スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・ブリュール君パリでお誕生日&二年越しでファンタジー映画『クラバート 闇の魔法学校』日本でDVD化&レイフ・ファインズ

ダニエル・ブリュール君は1978年6月16日がお誕生日。

94_20100702160356.jpg

93_20100702160356.jpg


先月、パリに滞在中、32歳の誕生日を仕事仲間か友達かはわかりませんが、祝ってもらったようです。実際の誕生日からは何日か過ぎてたけど、ハッピバースデーしてもらって嬉しそうなダニエル君♪


92_20100702160356.jpg

91_20100702160355.jpg

その前に、ファッションショー(?)でパリかバルセロナにいたダニエル君。どっちの国だったかは…元の記事がどこだかわからなくなり、写真だけでごめんなさい。お隣の席にはジャン・レノも。もしかしたらバルセロナかもしれません。ジャン・レノはフランス俳優として既に国際的スターですが、彼自身はスペインの御両親から生まれてます。

ダニエル君も出生はバルセロナ生まれ。なのでスペイン語も喋れると。ダニエル君の場合はお父様がドイツ人で、生まれてすぐドイツのケルンにお引っ越♪

ヨーロッパ系の俳優さんはとにかく二カ国語、三カ国語が当たり前のようなので、自国の映画だけでなく、近隣諸国の映画にも出演している場合が結構ありますなあ。

昨日も書きましたが、ダニエル君出演『グッバイ・レーニン』はとても良い作品でした。ダニエル君の演技の上手さを確信しましたよ。しかし、ダニエル君はアウグストとちょいと違って、基本、顔の雰囲気が若い時分も(今も若いけれども!)今も変わらない。

老けない童顔タイプだったのかダニエル君!そういうタイプだと、ファンの人は安心でしょうなあ。形相が変わらないって意外と大事だったりしますよね。もちろん変化して更によくなる俳優さんもたくさんいますけれど。若々しいままで変わらないのであればそれはそれで嬉しい喜び。ユアンもそのタイプだもの♪ ふふふーん(鼻歌)♪


85_20100702160509.jpg

映画『グッバイ・レーニン』のスチールから。いい演技を繰り広げてたし、とにかく可愛かったなあ。うざうざっとした性格を表す演技がとーっても上手でした。つい最近の写真とそれほど違いがない!若い!

そんなダニエル君絡みでタイムリーな話題。

確か、今日からツタヤなどでもレンタル開始。

クラバート 闇の魔法学校』がDVDに。私もツタヤディスカスで予約してます。


84_20100702160355.jpg


日本では未公開だったこの映画。映画祭(日本)で二日間だけ公開された映画。それも二年前に。

原題は『Krabat』。ドイツ映画 (2008)。予告トレイラー。





原作はドイツの児童文学者オトフリート・プロイスラーで、彼の作品だと『大どろぼうホッツェンプロッツ』が有名ですね。

アニメ監督で有名な宮崎駿さんはオトフリート・プロイスラーの作品をとても好きらしく、特に『クラバート』はお気に入りで、映画『千と千尋の神隠し』を制作する際に参考にしたと言われてる作品のようです。

それにしても、映画、二年越しでやっとDVD化したんですね。トイレラーを観ると、とても面白そうなのですが、日本公開しなかったんだなあ。DVD化しただけでも嬉しい喜びでしょう。ヨーロッパ映画はハリウッド映画より巨大展開しないのが残念なのだけれど、いい作品に出会った時の喜びはまた格別ですよねー。

主役はダフィット・クロスという若い役者さん。ダニエル君は11人いる職人達のリーダ役のようです。主人公をサポートする立場なのかな。職人といえばドイツ。マイスター!魔法合戦ものなのかしら。面白そう。大変に楽しみです。

ダフィットさんはケイント・ウィンスレット主演の『愛を読むひと』にも出演して、いい作品を着実に、ものにしてますね。今後に注目ですな。レイフ・ファインズの少年時代を演じてるのか。未見なのだけれど、原作はドイツなのでしたか。完全ドイツの話だけど全編英語系だったのですね。ブルーノ・ガンツも出てるみたい。機会があったら鑑賞してみよう。

『愛を読むひと』トレイラー





ダフィット君の成人した姿はレイフ・ファインズ!成人して美形になった設定か!ダフィット君、今のところはまだ、ファニーっぽい顔立ちですものね?

しかし、レイフ・ファインズも超絶いい男だ。むほほほほほほほ。当然、イギリス人ですよ。むはははははははははは。ヴォルデモードだもの!おほほほほほほほほ!ハリー・ポッタァアアアアアア!あの人ォォォォ!

82.jpg

若い頃のレイフさん。よく見つめ合うと、確かにヴォルデモードの雰囲気が漂ってくる気がいたします。


83_20100702160509.jpg

映画『シンドラーのリスト』で実在したナチ将校アーモン・ゲートを演じたレイフさん。いい男は皆…いい男は皆…、ナチスの将校を演じてますなあ。実在のゲートは相当に残虐な性格だったようですね。


というわけで、素敵俳優さんをたぐっていくと、また素敵な知らなかった映画や俳優さんに辿り着けるので、俳優を巡る旅はやめられない旅なのでした。エンドレス。でもそれでいい。
関連記事
スポンサーサイト
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。