スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イグジステンズ

イグジステンズ ExistenZ 

監督:デビッド・クローネンバーグ
主演:ジュード・ロウ、ジェニファー・ジェイソン・リー、
ウィレム・デフォー

カナダ・イギリス映画

2001 1/12 ビデオで鑑賞

20.jpg

結末にも触れているネタバレ感想なのでお気をつけて…。


わたしの愛するクロネンの映画。気楽。極楽。孫悟空。こんなに気さくなクロネンムービーはないね。この映画はすごい気さくさんだったよ。書くことがないくらい気さく。この気さくさはいったい…。もちろんクロネン監督の映画は大好きですからね。ですので別に気さくなのは全然いいのです。意外と思っているよりラフに見ることができるのが、クロネンムービーのいいところですから。粘液系じゃないっすからね。粘液系っぽいかと思うと割と砂漠系です。あっさりと場面をガンガン切り替えてきます。

今回もいいっすねー。男優の選びどころにおいてはクロネン最高です。自分の趣味全開してますねたぶん。どんどん全開して欲しい。ズボンのチャックが開いていても堂々としていて欲しい。イチモツが見えてしまっていても関係ないだろう。むしろそうして欲しい。余りにも堂々とやられるとかえってセクシーじゃないところがクロネンのいいところです。

ジュード・ロウが動いている映画は初めてみました。スチール写真などで顔は知っていたけど。ジェームズ・スペイダー好きの間でもうわさになってました。スペイダーっぽい感じの美麗さだと。スペイダーよりもっとアポロっぽい。アポロン?ローマっぽいっつーの。ギリシャ?とにかく神話美男子ですのう。この映画ではオタクっぽい髪型が大変においしかった。演技も砂糖みたいにサラサラ溶けていく感じで、覚えてないほどです。といっても味わいがなかったのではなく、映画全体がさらさらしてたのです。二度続けて見ようかな…。

とにかく全体的にすごいアッサリ。わかりやすかったし。今が現実なのか夢なのかも全然惑わされない。や、あの現実の部分も夢なんだよ!(実際は夢だけど。本当の最後のドンデン返しの部分じゃなくて、最初映画が始まった時点で現実である世界のこと)と言われれば、そうかもしれないが。それにしてもすごくわかりやすかったよ!TV映画っぽかったねすごく。全然、金かけてないところがいいね。かかってるのかもしれないけど、最後の戦場っぽいところなど、荒唐無稽っぽさを出そうとしてないところが、チープでいい。ウソっぽいところがいい。予算がないところがいい。そこも逆手にとってんのかもしれないがそこがいい。リアリティーが全くないチープっぽさでよかったよ。ゲームの世界がね。

随所にクロネン監督映画『クラッシュ』っぽさ、『ビデオドローム』っぽさは出ているが、基本、ライト感覚に満ちあふれていた。相当、気楽に作ったんだろうこれは。

例えばゲームの世界で相手が自分の答えを待っているところなど、まるで変な演技学校初歩のチープくささが漂っていておもしろかったよ。ガーッガガガというノイズが走るわけでもなく、小賢しい感じのSFX効果もなくて。リハーサルみたいな感じだったよね全体的に。本番じゃない演技みたいな。

ジェニファーの抑えた感じのキレっぷりがよかった。もうちょっとバカギレしてもいいかなーって感じもあるけが。このあたりがリンチと違って女優にむやみな色気を出させないのがクロネン流。紫色をしたモニャモニャオーラみたいなセクシーバリヤーをハギとってしまうのがうますぎるほどです。セクシーさを消す監督だ。女性からセクシーを剥ぎ取る天才。男子に色気を醸し出させます。

それと女性からのセクスアプローチを必ずさせるのもクロネン流だよね。男性は及び腰なんだよね常に。まあジェニファー・ジェイソン・リーはもともとそんな色っぽいオナゴではないですが、その女優さんを選ぶところからしていつも通りのクロネンですなあ。

緊張感も全然ないし逆に物足りない人もいたのかもしれんね。お洋服の趣味が『クラッシュ』の時と似ていたが、同じ衣装担当の人だったのかな。音楽も似てたね。音楽は『クラッシュ』の方が印象的だった。

メタルフレームっぽい質感の映画。鈍いシルバー色。クラッシュの時もそういう感触だった。『この性嗜好は非常に私好み!」と大いに思ったのは『クラッシュ』でしたが、今回の脊髄プラグもいいなあ。私はゲーム好きなので、ゲームの危険性といったものは、全く気にならないんだけど、説教クサイ感じもしなくてイイ映画だったよ。説教してたのかもしれないけど。

現実と夢の区別がつかない!わけわからん!という部分はなくって、自分が普段からゲームに親しんでいるせいなのか刺激的な感じはなかったねえ。これは夢。これは現実。現実も夢だった。だけどこれも夢。すごくわかりやすいですよみなさん!リンチ監督の『ロスト・ハイウェイ』はなどは惑う映画だからね。

そ・れ・と!ウィレム・デフォーは最高だよね。ガイコツみたいだもんね。ガイコツにものすごい演技力をつけた人。それがウィレム・デフォーだよ!いやあ好きな顔だ。最後に「僕はそれほど出番がなかったかな。ヘラヘラヘラ」というときのシャイな顔が狂っていてたまらないね。しかも本当は狂っている設定じゃないわけだからさ。ジュード・ロウよりセックスしたかったですその場で。あのキタナイ格好のデフォーと。ガスですね。役名ガス。ガス・ステーションのガス!イエイ!ゲームっぽいぜ!

どれも予定通りの行動をみんなしてくれるので大変に見やすかったです。ジュード・ロウが影のスパイだったゲーム上での結末。最初からそう思っていたら本当にそうだったというわかりやすさ。最後の場面で「ゲームに影響を与える思想で危ない人がいたからメンツを選ぶのは慎重にしよう」となり、その危ない思想の人達がジュードとジェニファーだったという結末も、必ずそうだろうという期待を見事に裏切らない展開だったし。でも「ケッ、そこがミエミエなんだよ。パンチラ!」とかではないんだよねー。そこがクロネンのいいところー。本当はもっと何か「あの表情は!」など深く読み込めるものがあったのかもしれないけどね。

しかしこのアッサリ感は実は後をヒクタイプのものなのかも。たまにそゆ映画あるよね。予定より簡単に映画に溶け込めてしまうのが、逆にひっかかるわけ。え?これでいいの?というのが本当にサッパリでそれ以上見る必要がない場合と。大変におもしろすぎて何もかもが素通りしていってしまった場合。違和感なさすぎのおもしろさで。

女性がだいたいS属性だよね。クロネン映画。セックスの話題は常に口走っているような感じなんだけど、実際性欲はそれほどないみたいな。ドライな性感帯。

『クラッシュ』でも車の事故による性衝動がおこるのです(素敵設定)。それを処理するのにはもちろん相手がいれば、よりよいわけだが、女性側が積極的で独り善がりっぽかったではないですか<クラーッシュ 特にホリー・ハンター様がみんなと事故ビデヲを見ているときにダレの目も見ないで画面にくぎ付けになりながら、スペイダーの手を自分のエッチ部分に導くじゃない?あれなんか1人エッチだよな。そういうところを描くのは本当にクロネンは上手。

今回だって誰かを助けだすために、ジュードに「親切な人」のキーワドを振りかざしながらプラグをつけさせたが、あれも単純にあのオナゴがセクシー(脊髄にプラグなんざーどう考えてもエッチ穴に棒だろう)タイムを過ごしたかっただけだったしな…。助けるかどうかは関係なくなってたよね?すっとばして見てたのかなワシ。夢みたいなもんですなあ。辻褄があわないんだけど見ているときはあってるんだよね夢ってさ。

でもあのゲームの世界のお約束ごとみたいなパロを、もっと描いてくれたら、より一層爆笑だったんだけどなー。ついつい人の家に行くと色々なところをチェックしてしまうドラクエみたいなノリをね。でもそのゲームの世界(変な中国レストランの世界)を堪能してる現実の世界(ジェニファーが天才的ゲームデザイナーという世界)もゲームだったわけだからよくできたゲームであったのだろう。今回あまりにもアッサリしてたのはゲームを意識してたからなのかな。ゲームってアッサリしてんもんね。妙なアッサリ感があるよねRPGやアドベンチャーをやってると。自分がゲームに何時間ものめり込んでも飽きないのは、基本設定がアッサリしてるからであろう。

現実主義者など、政治っぽいテイストもゲーム世界のテロリストみたいな感じで、実感なくってよかったよー。全然実感なくっていい。ゲームだねゲーム。そういう意味じゃすごく上手だったのかもねー。上手すぎて誤解されそうな映画だね。ジェニファーが匿ってもらった老人(スパイの設定だったわけだが)を殺すと急にジュードが「現実の世界だったら本当に殺しているんだぞ!」などと言いますがジュードもその前に粘液ホネホネ銃でブチ殺したりしてんだけどね。しかも意味もなく。「殺したくなっちゃったよこの銃もつと!」などといいながら。そんなことも全然気になりませんね。むしろイイですね。

ex1.jpg


↑以前やっていた映画サイトでの感想(2001年)↑


↓久しぶりに顧みて…2010↓

ex2.jpg

今、見ると、すごくやらしいシーンですね。いいですねいいですね♪

面白かった記憶はたっぷり残っているのですが、本当にあっさりしてたんですよ。クロネンだと多少は身構えるじゃないですか。デヴィッド・リンチ監督映画ほどではなくてもね(不条理系)。でも『イグジステンズ』は理論整然としていたと思います。久しぶりにまた観たくなっちゃっいました。


予告トレイラー



スポンサーサイト

男優スターの体型に注目してみました

先ほどの映画感想記事で、昔は少しばかりむっちりした体型の人が好きって書いてますね。昔は二の腕細っ子男子クラブ所属じゃなかったのかな…。過去の記述観ると。でもポールもカマルゴも、ものすごいガリガリじゃないですよね。西洋の人は基本的に、胸の厚みや肩に厚みがありますからね。ヒョロ体型の時のポール・ベタニーでも、ギャングスター NO.1 でスーツ着て横向きになると胸板はさすが外人なんですよねー。むっちりした胸板…。ふう~目の保養。カマルゴもゴボウかと思いきや、Tシャツ着て横向きになると肩と胸は肉厚。それでも二人はマッチョ系じゃないですよね。体型をマッチョにしないといけない映画ではジムに通ったりするようだけれども。それはあちらの俳優ならボディメイキングは必須科目ですからね。でもそういうのが必要じゃない映画ならば、本来のふにゃぽて体型に戻る…。ぽてぽてしすぎるとよくないけれど!ふにゃゆる体型は意外と好きですよ!マッチョはそれほど得意じゃないのでね。でも…ツイッターでも呟きましたが、最近、プリズンブレイクのお兄さんに少しホレッときてますよ。リンカーン・バロウズ役のドミニク・パーセル。ザ・伊吹吾郎。


m8.jpg


ギリギリのラインでものすごいマッチョじゃないのがいいのかな。でも…やはりここまでガッシリしてなくていいかもしれないなあ。バロウズは動いている映像を観ているのがいいかもしれない。シーズン1では全然ぴんとこなかったの。シーズン2で「あれ、いいかもなー」と思っているのです。まあティーバッグ一押しなんですけどね。私はね…。

m9.jpg


これはプリズンブレイクじゃないですよね?プリズンなのかな。私はまだシーズン2の最初のあたりまでしか見てないからな…。ハートが飛んでます。見えちゃってるのかしら。海外は全員、ちんちん丸見えですからね…。全員っていうと語弊があるけど。でもぷらぷらさせたり、股の間からむっちりとタマが見えてしまうのに抵抗はないような気がする。


外国人で激痩せは意外と難しいかもしれないな。骨格がそれを許さないであろう。ミュージシャンでガリガリはいるけど、それだって日本人のガリガリと違うもの。J・ガイルズ・バンドのボーカルやっていたピーター・ウルフはガリガリ系だけど、彼だって実際見たら「わ、意外とガッシリ」だと思う。久しぶりにJ・ガイルズ・バンドなんて名前を出したけど私は好きだったんです!

m10.jpg


あ、やっぱり痩せてるよね。ピーターはよく横縞を着ていたのですが(上下)、太って見える横縞着てても痩せてるもの…。ミック・ジャガーと一緒にピョンピョン跳ねてたよねステージで。


ミュージシャンだと最近はジャック・ホワイトが好き…。きゅんっ…。彼はもこふるですよね。もこもこしてふるふるっとした体型。ポテポテともいう…。むっちりして可愛い。すごく可愛い!!(興奮)

m12.jpg

m11.jpg

m13.jpg


上の二枚の写真は割と痩せてる時のですね。最後の一枚はジョニー・デップ風。そう、ジョニー・デップとキャラがかぶってるの。案の定、海外では「ジョニー&ジョン・ホワイトの比較画像コーナー」が存在してたもの。どっちもキュートだからいいよね。ベースの顔は似てないと思うが、変な洋服のセンスが似ているのであろう。


でも、昨日、過去にファンだった俳優の現在の様子を観て愕然としてたのです。ぽてぽてどころかぶくぶく状態になっているの!!それはうすうす気付いていたし、知っていたのですが、見ないようにしてました。少しむっくりするくらいなら、もういい歳なのだし、構わないのです。


例えば、ジャック・ニコルソンがムクムクしすぎても何とも思わない。彼にはそれ似合ってるから。もうちょっと痩せてもいいとは思うが、ジャック・ニコルソンはむっくらしているのがもうデフォルトだし、彼の凶悪な個性が(褒めてるんです!)体型を凌駕してるからいいのです。

m14.jpg

俺、イケてるだろ?といった少し若い頃のジャック・ニコルソン。ジャックは美男子ではないのに、ものすごいセクシーですよね。私は相当好きでした。今でも好き。

m15.jpg


だがこれは太りすぎだろう…。健康的にも心配だよね。外人の太り方ってボリュウムが違うからなあ。やばいほど太っていく。

しかし、若い時、それなりに普通体型で、顔は美貌系の人が中年(という言葉は好きではないが)になり、ぶくぶくと太ると…結構「うっ?」ってなるよ!!体重の増減が若い時から激しい人は違和感ないかもしれないけれど、ずーっと美しい状態できてたのに、突然膨らむってどういうことなの…。その俳優さんの現在の太った写真はアップしたくないのでしないよ!ショック巨大なのだもの…。今度、美しい写真だけアップします。別途に紹介したいです…。ううううう(涙目)。


役柄での増減といえば、デ・ニーロ。ロバート・デ・ニーロみたいに体重メソッド役者根性方式で太ったり痩せたりもOK。それはスクリーン上での表現なのでいいのです。

m16.jpg


デ・ニーロといえばトラヴィス役ですよね。何だかんだいって彼のベストムービーは『タクシー・ドライバー』と『ゴッドファーザーPART2』だと思う。エッジがききまくってた!エッジという言葉は当時のデ・ニーロにこそふさわしい!!

m17.jpg


これはスコセッシ監督作品『ケープ・フィアー』でのデ・ニーロ。まさに肉体改造。彼は基本、マッチョじゃないのに、すごいですよね。映画は普通だったけど、デ・ニーロの肉体は迫力あったよ!

単純にぶくぶく太る役の時はぶくぶく太ってたし、本当にすごいよな。今でもその方法とってるのか?

でもこの増減メソッドやる俳優のインタビュー見ると、痩せる時より、太る時が大変って口を揃えていってるよね。意識的に太るって大変みたいだ。特に若い時は大変のようですね。年とると代謝が悪くなるから若いときほど苦労しないかもしれないけど。でも胃が丈夫じゃないと駄目かもねえ。女性だとレネー・ゼルウィガーがこのメソッド系の人だよね。女性で増減役作りは珍しいと思う。

どのスターでも、ほどよい肉付きは気になりませんが、基本的にはベスト体重を維持して欲しいなあ。スクリーンに出続ける限りは…。


昨日、映画感想をアップしたジュード・ロウにはその心配ないのでは?ファンな方々も安心ですよね。彼は綺麗なスタイルを年とっても維持できそう。痩せすぎても老けてみえるから危険だけど、太り過ぎも本当に危険!!そういうキャラならいいけど、元々は綺麗な体型の人がぶくぶくは本当にデンジャラス。夢が醒めてしまうのでスターである限りはベスト体重をキィーーーーーープ!

m18.jpg


ジュードの体型は理想の体型だわ。私が男性だったらこの体型がいいもの。

m19.jpg


もさもさ状態をパパラッチされてもイケてるって、本当に美男子ってそれだけで価値があるのだわね…。神よ人に不平等を何故お与えになられたのですか? 思わず空間に向かって呟いちゃうよ!


m20.jpg


このジュードはどうなのかしら。ファンの方々は鼻血ブーなのかな。体型的にはモエモエだけど、ジュードってこんなにモサモサ君だったの!!かなり仰天しました。ブリーフに目がいかないほどだもの…。こんなに開脚していてパンツ全開なのに、そこに目がいかないってすごいパワー。毛モジャパワーに負けた。股間が気にならないんだもん。抱っこしてるテディ・ベアより濃く見えるよ!どういうことなの!

素敵だけど…。毛はあるべきものかもしれないけど…。濃いよね!


と、今日はランダムにいろいろなスターを取りあげたけれど、ここにアップしたスターはそれほど違和感ない状態なのです今でも。むしろ今でも素敵。ジャックは少しダイエットしろと思うけど。とにかくですね…。絶対に巨大化しないだろうと信じていた美麗スターがうおっ?ってなるのは本当に心臓に悪いのでスターがんばれ!!お金払うからがんばって(映画を観たり、DVDを買ったりして貢献します)!
関連記事
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。