スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャングスター・ナンバー1のポール・ベタニーgif動画♪

ポール・ベタニーといえば『ギャングスター・ナンバー1』。案の定、海外gif職人さんどもが素敵な動画を作っていらっしゃいました。


617_20110501121741.gif

ここ、カメラワークがいいよね。好きなシーンだわー。


616_20110501121740.gif

お目々キョロキョロ


615.gif

前髪がパッツンなのに似合うわ。パッツンじゃなく自然な前髪の方が普段は好みな私ではありますが、このパッツンは可愛いであります。


614.gif

この歯の出し方はザ・ポールですよね。まさにポール。


613.gif

一見、自然な流れですが、これ多分違う作品とミックスされてるgif動画なのです。そうだわよね…?この女性…『ギャングスター~』に出てきてないわよね…。出てきてたら申し訳ない。まあ、私の勘違いだとしても話は続けます(ごり押し)。最近はこういうミックス手法が流行っているみたいなの。gif動画じゃなくても違う作品同士をミックスさせて、まるで共演しているかのように見せる手法が海外では流行っているのだ。面白いよね。

アウグストシリーズでお伝えする予定なのですがアウグストさんがよくミックスされているのは『イングロリアス・バスターズ』で共演したメラニー・ロランさん。ショシャナ・ドレフュスを演じたメラニーさんね。『イングロリアス~』ではメラニーさんとアウグストは特にそれほど接点はなく、ナチスの将校としてメラニーを呼び出しただけの役割でした。レストランまで連れていかれエスコートを一応されただけの関係であります。ダニエル・ブリュール演じるフレデリック・ツォラー国防軍一等兵がショシャナに一目惚れするので、ダニエルとメラニーさんのコラボ(?)は当然なのですが、何故か海外ではアウグストさんとメラニーさんのラブっぽい(?)ミックス画像が多いの。面白いです。もちろんダニエルとメラニーさんもあるのよ。

ポールは特定の誰かというわけじゃないけれど、違う作品と地味にミックスされています。地味にっていうのはポールが出ている作品はさすがに何だかわかるけれどもう一本ミックスされている作品が私の無知によりわからないのであった。

でもみなさんお上手なので「あら…こんな女性いたかしら…」とちょっと疑問に思うだけで自然な雰囲気に仕上げているのでした。

私も二次創作をやっているので架空パロ(お笑いがなくても)はよくやる手法です。文字ベースですけどねー。スター・ウォーズを他のキャラが演じていたらみたいな空想といった案配?

ほら公式自らOKだしているハリー・ポッターのパロディチャリティー番組を以前、お伝えしたじゃないですか。スネイプ先生を何とジェレミー・アイアンズが演じているこの喜び!そういうパロディです。ああ、何て楽しいのだ。ジェレミーもやりそうだもの。あのパロディ見つけた時の私の喜びといったら。もちろんスネイプ先生はアラン・リックマンのドンピシャ役。基本的には当然アランのスネイプを愛していますがジェレミーのスネイプも観てみたいという欲望はあります。二人ともイギリスだもの。陰険顔が得意だもの二人とも。ふーっ(興奮)。

一昨日、やっとこさ『ハリーポッターと謎のプリンス』をDVDで鑑賞したのですよ。『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』も続けて鑑賞すれば、もうじき公開されるラスト物語に追いつける。

私、スネイプ先生が一番好きなの。謎のプリンスを鑑賞していても

ああっ…やっぱりスネイプ先生大好き!

と悶えながら観てました。でも話は難しかったよ。割と唐突に物語が始まったよね。小説読んでいる人は違和感ないのかもしれないけれど映画だけで物語を追っかけている人には少しだけ入りづらいパートだったと感じます。





小説を読まないと補完できない部分があるんだろうなーというのを一番感じたパートであった。それまでのシリーズは特に何もわからないことなくすんなり鑑賞できてたのだが『謎のプリンス』は「えっ!?この人誰?」という人が唐突に出てきたりして戸惑ったわ。きっとあの分厚い本を一本にまとめるには無理があるのだろう。京極堂シリーズと一緒でだんだん分厚さが増してくる方式の作品だものね。小説は手にとってないのでよくわからないのだがそうなのであろう。

基本的に暗い話になっていっているが、それでも学園生活部分の描写は今回も楽しかったなあ。ホグワーツにはとにかく入学してみたいもの。大人で加齢な私でさえそうなのだから世の中のポッタリアンキッズは「魔法使いになりたい!」と熱い思いを滾らせているであろう。私も十代の頃にこの映画に出会ってたらポッタリアンになっていたと感じるよ。そりゃ大人になってからだってはまるのはいいのだが、はまりたいものが多すぎて身体が一つじゃ!そうだ魔法で分身!分霊箱!

原作を知らないので映画で結末を知ることになりましょうぞ。映画で作品を見終わったら小説にトライしてみる予定ザンス。
関連記事
スポンサーサイト

サントラのお話&『ギャングスター・ナンバー1』 サントラシリーズその1

ギャングスター・ナンバー1』 Gangster No.1 (2000) イギリス映画


159.jpg


アニメのサントラもがんがん聴いてますが、久しぶりに映画音楽にいろいろとはまってます。

現在、ヘビーに日々聴いているのが『青い棘』と『プリンセス・アンド・ウォリアー』、『スパニッシュ・アパートメント』でしょうか。たまに『グッバイ、レーニン』もローテション。音楽としては『グッバイ、レーニン』は仕上がりが大変によろしいサントラであります。じわじわ浸透するもの!素晴らしいもの!映画も良かったし最高です。

と、書いている途中でアメリカから『Soul Kitchen』と『パンズ・ラビリンス』のサントラが到着♪ おほほ。おほほ。今、『パンズ・ラビリンス』を聴きながら書いています。思った通りの素晴らしい音楽。『パンズ・ラビリンス』は作品も極上でしたし、中でも音楽の素晴らしさに舌を巻いたのでありました。大変に素晴らしい楽曲であります。

映画のサントラって映画を観てからの方がより聴きやすいものが多いですよね。もちろんアルバムだけ先に聴いても秀逸なのですが、映画を観てから聴くと、音楽だけで映画のシーンを鮮やかに頭の中に再現できますよね。再現しなくても映画の中で流れていた空気を感じ取れるような気になるし。

友人などに映画のサントラだけを先に薦めてもピンとこない場合もあると思うのです。私も映画を知らずにサントラだけ聴いた段階だと「ぼやけた印象だなあ…」と感じていた曲が、映画鑑賞後に聴いたら、素晴らしい曲となって自分の中に吸い込まれていく場合は何度もありました。映画とセットになってる系ミュージックというのかしらね。映画ありき系サントラ。映画を観たからこそより光るサントラ。

もちろんサントラ単独で光ってる場合もあります。既に現存している曲を使っている映画曲もありますからね。タランティーノ監督作品にはオリジナルスコアはなくて、既にある曲を上手に引用しているのでした。でも、タランティーノ作品で使われるまではそれほどココロに残らなかった曲がタランティーノのセンスある映像によって、魅力が引き出された曲もあります。当然、タランティーノ映画で使われる前だって光っている楽曲ではあるのですが。印象がより強烈になる映画マジック。

もちろんジョン・ウィリアムズのような、王道映画作曲家の素晴らしきメロディーも大好きですよ。『スター・ウォーズ』にしろ『ジョーズ』にしろ、『インディ・ジョーンズ』、『ハリー・ポッター』、『スーパー・マン』エトセトラエトセトラ、彼の曲があるからこそ映画も更なる大ヒットに繋がっているのですからね。まさに映画音楽の牽引力を見せ付けてくれてます。大いなる魅力。それ魅力(大泉風…)。

『ブレード・ランナー』の美しい音楽を紡ぎ出したヴァンゲリス、『ヒッチコック』常連作曲家、バーナード・ハーマン、バーナード・ハーマンは『タクシー・ドライバー』でも才能を爆発させてました。他にも素敵な映画音楽はたくさんあります。まさにきら星のごとく。スターの数と一緒で素敵な映画の数だけ映画音楽もスクリーンで輝きます。

最近また久しぶりにサントラCDを買ってるのでした。トレイラー予告だけ見て気に入ったサントラも何枚もありますよ。二日ほど前に御紹介したアウグスト・ディール、ダニエル・ブリュール出演ドイツ映画『Die kommenden Tage』は既に音楽気に入ってしまったもの。サントラ出るといいなーと既に切望しているもの。ほほほほ。でも、基本的にはサントラ盤は映画を観てから聴くように我慢してます。現在、二枚ほど我慢中かな…。ドイツ映画は音楽が印象に残るものが多いです。地味な旋律なのですが、妙にはまるよ!

映画は素晴らしかったのに音楽はいい意味で印象に残らない映画っていうのもありますよね。音楽ばっかり目立つのも映画としてはよろしくないのでしょう。それでも、全然、記憶にかすりもしない音楽っぷりの場合もあるなあ。でも映画は素晴らしいの。相乗効果で爆発系もあるし、音楽が逆効果…の場合もあるのかなあ。音楽が突拍子もなく流れちゃって変…みたいな映画ね。サウンド効果が映像にダメージを与えてるのは印象に残るはずですよね。いびつに目立ってるってことですから。ミュージカル映画はまたそういうベクトルとは別でしょうね。話は至極単純だけれどミュージカル部分は最高!なら成功になるのかもしれない。

ミュージシャンのプロモビデオなどは音楽を目立たせないといけないので、また映画とは違う手法なんだろうな。プロモの内容にもよるけれど、音楽もミュージシャンも両方アピールしないといけないパターンや、ミュージシャン自身はビデヲに出ないけれど、そのミュージシャンの持ち味をアピールするビデヲ…などなどね。最近はプロモビデオ出身の映画監督、増えてきましたよね。ショートショートフィルムみたいによくできているプロモビデオありますからなあ。下手な映画より見応えある音楽クリップあったもの。

好きなミュージシャンのアルバムは問答無用で全曲好き…なパターンは幸せです。私もそういう場合はありますが、アルバム全ての曲が自分好みってわけじゃない場合もあったなあ。そのミュージシャンが好きだから買ったアルバムであって、基本的には全曲好きなのですが、12曲あったらその中でもベスト~まあ普通…みたいな順位はありますよね。よく聴く曲とそれほど聴かない曲はあります。

サントラでもそれは当然あります。一人の作曲家が全部のスコアを手掛けていても、全曲を同じ割合では聴かないし、様々な作曲家が提供している場合(サントラはこのパターンも多いですよね。ロック、やポップス歌手が曲を提供してるタイプ)も、聴く頻度に差が出る曲はある。

もちろん、全曲通して部屋に流しっぱなしでOKな場合が殆どなのですが、携帯プレイヤーで聴いている場合、どうしても選曲してしまいますのう。いいんですよね、それで(指さし確認)。でも映画音楽はクラシック曲っぽい曲調で構成されてるものも多いので、そのタイプのサントラは流しっぱなしがしやすいですね。ジャズっぽい曲調でもBGMとして最適です。

ポール・ベタニー出演映画で印象的なのは、やはり『ギャングスター・ナンバー1』でしょうなあ。サントラを聴きながら書いてますが(パンズ・ラビリンスから切り替えた)、一番聴いちゃうのはサントラでも1曲目に入っている" The Good Life " ですよのう。いいですものねえこの曲最高に。

ギャングスター・ナンバー1』はジャジーな曲が多いのですが、一人の作曲家が原曲アレンジ&オリジナルスコアを提供していらっしゃいます。他のミュージシャンも曲を提供。混在系ですね。

メインでオリジナルスコアを提供しているミュージシャンはJohn Dankworth(ジョン・ダンクワース)さん。英国エセックス州ウッドフォード生まれ。英国からサーの称号も与えられている人です。ジャズ・ミュージシャン(サックス・クラリネット)、作曲・編曲家として活動。今年の二月に残念ながらお亡くなりになってます。82歳。

ポール・ベタニー出演映画『キス★キス★バン★バン』も彼が音楽を手掛けてますね。こちらも手元にサントラがありますのでいずれ記事にしたいでありますよ。ふんふんっ♪


ギャングスター・ナンバー1』のサントラリスト(トラックリスト)

Track Listings

1. The Good Life (Version 1) - N Hannon And John Dankworth
2. Freddies Theme - John Dankworth
3. Berts Apple Crumble - The Quik
4. Ten Guitars - Englebert Humperdink
5. The Fire - John Dankworth
6. Vaba-Ba-Boom - Edmondo Ros
7. Double Six Blues - John Dankworth
8. The Tie Pin - Simon Fisher Turner And John Dankworth
9. Dressed To Kill - John Dankworth
10. Ready For Eddie - John Dankworth
11. Gangster Life - Simon Fisher Turner
12. Attack And Aftermath - John Dankworth
13. Why - Anthony Newley
14. Lennies Death - Simon Fisher Turner
15. Blockbuster - Sweet
16. Kill - Alberto Y Los Trios Faranoias
17. Return To Gangland - John Dankworth
18. Confrontation - John Dankworth
19. The Good Life (Version 2) - H Hannon And John Dankworth
20. The Good Life (Instrumental) - John Dankworth

アマゾンは(特に海外アマゾン)曲の試聴が充実してるのだけれど、残念ながらこのサントラの試聴はアップされてないのでありました。

The Good Lifeのオリジナルはフランスのジャズ・ギタリスト、サッシャ・ディステルの曲。ヒットさせたのはアメリカの歌手トニー・ベネット。フランク・シナトラ系の大御所です。現在84歳♪ 

そして『ギャングスター・ナンバー1』ではジョン・ダンクワースが編曲してNeil Hannon(ニール・ハノン)が歌いました。北アイルランドの歌手。日本ではそれほど有名じゃないかもしれません。現在39歳。映画は十年前でしたからニールさんも29歳くらいで録音したのでしょうかのう。大御所のスタンダードナンバーを現代の若者が上手に歌い上げていましたよね。すごくいい雰囲気で映画を盛り上げてました。

ギャングスター・ナンバー1』で歌声入ってない曲は裏社会に生きるギャング達を表した暗い曲が多いですな。ギャングっぽい。ジャジーで暗い。でも妙に明るい曲もある。ロックスターっぽい曲もある。声が入っているパターンだとそうかもしれない。予告トレイラーにも使われていた"Blockbuster"なんてそうですね。イギリスっぽいもの。

うおわ。"Blockbuster"を歌っているSweetというバンドに覚えはないのですが、海外のウィキペディアでの紹介を見て、思わず「うぎゃお」と声をあげてしまった。こういう格好のロックスター懐かしいよね!ぎらつく!もちろんイギリスミュージシャァアアアアン!うおおおおおおお!

以前も貼りましたが、日本版の予告トレイラー。最初は"The Good Life"が流れているけれど、41秒あたりから"Blockbuster"が流れだします。





サントラで13番目にクレジットされているAnthony Newleyの"Why "もすごく良いですよね。Anthony Newleyさんも日本ではそれほど知られてない方かもしれません。イギリス人。俳優であり歌手でもあったようです。1931生まれで1999にお亡くなりに。67歳。柔らかくてラフな声ですよね。

こちらも以前、貼りましたが、『ギャングスター・ナンバー1』のコアファンが"The Good Life"と"Why "をポール一番の見せ場シーンにあわせてつくった逸品です。





それにしても、この映画のポールは超絶クール。これ以上ないっていうほどクール。クールでホットとはまさにこの役柄を演じたポール・ベタニーに与えるべきワード。与えるベッキー。ファービュラスなのであります。

ドイツ版のトレイラーなどもあって面白いのですが、ツデーは貼らないでおきませう。


158.jpg

今回の音楽話とは関係ないのですが、イギリスの台所ってどうして水色を基調にしたインテリアが多いんでしょうかね。そりゃ水場ですし、マッチングはしてるのだろうけれど、水色すぎますよね。ポール出演映画だと『キラー・ネット』でもそうでしたし、『デッド・ベイビーズ』に出てくるキッチンもブルーベースなんですよ。水色かブルーなの。日本の台所でパキッとした青や水色を取り入れてるキッチンってそんなに見かけないような気がするんですが?風水的な何かがあるのかしら…。上の写真は『ギャングスター・ナンバー1』からのワンシーン。戸棚が水色だもの。ポールはこれから言ってやる課所属みたいな行動をするシーンなのだもの。

『ギャングスター・ナンバー1』でポールが演じた時代は現代より少し前の時代なので、インテリアや女子のお洋服がレトロチックで可愛かったですよねー。もちろんポールはスタイリッシュ。るーんるんるん。

ポールもそろそろまたギャングのボス役などやらないかしらね。ひどい仕打ちをするクールなキャラも堪能したい~。きゅーん☆

最近のポールは救世主づいてるからなー。金融映画ではお金の亡者っぽい役なのかしらね。楽しみだなー。ワクワク。ワクワク。

というわけで、サントラシリーズはたまに勃発する予定です。次回は『青い棘』を予定してます。次の記事で…という予告ではごじゃりませぬ。

今週は体調が急に崩れて、ネットに向かう時間が激減いたしましたよ。映画も観られなかったし。連続して人と会ったのでエネルギーが無くなったのかもしれません。人と会うとエネルギーをありがたく頂戴する場合も多いけれど、吸い取られる場合もありますよね。「あ、やべ、吸い取られた」みたいな感じ。

しかし骨董品屋で安くていい印判皿が手に入ったのでいいのです。物欲主義者。

そういえばツタヤディスカスからファティ・アキン監督の『そして、私たちは愛に帰る』が到着した。それと『マーサの幸せレシピ』が到着。ドイツ映画。ハリウッドでキャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演で『幸せレシピ』としてリメイクされてましたよね。それも観てないのですが、原作の『マーサの幸せレシピ』がドイツ映画だと知りチェックしたくなったのでした。いつもツタヤ店舗でも借りられていてディスカスでも人気があって借りられなかったのであった。今回やっとレンタルできました。本数もハリウッドリメイク版は多くレンタル場に置いてあるけどドイツオリジナルは本数そのものが少ないよね。むーん。むーん。でも借りられたのでるーん♪ るーん♪

今月はまたツタヤディスカスは四本レンタルに戻したのでゆっくり鑑賞しますわい。わいわい。

ではではまた。
関連記事

ポール主演『仮面の真実』のスペシャルエディション話と宗教音楽の話

昨日、cueさんがコメントで、映画『ロック・ユー!』におけるポール・ベタニーのコメンタリー部分の正確な英語を教えてくださいました♪感謝感激です!!ありがとう!!記事に追加しておいたので、英語で自分のムスコを何というか確認しようZE!なのであります。→ 映画『ロック・ユー!』から男性器の処理方法を学ぼうの記事

さて、本日はポール・ベタニーの話題から。昨日、ポール・ベタニー、ウィレム・デフォー主演の映画『仮面の真実(The Reckoning)』のドイツバージョンが届きました。

スペシャルエディション(二枚組)にはメイキングやインタビューがついているので入手しましたよ。


98_20100722210855.jpg

↑クリックすると大

ほら、可愛いもの。こういうくしゃくしゃっとした髪型は大変によろしいですよね。悶絶するほど素敵。ポールはインタビューだと目玉がきょろきょろよく動くの。面白い。もちろん相手の顔を見ながらインタビューに答えているのだけれど、目玉だけ器用にきょろきょろ。視線が、きょろきょろしているというより、目玉が勝手に動いてしまってる感じ。本当に可愛いよー。


99_20100722210957.jpg

↑クリックすると大

私はポールの髪の長さ、これくらいがすごく好き。このヘアーカットをしたポールを映画でそろそろ観たいのですよねー。最近はずっとベリーショート。ほぼ、スキンヘッドぎりぎりだから。それは当然似合うけれど、くしゃくしゃっと、できるくらいの髪型を望む。しかも金髪…ハァハァハァ…。黒いシャツ(ピンストライプ♪)が似合うもの!!黒と金は相性がいいに決まってるのだもの!!ふんふんふんふんっ(大興ふんっ!)


さて、何故、ドイツバージョンを手に入れたのか…。もちろん喋っている言語はイギリス映画なので英語なのです。ポール・ベタニーの愛すべき代表作『ギャングスター・ナンバー1』を撮ったポール・マクギガン(Paul McGuigan)監督作品です。『ギャングスター・ナンバー1』とは打って変わって中世を舞台とした物語。ポールは僧侶の役であります。

まだ私も本編は観てないのです。この映画は日本でもDVDが発売されてるし、レンタルもされてます。私も日本版は手に入れてます。じゃあ、何故、ドイツ版を買ったか…。

スペシャル・エディション二枚組がドイツにしか売ってなかった…。

本当はイギリスやアメリカのネット販売でも、もっとよく探せばあったのかもしれないが、品切れだったのですよ。中古(もちろん中古でも私は買ってますよ♪)も見かけなかったかなあ。ま、とにかくドイツ字幕バージョンならあったのです。メイキングやインタビューが入ってるのは欲しいですよね。日本版でもセルなら特典ついてる場合もあるのですが、それほど大々的に日本公開されなかった場合、DVDで展開しても地味になりがち…。レンタル版かよ!と思うほどの地味。『ダ・ヴィンチ・コード』などはさすがの大作で日本版DVDでも特典たっぷりでした。

でも最近はブルーレイにだけしかついてない特典もあったりして、ギリギリ歯ぎしりしませんか?我が家も今年からプレステ3を取り入れたので、ブルーレイは堪能できるのですが、普通バージョンのDVDもセルならば特典は入れて欲しいですよねえ。何でもかんでもブルーレイで買ってばっかりじゃないし。ポール・ベタニー主演の『レギオン』もいよいよ9月に日本でも発売です。アメリカやヨーロッパでは今月販売だったかな。場所にもよるけど海外では来月か今月ですよね。予約受け付けてましたもの。さすがに『レギオン』は日本でもDVD化されるようで一安心。私は当然買いますが、『レギオン』もブルーレイだけしか入ってない特典があるの。『イングロリアス・バスターズ』も特典バージョンは日本だとブルーレイだけですものね…。

そのブルーレイの話は横にどっこいしょと置いておこう。

とにかく日本で洋画がDVD化された場合、例外もあるけれど、基本的に特典は薄い。大作系じゃないと特典率はとっても薄い。せいぜい予告トレイラーが入ってるくらいですよね。予告トレイラーはこのネット時代、それこそ公式サイトいけば普通に観られてしまうからなあ。セルでDVDを買った場合、メイキングとインタビューは欲しいところです。

海外版はスペシャルエディション豊富だもの。二枚組でなくても、特典映像は充実している。そんな状態なので、日本語版を買っても特典がついてないために、海外版も買い求めるという消費者殺し、オタク殺しなのでありました。先日、感想書いた『クラバート』もそうですからね。海外版はすごく充実してました。二枚組だったし。

特に、ドイツ映画を買い集め始めてから感じるのですが、それほど超大作の映画じゃなくても特典映像は充実してますね。すごく充実しているものが多い。もちろんトレイラーくらいしか載ってないのも、ありますよ。でも基本、メイキング、インタビューは必須。だからとっても嬉しい。アウグスト・ディールダニエル・ブリュールバーナビー・メッチュラート、インタビューわんさかなのだもの。くっ…これで私がドイツ語がわかれば…くーっくっくっくっく(苦悩)♪

ポール・ベタニーの映画はアメリカ産が多くなっているせいか、アメリカっぽい大味な特典映像なら多いかなあ…。『ロック・ユー!』は一番特典宝庫かもしれない。『インクハート』は日本版はもちろんインタビュー入ってなかったし、海外版もチェックしたのだけれど、充実した特典はなかったです。『ギャングスター・ナンバー1』はインタビューとメイキングがついてましたね。『ファイアー・ウォール』はイマイチなんですよ。ハリソン・フォード御大のインタビューはついてたけどポールはついてなかった。『ウィンブルドン』はコメンタリーとメイキングが充実していたので満足かな。でも、基本的にばらつきがありますね。『ドックヴィル』は特典に特化したそれだけのDVDがある。『ドックヴィル』は充実してるかもしれません。『マスター&コマンダー』も充実してそう。まだチェックしてません。本のように積ん読状態に突入中。

ドイツ映画は、今までのところ印象として、ばらつきがそれほどないのです。特典に力を入れてる国のようだ。小作品と思われる映画でもキッチリ特典コーナーがあるんですよ。ついてないのもありますが、ついている率が高いです。ついてるとタップリついてる確率も高い。

お国柄なのでしょうか。

アウグスト・ディール主演の『タトゥー』も日本版を手に入れて既に鑑賞済みですが、二枚組バージョンが存在したのを知ってしまい、ドイツ版を取り寄せた。やっと昨日到着したのですよ。おでこ全開でインタビューに答えていたアウグスト!クールキュート!おでこ全開です。また後日、御紹介しますぜ。あっ…アウグスト君のキテレツ恋愛映画を観たのだった。キテレツだったよ!出演者も一人「あっ…この人ぉぉぉぉぉぉ!」という仰天役者が出ていた。また後日…。ああ、びっくりした映画だった。でもアウグスト君は全編美しく出ずっぱりなので、完全に目の保養映画です。けれど、キテレツ恋愛。私が恋愛に疎いからキテレツに見えるだけで普通の恋愛だったのかしらね…ボーン。

さて、ポールに一瞬戻りましょう。


100_20100722211016.jpg

↑クリックすると大

これは『仮面の真実』撮影中インタビュー。僧侶だもの。ポールの十八番だもの僧侶。ポールもおでこ♪ 僧侶の衣裳が似合うのですモコモコ。すごく似合うのですモコモコ。素敵すぎるのモコモコ。


僧侶といえば、ドイツ版で取り寄せたダニエル・ブリュール出演のドイツ映画『Vaya con Dios (2002)』で、ダニエル君も僧侶になってた。ダニエル君の髪型もポール・ベタニーが『仮面の真実』で僧侶だった時にしていたマッシュルームカットと同じだったよ。二人とも、きのこヘアーだよ♪

どうやらダニエル君の僧侶映画はコメディっぽいのですが、映画導入部分では敬虔なる調べが流れるのね。宗教音楽。グレゴリオ聖歌っぽいといえば、雰囲気を、掴んでいただけるでしょうか。私もグレゴリオ聖歌は大好きで、宗教音楽大全セットが以前から欲しく、去年出た『Sacred Music』というCDボックスをアマゾンで出た直後買いました。

5世紀の伝承音楽に始まり、ルネサンス期~バロック~ロマン派そして20世紀の現代曲と時代の流れの通り、曲が構成されていて大変わかりやすくていいCDでした。CD29枚入りで、紙ジャケットなのですが、一枚ずつ絵柄も違い、なかなかいいデザインだったよ。

例えば一枚目などは…

アンブロジア聖歌、5世紀の聖歌、古代ローマの賛美歌(ビザンティン7-8世紀)、Beneventan(南イタリア)、賛美歌(7-11世紀)、モサラベ聖歌(7-11世紀)、古代ローマの賛美歌(6-13世紀)

などが収録されてます。5世紀の聖歌なんて、よろしいじゃないですか。他にも14世紀の英国での宗教音楽や、当然、有名なモーツァルトのレクイエム、フォーレのレクイエム、ロッシーニのスタバートマーテルなども収録。CDを番号順に聴いていくと、音楽の音色がどんどん変わっていき、クラシックながらも音楽の流行を確かめることができて、私のように疎いクラシックド素人には大変わかりやすい構成です。既に前述した有名作曲家の宗教曲は既に昔から家にCDがあるので単独で聴いてはいましたが、系統だてて聴くのもまた一興。お勧めです。

今は、出た直後より安くなってるね。昔はクラシックのCDって高かったですが、最近は安めなボックス全集が流行ってるようです。家族の一人がクラシック狂で、既にクラシックCDは壁が埋まる程あるというのに、そのボックス全集がいろいろ出てから買いまくってますよ。ボックスが家にゴロゴロしてる。なので私も便乗して一つ買ったのでした。後、私はバロック系も好きなので(全然詳しくないですよ)『バロック・マスターワークス』というのが私にも聴きやすいだろうと家族は買ってくれたようだが、それは私にかこつけて家族が購入したとも言えますな。

私も映画DVDを集めているからね。家族同士、お互いの物品を見なかったことにして日々過ごしてます。DVDはそれほどゴロゴロしてないけどね(目分量)。

映画音楽でもクラシックはよく使われてますし、現代の映画音楽作曲家も当然、昔の巨匠の手法を使っている人もたっぷりいます。音楽は映画に欠かすことのできない要素の1つですものね♪クラシックを聴いていると現代の映画音楽にそのまま使えそうな斬新なものもたくさんあります。

遙か昔の作曲家が現在に生きていたら、映画音楽など手がけてたのだろうなあ。

ではではよい調べを♪


バロック・マスターワークス (Baroque Masterpieces) (60CD)バロック・マスターワークス (Baroque Masterpieces) (60CD)
(2008/09/17)
演奏者多数

商品詳細を見る



Sacred MusicSacred Music
(2009/11/10)
Sacred Music

商品詳細を見る

ギャングスター・ナンバー1(エンディング曲から顧みる)

ギャングスター・ナンバー1 原題: Gangster No.1  2000年 イギリス


gangster1.gif



ポール・ベタニーに初めて出会った映画は当然『ギャングスター・ナンバーワン(Gangster No. 1)』なのであります。

日本公開は2003年。七年前か…。丁度、私が忙しくなって映画感想を書かなくなり始めた時期ですね。でも…。映画は観たのです。そして激しくはまったのですが、周りの映画好きそうな人に話しても、誰も観てなかったの…。何故…。

イギリスでは2000年に公開されたこの映画。日本では遅れて三年後。

私の母だけ、後から観てくれました。彼女も感動していた。彼女はデビッド・シューリースが好きなので(私も大好き!)そっちにまず目がホレホレになっていました。

そして去年から違う方面で仲良くなった素敵なレディーがこの映画を激烈愛していらして、とっても嬉しい。最高の喜びです。違う方面が何なのかは内緒です!(ぎらつく)白ブリーフ!その一言で言い表してもよろしいでしょうか美しいお嬢さん。

映画の感想をぶちかますべきなのですが、これは本当に愛している思いが強すぎて、すんごく時間かかりそう(キャプチャー的にもね…ふふふふふ)。

なので、今日はまず…ユーなチューブで素敵な編集がなされていた動画をアップしにまいりました。

映画のエンディングで゛The Good Life゛という魅惑的でうっとりするボーカル曲がかかるのです。フランク・シナトラも歌っているこの名曲。スタンダードナンバー。この映画ではNeil Hannon(ニール・ハノン) という方が歌ってます。

シナトラが歌い上げる゛The Good Life゛も当然グッドですが、ニールが歌うこの曲は、映画のイメージにぴったり。

私はさっき、確認のためにDVDを観ていたのですが、自然と涙があふれ出る。ポールの若い演技…圧倒的な存在感。そしてこの映画が終わった途端、ギャングスターが夢見た人生にかぶさって…皮肉にも流れるスタンダートナンバー。

涙でパソコンのモニターが見えません!!

こういう映画に出会えるのは幸せなこと。こういう映画と出会うために、映画を見続けているのです。決して名作じゃないかもしれない。でも心をえぐるまでの映画。自分にとってのベストムービーは自分が出会うからそこにあるのです。観なければ出会えません。素敵な映画に出会うたびに私はその映画を作ってくれた人、そしてその映画に出会うように人生をつくってくれた周りの家族、友人に感謝しないといけないと思うのです。大袈裟だけどそうなの。私は生きているから出会えるの。素敵な映画。素敵な人達に。

それほど映画って人生に豊かさを与えてくれるのです。

今、私はDVDのトップメニューを見詰めています。そこでも゛The Good Life゛が流れています。

涙がたらたらと落ちてくる。きっといつか私もこの世からいなくなり、ポールだっていなくなる。私を知っている人はポールを知っている人に比べて数少ないでしょう。でも誰かの記憶には残っている。ポールはもっと多くの人の記憶に残る。私の記憶にもしっかり残る。ギャングスターを演じた素晴らしいポールは一生忘れない。私は生まれ変わってもまたこの映画に出会いたい。私を興奮させてくれる素敵な映画に出会いたい。ポール・ベタニー、デヴィッド・シューリスはスクリーン、この映画の中で永遠に輝き続ける。実際の彼らは年齢を重ね、この時の若々しさとは離れていっているけれど、私はいつでも彼らに会える。まだそれほど年数が経っていなくてもノスタルジーで目がかすむ。頭がボーッと熱くなる。そんな映画、滅多にない。私はポールの表情を全て焼き付ける。この映画のポール、デヴィッドの表情と演技を。脳のスクリーンに焼き付ける。

そういった感傷に浸れる私にとってのポール・ベタニーのベストワンムービー。

さて、ご紹介する動画は、映画でも最も印象的なシーン。ポールが殺人をする場面。クレイジーなのですがクールでエッジでファニーな殺しの最高のシーン。

実際の映画では…最初、音楽は入ってません。途中から音楽は入るのですが、この゛The Good Life゛ではありません。しかしこの動画を編集した人は、曲と映像をミックスさせた。それが素晴らしくマッチングしています。もちろん本編の映像は素晴らしいに決まってます。

でも…狂気溢れるシーンが゛The Good Life ゛によって甘美なシーンに変化しているのです。これはこれでアリかなと。もちろん本編至上主義ではありますが、素敵ミックス素人編集に愛が感じられます。゛The Good Life゛そのものはすぐ曲が終わり、また違う曲を編集に入れてます。それは本編の同じシーンでもファニーにかかっている曲。でも実際の映像から流しているのではなく、編集の人は音を別にまた入れてるみたいですね。よく聴くと、実際の映像から流れてくる曲もだぶって聞こえてくる。

映画をご覧になってない方でも楽しめるかなと。もちろん「何も知らないで最初から映画を楽しみたい!」という方は、是非、本編をご覧になってからチェックしてみてください。

映画の感想はいずれじっくりぶちかまします。頬を涙で濡らしながら、そして笑いながら楽しくアップしにまいります。

ではよい週末を!

何て素敵な人生なんだろう!(It's the good life, full of fun, seems to be the ideal.)






日本公開時のトレイラーもはっておきます。興味をもったら是非、映画そのものをチェックしてみてください。





関連記事
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。