顔の系列としては大好きな顔。でもデクスター兄じゃないと、きゅんきゅんしない正直なマイハートなのでした。とっても好きなんですけどね。この微妙な差は何なのでしょうか。


74_20100813195339.jpg

奥様とマンハッタンの自宅で。大人のカップル~♪ とっても素敵。


73_20100813195339.jpg

舞台でのカマルゴ。右の女性は多分奥さんだと思います♪


何だかんだ言って、突然ラブラブバキューンとなるかもしれないので油断は禁物。だって顔はすごく好みなのですから。作品によってまたドキドキするかもしれない。いきなり「今日からここはカマルゴしか取り扱いしません!」みたいになる日もあるかもしれない。人生何が起こるかわからない。つまり、ニューヨークやイギリスに行く用事がたまたまできて、カマルゴが出ている劇のチケットをたまたまゲットできちゃって、舞台上の彼を観たらライブの魅力でイチコロになるかもしれないから。決めつけて生きていくとつまらないので、そういったドキドキ運もカモーンであります。

さて、今日は二つの記事にわけましょう。これはカマルゴカテゴリーで続きは次の記事で。
スポンサーサイト

カマルゴをぼんやり見つめる雨の午後…

さて、映画ブログを久しぶりに再開して思っていることがあります…。

「クリスチャン・カマルゴって最高にセクシーですよね!」

というファンさんが出現してくれるかも…という淡い期待…。

ポール・ベタニーのファンはもう全世界にたっぷりいると思うのです。女子だけでなく男子のファンもたくさんいると思う。なので私がそうハッスルしなくてもファンはたくさんいる喜びでハフハフできるのですが、カマルゴのファンはそんなに見当たらないよね…。作品もそんなに多くないから仕方ないんだけどね…。海外にもそれほど巨大ファンはいないみたいなんだよね…。舞台中心の役者さんらしいんだよね…。この前、アカデミー作品賞をとった『ハートロッカー』にも出ているようなんだけどね。

と、胸の奥や鼻の奥がつんつんする思いでいっぱいです。ああ、ランチで食べた寿司のわさびが、ききすぎてたんだ!そんな私のツデーのランチははヨーグルトだったのですが。という、しょっぱい気持ちで日々を送っていました。デクスターのDVDを一部入手してニヤニヤしていたりね…。それで寂しくてキャプチャー作業に没頭してたのであります。

変な顔で素敵なんだけどなー。デクスターではかなりセクシーな役なのになー(私目線発動…)。

日本にファンがそれほどいないこの状況…。ウン数年前に好きになったあの俳優の時と似ていて胸が痛いです。ううううう。

というわけで、たまにこうやってキャプチャーした画像をアップして啓蒙活動…。動いているカマルゴを観るのが、一番なのですけどね。顔的には絶世の美男子ではないからね…。活動しづらいね…。私にはいい男にしか見えないのだけどね…。すんすん…。

そういえば…『K-19』という映画にカマルゴが出てるのですよ。ハリソン・フォードとリーアム・ニーソン二人主演の映画だよね。これにカマルゴと…そして昨日『17歳の肖像』で御紹介したピーター・サースガードの二人が出演なの。若手俳優として。この映画、昔、観たけど…全然覚えてない!!しかもサースガードとカマルゴの二人は日本に来日してたんですよ!この映画の宣伝で!ガビーーーーーン!2002年に来日。目眩がします。そうだったの…。サースガードも痩せてると野性味溢れる顔で素敵だわ。『17歳の肖像』ではわざとムックリしてたのかしらね…。カマルゴは常に痩せてます。体質的に太れなさそうだものカマルゴは…。野菜でいうとゴボウ。いいのそれで。素敵だから。ゴボウは滋味深いもの…。

hito13.jpg


カマルゴは写真より映像でのビジュアルが好き。このシーンも動いていると更にきらめいているの…。止まっている彼の顔は少し変…。(ファンとは思えない言葉だけど…そうなの…)


hito14.jpg


デクスター妹とのセックスシーンは鼻血がドバドバ出ました。刺青しているっていうのがまた萌えポインツ。もちろんドラマ用の偽刺青なんでしょうけど。刺青ってセクシー小道具の一つだよね。入っているとドキッとする!

hito17.jpg


こういうさりげないダサイ格好が似合う…。緩いダサイ格好萌えです。


hito18.jpg


あっちの映画って、チャイニーズボックスランチよく出てくるよねえ。隙あれば、チャイニーズボックスランチじゃないですか?中身は麺とは限らないけど、このボックスに入ったフードをアメリカ人はよく食べているよ!映画やドラマの描写で、本当によく出てくるシーンの一つ。


hito20.jpg


紫色のTシャツが可愛い…。セクシー色だもの…。しかもデクスターを好きすぎる役なのだもの…。妹にも嫉妬されるほどなのだもの…。


hito21.jpg


美男子とは異なる顔立ち点。美男子じゃない…。動いている映像のカマルゴが好き…。本当に好きなのか不安になってくる。痩せてるし…。

好きだけど不安。そんな俳優さんです。ぶるぶるぶるぶる(不安)。


え!ハートロッカーにカマルゴ出演中!

クリスチャン・カマルゴ(Christian Camargo)

j5.jpg


クリスチャン・カマルゴ(Christian Camargo)は海外ドラマ『デクスター』に出演していて、観た途端に、一目惚れ状態になった俳優さんなのです。さっきボーッとカマルゴのウィキを眺めていたら出演作品に


ハートロッカーThe Hurt Locker (2009)


を見つけた。これって先日、アカデミー作品賞を撮った作品じゃなくって!?これをはずみにバンバン作品数が増えていくといいなー。

デクスターでの彼は私にとってものすごくセクシーダイナマイトに感じたのすが…。わなわなわな。デクスターの妹にキスするところなど、ふうぉわあああああ…などと変な奇声をあげそうになった。家でこれみてるの私だけなので、どんどん奇声をあげてもいいはずなのです。デクスターシーズン1はボックス買いしたい。目がぎょろぎょろして変なのがとってもセクシー。あと髪型がもしゃもしゃいるのがたまらないのであります。ふんふんっ(興奮)♪身体に刺青してあるのも(役柄として)たまらなかったなあ。妹とラブっぽくしながらもデクスターを好きすぎるルディ・クーパー役、どんぴしゃり。


ハートロッカーのトレイラーをチェックしたが、どれがカマルゴかわからん!!まだ愛が足りないのかもしれない。ナショナル・トレジャーにも出ていたみたいですが、全然気付きません。ニコラス刑事の濃厚な顔に釘付けで他に目がいかなかった。しかも、父役のジョン・ヴォイドも変だしね(褒め言葉)。





1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。