スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリースト

922_20120129211729.jpg


プリースト (原題: Priest) 2011年 アメリカ作品

監督:スコット・スチュワート

主演:ポール・ベタニー
カール・アーバン
キャム・ギガンデット
マギー・Q



『レギオン』の監督スコットが、再びポール・ベタニーを主演にして撮影した映画、『プリースト』をDVDにて鑑賞しました。

結論からあっさり申し上げると、『レギオン』よりは「どうしたこといったい?」といった気分にならず観られました。が、それはスコット(呼び捨て)のセンスのない演出に慣れたからなのか、一応、原作(韓国のコミック)がある為、物語のバックグラウンドが、しっかりとしてたからなのかは、これから紐解いていこうではありませんか。歴史学。

『レギオン』も愛しているんですよ → 『レギオン』の感想文

今のところ、『レギオン』に一番長い感想をつけたんじゃないかしらね。愛ですよ愛。過去を振り返ればスタウオのエピワンに一番長い感想を書いたんですけどね。スタウオはもう映画ではなくスタウオというジャンルだから(ぎらり)。

スコット(呼び捨て)に対して言いたいのはただ一つ。監督をやめて裏方の映画稼業に勤しめばいいのいなーとは思ってます(毒霧)。

基本的にB級テイストな映画は大好きだし、何度かこの映画ブログでも書いてますが、人生において「駄目すぎて唾棄すべき作品!」と思っているのは一本だけです。今のところ。それは邦画。ちなみに、少し前に観た『LOFT』も栄えある唾棄すべき作品に加入するところでしたが、結構、楽しく感想を書けたのでギリギリです(こちらが感想)。ヘンテコをそれなりにエンジョイできました。

スコットの作品は、大好きな俳優ポール・ベタニーが主役をやっている為、ついつい重箱の隅をつついた感想になってしまうんです。例えばポールは主演ではないですが、メインキャストとして出た過去の作品『キラー・ネット』などは、『レギオン』や『プリースト』に比べたらもっとB級、もっとC級かもしれません。でも面白くて楽しいのです。全然、「監督、何を考えとるんじゃ!」という疑問はわかないの。もちろん突っ込みどころは満載なんですよ? 整合性がとれてない場合があっても、B級映画の底力でねじ切って観客をどっかんどっかん興奮のるつぼに落とせばいいんです。全ての作品が文芸の香りが漂う一級品じゃなくっていいわけです。私にとっての特別な一本になってくれればそれでいい。

だが、スコットは、基本的に映画のセンスがないと思うのよねえ。ライトなオタクなんじゃないかしらね。監督はライトなオタクではいけません。相当にディープなオタクじゃないとやってられませんよ! プラスセンス。プライスレス。

こだわりが感じられないのよスコットからは。変なこだわりは感じるんだけど、すごく浅くて仰天です。小賢しさは感じないんだけどねー。純粋に映画好きで撮影してるとは思うのだが……。

と、ついスコット(呼び捨て)に対する疑問がむくむく湧く作品ではありました。

ポールが出てなければ、私も何も感じず「おお、結構面白かった」といって記憶に薄く残る程度の楽しい作品だとはわかっているのだぜ。レンタルDVD屋で棚にあったら、ポールが出ていなくても手に取った作品ですよ。吸血鬼、近未来、退廃的……「あら、面白そうじゃない」と躊躇なく手にとり、ツイッターでも「結構良かったっすよー」と褒め称えていた作品なのよ。

今でもポールのことさえ目をつぶれば「面白かったー」と素直に声に出して言えます。

作品で良かったところを先に書きます。武器は割と良かったかな。あと、衣装も良かったね。最初のアニメで世界観を説明も悪くない。多分、原作の漫画からアニメーションをおこしてるんだよね?

しかし、武器にしても、「この武器……使い方間違えてるよね」と思うような位置づけの武器が一つ。アニメにしても「このまま最後までアニメにしちゃった方がお互いのため――なんじゃないだろうか? お互いって、我々とスコットのことなんだけど」

といった疑問が既に渦巻くのであった。衣装だけかしら疑問が渦巻かないのは。

褒める部分はとりあえず全て褒めました(えっ……)。アクションに関しては確かに『レギオン』よりは見応えあったんです。でも、詰めが甘いの。「ここのアクションと演出はどーなのか、スコット」と問い質したくなっちゃうのさ。さっさっさ。

あ、最大の褒めどころを忘れるところだった。役者のチョイスは最高です。ポールはもちろんベリーグー。(といいつつ、何故この作品に出たのか――という疑問はオールウェイズ三丁目)。他の役者さんも見栄えよくて素敵。女優さんも全員良かったし、目の保養。それが最大の褒めどころだ。

ここから先は疑問とグチが渦巻く世界です。ネタバレ部分になったら折りたたみますね。ネタバレっていってもそれも……「これは確かに秘密事項なのかもしれないが、その秘密がばらされた時に、ちーーーーーっとも衝撃的な展開にならないのは何故なのかしらね。その秘密、もう知ってたから(知らなくても)!」とスコット(呼び捨て)にメールしてやりたい衝動にかられました。ほらB級でお約束の展開で、誰の頭にも思い浮かべられるベタな秘密ってあるじゃないですか。それでも楽しくダマされている我々っていうの? しかし『プリースト』に関してはその秘密が……「で?」ってなっちゃうのよ。このあたりは『レギオン』の方が顎が外れたかもしれない。「え!?」という違う方向での驚きが『レギオン』にはあったかもね。『プリスート』はそういう驚きは満ちあふれてないわけ。ヘンテコ驚きはないの。用意された驚きが待ち構えているんだけど、何だか薄い精液を飛ばしている人がいたわね……って感じなのよ。下品な言い方しちゃうけど、忘れちゃいけないのは、ここが一応18禁を謳っている映画ブログだからね。たまにいれとかないと、いけないノルマがあるんですよ。自分ルール。

この映画を例えるならFF13というゲームのような、一本道映画だった――というのが全てなんじゃないかしら。

さて、細かくつついていくわよ!


921_20120129211938.jpg

バイクの造形に関しては、こういうブリキっぽいのが好きな人もいるかもしれませんけど、「何この、ダサイ造形……」と思わず大声で叫んでしまった。特に、ポールが乗るバイクが酷いったらないの。ただ、こういうモーター系のデザインや、機械などのデザインは好みの問題ですから、「このバイクだけは最高だった」という方がいても私はおかしいとは思いませんよ! そこまで心は狭くないです(オープンハート)。

私が好きな近未来のノスタルジー機械っていうと、大友克洋様(敬称)が描く世界みたいなのは大好きよ。大友先生(尊敬)の絵を最初観た時は「日本人にもついに、ここまでの才能を持つ人が出現したかー!」と鼻血を出したものです。もちろん手塚治虫巨大先生に敬意を払いつつ。松本零士先生の描く宇宙は当然だけど、戦争ものの雰囲気なんかも好きですよ。SF雑誌スターログで大友先生の確かアシスタントだった人たちにインタビューした記事は今でも宝ものだもの。後はメビウスやシド・ミードの世界観が好きです。鳥山明先生の描くバイクなんかも相当に格好いいし、素晴らしいわよね。

という、一応好みを提示しつつ……『プリースト』のバイクを観た時に、「なんじゃこりゃ」という台詞がつい私の口から飛び出してしまったのでした。でも本当のバイクマニアからしたら「最高のデザイン!今世紀最高のデザインだぜぇえええええ。現代美術館に展示されてもおかしくない歴史的&画期的! 未来永劫、誰も、ホンダでさえも、カワサキでさえも、このバイクを越えられないぃぃぃぃぃぃぃ!」といったデザインだったかもしれません。バイクド素人の私は黙って目をつぶります。ZZZZZZZ……。


武器とアクションについても書きたいんだけど、ネタバレ要素を含んでしまいます。ここから畳みます。


↓ 続きの感想はこちらの下に折りたたんであります。ネタバレ注意です。秘密二つにも言及してます。どこが秘密じゃという秘密でも、一応秘密だから……。

Continue Reading

スポンサーサイト

ポール・ベタニー新作『Priest』についてコミコンでのインタビュー映像

連日お伝えしているポール・ベタニー新作『Priest』コミコン会場の様子です。今日はインタビューを見つけました。

動画のタグをはったのですが、重くて表示されないのでURLを御紹介。

インタビュー動画

サイトそのものが重い時があるようです。頃合いを見計らってチャレンジしてみてください。ポールだけじゃなく、マギー・Q や他の出演者のインタビューも掲載されてます♪


途中で隣のインタビューと話題がかぶったのか、ポールが気付いて笑っているシーンがすごく可愛い。でもインタビューには真剣に答えているのだもの!キュートで真面目なポールにきゅーん☆。もきゅもきゅ。もきゅもきゅ。

ああ、やっぱりハリウッドは情報が派手だよね。ドイツを最近巡っているせいだとは思うけど、情報量が違うし、何だかとっても派手だ。もちろんどっちも好きな雰囲気だからいいのだけれど、情報入手という点ではハリウッド関係はとにかく入手しやすいもの!ポール入手!って感じだもん。もんもん。もんもーん。


昨日、『アナトミー』の感想アップといってましたが、昨日は午後から客がわらわらやってきてせわしなかったので断念。長くなりそうなので二回にわけようと思ってます。一回目は感想。二回目は俳優さん紹介かなー。予定は未定。コメントでcue さんがまた素敵な情報をくださったので、それをアナトミー俳優感想に反映させたいと思います!ありがとう!ふんふんふんっ!
関連記事

ポール・ベタニー新作映画『Priest』コミコン会場でパネルディスカッション写真アップ!

今朝アップした記事ポール・ベタニー新作映画『Priest』の予告トレイラーを紹介しましたが、サンディエゴで行われているコミコン会場で監督や出演者が参加したパネルディスカッションの写真も公開されてました!!早速、御紹介します。

写真は全てクリックすると大きくなります。


100_20100725122836.jpg

わあ、髪の毛少し伸びてますね。かわいいなあ…。


98_20100725122942.jpg

こういう薄い色のカジュアルなボタンダウンシャツを着ているポールは珍しいと思う。


99_20100725123025.jpg

意外と見かけないファッションですよね。シャツの腕もまくってるし。新鮮な感じ♪足は相変わらず長くて細い。お、去年のコミコン会場では見つけられなかった薔薇のTATTOOがチラリと見えてますね♪


97_20100725123118.jpg

爽やか~。映画『ウィンブルドン』でのイメージぽいですね!!


96_20100725123155.jpg

唇がポテーンとして可愛いなあ。髪型もナイス。ひよひよっとしててグー!


95_20100725123221.jpg

何か構えているポールさん。お茶目っぷりでしょうか。


94_20100725123248.jpg

あ、やっぱりお茶目っぷりを発揮している感じですね♪ 可愛いよー。ひよひよっ!


92_20100725123309.jpg

フォトコール♪ 

左からキャム・ギガンデット(Cam Gigandet) 監督スコーット・チャールズ・スチュワート(Scott Charles Stewart) マギー・Q(Maggie Q) ポール・ベタニー!(Paul Bettany) カール・アーバン(Karl Urban) Comic-Con 2010 at San Diego Convention Center on July 23, 2010 in San Diego, California.

マギー・Q やっぱり可愛い!クールな役柄が多いけど、素顔は笑顔がとっても素敵な女優さんです♪

しかし、監督以外の男性陣は衣裳テーマでも決めてきたのでしょうか。薄い水色で統一されていません?今年の夏の流行りなのかしらね…。


93_20100725123324.jpg

こっちもフォトコール。一人増えてます。ポールの右隣にいる人 スティーヴン・モイヤー(Stephen Moyer)さん、イギリス人♪ 多分、彼が敵役のボス(中ボス?)の一人だと思うのです。彼が出ている他の映画やプライベートの画像もチェックしてみましたが、なかなか鋭い目つきで格好いいですよ!!どうやらアンナ・パキンと婚約中みたい♪ "True Blood" というテレビドラマでも吸血鬼役をしているようですよ。クセがあるハンサムさんで良い感じ♪ これからも注目していきたいと思います。


さて、監督はヒゲをもさもさとさせてますが、映画の仕上がりはどうなのでしょうかね。今朝の記事でも書きましたけど『レギオン』よりは面白くなってそうな気がします(期待アゲ)。吸血鬼映画ってだけで何割か評価を増しますぞ。吸血鬼映画大好きなのでね。せめて爽快感を感じさせるB級映画に仕上がってますように!!

それにしてもポールは素晴らしく格好いい!!夏らしく爽やかな笑顔が見られて眼福です!るるるーん♪

アメリカに住んでればなあ。サンディエゴ行っちゃうもの。コミコン会場行きたいもの。ファンと交流する場があるなんて最高。いいイベントですよね~。夢のようなイベントだ。いつか行けますように!!
関連記事

ポール・ベタニー新作『Priest』の公式スチール写真が新たに公開されました!

レギオン』の監督スコット・スチュワートが撮ったポール・ベタニー主演の新作『Priest』の新しい公式写真が発表されました。来週、開催されるコミコンインターナショナル(以前、刺青記事の中でコミコンの様子をお伝えした記事)に出品するのにあわせて、スチール写真が公開になったようです!!

ポールの写真はクリックすると大きくなります♪


63.jpg

わあ……また『レギオン』と同じような世界カーン!ポールはひたすらクールで最高だが、レギオンと同じ香りも漂ってくる。監督ぅぅぅぅぅお前のセンスは基本的に私は認めてないぞおおおおおおおお。ポール・ベタニーはとにかく最高なのに。監督ぅぅぅぅぅぅぅ今度失敗したら、ファンレター書いちゃうよ!「センスを磨け」と書く。


62.jpg

わああああああ。バイクに乗ってるぅぅぅぅぅぅぅ。バイクにのる僧侶ぉぉぉぉ!ポール・ベタニー最高に格好EEEEEEEEEE! ゴーグルも似合いますね。興奮するっ!


61.jpg

姪が吸血鬼に攫われて、それを助ける話のようなので、このぶら下がってるのは姪か?近未来中世的な世界感なのかしら。お洋服は中世っぽいよね。でもバイクだし…。お洋服は素敵。ポールも姪も。素敵素敵♪ 近未来中世素敵♪


60.jpg

ハンター仲間らしい女性。多分、Maggie Q(マギー・Q)さんだと思うのです。彼女の名前がクレジットされてますから。私、マギー・Q大好き!!嬉しいなー。格好いいですよ彼女とっても!!


59.jpg

これは一緒に旅する保安官とやらなのでしょうか。また、『レギオン』と同じように、中途半端な成長を遂げさせる青年が現れた。


というわけで、徐々に気運が高まってきますね!『レギオン』と同じくらい、センスなし監督手腕が発揮されてたとしても、私はきっとこの映画を愛するでしょう!映画館で必ず観たいので応援します。エイエイオー。エイエイオー。

去年はコミコンインターナショナルでレギオンフェスティバルをやったけれど、今年もやるのかなー。いいなー。サンディエゴでしたっけ?アメリカに住んでいたら行くもの。ポールとファンの質疑応答&サイン握手会に行きたいもの。マギー・Qとも握手したいもの。監督にもっとセンスを磨けと忠告したいもの!!アイワナビーアメリカーン!

ポール・ベタニーの記事はやはり書いていて自分でもすんごく興奮しますよ!!たぎるってやつですよ!!漲るもの!

ボボボボボボボボボボ!


コミコンが開催されれば、また新しい情報が入ってくると思うので楽しみですね。来週いよいよ開催です!ポールは主役だし、イベントが開催されればコミコンに参加する可能性は高いと思います!!今やってる撮影とかぶってスケジュールの調整がつかないとわかりませんけれど、ファンとの交流もできる場でもありますし、参加してくれるといいなー。私も行きたいなー。サンディエゴォォォォ!

では、私はこれから家族としゃぶしゃぶを食べに行くのであります。

取り急ぎ記事をアップしにまいりました。

皆様、よい連休を!
関連記事
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。