スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・ベタニー主演BBC制作映画ついにお目見えか!&いつものファービュラス・ファミリーショーーーーット!

622_20120830222626.jpg


何て渋くて素敵なの……。最初、ハリソンおじさん(フォード)と見間違えてしまったほどよ。ラブ☆

"Blood" はメイキング風景を以前ちらっとお伝えしましたね(こちらの記事)。

そしてBBCの公式サイトがお目見えしたの(こちら)。

BBC FILMS ということは、連続ドラマじゃなくて1本フィルムタイプなのでしょうなあ。

BBCといえば『シャーロック』も日本で放映したのだから、是非これも放映して欲しいものですなあ。うおおおおおおお。

記事では取り上げてこなかったけれど、イギリス俳優ベン・ウィショー君も、イギリスの連続ドラマに出演してたよねー。ベン・ウィショー君は007の新作でQも演じるし、ファンの方は嬉しいでしょうなあ♪

せっかくだから、ベン・ウィショー君とダニエル様のツーショット特集画像を1枚お届けするわ☆きらめき英国いい男ツートップ☆


621s.jpg

きゃお。最近の007シリーズはボンド様以外に、ベリーファービュラスないい男をたくさん集める努力をしてるように感じるわよ!(いきごみ大事) その意気込み受け取ったぁあああああああ。

さて、とれたてホヤホヤのポール・ベタニーと美しい奥方ジェニファー・コネリーそしてお子様のファミリーショット♪


621.jpg

つい、二日前くらいのパパラッチショット。ニューヨーク近くのトライベッカを家族(2番目の息子と一番下の娘ちゃん)とバイスクル♪ですって。

めちゃくちゃカッコ良いもの! もう何だかもう映画だものいつものことだけど。日常がフォトジェニックってすごいわよね。しかも彼らは別にかっこつけてやってないの。自然体なの。それなのにこれだもの!最強のファミリーの一つ。


620.jpg

ポールの自転車操業って初めて見たかも……ですよね。日常ではそうよね……。とにかく目の保養すぎてもうたまりません。


619.jpg

ステラン君はちゃんとメットかぶってるもの。セーフティ家族だもの。当然だもの。


618_20120830222840.jpg

アグネスちゃんも首がすわって、こういうのに乗れるようになったんですね♪ ラブリー。それにしてもジェニファー・コネリーの美しさは素晴らしいとしかいいようがない。カッコ良いもの。ジャパンの流行言葉でいうとハンサム・マザーだもの。ショーパンだもの。四十代でスーパーミニ丈のショーパンだもの。美脚だもの。スリムマザーだもの。本当にカッコ良い女性だわ。ポールが惚れるの当然よ!


616.jpg

この写真でも、ジェニファーの方が男前に見えるほどですよね。そして美しいボディーを産後にもかかわらず保っているジェニファーの厳しい審美眼により、ポールも相変わらずスタイルベリーグーだもの。たまりませんもの。白のTシャツにベージュのコットンパンツっぽいものが最高にお洒落で似合ってるもの。グラサンも二人ともきまってるもの。当然だもの。スターだもの。当たり前だもの。これぞスターだもの。ああ、目の保養ありがとうございます(感謝の念)。

というわけで、ポールは相変わらず素晴らしいとしかいいようがないといった記事でした。

お届けできてよかったわ♪

実生活では本当に映画を鑑賞してないの。

フェイスブックでは、よくジョゼフ・ゴードン=レヴィット君について話しているかもです。というのも、ジョゼフ君はフェイスブックやってるからねー。ついニューな話題が出るのよね。ツイッターの方でもジョゼフ君とノーマン・リーダスさんは、まめに呟いていて愉しい。私が記事にするまでもなく、彼らがライブで自分実況してくれてます。チェケナ&参加すべきよ!

フェイスブックに申請皆さんありがとう。とっても嬉しいでーす。今年の夏は美容とファッションに話題を特化させてますが、それに関連して近いうちにジーンズを履くスターといった記事も書きたいわねー。欲望だけはあるという意思表明をしつつ、実行できない意思薄弱みたいなね……。

フェイスブックではとにかく毎日ダラダラダラダラたっぷり呟いているから(ここぞとばかりに長文呟きです)、よければ本当にフェイスブックで繋がりましょうね。すぐにお返事できるしー。

あ、拍手ありがとうです。メッセージのお返事は週末までにお返事できたらなと思ってます。心から感謝です♪

では今日も異常な暑さでしたが、バテないようにゆるゆるいきましょう!目の保養で目の疲れとおさらばして過ごしましょうね☆

関連記事
スポンサーサイト

俳優ベン・ウィショー、キリアン・マーフィー、監督トム・ティクヴァの話題など

先ほどアップしたカマルゴ記事の流れで書いていたのですが、雑多になったのでこれはこれで独立させました。

一昨日、ツタヤ店舗から借りてきた映画『パフューム ある人殺しの物語』の主役がまさにカマルゴ的な顔立ちだった。すごい個性的な若手俳優さんだ。ベン・ウィショーといってイギリスの俳優さん。クセがある顔。でも私に余裕があれば好きになるタイプの顔です。彼も舞台に力をいれている俳優さんのようだ。シェークスピア劇もやるし、現代劇もやる舞台人。でも映画もいろいろと出ていて注目されてる俳優さんなんだね。本当に私は映画のブランクがあるなあ。七年のブランクは長いよ。知らない人ばかりだもの。


90_20100813211325.jpg

ベン・ウィショー(Ben Whishaw、本名:Benedict Whishaw)
1980年10月14日(29歳)
イングランド・ ベッドフォードシャー州 出身


写真は『パフューム ある人殺しの物語』(2007)で主演を演じたベン・ウィショー。クセがあるけれど、好きになると、ズッコンズッコンはまると思います。この映画ではカマルゴ風味である。


89_20100813211325.jpg

この写真可愛いね。何かの映画での役かな?

* '10 8/14 情報追加 昨晩、利根さんが素敵な情報をコメントで下さいました。早速、その情報を追加します。利根さんありがとう!キスキス!

この可愛い写真のベン・ウィショーは、『アイム・ノット・ゼア』(I'm Not There)2007年のアメリカ映画に出演したベン君。ボブ・ディランを演じたそうです。ウィキで調べたら…

歌手ボブ・ディランの半生を6人の俳優達(クリスチャン・ベール、ケイト・ブランシェット、マーカス・カール・フランクリン、リチャード・ギア、ヒース・レジャー、ベン・ウィショー)が演じる伝記映画。

すごく面白そうですね。魅惑的な役者さんがたっぷり出演しているし、それぞれがボブを演じてるっていう演出も楽しそうだ。ヒース・レジャーも出てる!ケイト・ブランシェットはこの映画でいろいろな賞を与えられているし、作品としても評判はよかったみたいですね。監督の名前をチェックしたら…トッド・ヘインズ監督ではありませんか!なるほど!これは面白いに違いない。『ベルベッド・ゴールドマイン』の監督だもの。なるほど、それでクリスチャン・ベールが出演しているのですな。『ベルベッド~』は何十回も繰り返し観た映画の一つだわ。トッド監督はゲイをカミングアウトしているのか。なので『ベルベッド~』の男同士愛の描写が艶っぽいわけだね。なう納得しました。ふむふむ!ふむふむ!今度、『アイム・ノット・ゼア』はチェックしてみます。素敵な情報本当にありがとうございます!


あ、それと「この人……この人だったのかー!」と最近びっくりしたシリーズ。『バットマン・ビギンズ』と『ダークナイト』にスケアクロウ役で出ていたキリアン・マーフィー。少し変わった顔立ちでクセがあっていい男だなーと思ってたのだけど彼が『28日後…』の主役だった人だって昨日知った。えええええええええ。全然わからなかった。『28日後…』の時は何とも思わなかったもの。スケアクロウは妙にぬめぬめした色っぽい状態だったけど、『28日後…』ではそういった色気に気付きませんでした。今は『インセプション』にも出演しているようだ。キリアン・マーフィーはクセがあるけれど、とっても色っぽくって不思議な雰囲気がある人ですよね。日本でもかなり人気があるのでは?先ほど書いたベン・ウィショーもそうだけれども。


88_20100813211325.jpg

キリアン・マーフィー(Cillian Murphy)
1976年5月25日(34歳)
アイルランド コーク出身

『バットマン・ビギンズ』のスケアクロウ。すごくいい演技してましたよね。ハンサムなんだけど不思議なクセがある魅力的な人です。

87_20100813211325.jpg

これも可愛い。でも他の様々な画像をチェックしましたが、写真によっては本当にくせ者っぷり。美形なのに何かヌメトゲって感じです。ヌメヌメトゲトゲ。瞳が異常に美しい。演技上ですが女装も何度か演じているようだ。似合いそうですよね。

私も余裕があったら好きになってたかもしれない。ちなみにキリアン・マーフィーもイギリス…というかアイルランド人だ。話題になった良い作品にいろいろと出演しているらしいので、今度チェックしてみよう。『プルートで朝食を』と『麦の穂をゆらす風』が面白そうだ。


話は映画に戻りますが、『パフューム ある人殺しの物語』の監督はトム・ティクヴァなんだね。これもびっくり。『ラン・ローラ・ラン』のイメージがあるので、映像的にわからなかったよ。まだ最初の30分ほどで鑑賞は止まっているのですが、こういう感じの映画を撮る人になってたんだトム。彼が監督した『プリンセス・アンド・ウォリアー』という2000年の作品は、当時、監督とは実生活で恋人同士だったフランカ・ポテンテと、先日記事にしたベンノ・フュアマンの二人が主演の映画。日本未公開だったのかな?でもDVDにはなっているので(日本字幕版)、機会があったら観る予定。『アナトミー』の次に出演した作品だったようだね。同じ共演者が違う映画で全く違う演技をしているのを鑑賞するのも映画の醍醐味ですなあ!おほほほ!

『プリンセス・アンド・ウォリアー』トレイラー



面白そう♪

こちら↓はキリアン・マーフィー主演、ダニー・ボイル監督作品の『28日後…』のトレイラー

確かにこの顔だった。スケアクロウの人だ…。もしドイツ版だったらアウグスト・ディールが主演をやってそうな雰囲気だよね。『28日後…』は映画館行ったものなあ。面白かったよ。『28週後…』は未見。





そしてカマルゴっぽいベン・ウィショーが主演の『パフューム ある人殺しの物語』トレイラー。ダスティン・ホフマン、アラン・リックマンも出演しておりますぞ。




また鑑賞し終わったら感想書きます。


といって感想がたまっていってます。とにかくパソコンが異常に重いのですよ。何か調べるだけであり得ない時間がかかって効率悪いったらないのです。なのでキャプチャー系が辛いかな…。月末か九月初旬にはニューパソがやってくるからそれに期待。『アナトミー2』と『スパニッシュ・アパートメント』の感想を書きたいのです~。アウグストと湖畔。バーナビーと湖畔。ダニエル・ブリュールと湖畔。セバスチャン・ブロムベルグと湖畔…などの特集もしたい。ポール・ベタニーの映画感想もアップしたいー。ポール・ベタニーと紅茶をやりたいのに…。ずずずーん(パソ重)。

まあ、世間もお盆休みのようですし、ゆったりやってきます。ツイッターでは四六時中ぶっつぶいてますので、よろしかったらお喋りしましょう。もふもふ。

ではよい週末を!
関連記事
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。