スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第65回カンヌ映画祭~アウグストさん編~

先日、ポール・ベタニーと美しい奥方ジェニファー・コネリー夫妻のカンヌ報告記事を書きました(こちらの記事)。

続けてアウグスト・ディールさんの記事です♪

先日お伝えしたこちらの記事で取り上げた作品 "Confessions of a child of the age"(英題)が、カンヌ映画祭に出品された模様。それに伴って、主演のピート・ドハーティさんや共演のアウグスト・ディールさんがカンヌに出席しました。


709_20120524134904.jpg

ピートさんは、ミュージシャンならではの独特のファッションよね。そう、ミュージシャンは独特の感性をお持ち。俳優さん達のファッションとは全然違うよね。ある意味、最先端のお洒落というよりも、個性を大事にする人が多いような気がするよ。俳優さんでミュージシャンっぽいというとジョニー・デップさんなどはミュージシャン寄りのファッションセンスだわよね。


708_20120524134904.jpg

アウグストさんはフランスにいても独自です。独自というか普段着です。カンヌも何パターンかあって、さすがにレッドカーペットなイベントでは女優さんは当然ですが、男優さんもタキシードをお召しになってるのだが、このようなラフなフォトコールも必ずあるよね。女優さんはこういう場所でもお洒落してきてる人は多いが、男子はアウグストさんだけではなく、気楽な格好で挑んでいる人は確かに多い。けれど、アウグストさんはかなり普段着バージョンでありましょう。このインナーに着ている紺色(?)のシャツはよく見かけるよね。

ピートさんはこの後、御紹介する全体写真で見るとかなり背が高く見える。顔だけ拝見してると小柄っぽいでしょ。顔はかなり小さいタイプ。それでも顎が二重になっていく加齢の恐ろしさ。男子も油断してると本当に一気にぶよぶよとなるわよね。もちろんピートさんはまだ痩せている部類なんでしょう。ほら、ミュージシャンって細い人はもんのすごーい細いから。ピートさんも若い頃はもっと細かったのでは? わたしゃミュージシャンとしてのピートさんは本当に全然知らないのよね。ケイト・モスの元恋人だったというスキャンダラスな部分でしか存じ上げないの。


707_20120524134947.jpg

無精髭タイム。海外男優さんの男らしさって無精髭スタイルで表すのかしらね。もちろん無精髭はアウグストさんに限らず、あちらのスターは割と普通に取り入れているファッションだものね。もしかしたら撮影予定の役柄の為に髭をこうしてるのかもしれないし。それならばそれでいいのだが、アウグストさんに限っては「何となく……」ってだけのような気がするわ。「カンヌだからって気張らないよ……。剃れって言われれば剃るけどさ、でも、いいでしょこのままでも?」って感じ。アウグストさんは無精髭が似合うのか似合わないのか判断つきかねるわ。もちろん目の前にこのスタイルで現れたとしたても、私はアウグストさんの素敵っぷりに握手してもらうのも忘れて卒倒するとは思うのよね。「わあああ。すんごい素敵ぃぃぃぃぃぃ。やっぱり素敵だわああああああ」と。 でも写真だけ眺めるしかない薄いファンとしては、「髭がないアウグストさんがつるりとして好きかも……つるるーん」といった薄い感想は抱いているのです。


706_20120524134947.jpg

それにしても今回のこのワイルドな髪型は整えてワイルドにしてるのか、寝起きそのままなのか……これまた判断しにくい髪型。おでこを全開にしているのは仕様なんでしょうけれどさ。だって前髪をよくみると渦巻いているよ。渦巻きが発生している。つむじがおでこにあるのかしら。どういうことなのかしら。可愛いけれど、いつも謎。 アウグストさんも意外と見る都度、髪型が変化してるタイプなの。でも、彼の場合、お洒落で変化しまくっているというよりは、常に適当にその場の雰囲気でとにかくおでこだけ出せれば後は適当。そんなポリシーを感じます。 アウグストさんは寝癖が付きやすそうな気がしない? だからそれなりにセットはしてるんだと思うのだが、ワイルド。というか適当。全く何も考えてなさそう。髪型……まあ、適当でいいよ。そんな感じ。でもその地味でどーでもいい感じが大好きなんですよ。ポールのお洒落スタイルも大好きだし、アウグストさんの「どーでもいいんだお洒落なんてものは」といったスタンスも大好きなの。わがままなの。いいの。どれもこれも愛したいの。


705_20120524135020.jpg

ほら、ピートさん、背は高いよね。そして靴のチョイスにもミュージシャンを感じるわ。お洒落とかそういうことじゃないの。ザ・ミュージシャン・チョイスなの。俳優スターとは違う路線。それがミュージシャンなのよ。アウグストさんはドイツで生活している時にちょっと近所に買い物に行くような格好ね。徹底的に普段着よ。確かに、この場ではラフな人が多いのよ。この場所でカンヌフォトコールしてる人達はラフよね。女優陣もかなりラフ。でもアウグストさんはダントツラフ。普段着すぎ。


704.jpg

アウグストさんの履いているズボンはいつにも増して年期を感じさせるもの。それにしても腰回りがだぼついてませんか。もっとタイトなパンツを履けばいいのに。ダボダボした格好をしていると、肉も油断して、もたついてくるわよね。私も家の中では相当にダボダボしているが、私は一般市民だもの。スターじゃないもの。私がもしスター女優だったら気をつけるもの(多分……)。


703.jpg

こうやって見ると、ピートさんだけが浮いている風よね。でもいいのよ。彼はミュージシャンだから。ミュージシャンというのは免罪符でもあるわけ。「仕方ないよ。彼はミュージシャンだもの」これで全てが許されるのよ。


702_20120524135148.jpg

レッドカーペットの部。さすがに女優陣はドレッシーに。アウグストさんも黒服で御登場。ピートさんはいかにもな白いマフラーでロックミュージシャン風。


701.jpg

左の女優さん(多分そうだと思うのだが、名前を調べなくてごめんなさいね)がお召しの紫色のドレスとっても素敵ね。でも、この日は天候が悪かったのか、雨風が強そう。ドレスが濡れてしまわないか心配だわ。


700.jpg

アウグストさんもさすがに夜用に髪型は整えてきたようだ。


699.jpg

白いマフラーというと、ハリウッドスターならジョン・ヴォイトを思い浮かべませんか? 彼、タキシード場面だと必ず白いマフラーを首からたらしてるのよね。アンジェリーナ・ジョリーの実父様よ。


698.jpg

この映画、以前、簡単に御紹介した通りフランス、ドイツ、イギリスの合作なのよね。だから国際色豊かに各国の俳優さんが御出席なんじゃないかしら。一応、原語は英語作品のようだけれどね。


697.jpg

俳優さん同士は楽しそうな雰囲気ね♪


696.jpg

ピートさんの「ほら~みんな行くよ~」的なポーズが可愛いわね。アウグストさんも、にこやかモードよ。


695.jpg

うーん。太っているとまでは言わないが、顎がぷよーんとしてるわよね。無精髭にごまかされないわよ! もちろんとっても素敵だけれども。このように、いつもアウグストさんのぷよ度をチェックしているのは、アウグストさんの健康とビジュアルの輝き度を心から案じているからこその、小姑チェックなのよ!


694.jpg

舞台挨拶でしょうな。この作品の監督Sylvie Verheydeさんは女性で、この写真だと左から2番目の方がそのようだわ。脚本も彼女っぽいわね。Sylvie ――というくらいだからフランス人かしら。名前の響きからはフランスっぽさを感じますなあ。


そしてこの作品のトレイラーが公開されてました♪





ピートさんが主演なだけあって、アウグストさんはトレイラーだとそれほど多発してませんが、一分過ぎくらいから何ヶ所かでアウグストさんを見つけられます。 日本公開は無理だろうなあ。どうなんだろうか。主演の有名フランス女優シャルロット・ゲンズブールさんの知名度で公開されるかどうかでしょうか。音楽がとってもいいですね。日本公開が無理だったらまた、輸入DVDに頼るしかないパターン発生です。イギリスAmazonで買うはめになるのかしらね。それだったら英語字幕が付くかしら。ふう。でもドイツ版だとアウグストさん特別(?)インタビューなんかものったりするのかしら。それなら、ドイツ版を買うけれども(ぎらぎら)。ま、どちらにしろカンヌにかかったばっかりで、公開もまだされてないし、DVDになるのはまだ先のことね。


次の記事ではさっくりとマッツ・ミケルセン様のカンヌシーンをお伝えしようと思ってます☆


拍手&メッセージありがとう! コメントも嬉しいです。それぞれのお返事をこれからしますからね。記事にコメントしてくださった方にはそのコメント記事に返信します。拍手からメッセージを下さった方は→右のカラムにあるポストガールをクリック。そちらでお返事しますからね☆

拍手もすごく嬉しいです。いつも本当にありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

第65回カンヌ映画祭に出席する為、ポール・ベタニーと美しい奥方ジェニファー・コネリーがカンヌ入り♪

第65回カンヌ映画祭が始まってますね。世界のスターが集結中。マッツ・ミケルセン様やアウグスト・ディールさん(後日記事にしますね)などもカンヌ入りしております。

今年、ポールがカンヌに来るとは思ってなかったので嬉しいです!

といっても今回の主役はジェニファー。美しい奥様、ジェニファー・コネリーの代表作であり、記念すべき映画初出演作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(監督:セルジオ・レオーネ)が、今回のカンヌで記念プレミアをすることになったようで、当時の主役メンバーがカンヌに呼ばれたようです。1984年の作品です♪


728.jpg

いつもながら美しい二人。最近、街角写真が多かったけれど、このように着飾るとザ・スター☆の貫禄がバッチリですよね。


726_20120522112658.jpg

ジェニファーは美しいデコルテに、あえてアクセサリーをつけずシンプルにまとめてます。イヤリング(ピアス)も控えめで、潔しなスタイル。だからこそ、腕のバングルが映えますよね♪ ピアスは控えめといってもダイヤモンドかもしれない。ゴージャス。


727.jpg

ポールは最近、少し髪をカットしたみたいですね。で、最近定番の眼鏡でカンヌに挑んでるわ。


726a.jpg

ジェニファーのドレスは前からみるとベリーシンプルなんですが、後ろはこのように華やかなデザイン。優美なるライン~♪ ポールのタキシードもバッチリ。パンツの横ラインも美しいですよね。美しいカップルが華麗なブラックフォーマルで決めてくるというのは最強ですな。


726b.jpg

奥様の心からの笑み! 信頼しあっているからこその微笑み愛(LOVE)ですなあ! 美しいおしどり夫婦でございます。目の保養。


725a.jpg

懐かしい『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の出演者達。ロバート・デ・ニーロ、ジェームズ・ウッズ……懐かしくて目頭が熱くなります。私、ロバート・デ・ニーロが大好きだった時期があって(今でも好きですけれど♪)、相当に入れ込んでたんですよ。今、私がポールやアウグストさんに入れ込んでいる以上にね。で、『ワンス・アポン~』は特に何度も鑑賞した作品です。感慨深いわー。


725_20120522112938.jpg

年はとったけれど、ロバート・デ・ニーロもジェームズ・ウッズもさすがの貫禄だわよね。ちなみにポールはもちろんこの作品には出演してません。でも、以前、何かのインタビューで、ポールがこの作品を(多分ロンドン時代よね!)当時、鑑賞した時に、ジェニファー・コネリーに一目惚れしてそれから大ファンだって言ってたよね。その憬れの君と結婚し、憧れの君が初出演した映画のプレミアに、夫として参列できるなんて、役者冥利というか夫冥利というか、映画ファン冥利に尽きる行為よ。ポールもわくわくしたんじゃないかしら。今回のカンヌ参列は素晴らしい出来事だったに違いないわ!


724_20120522112938.jpg

きゃいーん! ポール素敵だもの。ハンサム&紳士だもの。それでいてファニーだもの。家族大事だもの。でもスターだもの! ああ、素敵だわー。ジェニファーだって安心して腕を絡められる相手だわよね。最高☆


723_20120522112937.jpg

このチーム(?)の女子達はブラックでドレスを決めようと口裏をあわせたのかしらね♪ それとも偶然、全員がブラックドレスになったのかしら。ロングドレスが似合うわよねーみなさん。素敵。


短い秒数ですが、今回のカンヌレッドカーペッドでのお二人が動画に♪






さて、ポール家族がカンヌに到着した時の写真もパパラーッチされてましたのよ。


722.jpg

アグネスちゃんと三人でフランス♪ 二人のお兄ちゃんはニューヨークでお留守番かしら。まだ学校があるのかもですね。でもお留守番といってもニューヨークだもの。ニューヨークで留守番してるよ!パパ!ママ! だもの。留守番してる場所がもう違うもの。スターの子供だもの。ナニーが見ていてくれるに違いないもの。セレブだもの。


720_20120522113055.jpg

ポールがボーダーシャツだなんて新鮮だわ。やはりファミリーパパっぽくなってきたわ。女の子が産まれたからなのかしら。それといい感じで加齢してきてるから、以前は絶対に取り込まなかったファッションにもチャレンジ中なのかもですね。可愛いし似合ってる。写真の画像を小さくしてしまった為、よくわからないかもですが、アグネスちゃんはパパに似て、金髪気味で、瞳もブルーっぽいです。大きくなるとそういったものも変化しちゃう可能性もありますが、今のところはポールの要素が強く出てるっぽいですね♪


719_20120522113054.jpg

ポールファンでベイビーがいる奥方は、このベビーカーをお揃いにすべき。赤だもの! 可愛いったらなもの。しかし、最近のベビーカーって格好いいわよね。ごつすぎるから日本の道路事情にはあわないかもだけれど、最近はジャポンでもこういった海外製のまるでポルシェのようなベビーカーをぶんぶん運転しているママが増えましたよね☆


718_20120522113205.jpg

一息ついたらビーチに参戦だもの。ポールもジーンズからホワイトジーンズ(コットンパンツ?)にお着替えだもの。そしていつもながら夫婦でコーディネイトは当たり前だもの。あからさまなペアルックではないけれど、テイストは必ず同じにしている場合が多いもの。ボーダーだもの。カンヌといえば海のリゾートだもの。マリンっぽく決めるのが当たり前だもの。アグネスちゃんに帽子をかぶせるのも、強い日差しの下では当たり前だもの。二人とも親だもの。


717_20120522113205.jpg

何て格好いい夫婦なのだろうか! 幸せが漂っている!


716_20120522113204.jpg

ジェニファーのペッタンコサンダルすごく可愛いの。彼女は背が高いから、ペッタンコサンダル履いても格好いいよね。ポールもまるで南仏に住んでいる素敵男性みたいだわ。素敵~。素敵としかいいようがないわ。


715_20120522113246.jpg

こちらはカンヌで行われたヴァニティ・フェアとグッチ協賛のパーティーに出席したポールとジェニファー。カンヌ映画祭開催期間はこういった華やかなパーティーが毎晩どこかしこで行われているのでしょうなあ。この髪型のポールちょっと『ギャングスター・ナンバー1 』の時のポールっぽい♪ しかし、ジェニファーも若いわ~。お子さんが三人もいるとは思えない。そして昔から徹底してロングヘアーなのよねー。もちろん似合っているわ。きっとポールもジェニファーのその美しいロングヘアーがお気に入りなんでしょうし♪


714_20120522113245.jpg

これだもの! スレンダーな夫婦(重要)。ポールは当然だけれど、ジェニファーのこの健康的な美しいおみ足! 大胆なミニドレス! でも全然下品じゃないの。健康的で煌びやか。素晴らしい。ポールもシャンパングラスを片手にパーティーを楽しんでいる雰囲気でいいですよねー。


713_20120522113342.jpg

こちらはカンヌ関係ではなく、カンヌにくる前に、ニューヨークでおこなわれたイベント。ジェニファー・コネリー主演の映画 "Virginia" の試写会と、資生堂などが主催(協賛?)したパーティーだったようだ。スターらしく社交的な日々が続いているスケジュールですね☆


712_20120522113342.jpg

これまたシックで美しいドレス。スレンダーだからこそ似合うドレスだわ。ここではポールは最近のスタイル、眼鏡をしてなかったようね。キュートで可愛い表情。奥様は女優なキメ顔ですね☆


711_20120522113341.jpg

やっぱりショートヘアーもポールは最高に似合うわね。髪を切ったのは初夏になったからかしら。


710.jpg

男前だもの。色っぽいフェロモンむんむん系ではないのよね。でもアウグストさんの青い雰囲気とも違ってるし。ファニーなハンサム紳士って感じかしら。性格が明るいっていうのが最高だわよねー。若い時はそれなりに屈折していたのかもしれないけれど(男子はそういう人多いわよね♪) 最近のポールはいつもユーモアをたずさえているっていう感じよ。だからといってコメディアンってことじゃないのよね。そういえばコメディには挑戦する気はないのかしら。いつかコメディーに徹底したポールもみてみたいものだわ。


と、ざっと駆け足で御紹介しましたわ。アウグスト・ディールさんもカンヌ入りしてるの。これまたポールとは違ったテイストでカンヌを楽しんでいるようだわよ。ええ、アウグストさんですから、そりゃ当然違ったテイストですよ(ぎらつく)。

ああっ……ポールとアウグストさんが同じカンヌにいるってだけで胸が熱くなるわよね。いつかこの二人が共演しますように。二人が肩組んでいる写真をカンヌで見てみたいものだわ!

アウグストさんのカンヌ特集はこの後(今日じゃないかもしれんが)、お届けしますねー♪

関連記事
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。