スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のアウグスト・ディールさん

826a.jpg



今回の特集では「相変わらずアウグストさんは、お洒落に興味がないようです」といった写真を用意してたんですが、つい先ほど、こちらの素敵アウグストさんを発見! ドイツの雑誌に載ったようですよ。最近のかどうかは、わからないんですが。そう……アウグストさんはスターなんですから、このようにスタイリストにきっちりやってもらうと、本当に光るのよねえ……。ポール・ベタニーと違って、御本人にお洒落意識が全くないせいで、プレミア会場などでのアウグストさんは「寝起きか役作りか?」と質問したいほどのお構いなさっぷり。「いや、これが僕の自然な姿だよ」とにこやかに答えてはくれそうですけれど。せっかく男前なのに、もったいない! MOTTAINAI!

と、いつも絶叫しております。けど、上の写真は素敵よねえ…。うっとりする。やれば素敵ってわかってるのに、何故そうしないのかしら。もちろん、その自然っぷりがアウグストさんの魅力なのよ。でも、奥様がいらっしゃるのに不思議。奥方は「あなた、もうちょっと、どうにかしたらどうなの?」と突っ込みをいれないのかと。と、ここのカップルに対しては奥方にも常に疑問を抱いてしまいますな。

さあ、通常のアウグストさんシリーズです。通常といってもパーティーやイベントに出席状態の通常で、特に日常をパパラッチされてる写真じゃありません。でも、日常の格好そのままで出席してるんだろうなーみたいなアウグストさん。あ、でも日常はもっとフリーダムなのかしら。それはそれで見てみたいものですな。


826_20120225101921.jpg

今年、二月の上旬。雑誌 “Interview” の出版記念パーティーが行われ、出席していたアウグスト・ディールさんと奥方のジュリア・マリク様♪

まず、いつものようにアウグストさんの靴は埃まみれです。何故にして。何度も書いてしまいます。だって、いつもそうなんだもの……。それと、やっぱりスーツサイズがあってないような気がするわね。サイズというかシルエットがアウグストさんの体型に似合ってないと思いませんか?何だか皺っぽいし。わざと、前夜、このスーツの上で寝たとしか思えません。皺をわざとつけてるのよきっと。意味不明だけれども。皺っぽくする意図は一体全体!?


825_20120225101920.jpg

靴はもしかして埃じゃなく、皮がくたびれて、しらっちゃけてしまっているのかも。そうかも、しれませんが、それはそれでどーなのか。奥様も相変わらずこれでもかという赤い口紅。ここまで、常に赤い口紅だと、もうそれを自分のシンボルカラーにしてるのかもですな。奥さんは一応ブランド品も好きな人みたいなのよねー。シャネルのバッグを所持なさってるし、ドレスも美しいドレスを着ている。ってことは奥様はお洒落に興味があるのよね。しかし、愛する旦那がパーティー会場によれよれで出席しても、異論はない寛大な女性なのだわね。


824_20120225101920.jpg

ジャケットコートを羽織ったお二人。どーなのこれも。アウグストさん、それでいいの?奥様のカチュームも、何だか浮いてるわよ。変な二人なのよ。愛すべき二人なのよ。


823_20120225101920.jpg

ここ最近のポール・ベタニーのように、アウグストさんも眼鏡を装着! さすがに似合いますけど、やはり、アウグストさん、少し膨らんでるよね。ぷくぷく膨らんでるよね。リアルで会えばきっとそれほど気にならないのかもしれませんが、もう少しほっそりしてほしいよね。私の願望ではそうなの。顔がすっきりしてないのよ! それと身体も何だかモケモケしてるし……。むーん。


822_20120225102034.jpg

つい先日まで行われていたベルリン国際映画祭でのアウグストさん。これを見ると、そう太ってもないんですけどね……。左から アウグスト・ディールフレデリック・ラウさん、ヴォータン・ヴィルケ・メーリングさん。

ヴォータンさんは、何度か記事でもお伝えしてますね♪ フレデリック・ラウさんは、アウグストさんと "Freischwimmer" という作品で共演してます。フレデリックさんが主演で、アウグストさんが学校の先生役をやった作品です。前に一度記事でお伝えしてた作品かなと。


821_20120225102034.jpg

ヴォータンさんは意外といつも安定してますわ。


820_20120225102033.jpg

しかし、三人とも安定して地味ですな。服装が地味。国際映画祭だというのに……。もちろんラフな記者会見などもあるでしょうし、全てがパーティー仕様じゃないのは理解してるんだけど、それでもハリウッドだと、私服っぽいシーンでも派手だったりしますよね。しかし、これがドイツの、味わいなのよね。質素がデフォルトです。


819_20120225102124.jpg

アウグストさんの、このジャケット何度か他でも見かけてるもの。パーティーごとに洋服を変えるタイプじゃないもの。近所の買い物もこのジャケット。友達と会う時もこのジャケット。ならば、ベルリン映画祭だろうがこのジャケット。天晴れです。


819a.jpg

何人集まろうと地味です。ドイツチームの安定。


819b.jpg

人数が増えても地味。


818_20120225102215.jpg

Geburtstagsparty 100 Jahre Babelsberg――バーベルスベルグという映画スタジオの生誕百年記念パーティー。二月はイベントが多い月のようです。


817_20120225102214.jpg

そして、珍しくお洒落風なアウグストさんです。自力でがんばったのかしら。鼻の頭に擦り傷というか切り傷がついておりましたわ。ベイビーにやられたのかしら♪


816_20120225102214.jpg

体型も普通に見える。靴もあの埃靴と違う。やればできるのに。とはいえ、ストールを巻いただけ、なんじゃないかという疑惑もわき起こる。ふつふつ☆ふつふつ☆


815_20120225102214.jpg

わお。セバスチャン・ブロムベルグとのツーショット! 嬉しいなあ。セバスチャンはもっと背が高いはず。格好を崩しているから同じくらいの背に見えますね。セバスチャンはセバスチャンで奇妙なお洒落をいつもしてるのよー。ドイツ男性としては、珍しくお洒落をしてるのは確かなのよ。不思議お洒落なんだけど。


814_20120225102214.jpg

これはパーティでの御夫婦ね。奥様は珍しく真っ赤な口紅ではなく、ベージュ系の口紅。たまにベージュ系を塗ってるけど、彼女はこっちが似合うと思うのよねえ。


812_20120225102323.jpg

こちらは時系列的には10ヶ月ほど前のアウグストさん。2011年の四月に行われたドイツ映画賞(Deutscher Filmpreis)あたりのショットですね。何度か記事にしました。目にしたお洋服ですよね。左から、アレクサンダー・フェーリングさん、フロリアン・デヴィッド・フィッツさん、アウグスト・ディールさん。この時は、フロリアン・デヴィッド・フィッツさんが目出度く主演男優賞をゲットしていました☆


811_20120225102322.jpg

アウグストさん、楽しそう。左の女性は "Wer wenn nicht wir" で共演したLena Lauzemisさんですね。


811a.jpg

こちらは、"Wer wenn nicht wir" のプレミア時の写真からです。こちらも何度か記事しました。その時アップしなかった写真です。


810_20120225102405.jpg

2011年12月3日(二ヶ月前ですね)。ベルリンにて。24th European Film Awards――第24回ヨーロッパ映画賞でのアウグストさんと、アレクサンダー・フェーリングさん♪ 候補作品については、日本のウィキペディアにも詳しくアップされてました(こちら)。


809_20120225102404.jpg

アウグストさんは、多分、プレゼンターで出席なさったのかと。違ってたらごめんなさい。シンプルといえばシンプルだが、構ってないといえば構ってない格好。でもスッキリしていいですね。


809c.jpg

こちらが発表舞台かと。右の女優さんはアウグストさんとも共演したことのある、名女優アヌーク・エーメさんじゃないかしら。違ってたらごめんなさいね。フランス、ドイツ、ポーランド作品 "La petite prairie aux bouleaux" で二人は共演しております。前に記事にしました(こちら)。あ、調べたら、アヌークさんはこのヨーロッパ映画賞に出席した模様。じゃあ、久しぶりに顔合わせしたのね♪ アヌーク様は79歳ですって。さすが大女優。お美しさは健在ですなあ。


809b.jpg

このショットも意外と珍しいかも! ドイツを代表する俳優になってきた感のある、モーリッツ・ブライプトロイさんとのツーショット♪ モーリッツさんがここまで売れっ子名優になるとは『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』や、『ラン・ローラ・ラン』を鑑賞した時は気付かなかったなあ。でも、すごく印象に残って、顔はずーっと忘れないでいた俳優さん筆頭です。『es』も良かったものね。彼の作品は上記全て、公開当時劇場で鑑賞したもの。ドイツということを意識しないで鑑賞していたよ。1997年頃……。もうそんな前か。加齢。

アウグストさんも変顔していて楽しそう。この二人は共演してないんですよ。いつか共演作品を鑑賞したいです。バーナビー・メッチュラートは、ファティ・アキン作品でモーリッツとは既に共演済♪ 同じドイツ俳優でも、微妙に共演してない人達は結構いるものなのでありました。この写真のモーリッツは『ソウル・キッチン』での兄貴っぷりを彷彿とさせますよね。『ソウル・キッチン』は最高映画の1本です。是非、御鑑賞になってみてね。

というわけで、ちょいと貯め込んでいたアウグストさん放出記事でした。まだいっぱいあるんですが、今回はこのあたりで。

しかし、加齢による、変化は男優さんでも仕方ないし、逆に味わいになるもので、アウグストさんの加齢も楽しみにはしてるのよ。しかし、とにかくアウグストさんは太らないのが秘訣だと思うのでありました。役柄で恰幅良くなるのはいいんだけど、太ると老けるタイプよ!

別に『青い棘』のイメージよ永遠に……と思い込んではいないんですけれど。


813.png

ああ、『青い棘』時代の、若いアウグストさん(といっても既にこの時26歳くらい?)。痩せすぎくらいであなたは丁度いいのよ多分。奥さんに管理してもらいたいですもっと。奥さんは「ぷよってるくらいのあなたが可愛いわ」なんて言ってるんじゃないかしら。ヒヤヒヤします。ここは、ビシッと、ジェニファー・コネリー&ポール・ベタニー夫婦のように、奥さんが「痩せてるあなたが好きなの」とビシビシしてもらいたいものですわ。格好がフリーダムなのはご愛敬で、それはそれでいいんですよ。別に超お洒落ボーイにならなくてもOK。たまに、雑誌の企画で美麗になってもらえれば……。多くを望むのは、よくありませんからね(ぎらぎら)。

『マージン・コール』感想記事でもちょろりと書いた通り、三月中旬くらいまで記事は滞り気味になると思われます。ビッグニュースが飛び込んできたりしたら、現れるかもしれません。ゆったりいらしてくださいませ。ただ、気まぐれ管理人なため、特にビッグニューズじゃないのに記事をアップしたりする場合もあります。気ままにやっていきます。

ではよい春を迎えましょうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

昨日、フランスから届いた荷物は、アウグスト・ディール出演、アヌーク・エーメ主演映画『La petite prairie aux bouleaux』でした。

49.jpg


La petite prairie aux bouleaux (英題:The Birch-Tree Meadow)

2003年 フランス、ドイツ、ポーランド 合作



昨日、フランスからの荷物が届いたお話をしました。中身は案の定、映画DVDだったのです。

これはずっと探していてやっと中古で出回ったのを購入できたのだった。製品化はされていたのだが増刷は多分していなかったんだろうな…と。全然、出回ってないので諦めていたのですが「諦めたらそこで終わりですよ by安西先生」の格言の通り、じっと待っていたら出会えました。待てば海路の日和ありというやつですな。ことわざ好き好き。

アウグスト・ディールが世紀の大女優アヌーク・エーメと共演しているという点からしても、チェックしたかったし、この映画ではアウグストがフランス語を喋るというのでそれも期待大でした。


51.jpg

ほほほ。大女優とツーショット。この頃は徹底的にアウグストさんは細いもの。若くて細いもの。


50.jpg

カメラだって構えるのだもの。確か、ドイツってカメラの国なはず。ライカって最初はドイツのメーカーだったのでは。レンズメーカーでもドイツの有名な会社ありますよね。男性はカメラ趣味の人は多いのでは?アウグスト君は実生活ではどうなんでしょうか。ポール・ベタニーは写真を撮るの好きなようですよね。ポールはプライベート写真でもカメラをよく持っているもの。

さて、今回フランスから届いたこの映画…2003年に公開されたなら…2002年に撮影してたとしても八年前ですか。アウグストさんは26歳くらいの時。IMDbの順番通りだとしたら『青い棘』の前に撮影したことになってますな。データーは制作順ではなく公開順かもしれないので、そのあたりは各自確認ということで。

フランス語の題名は直訳すると白樺の牧草地…みたいな感じですね。英語でも白樺牧草地ですな…。白樺のある草原…っていうイメージでOKでしょうか。

確かに草原地帯が出てくるのですよ。


あらすじとしては

ミレアム(アヌーク・エーメ)はフランスのユダヤ人で、ホロコーストの生存者。アウシュビッツから出て六十年後…彼女は何かを決意してアウシュビッツ収容所があった場所を訪れる。そこでミレアムはドイツ人の若い写真家オスカー(アウグスト・ディール)と出会う。オスカーの祖父はSS(ナチス)の将校だった。オスカーはその場所で答えを探していた…そして…。

といったような内容。IMDbのプロットをラフに訳してみました。間違っていたらごめんなさい。

DVDチェックをしてみたのですが、基本的には当然アヌーク・エーメが主役で、前半にはアウグストは出てきません。落ち着いた映像で静かに物語は進行している雰囲気でした。アヌーク自身は当然フランス人なのでフランス語()を喋っている。そしてアウグスト君もフランス語を!!

フランス語ってやっぱりエレガンスっぽい!!

馬鹿丸出し状態な感想ですが実際に感じてしまった単純細胞。

最近はずっとドイツ語の作品を鑑賞していたので、意味はまーったくわからないけれど、音感としては(私は絶対音感などこれっぽちもねーずら!)ドイツ語の雰囲気に馴染んできていたのです。そこで久しぶりにフランス語ですよ。全然違いますね。フランス語は先入観もあるとはいえ、女性的エレガントに満ちあふれている。アウグスト君がフランス語を喋ってると、より繊細な若い青年に見えるのだもの。ドイツ人設定のキャラだけれどもフランス人に見えるよ!

アウグスト・ディールは実生活で小さい頃、御両親とフランスで暮らしていた経験があるのでフランス語も喋れるようであります。なので違和感はありません。もちろん小さい頃の経験でしょうからドイツ語と同じように堪能かどうかはわからないけれど、全く喋れない人から比べたら、多少の訓練で勘は戻るのではないでしょうか。でもフランス語系の映画に出ているのはこれだけかな?ダニエル・ブリュールもフランス語を喋れるんですよね。『イングロリアス・バスターズ』でも喋ってたし、フランス映画にも出ていたはず。バーナビー・メッチュラートもフランス語は喋れるようだ。フランスのショートフィルム作品にバーナビーは出ていたりするもの。みんなフランス語は喋れるのだもの!

アウグストさんはフランス語似合うよ!英語より似合うと思う。

残念ながらユーなチューブにこの映画のトレイラーはアップされてないのですが、アヌークにスポットが当たったトイレラーはこちら…。ぐいっとお酒をアヌークの横であおるアウグスト君をチェケナ!





そしてアウグスト君のフランス語が聞ける動画がアップされてるのは

こちら

直接こちらにアップできなくて申し訳ない。最初の八秒くらいは広告動画が流れます。

ぎこちないアウグスト君の雰囲気が画面にスパイスを与えている。

題材的には重いシナリオを取り扱っているのだろうけれども、淡々とした作品のようです。フランス語もドイツ語と同じくらい理解できないからな…。英語の字幕がついているといいなあ…。といっても英語もわからないのだけれども。む!チェックしたら字幕はないようだ…。


さて、アヌーク・エーメといったら代表作はクロード・ルルーシュ監督作品『男と女』を思い浮かべる人が多いのでは。それとフェデリコ・フェリーニ監督代表作である『甘い生活』、『8 1/2(はっか にぶんのいち)』にも出演。大女優だもの。当然なのだもの。『男と女』なぞ1966年の作品だもの。アウグスト君、生まれてないもの。現在のアヌークは78歳。ってことはアウグスト君と共演したのは70歳くらい。若いもの!若いもの!大女優の美しさと貫禄が備わっているのだもの。かなわないもの。しかもフランス女優…。フランス女優って独特の美しさがあるよね。すごく強そうなのだが、女であることを捨ててない雰囲気むんむん。ものすごくむんむんする!


48_20100908212522.jpg

超有名なスチール写真であろう『男と女 (Un homme et une femme  1966)』より。大人だもの。大人の美だもの。


47_20100908212522.jpg

これは確か『8 1/2 Fellini's (1963)』  眼鏡美人というのは彼女のような美しい人のためにあるのだもの。大人だもの。迫力が違うもの。当時、31歳。今の31歳とはれう゛ぇるが違うのだもの。大人の色気をまき散らす。

これほどの大女優との共演はアウグスト・ディールにとっても、経験値がアップしたのではないかしら。癖のある作品を選んでいるのを感じさせる彼のチョイス。基本的には真面目なテーマを追っている作品が好きなんでしょうね。コメディっぽいのは滅多に出てないのではない?


46_20100908212522.jpg

そしてこの映画の彼ら…70歳と26歳だけど、全然年の差を感じさせないほどアヌークが女だものね。素晴らしい。お祖母様と孫のような関係に見えないもの。

まさに、男と女。

そういう色っぽい関係になる映画ではないですが、お年寄りと若者という構図ではなく、一人の人間として平等に対峙しているニュアンスだよね。大人っぽいって素晴らしい。

渋い佳作といった作品の予感がします。鑑賞し終えたら、キャプチャーしつつ御紹介したい。観られる機会が少ない作品の一つであるでしょうからね。


実はこれと同じように「ああ、手に入らないかもなあ…」とあきらめていた作品を先週手に入れてたのです。それはドイツから単品で。バーナビー・メッチュラートの作品なのですけどね。珍しくキッズムービーなの(多分、本国ではテレビ映画だったんじゃないかと…)。それはそれで大喜びしてました。DVDになっているのに手に入らないのは本当に寂しいもの…。もっと寂しのはDVDにさえなってないものが沢山ある…特にバーナビーの映画はそう…。アウグスト君はショートフィルムを除けば殆どがDVD化されてるんじゃないかな。ポール・ベタニーも何本かはDVD化されてないものがあるんですよねー。でもいつかきっと…。日本語版とはいわないのでDVDしてほしいでございます。段々、マゾっぽくなってくるんだよねファンやってると。ちょっとしたことで「ありがとうごぜーます!」ってなってくるんですよ。いやっほーいマゾッホ!


それではアヌークの代表作『男と女』のトレイラーをアップしておきましょう。





- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07 09
Recent Entries
RSS
すぴすぴ
Profile

ヨー

Author:ヨー


全てのカテゴリでネタバレあり。

18禁的な感想もあり。その場合は記事ごとに注意をつけていきます。

映画、海外ドラマの感想、俳優に対するパッショネイトが中心の映画ブログ。

ブログのタイトル Movie Star No.1 は ポール・ベタニー出演映画『ギャングスター・ナンバー1 (Gangster No.1)』から。Gangster の綴りはよく見ると star ではなく ster なのですが、映画スターといえばやはり☆ということでミックスしました。

ポール・ベタニー(英)とアウグスト・ディール(独)、ダニエル・ブリュール(独)、バーナビー・メッチュラート(独)、セバスチャン・ブロムベルグ(独)、ビロル・ユーネル(独)に惚れ込み中ですが、女優・男優 問わず、素敵な俳優さんをご紹介していきたいと思ってます。

↓ツリーカテゴリーになってます。
左端のをクリックすると題名や記事がツリーになって表示されます。

Tree Category
Tag List
Comment
Monthly archive
Bookmarks
Search
RSS
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。